キャッシングの基礎

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のメリット&デメリット・まとめ

af0150016940lbacmerideme

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のメリット・デメリットは、

  • 「他の銀行カードローン」と比較
  • 「消費者金融」と比較

の2通りがある。それぞれ書くと、

 「他の銀行カードローン」と比較(メリット)

  • 審査時間が短い(最短30分、大手の最速グループ)
  • 土日借入がしやすい(新生銀行・三井住友銀行についで、三番目)
  • 三菱東京UFJ銀行の口座無しで即日借入できる

 「他の銀行カードローン」と比較(デメリット)

  • ネット専業銀行と比較すると、無料の提携ATMがやや少ない

という点になる。「提携ATM」については、デメリットというほどではないが、一応書いた。

 「消費者金融」と比較(メリット)

  • 低金利
  • コンビニATMを無料で使える
  • 借入種別の評価が高い

 「消費者金融」と比較(デメリット)

  • 審査に通りにくい
  • 最短即日借入がしにくい

…となる。以下、詳しく解説していこう。

1.メリット(他の銀行カードローンと比較)

1-1.審査時間が短い(最短30分)

三菱東京UFJ銀行・バンクイックは「最短30分」で審査できる。これは、

  • 三井住友銀行
  • 新生銀行レイク
  • 静岡銀行

と並んで、大手の銀行カードローンの中で最速である。これら4つの銀行カードローンはみんな「最短30分」で、これより早い銀行カードローンはない。

消費者金融もみんな「最短30分」である。ノーローンだけ「最短20分」だが、それ以外は、アイフル・プロミス・モビットなど、みんなバンクイックと同じ「最短30分」である。

つまり、バンクイックの審査の所要時間は「消費者金融と同じ」レベルに早いわけだ。

実際に最短30分で終わる割合は?

「最短」と書かれている以上、常に30分で終わるわけではない。どのくらいの割合で30分で終わるか…。これはなんともいえない。その人の信用度(クレジットスコア)や、その時の審査申込みの状況によって、千差万別だからだ。

確かなことは、

  • 消費者金融の方が、実際に最短30分で終わる
  • なので、30分でないと困るなら、消費者金融で申し込むべき

ということです。そもそも、急ぎでお金が必要な人は最初から消費者金融で借りるというのがセオリーである。誰が急ぎの荷物を送るのに、航空便でなく船便を使うのだ。急ぎの時には急ぎ用のサービスや輸送手段があり、その分「特急料金」がかかるのは当たり前なのである。

(どうも経済の勉強をしていない人は、どこかに「安くて早い、夢のサービス」があると、常に期待しているようだ。確かに時代が進めばだんだんそうなるが、同時代の中で、そんなものはない)

というわけで、バンクイックと消費者金融を比較すると、やはり消費者金融の方が実際に30分で審査完了しやすい。しかし、それでバンクイックが劣るというわけではない。30分で終わらないと困るなら、最初から消費者金融で申し込めばいい…というだけの話だ。

(議論するまでもない)

「最短30分」の中で、特に審査が早い銀行カードローンは?

バンクイックと同じ「最短30分」という条件でも、特に審査が早い銀行カードローンはどこか。早い順に一覧にすると、

  • 新生銀行カードローン・レイク
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行(バンクイック)
  • しずぎんカードローン・セレカ

という風である。絶対にこうなるわけではないが、大体こうである。まず、新生銀行カードローン・レイクはダントツで早い。理由は簡単で、

  • 実質年率が、唯一「消費者金融並み」である
  • 高金利ということは、多少貸し倒れが出ても、
  • その損失分を「利息」でカバーできる
  • だから、「低金利」な銀行カードローンよりは、
  • 物理的に、審査基準を柔軟にできる

ということ。これは金融の常識であり、別に変なことはまったく書いていない。「損失分を利息でカバーする」というのは当たり前だ。日本学生支援機構だってやっているし、住宅金融公庫だってやっている。

(これをやらないで、融資の業務など成り立たない。誰に聞いたって、金融の専門家だったらそういうだろう)

ということで、一番金利が高い新生銀行カードローン・レイクが、一番最短30分で終わりやすい…というのは当たり前なのである。「口コミ・評判でそう書かれています」なんていう根拠では当てにならないが、こういう「金融の理論」から考えれば、妥当である。

静岡銀行は地方銀行なので、やや遅め(と思われる)

新生銀行カードローン・レイクとは逆に、この4つの銀行カードローンの中では、比較的遅めだろう…と思われるのは、しずぎんカードローン・セレカである。静岡銀行という、地方銀行が母体だからだ。

想像がつくと思うが、地方銀行のカードローンの審査は、基本的に大手より厳しい。理由は、

  • 資本力が小さめなので、貸し倒れのダメージが大きい
  • 大手よりも、地方での評判が存亡に関わるので、厳しい督促ができない
  • ↑(厳しい督促ができないということは、審査の段階から厳しくしないといけない)

ということだ。もちろん、静岡銀行は下手な都市銀行よりも大きいかも知れない…というくらいの規模である。なので、地方銀行というよりは大手銀行なのだが、それでもメガバンクの三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行と比較すると、やはりこういう傾向がある…ということだ。

なので、この4つの銀行カードローンの中では、(あくまで推測だが)実際の審査時間が一番長くなるのは、おそらくしずぎんカードローン・セレカである。ただ、それは別にデメリットではない(それだけしっかり審査しているということでもあるので。ただ、急ぎの人はレイクの方がいいだろう)

三菱東京UFJ銀行より、三井住友銀行の方が早い

ほぼ同じスピードの三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行だが、ほんの少し、三井住友銀行の方が早い。理由は、

  • ネット申込みでは、両方「最短30分」である
  • しかし「ローン契約機」からの申し込みは違う
  • バンクイックは「最短40分」である
  • 三井住友銀行は「最短30分」である(ネット申込みと同じ)

という風だ。これは、それぞれの公式ページに明記されている(2016年5月17日閲覧)。

  • 三菱東京UFJ銀行・バンクイック「テレビ窓口」
  • http://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/moushikomi/tvmadoguchi.html」j
  • 申し込んだその場で審査し、最短40分*でカード発行します。…と書かれている
  • 三菱東京UFJ銀行(全体)「テレビ窓口」
  • http://www.bk.mufg.jp/tsukau/tv/tvmado/index.html
  • 最短40分で、カードローン「バンクイック」のカード発行が可能です!…と書かれている

一つだけだと「昔の情報かも知れない」という懸念があるが、2ヶ所もこう書いてあるなら、間違いなく「最短40分」だろう。

で、三井住友銀行カードローンの方を見ると、

  • 三井住友銀行「ローン契約機(ACM)でのカードローンお申込」
  • http://www.smbc.co.jp/kojin/cardloan/order/acm.html
  • 「ステップ2…お申込後、最短30分※で審査完了」と書かれている
  • 「ACMも30分」と明記はしていないが、この流れからすると、そういう意味である
  • (少なくとも、国語の教科書的な読み方をすれば、そうなる)

こちらは、明記はされていないものの、かなりの確率で「最短30分」と考えられる。少なくとも、

  • 「最短30分」の可能性が「ゼロ」のバンクイックより、
  • 「最短30分」の可能性が「濃厚」な三井住友銀行の方が、
  • ローン契約機(テレビ窓口・ACM)での審査は、早い

と断言していいだろう(根拠を集めた時は、断言していい)。

つまり「審査時間」では、大手の銀行カードローンの3位

つまり、ここまでの内容をまとめると、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査時間の早さは、

  • 1位…新生銀行カードローン・レイク
  • 2位…三井住友銀行カードローン
  • 3位…三菱東京UFJ銀行・バンクイック
  • 4位…しずぎんカードローン・セレカ

という風に「大手の銀行カードローンの3位」につけている…ということだ。銅メダルである。悲観主義者だったら「新生銀行・三井住友銀行に負けた…」と「デメリット」に分類するかも知れないが、

  • みずほ銀行
  • イオン銀行
  • 楽天銀行

などの、メジャーな銀行カードローンに軒並み勝っているのだから、むしろメリットと思うのが普通だろう。

(そもそも、審査スピードだけで勝負したら、最初から消費者金融の方が上なのだし)

1-2.「土日借入」がしやすい

三菱東京UFJ銀行・バンクイックは、土日キャッシングもしやすい。これについてポイントをまとめると、

  • 土日・祝日でも「口座なし」でOK
  • 夕方~夜間まで、最短即日審査している

という2点だ。それぞれ、詳しく解説していこう。

土日・祝日でも三菱東京UFJ銀行の口座無しで借入可能

基本的に、銀行カードローンで最短即日融資を受けるには「その銀行の口座」が必要なのだ。で、平日は「口座なしでOK」となっている銀行カードローンでも、土日・祝日は必要になるという破綻が多い。

  • 楽天銀行スーパーローン
  • オリックス銀行カードローン

の両者が、その典型である。で、それに対して三菱東京UFJ銀行は「土日・祝日でも口座なしで最短即日融資可能」ということで、土日借入がしやすいと言えるのだ。

他に土日借入が審査に通りやすい銀行カードローンは?

また同じ顔ぶれが登場するのだが、

  • 新生銀行カードローン・レイク
  • 三井住友銀行カードローン

である。これに加えて三菱東京UFJ銀行・バンクイックの「三羽烏」が、平日でも土日・祝日でも、一番即日キャッシングをしやすいのだ。で、また順位をつけると、

  • 1位…新生銀行
  • 2位…三井住友銀行
  • 3位…三菱東京UFJ銀行

となる。この理由も書いていこう。

三菱東京UFJ銀行は、受付時間が短い

まず、我らが三菱東京UFJ銀行・バンクイックの3位は、すぐに確定してしまう。理由は、土日審査の受付時間が、

  • 新生銀行…21時まで
  • 三井住友銀行…21時まで
  • 三菱東京UFJ銀行…17時~18時まで

と、明らかに短いからだ。正確に書くと、

  • 土曜日…18時まで
  • 日・祝…17時まで

というのが、三菱東京UFJ銀行・バンクイックの受付時間(締切時間)である。なので、これで3位は確定する。で、次の新生銀行・三井住友銀行の比較もしよう。

レイクの方が「カード発行」の受付時間が長い

「最短即日審査」の受付時間は、互角である。しかし、その後で必要なローンカードの発行の受付時間が、レイクの方が断然長いのだ。

  • 新生銀行レイク…24時まで
  • 三井住友銀行…21時まで

という風である。「24時」というのは間違いではなく、本当にこの時間である。消費者金融でも「アコム・プロミス…22時まで」が最長なのだが、新生銀行カードローン・レイクはそれより長いのだ(しかも2時間も)。

新生銀行レイクのローン契約機の受付時間は、正確に書くと下のようになる。

  • 平日・土曜日…24時まで
  • 日曜日・祝日…22時まで
  • 毎月第3日曜日…19時まで

(参考URL…http://lake.jp/cashing/apply/operation.asp)

という風だ。第3日曜日だけなら、三井住友銀行の勝ちだが、それでは意味がないだろう。日・祝だけ「22時まで」と時短になっても、アコム・プロミスと並んで「キャッシング業界で、一番長い」わけである。

このようにローン契約機の営業時間…つまり「カード発行ができる時間の長さ」では、レイクはダントツなのである。なので、この点で土日借入がしやすいのも、三井住友銀行よりレイクだといえる。


…という理由で、三菱東京UFJ銀行・バンクイックの借りやすさは、ここでも「3位」になったが、それでもメダリストなのだから、メリットと強調していいだろう。

1-3.三菱東京UFJ銀行の口座無しで、最短即日借入可能

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていない人でも、最短即日借入ができる。これは「土日借入」の部分でも少し書いたが、あらためて詳しく説明しよう。

まず、最短即日融資の時に口座が必要かどうかは、下の条件に分類できる。

  • ①…平日でも土日・祝日でも必要
  • ②…土日・祝日だけ必要
  • ③…いつでも不要

という風だ。バンクイックは「③」である。で、他の銀行カードローンも書くと、

  • ①…イオン銀行・横浜銀行・みずほ銀行など
  • ②…オリックス銀行・楽天銀行など
  • ③…三井住友銀行・新生銀行(レイク)など

となる。一番条件が厳しいのは「イオン銀行カードローンBIG」である。「当日口座開設すらできない」からだ。みずほ銀行・横浜銀行については、

  • 確かに口座が必須だが、
  • 当日口座開設ができるので、
  • 口座開設してから、カードローンの審査に申し込む

という裏ワザが使える。イオン銀行カードローンでは、それができないので一番条件が厳しいわけだ。

で、その逆で一番条件がやさしいのが、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行(レイク)である。土日・祝日だろうと平日だろうと、いつでも口座なしでOKだからである。

なぜ、口座なしでOKなのか

これは「ローン契約機」があるからだ。三菱東京UFJ銀行では「テレビ窓口」と呼ぶ。アコムでいう「むじんくん」であり、要は「自動契約機・無人契約機」のことだ。

で、これがあると何で口座なしで最短即日借入がしやすいのか。箇条書きしていこう。

  • 借り入れの方法は、2通りである
  • ①…振り込み
  • ②…ATM

この2通り以外はない。「来店」もあるが、今時来店で借りる人はいないだろう。

で、この2通りだが、

  • 振り込みということは、
  • 「銀行のシステム」が稼働している、ことが必要
  • つまり、「銀行の営業時間」でないといけない
  • 銀行の営業時間は「平日の15時まで」である
  • ということは、その日時以外は、
  • 銀行振込での即日借入はできない

となるわけだ。一方、ATMから借りるのであれば、

  • 銀行ATMでも、土日・祝日も動いている
  • コンビニATMだったら、深夜でも動いている

ということで、営業時間など関係なく、即日借入できる。で、

  • ATMを動かすには「カード」がいる
  • なので、カードを「即日発行」すればいい
  • 郵送では間に合わないので、
  • 「ローン契約機」でカード発行をする

ということである。なので、銀行が閉まっている日時でも、即日融資するには、ローン契約機が必要ということになるのだ。そして、ローン契約機がない銀行カードローンについては、

  • 土日融資不可(みずほ銀行・横浜銀行など)
  • その銀行の口座が必須(楽天銀行・オリックス銀行など)

という条件になる。「その銀行の口座が必要」というのは、

  • 他行は閉まっているので、振り込めないが、
  • 自行の口座だったら、自社でシステムをいじればいいので、
  • 土日・祝日や夜間でも振り込める

ということである。オリックス銀行・楽天銀行ともに「ネット専業銀行」なので、これができるわけだ。(ネット専業銀行の口座同士の振り込みというのは、要するに「数字の移動」のようなものなので)

で、楽天銀行・オリックス銀行はこうやって自行の口座があればという条件で土日融資に対応しているが、ローン契約機さえあれば「その銀行の口座」すらなしでいいわけだ。それができているのが、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 新生銀行レイク
  • 三井住友銀行

の3つ…ということである。

2.デメリット(他の銀行と比較)

2-1.ネット専業銀行と比較すると、無料の提携ATMが少ない

これはデメリットというより「贅沢な要求」だが、楽天銀行・オリックス銀行などの「ネット専業銀行」と比較すると、三菱東京UFJ銀行(バンクイック)は無料で借入・返済できる提携ATMが少ないというデメリットがある。バンクイックが無料で使える提携ATMは、

  • セブン銀行
  • コンビニATM

だ。もちろん、三菱東京UFJ銀行のATMは全部使えるが、他の銀行では「セブン銀行だけ」ということである。一方、ネット専業銀行はどうかというと、たとえばオリックス銀行カードローンの場合、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 西日本シティ銀行

…が無料で使えるようになっている。もちろん、コンビニATMも全部無料だ。こうして見ると「提携ATMの数では、バンクイックはオリックス銀行カードローンなどのネット専業銀行にかなわない」…ということがわかるだろう。

ただ、これは、

  • ネット専業銀行が便利ということであり、
  • バンクイックが不便ということではない
  • たとえばみずほ銀行カードローンなどは、
  • セブン銀行もコンビニATMも全部有料
  • 無料で使えるのはみずほ銀行ATMだけで、
  • しかも時間外手数料は有料

となっている。バンクイックは上に書いた通り、コンビニATMやセブン銀行は無料だし、三菱東京UFJ銀行ATMでも、時間外手数料は無料なのだ。こういう点では、むしろバンクイックのATMの借入・返済の手数料は、「有利な部類」に入るだろう。

キャッシングの基礎のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP