審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

キャッシングの基礎

過払い金の返還請求とは? ~発生の経緯・グレーゾーン金利の意味・請求のやり方~

002

過払い金の返還請求とは―。

  • 払い過ぎた利息を
  • 返還してくれるよう
  • 業者に請求する

というものです。なぜ「利息を払い過ぎた」のか、その理由から説明します。

以前の日本は「金利のルールが2つ」あった

金利は当然「上限」を決める法律が必要です。そして、以前の日本にはこれが2つあったのです。

  • 利息制限法
  • 出資法

というものです。そして、それぞれの「上限金利」が違っていたんですね。

  • 利息制限法…20%
  • 出資法…29.2%

という風でした。そして、この「20%~29.2%」の間の金利が、「違法なのか、合法なのかわからない、グレーゾーン金利」と呼ばれていたのです。

消費者金融は29.2%の金利でやっていた

で、消費者金融としては当然たくさん利息がほしいので、「29.2%」で金利をかけることになります。出資法で認められていたわけなので、完全に合法です。

しかし、2006年にこれが「違法」ということになってしまった。そして「これまでに29.2%でとって来た利息も、すべて返還しなければいけない」というルールになったんですね。「過去にさかのぼって適用」されるようになったのです。

ということで、2006年~2010年以前に消費者金融でお金を借りていた人は、この「グレーゾーン金利」で利子を払っていることが多いです。その分は「取り返す」ことができるので、「過払い金の返還請求」というものが、始まったのです。

過払い金はいつから発生しているのか?

これは「借り入れしていた業者によって違う」というのが正解。「グレーゾーン金利の撤廃」は―。

  • 発表…2006年末
  • 完全実行…2010年6月

となっているのです。そして、アコムなどは一番早く2007年6月にグレーゾーン金利を撤廃しましたし、その後も大手のキャッシング業者・ブランドは、早めに金利を引き下げています。

ということで、正確に「いつから」というのは、すべての業者で共通の答えはありません。アコムの場合は「2007年6月18日以前」ですし、他のキャッシングブランドも、それぞれで日にちが違っています。

何にせよそれぞれの業者・ブランドが金利引き下げをする前から借り入れしていた人は、過払い金が発生しているということです。

少なくとも「2006年より前」から借りていた人は、どこの業者・ブランドで借り入れしていようと、必ず過払い金が発生しています。

過払い請求はどうやってやるのか?

過払い金の返還請求は自分でもできます。司法書士・弁護士・行政書士などに頼んだら全部丸投げでOKですが、それだと説明が必要ないので、ここでは「自分でやる方法」について書きます。

まず、過払い金の返還請求の手順をまとめると―。

  • 利用明細を請求し、過払い金の有無を確認する
  • 過払い金の返還請求をする書類を、業者に送る
  • 業者から折り返し連絡が来る
  • 業者は過払い金を減らそうとすることが多いので、この交渉をする
  • 自力で全額回収が難しいと判断したら、司法書士・弁護士などに頼む

という風です。補足が必要な部分を、補足していきます。

利用明細をどうやって請求するのか?

正確に言うと利用明細ではなく「取引履歴」といいますが、「取引履歴開示請求書」という書類があります。これはネットで検索するとPDFが出てくるので、それを印刷して、手書きで記入すればOKです。

取引履歴開示請求書は「A4一枚の簡単な内容なので、記入はすぐに終わります。書く内容は、氏名などの個人情報に加えて―。

  • 会員番号
  • カード番号
  • 「この文書の開示を求める」という一文
  • 「開示を求める理由」
  • 「附属書類」として、どの身分証明書をつけたか書く

という風です。「この文書の開示を求める」というのは、下のように書きます。

  • 私と貴社の
  • 金銭消費賃借契約に基づく
  • 当初借り入れから
  • 最終取引日までの、
  • 全ての取引履歴。

という風です。ここではわかりやすく分割して書きましたが、これをつなげて書けばOKです。「取引履歴」だけだと、1ヶ月分でも別にOKなので「全期間の取引履歴をください」という意味で、こうして完璧に書くんですね。

過払い金返還請求書の書き方

これはネットにひな形・テンプレートがあるので、それをダウンロードしたり、参考にしながら書けば大丈夫です。手書きはせず、必ずパソコン(ワードなど)で作るようにしましょう。

過払い金返還請求書で書く内容は、大体下の通りです。(以下、文面の口語訳です)

  • 「開示してもらった取引履歴」を見つつ
  • 引き直し計算をしたところ
  • 「○○万円」の過払い金が生じていることがわかりました
  • これを14日以内に下の口座に入金してください
  • 振り込んでいただけない場合、民事訴訟で請求します
  • その場合、裁判にかかった費用も合わせて請求します

というものです。これがもっとお堅い言葉で書かれていますが、内容としてはこれだけです。こういうテンプレートや例文がネットにあるので、その―。

  • 金額
  • 振り込み先口座
  • 借り入れしていた期間

などを書き換えるだけです。

これを送った後、業者が電話などによって返事をしてきたら、そこから交渉に入ります。もっとも、返事自体してこないこともありますし、その場合は司法書士・弁護士などの専門家に相談して、彼らから過払い請求書を送ってもらうのがいいでしょう。

(それだったら、確実に一発で返事が来て、全額返還してもらえます)


以上、過払い請求のやり方も含めて、過払い金の返還とは何か、その歴史・経緯などをまとめました。参考になれば幸いです。

キャッシングの基礎のコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP