審査申込み、電話在籍確認からの流れ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンが人気の理由

柔軟審査がうれしい楽天銀行スーパーローン

柔軟審査を希望するなら楽天銀行カードローンがおすすめ!新規利用で楽天ポイントが1000ポイント付与されるのもうれしい!ネット銀行のカードローンならではの利便性は流石です。

楽天銀行カードローン申込み窓口

※安定した収入がある方

キャッシングの基礎

イオン銀行カードローンBIGのデメリット ~審査基準が厳しい、口座が必要~

af0100003709laeondemerit

イオン銀行カードローンBIGのデメリットは何か―。これは―。

の2点だ。他のデメリットは特にない。以下、詳しく説明する。

目次

1.学生はキャッシングできない

イオン銀行カードローンBIGの商品概要は下のURLだが、ここにハッキリと「学生はお申し込みいただけません」と書かれている。↓

http://www.aeonbank.co.jp/products_list/pdf/card_loan_big_02.pdf

「学生の借入不可」と言われる銀行カードローンはいくつかあるが、これらは2通りある。

  • 公式に「学生不可」と書いているもの
  • キャッシングの情報サイトがそう判断して書いているもの

ということ。後者は―。

  • 公式サイトでは「安定収入があること」としか書かれておらず
  • キャッシングの情報サイトがそれを読んで
  • 「学生では安定収入を稼ぐのは難しいので、不可」としている

というようなケースである。これは善意で書いていることもあるし、特定の銀行カードローンや消費者金融に誘導するために書いているということもある。どちらかはわからないが、何にしても―。

  • 公式に「学生不可」と書いているのでなければ
  • 本当にそうかはわからない
  • しかし、カードローンBIGは明確に「学生不可」と書かれているので
  • 間違いなくそうである

ということだ。

1-1.学生は他で借りればいいので、特に問題ない

上のように書いたものの、学生はイオン銀行以外の銀行カードローンで借りればいいので、特に問題ない。これはキャッシングだけでなく人生全般で言えることだが―。

  • 「○○不可」と言われたら
  • そこは避けて別の所で勝負すればいい

というだけだ。たとえば「大卒しかとらない」という会社に、中卒・高卒の人が無理して入る必要はない。自分で会社を起こして、その会社のエリート社員たちの薄給を、軽く超えてやればいいのだ(こうやって成功した人が、起業家には実に多い)。

少々精神的な話になったが、「○○不可」と断られたからといって、それをデメリットに思う必要などない。このイオン銀行のケースでは、「どうしてもイオン銀行で借りないといけない」あるいは「借りた方がメリットが大きい」ということがあれば、話は別だが…。そういうメリットがあるのかどうか、検討しよう。

1-1-1.学生が「イオン銀行でなければダメ」な理由があるか、検討

これは要するに「イオン銀行カードローンBIGのメリット」ということだ。箇条書きすると―。

  • 上限金利が、ソニー銀行と並んで一番安い
  • ほとんどの人のキャッシングで適用される金利は上限金利なので
  • 事実上、ソニー銀行と並んで、イオン銀行が一番低金利

ということになる。ちなみに、一覧にするとこうだ。

  • …以下略
  • 三井住友銀行以降は、5つほど「14.5%~14.6%」の銀行カードローンが続き、以降は新生銀行カードローン レイクの「18.0%」など、「消費者金融と同じ金利」になる。

    こうして見ると、イオン銀行は低金利というのがよくわかるだろう。

    1-1-2.低金利だが、イオン銀行にこだわる必要はない

    上の比較をまじめに見ると、下の可能性を検討することになる。

    • ソニー銀行は、学生OKなのか
    • みずほ銀行は、どうか
    • みずほ銀行が借入可能だとして
    • 実際の利子総額でイオン銀行との差はどのくらいになるのか

    ということだ。結論は―。

    • ソニー銀行…学生も借入可能
    • みずほ銀行…借入可能、利息差もほぼない

    ということだ。この時点で、学生が、無理にイオン銀行にこだわる必要はないという結論が出る。これはイオン銀行を否定しているわけではない。一番低金利なのだから、他の職業・属性の人にとっては、非常にいいのだ。

    (ただ、学生不可となっているのに、無理に学生が執着する必要はない、ということだ。ちなみに、執着は仏教用語で「しゅうじゃく」という。「捨ててしまえばいいものに、いつまでもしがみつく」というようなニュアンスだ。この場合も、学生がイオン銀行に「執着」する必要は、まったくないのである。だからこれは、別にデメリットでも何でもない)

    1-2.他の銀行カードローンと比較

    1-2-1.ソニー銀行と比較

    で、ソニー銀行カードローン(以下「ソニー銀行」)の学生への融資について。

    • アルバイト収入があれば、借入可能
    • 「限度額10万円まで」というのは間違い

    となっている。多くのキャッシングの情報サイトで「10万円まで」と書かれているが、これは古い情報である。

    1-2-2.ソニー銀行は「10万円まで」は間違い

     2006年、ソニー銀行カードローン開始時のプレス

    まず、2006年にソニー銀行カードローンがスタートした時の「お知らせ」だ。

    • ソニー銀行「新たなカードローンの取り扱い開始のお知らせ」
    • http://moneykit.net/visitor/info/info060921_01.html

    ここには、下のように書かれている(引用)。

    満20歳以上の学生のかたもご利用可能(利用限度額10万円のみ)

    つまり―。

    • 20才以上
    • 10万円まで

    という条件だったわけだ。当時は。

     ルールが変わる直前(2015年7月13日)の商品概要

    「学生10万円まで」というルールが変わったのは、2015年の7月13日から。それまで新規の募集を停止していたソニー銀行が、募集を再開した。(その時のプレス)↓

    http://moneykit.net/visitor/info/info150713_01.html

    で、この時から「学生は10万円まで」という限度額が撤廃されるのだが、その前後の商品概要が、それぞれ下の通りだ。

    • 前…http://moneykit.net/visitor/loan/loan03_02.html
    • 後…http://moneykit.net/visitor/loan/loan03_03.html

    URLの数字が「02」「03」となっているのでも、前後関係がわかる。で、それぞれ引用すると、まず「前」の方は

    学生のかたは、ご利用限度額は10万円とさせていただきます。

    と書かれている。これは「2009年3月29日」までに申し込んだ人の場合だ。(つまり、募集が停止になる前)

    で、募集が再開された、2015年7月13日以降に申し込んだ人だと、下の引用になる。

    ※学生のかたはご本人に収入のある場合にお申し込みいただけます。

    これを見れば「10万円まで」というルールが撤廃されたことがよくわかる。だから、整理すると―。

    • ソニー銀行は、学生でも借入可能
    • アルバイト収入があればOK
    • 限度額は、収入による
    • 「10万円まで」というのは間違い
    • 募集停止前(2009年まで)の情報

    ということだ。なので、ソニー銀行で学生が借りる時の「デメリット」だった、借入枠の制限もなくなった。そして、イオン銀行と同様に「上限金利…13.8%」という低金利なのだから、学生はソニー銀行で借りればいいだろう。

    (もちろん、これはイオン銀行を否定しているわけではない。対象が社会人に絞られている分、審査スピードが早くなるなど、社会人の利用者にとってはプラスなのだ。要は、ちょっとした「特化型」のようなものだと思ってもらえばいい。学生専用ローンならぬ、社会人専用ローンということだ。)

    1-2-3.みずほ銀行と比較

    まず、みずほ銀行カードローン(以下「みずほ銀行」)も、学生が借入可能である。(実は、これも「明記」されているわけではないのだが、詳細は後で書く。)

    で、学生のキャッシングが可能である以上―。

    イオン銀行カードローンBIG 13.8%(実質年率)
    ソニー銀行カードローン 13.8%(実質年率)
    みずほ銀行カードローン 14.0%(実質年率)
    三井住友銀行カードローン 14.5%(実質年率)
    イオン銀行カードローンBIG 13.8%(実質年率)
    みずほ銀行カードローン 14.0%(実質年率)

    と上限金利が肉薄している両者で、どれだけ利息差が出るのか…ということだ。

    • たくさん利息差がある…学生がイオン銀行にこだわる理由がある
    • 特に利息差がない…みずほ銀行で借りればいい

    となるからだ。「もう、ソニー銀行でいいじゃん」と思う人もいるかも知れないが―。

    • もし利息差が小さいなら
    • ソニー銀行よりみずほ銀行の方がいいかも知れない
    • みずほ銀行がメインバンクの人なら
    • 利用手数料もかからず、返済もしやすい

    という理由だ。なので、この比較もしておく必要がある。以下、利息の計算をしよう。

    1-2-4.利息の計算・比較

    箇条書きすると―。

    • イオン銀行とみずほ銀行の金利差は「0.2%」である
    • これは「実質年率」なので、「年間の利息差」を出すことができる
    • とりあえず「10万円」借りたとする
    • 10万円の「0.2%」は、「200円」である
    • つまり「年間で200円」の利息差が発生する
    • 「年間」で200円なので
    • 「月間」だと「15円」ほどである

    …ということだ。「おいおい」と思った人もいるだろう。10万円借りて、1ヶ月で15円の利息差しかないのだ。これはもはや、ゼロ同然だろう。15円なら、自販機の下を探せば割と短時間で稼げるはずだ。少なくとも1ヶ月はかからない。

    ちなみに、借入金額が増えたとしても―。

    • 10万円…15円
    • 20万円…30円
    • 30万円…45円

    というように、駄菓子の価格が続く。30万円借りてようやく、「うまい棒4本分」の利息差がつくわけだ。

    1-2-5.イオン銀行とみずほ銀行の利息差はない

    というわけで、イオン銀行とみずほ銀行の「利息差」は、実はほぼないのだ。一応あるが、ゼロに等しい。

    もちろん、これは「個人にとっては」大したことないというだけであって銀行の側からしたら、かなりの金利差ということは、言うまでもないだろう。だから、イオン銀行(カードローンBIG)が、みずほ銀行より0.2%低金利であることは、すごいことなのだ。

    だから、その点は勘違いしないでほしい。で、その前提で進めると、やはり「利息差は、全然ない」わけだ。じゃあ、学生はどこで借りればいいのか?

    1-3.学生はどこで借りればいいのか?

    1-3-1.低金利で「学生可能」な銀行

    低金利な順に書いていくと―。

    ソニー銀行カードローン 13.8%(実質年率)
    みずほ銀行カードローン 14.0%(実質年率)
    三井住友銀行カードローン 14.5%(実質年率)
    楽天銀行スーパーローン(カードローン) 14.5%(実質年率)

    となる。これらで借りるのがおすすめだ。「三井住友銀行や楽天銀行は、高金利じゃん」と思う人もいるかも知れない。しかし―。

    • 上の計算で、「0.2%」の金利差は、無意味とわかった
    • ということは、その「0.5%」の金利差でも、大したことはない
    • 10万円を1ヶ月で「15円」が、「45円」になるだけ

    ということだ。なので、上の4つの銀行カードローン―。

    • ソニー銀行
    • みずほ銀行
    • 三井住友銀行
    • 楽天銀行

    は、みんなほぼ同じ金利と言っていいのである。

    1-3-2.低金利だが、「学生不可」な銀行

    で、同レベルの金利で、学生が借り入れできない銀行カードローンを一覧にすると―。

    イオン銀行カードローンBIG 13.8%(実質年率)
    静岡銀行カードローン「セレカ」 14.5%(実質年率)
    三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6%(実質年率)
    横浜銀行カードローン 14.6%(実質年率)

    となる。イオン銀行・静岡銀行・横浜銀行は、「学生不可」だ。三菱東京UFJ銀行は親権者の同意が必須という条件である。

    親権者の同意が必須ということは、要するに親バレするということで、ほとんどの学生にとっては「事実上、借入不可」のようなものだろう。

    1-3-3.バンクイックの「親権者の同意」について

    三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」で、「親権者の同意」が必要なことは、下のURLでわかる。

    http://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/faq/mousikomimae02_a05.html

    公式サイトのQ&Aだが、引用すると―。

    学生・・・申込可能です。ご契約にはご両親等の同意が必要です。

    と書かれている。「ご両親など」というのは、要するに「親権者」のことだ。親権者とは「保護者」のことで、別に両親でなくてもいい。(大抵は両親だが)

    ちなみに、下の申込受付シートにも書かれている。

    http://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/pdf/banq_moushikomi.pdf

    「学生の方はご記入ください」の部分だが、そこに―。

    *学生の方はご両親等の同意が必要です。

    と、やはり同じ文言が書かれている。

    余談だが、学生証も必要だ。下のURLに書かれている。

    http://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/moushikomi/tvmadoguchi.html#ANC01

    何にしても、バンクイックで学生がお金を借りる時には、親権者の同意書が必須…というのが、これでわかる。つまり、必ず親バレするから、実際には借入不可に近い…ということだ。(バレてもいいならいいが)

    2.最短即日借入には、イオン銀行の口座が必要

    イオン銀行カードローンBIG(以下「イオン銀行」)で、最短即日融資を受けるには、イオン銀行の口座がなくてはいけない。

    • 平日でも土曜日・日曜日・祝日でも、必要
    • 口座開設は、最短で4~5営業日はかかる

    ということだ。だから、口座を持っていない人の場合、最短即日融資どころか「今週中」の融資になる(月曜日に申し込んでも)。

    もちろん、口座がない人は、イオン銀行以外の銀行カードローンで借りればいいだけの話だ。これも「学生」の時同じで、シンプルな話である。

    そして「何が何でもイオン銀行にこだわる」という理由がないことは、ここまでも書いてきた。

    • イオン銀行と同じく
    • トップレベルで低金利なソニー銀行は
    • 初回・平日のみ口座なしでも最短即日融資可能

    となっている。イオン銀行でダメなら、検討すべきは「ソニー銀行・みずほ銀行」なので、この2つと比較しよう。

    2-1.ソニー銀行と「口座の有無」を比較

    さっきは「学生」で比較した。今度は「口座が必要かどうか」で比較しよう。

    上にも書いたが、ソニー銀行は口座なしでOKだ。

    • 平日のみ(土曜日・日曜日・祝日は必要)
    • 初回のみ(2回目以降の最短即日振込みは、ソニー銀行の口座を開設してくれ、ということ)

    となっている。つまり、口座開設は後々必要になるが、このくらいは問題ないだろう。

    • とりあえず、初回だけ最短即日借入して
    • それと同時に口座開設の手続きもして
    • 二回目以降は「ソニー銀行の口座」で借り入れすればいい

    というだけの話だ。ソニー銀行の口座を持っていれば、その後、ネットショッピングなどでも便利になることがある。(相手の口座がソニー銀行だった時など)

    というわけで、デメリットはない。若干の労力がかかるだけだ。あと土曜日・日曜日・祝日はソニー銀行でも不可という点だけは注意が必要だ。

    2-2.みずほ銀行と「口座の有無」を比較

    みずほ銀行カードローンも、最短即日融資には「みずほ銀行の口座が必須」という条件だ。ただし―。

    • みずほ銀行の支店に行けば、最短即日開設できる
    • 開設した後でカードローンの審査に申し込む

    という風にすれば「口座がない人」でも最短即日借入できる。審査に通ればだが。つまり―。

    • 1.口座開設する
    • 2.そのまま審査

    という流れで借りられるわけだ。そういう意味ではみずほ銀行は、口座なしでもOKということになる。ただ、時間はかかるので注意が必要だ。

    2-2-1.みずほ銀行の「最短当日口座開設」について

    みずほ銀行の口座を、最短当日開設できることは、下の公式ページでわかる。

    mizuhokoza

    • みずほ銀行「店頭で口座開設」
    • http://www.mizuhobank.co.jp/start/step/tenpo.html

    印鑑・本人確認書類があればいい。かかる時間は30分程度だと思う。

    (私が三井住友銀行・北海道銀行で、店頭で開設した時、そのくらいだったので。ここ数年の話だから古くもない)

    朝イチで行けば待たされることもないので―。

    • 午前9時に手続き開始
    • 午前10時までに、口座開設
    • それから同時に審査申込み
    • 14時までに審査完了

    という風に、少々ギリギリだが最短即日借入できるだろう。ただ、一つ注意点がある。

    2-2-2.キャッシュカードがないので、窓口で直接借りる

    最短当日、口座開設をしても、キャッシュカードはすぐにはもらえない。1週間後くらいに、郵送で届く。その場合で発行されるのは、通帳だけなのだ。

    ただ、通帳でもみずほ銀行カードローンの最短即日借入はできる。口座自体はもう動いているわけだから、そこにみずほ銀行が振り込んでくれるのだ。

    しかし「ATM」で下ろせない。キャッシュカードがないから。で、どうするかというと店舗窓口で下ろすことになる。この方法は「キャッシュカードをなくした時」にも使える、引き出しの方法なので解説しよう。

    • 必要なもの…銀行印・通帳
    • *身分確認資料が必要なことも(運転免許証や保険証でOK)

    というだけ。意外と簡単だ。ただ―。

    • 店舗内にある用紙に記入しないといけない
    • ↑(氏名・住所などを書く)
    • そして、窓口に並ぶ

    という手間がある。窓口が混んでいなければすぐ終わるが、混んでいれば最悪1時間近く待たされるだろう。10分~20分は、かなりの確率で待たされると思う(店舗や銀行・曜日や時間帯にもよるが)。

    ということで、この時間も考慮すると、みずほ銀行で「最短当日口座開設してから借りる」という方法だと、必ず朝イチで行かなければいけない。午前9時か、どんなに遅くても午前10時だ。それまでの時間に行けば、ギリギリだが最短即日借入できる可能性は高いだろう。

    2-3.イオン銀行の「口座開設」について

    イオン銀行の口座開設については、下の公式ページで書かれている。

    aeon

    • イオン銀行カードローンBIG「口座開設」
    • https://www.aeonbank.co.jp/loan/card_loan/#anch-03

    キャプチャ画像の通り、「4日~5日」となっている。みずほ銀行と違って店頭で手続きをしても、4日~5日という点に注意。郵送だと9日~10日と、かなり遅くなる。

    なお、口座さえあれば「14時まで」に審査申込みすれば「原則最短当日中の回答」と書かれている。「原則」ではあるが、14時までに申し込めば、最短即日審査できる(ことが多い)わけだ。

    それ以降になると、はっきり「翌日以降」と書かれているので、最短即日融資を受けたい人は、この時間帯を過ぎたらイオン銀行以外の銀行カードローンにしよう。

    キャッシングの基礎のコンテンツ

    今日中に融資可能

    アイフル アイフル
    融資情報
    審査時間最短30分
    融資時間最短即日融資
    限度額500万円(4.5%~18.0%)

    TOP