審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

キャッシングの基礎

ギャンブルでキャッシング破産してしまう原因&やめる方法・対策

cool chinese-woman sad

ギャンブルは、キャッシングする理由の中でも特に多いもの。「ギャンブルのためにお金を借りてはいけない」というのは当然のことなので、あえて書く必要もないでしょう。

ここでは、「ギャンブルとキャッシングの関係」を、『サラ金全滅』(笠虎崇/2010年/共栄書房)などをもとに、考察していきます。

目次

1.なぜ、ギャンブルで借金してしまうのか?

1-1.お金を使う優先順位の一位が、ギャンブルになっている

『サラ金全滅』のP.128~129には「元サラ金社員」の証言が載っています。それによれば「多重債務者の中で、本当にお金がない人は、ほとんどいない」とのこと。彼らがお金を返済できない理由は「お金を使う優先順位が間違っている」ということなんですね。

  • 1.ギャンブル
  • 2.女性
  • 3.酒
  • 4.返済

…という順位になっているのです。本来「返済」が真っ先に来なくてはいけないのですが、それが上のようになっているんですね。もちろん、「1位…女性」とか「1位…酒」ということもあるでしょう。要は「間違った使い道がトップ」ということです。

1-2.本当に返済できない人は、100人中5人くらい

同じページにはそのサラ金社員の「本当に返済ができない人は、100人のうち5人くらい」という言葉も載っています。これは、著者の笠虎崇氏の他の著作を呼んでも確かにそのくらいですし、『実録!取り立て』(宝島社)などの本を読んでも大体共通する印象です。

ということで、「返そうと思えば返せる」というのは、確かに事実なのでしょう。

ギャンブル依存症の人にとっては、むしろ明るい話

しかし、このサラ金(中小の消費者金融)元社員の証言は、ギャンブル依存症の方にとってはむしろ良い話です。というのは「借金というのは、大抵の場合、返そうと思えば返せる」「ただ、優先順位が間違っているだけ」ということだからです。

つまり「才能がない」わけではないんですね。「気持ちの問題」ということです。もちろん、「気持ちというのは簡単に操作できないから難しい」…という考え方もできるでしょうが…。

何はともあれ、才能とか職業の問題で返済できないのではなく、ただ1つ「ギャンブル・酒・クラブ通いなどをやめてでも、絶対に借金を卒業する」という意識があるかないか、ということなんですね。

ある意味それも才能なのかも知れませんが、何はともあれ「まずは気持ちが一番大事」ということを、強く意識してください。

2.ギャンブル破産者を出さないために

2-1.業者より、ギャンブルを規制した方がいいのでは?

この『サラ金全滅』の著者・笠虎崇氏は、元アイフルのトップセールスマンですが、他の著書でも「多重債務者を減らしたければ、ギャンブルを規制するべき」という提言をされています。実際、私もパチンコ屋でアルバイトしていた経験からそう思います。

実は、「アイフル社員の強迫的な取り立てテープ」(実は無罪だったことが2009年に判明)がマスコミで連日報道されていた2006年頃、テレビは消費者金融のCMを自粛するようになりました。しかし、代わりに何のCMが流れたかというと、パチンコ屋です。

基本的に、キャッシング会社にしてもパチンコ屋にしても、「あまりイメージがよろしくないジャンル」の方が、お金の流れが良いんですね。また「イメージが良くない業界だからこそ、テレビCMによってイメージを改善したい」という狙いがあるので、大きなコストを投じてでも、テレビCMを流そうとしてくれるのです。

ということで、テレビ局にとって、カードローン業者・パチンコ屋などは「高い広告費を払ってくれる、上客」なのです。だから、キャッシング業者の宣伝が自粛されるようになると、代わりにパチンコ屋のCMが増えるわけですね。

「これでは何の解決にもならない」というのが、笠虎崇氏はじめ、多くの知識人・業界人の主張です。アイフル・プロミス・アコムなどの大手の消費者金融のCMが規制されても、借金の原因になっているパチンコ屋の利用が促進されている限り、結局彼らはヤミ金でも何でもいいので、どこかから借りようとするでしょう。

ギャンブル依存症は「本人が悪い」という部分も確かにありますが「外部環境による原因」も間違いなくあるんですね。もし国やメディアが本当に「多重債務問題を解決したい」と思っているのであれば、笠虎崇氏が指摘する通り「ギャンブルも同時に規制しなければならない」のです。

2-2.「もう貸さないで欲しい」と家族に言われても…

ギャンブル依存症で借金している人の場合、よく家族から「もう、融資しないでほしい」という依頼の電話が、よくカードローン会社にも寄せられるそうです。(この『サラ金全滅』にも書かれています)

しかし、これはできないんですね。確かに、日本貸金業協会は「貸付自粛制度」という、「本人が希望しても、融資しないようにする制度」を持っています。

しかし、これは「本人が申し込みしないといけない」んですね。家族ではダメなのです。家族といっても法律的には所詮他人なので、「他人の経済活動を、不当に制限する」ということになってしまうわけです。そのため「貸付自粛制度は、本人が申し込んだ場合のみ、適用できる」というルールになっているのです。

そのため、もし家族が「もう、うちの太郎に融資しないようにしてほしい」と思うのであれば―。

  • 太郎と家族で話し合う
  • 太郎本人から、貸付自粛制度を申し込むようにする

…という手順を踏む必要があります。もちろん、この話し合いはある程度苦労するでしょう。しかし、太郎がギャンブル依存症になったのは、家族間のコミュニケーション不足など、あらゆる原因があったはずです。そこから解決しない限り、いつまでも太郎のギャンブル依存症は治らず、借金癖も治らないでしょう。

ということで、やはりまず基本中の基本の「家族での話し合い」が必要なんですね。ここから逃げることはできないのです。

3.どうしたらギャンブルをやめられる?

3-1.今までギャンブルに使ったお金で、何が買えたかを考える

『サラ金全滅』のP.126~127には「借りる人」の方の証言も登場します。つまり「ギャンブル依存症で、借金している人」の証言です。

この女性はすでにギャンブル依存症が治ったのですが、彼女がこの症状を克服できた理由の1つに「ギャンブルで失ったお金で、何を買えたかを考える」という努力があったそうです。『あの金で何が買えたか』というベストセラーが昔あって、これは国家予算について書いたものですが、この「何が買えたか」というのは、お金の使い方を合理的にする上で、かなり重要な思考なんですね。

この女性はそうやって「ギャンブルをしていなければ、欲しいものがたくさん買えた」ということを実感し「それを買いたいという気持ち」のために、ギャンブルを卒業できたそうです。つまり、「やってはいけない」という禁止する気持ちよりも、「あれを買いたい」という、プラスの気持ちによって、依存症を克服した…ということですね。

この「より楽しい方向に向かっていく」というのは、自分のモチベーションをコントロールする上で、大きなヒントになるでしょう。(ギャンブル依存症の人でなく、普通の人の場合でも)

3-2.女性は、ギャンブルをしない方が、幸せな恋愛や結婚をできる

この女性のインタビューの中で特に「女性ならでは」の視点だと思ったのは、「ギャンブルをやめた方が、女性は恋愛も結婚も幸せにできる」というものです。女性にとって、この「恋愛や結婚の幸せ」というのは、男性以上に重要なものらしく、「そこに訴える」というか「それを本人が実感した」ということが、ギャンブル依存症を卒業する上で、大きかったらしいんですね。

この点は、特に家族や友達がギャンブル依存症の時、その人が女性だったら、効果的な視点かも知れません。カウンセラーの方なども含めて、「治療・誘導する側」の人は、ぜひヒントにしていただけたらと思います。


以上、キャッシングとギャンブルの関係についてまとめました。ギャンブルや借金の癖を克服したい人、あるいは家族に克服させたい人などに、参考にしていただけたら幸いです。

キャッシングの基礎のコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP