審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

キャッシングの基礎

キャッシングで保証人や担保は不要 ~友達の保証人になるのは要注意~

040

私達が通常使う、プロミス・モビット・アコムなどの一般的なカードローンブランドの場合、保証人は不要です。もちろん、不動産などの担保も必要ありません。

消費者金融だけでなく、銀行カードローンでお金を借りる場合もそうです。これについて、知るべきポイントをまとめると―。

  • 保証人を頼まれたら、基本的に断る
  • 特に連帯保証人・根保証の契約は結んではいけない

ということです。

現代は、保証人なしでお金を借りるのがカンタンな時代

現代は、昔と違って「保証人なし」でお金を借りるのはカンタンになっています。理由は―。

  • 個人信用情報の管理が徹底した
  • これで、その人のクレジットスコアを正確に測れるようになった
  • 長年の統計により、そのスコアでの破産確率も、正確にわかるように
  • 借りられる人、借りられない人が、はっきり分かれるようになった

ということです。つまり、今までは「その人が信用できるかどうか」が曖昧だったので、保証人などで「保険」をかけたわけです。しかし、現代では「申し込み者の信用度がハッキリわかる」ので、「保証人などつけなくてもいい」わけですね。

保証人をつけても、大手では借りられない

逆に、大手の消費者金融などの場合は「保証人をつけても、クレジットスコアが低い人は借りられない」時代になったわけです。確かに保証人がつけば多少信用度は高まります。しかし―。

  • 審査の作業が複雑になる
  • その後の顧客情報の管理も複雑になる
  • 保証人もグルになった、反社会勢力かも知れない

という理由から、大手の消費者金融にとって―。

  • 信用度(クレジットスコア)が低い人が
  • 保証人によって借りようとする

というのは、デメリットが大きいわけです(メリットもありますが)。

ということで、現代は「保証人が不要になった」代わりに「保証人をつけても、お金を借りることがカンタンではなくなった」ということなのです。

(情報化された時代、ということですね)

なぜ保証人が必要なのか、とことん追及する

こういう「保証人なし」でキャッシングできるのが当たり前の時代で、なぜわざわざ自分に連帯保証人・根保証などを頼むのか―。まずはその辺を根掘り葉掘り聞きましょう。

日本人は優しい人が多いので、こうやって友達を疑うことを悪だと思うようですが、「保証人を頼んできた時点で、以前の友達とは、もう別人である」と思った方がいいです。

大人になるということは結構残酷な部分もあり、30才くらいを超えたあたりから、昔の友だちが結構変わってしまうものなのです。特にお金に困った時は、人間はかなり変わってしまうものです。

「貧すれば鈍する」ということわざの通りです。「人貧しければ智短し」とか「衣食足りて礼節を知る」とも言いますが、とにかくお金に困って保証人を頼みに来るような友達の場合「変わってしまった可能性がある」と用心して話を聞くのが鉄則です。

自己破産者の4分の1が「他人の保証人になった」のが原因

日本弁護士連合会が2008年に行った調査では、「自己破産した債務者の25%が、他人の借金の肩代わりをしたり、保証人になったのが原因」とのこと。

全部が保証人というわけではなく「肩代わり」も含みますが、要は「自分の借金ではない」ということ。

それが友情とか親子愛・家族愛として、美しく映る場面もあるでしょう。しかし、それは肩代わりした瞬間だけで、その後には、そうした人たちの「4分の1が破産する」という運命が待っているのです。

(統計によってそうなっているのだから、この運命は、4分の1の確率で訪れるのです)

このようなデータもあるので、友達や家族が、「キャッシングの保証人になってほしい」と頼んできたら、相当しっかり追及しないといけないんですね。

  • どういう業者から借りるのか
  • いくら借りるのか
  • どうやって返済するのか
  • 今、どんな仕事をしているのか
  • 健康状態はどうか
  • 本当にこれが借金のすべてと証明できるか
  • そもそも、何でお金がなくなったのか
  • 何で、自分のところにきたのか

…ということを、とことん問い詰めるべきなのです。「正直者な友達を、そこまで追い詰めたくない」などという人もいるかも知れませんが、現代では、正直者はそんなに馬鹿を見ません。普通に真面目に生きていれば、そうそう借金は背負わないものです。

それでもどうしても「助けてあげたい」というなら、先に書いた「保証人・肩代わり」を受け持った人間の25%が破産する、という確率をよく覚えておきましょう。「それでもいい」というなら、その友情や家族愛は確かなので、引き受けていいと思います。

(逆にこのデータを知らずに「騙された!」というのは、残念ながらその人の無知という見方も、できなくはありません)

12才の時のような友達は、もう二度とできない

映画や文学が好きな人なら、この名セリフはよく知っているでしょう。映画『スタンド・バイ・ミー』の冒頭で流れるセリフです。

友達の保証人になって自分が破産してしまう人というのは、昔の友だちの面影をまだ信じているのでしょう。実際、昔は本当にいい友だちだったのだろうと思います。

しかし、先にも書いた通り「人間は変わってしまう」ものなのです。変わらない人もいますが、それは「泥沼の中に咲く花」のようなもので、ほとんどの人が変わってしまうからこそ、そういう変わらない人が美しいわけです。

…とポエムのような内容になりましたが、「他人の借金の保証人になった債務者の、4分の1が破産」という事務的なデータの裏には、いろいろな人間模様があるわけですね。

とにかく、そのように友情は永遠ではなく、永遠でないからこそ美しいものなので、友達が連帯保証人を頼んできたら、基本的に断るようにしてください。

キャッシングの基礎のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP