審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

キャッシングの基礎

会社の事業資金を借りる時は、消費者金融と銀行カードローンのどっちが良いか

046

会社の事業資金を借りる時は、消費者金融と銀行カードローンのどっちが良いか。結論は「借りたい理由・用途」によります。たとえば規模でいうと―。

  • 自営業・個人事業主…消費者金融
  • 従業員がいる本格的な法人…銀行カードローン

という風に借り分けるべきです。また、法人の場合も「設備投資」などの本格的な投資の場合、当然普通の銀行カードローンではダメです。事業用の融資を利用しましょう。

事業用の銀行融資とは?

これは実際に事業をしている人が一番よく知っているでしょうが―。

  • 年利数%程度の低金利
  • 最大1億円~数億円の融資も可能

となっています。もちろん、その分審査はかなり厳しいです。

  • 事業計画書
  • これまでの決算書

など、多くの書類を提出する必要があります。融資の金額や内容によっては、銀行の担当者が工場の視察などを、簡単にする場合もあります(地方銀行や信用金庫なら、地元なのですぐできますからね)。

というように、本格的な銀行の事業融資は、普通のキャッシングとは審査の難易度がかなり違います。代わりに―。

  • 断然低金利
  • 借入可能金額も大きい

ということで、本格的な事業資金を必要としている人は、やはり銀行融資を受けるべきでしょう。

ただのつなぎ資金の場合

そこまで本格的な「投資」ではなく、ただのつなぎ資金などの場合。これは普通の銀行カードローンや消費者金融でOKです。つなぎの期間が長くなる場合&高額が必要な場合、銀行カードローンにした方がいいでしょう。当然ですが、銀行カードローンの方が低金利だからです。

逆に「少額・短期間」のつなぎ融資でOKという場合は、消費者金融の方がいいです。短期間・少額だったら消費者金融の金利でも大した利息は発生しませんし、何より「急ぎで借りて、ピンチを脱する」というのが一番重要でしょうから、まずはそれを最優先すべきです。

自営業・個人事業主だったら、迷わず消費者金融

個人事業主・自営業の人が、軽く事業費や生活費で困った…という場合は、迷わず消費者金融で借りるようにしましょう。つまり、プロミス・アコム・アイフル・SMBCモビットなどのブランドです。

自営業・個人事業主の人が消費者金融で借りた方がいい理由は―。

  • 大体、必要な金額は少額である
  • 少額な代わりに、急ぎということが多い
  • 急ぎで借りるなら、断然消費者金融の方がいい
  • 法人化していない人には、銀行の審査は少々厳しい

ということです。最後については「法人化していないとダメ」ということではありません。しかし、「事業がうまく行っていて、安定して今後も稼げる見込みがあるなら、法人化するはず」というのが、銀行でも一般人でも共通の見方です。

また、実際法人化している会社代表者と、まだしていない個人事業主・自営業の人を比較したら、断然前者の方が年収も大きいでしょう。事業年数も長いことが多いです。

ということで、法人化している人の場合は、年収や事業年数の面でも、銀行カードローンでも審査に申し込みやすいんですね。逆に自営業・個人事業主の場合、日頃からお金がかつかつという人は、大体銀行キャッシングの審査は通りにくいです。

というわけで、確実に借りられることを重視して、消費者金融で借りる方が、自営業・個人事業主の人にとっては良いわけです。

消費者金融のビジネスローンもおすすめ

消費者金融の個人用のキャッシングではなく「ビジネスローン」から借りるのもおすすめです。事業者向けローンなので、借り入れについても総量規制の対象がとなっています。

総量規制の対象外ということは、「年収の3分の1以上借りることも可能」ということ。つまり―。

  • 個人用で、既に年収の3分の1まで借りている
  • それ以上、さらに事業用のお金を借りたい

という時でも、消費者金融の事業者向けローンだったらできるということですね。

生活費に使ってもOK

さらに、消費者金融のビジネスローンの便利なところは「生活費に転用してもOK」ということ。事業者向けローンなので「事業性資金にしか使ってはだめだろう」と思っている人が多いでしょう。

しかし、アコム・プロミスのビジネスローンであれば、生活費でもOKです。プロミスの「自営者カードローン」は「生活費・事業費」という利用用途ですし、アコムの「ビジネスサポートカードローン」は、「資金用途自由」となっています。

どちらにしても「生活費だったらまったく問題なくOK」ということですね。そのため自営業・個人事業主の人などが「事業用の資金というより、正直生活費を借りたい…」となった時でもOKなのです。

(特にネット系などのコストがかからない仕事の場合、自営業・個人事業主・フリーランスの人の必要経費のほとんどは「生活費」でしょう)

普通のキャッシングで、事業性資金に使ってもOK?

逆に普通のキャッシングでお金を借りて、それを事業用に使うことはできるのか?これは―。

  • 銀行カードローン…不可
  • 消費者金融…OK

となっています。事業用に使うことに関しては、「消費者金融の方がゆるい」わけですね。アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフルのどこでも「事業用に使うのもOK」となっています。

ということで、もしビジネスローンの審査を受けるのが面倒という場合は、これらの「普通のキャッシング」で借りて、それを事業用に使ってもOKです。ビジネスローンでも、実はプロミス・アコム・アイフルの場合、特に金利は変わらないので、利息面で不利になる…ということもありません。


以上、会社や事務所の事業性資金を借り入れをする場合についてまとめました。自営業・個人事業主・会社経営者の方など、参考にしていただけたら幸いです。

キャッシングの基礎のコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

SMBCモビット SMBCモビット
融資情報
審査時間10秒簡易審査
融資時間最短で当日融資の可能性あり
限度額800万円(3.0%~18.0%)

TOP