審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

キャッシングの基礎

個人間の借金の上限金利は『109.5%』 ~質屋の最高年率と同じ~

016

個人間のお金の貸し借りにも「上限金利」はあります。「実質年率109.5%」というもので、消費者金融の上限金利が「18%」なのと比較すると大体「6倍~7倍の超高金利です。

(ちなみに、質屋は今もこの金利での融資が認められています)

出資法第5条『高金利の処罰』

この「109.5%」という上限金利を決めているのは、出資法の第5条で「高金利の処罰」という項目です。内容を要約すると―。

  • 金利は、年率109.5%まで
  • うるう年は2月29日があるので、年率109.8%まで
  • 1日あたりは「0.3%」まで
  • これを超えた場合は、5年以下の懲役
  • もしくは、1000万円以下の罰金
  • もしくは、その両方を科す
  • 利息を受け取っていなくても、要求しただけで有罪

ということです。よく個人間の金利の上限で―。

  • 109.5%
  • 109.8%

という2つの説がありますが、これは、一応両方正解なんですね。109.8%の方は「うるう年」のものなのです。

年率109.5%で借りると、利息はどうなるのか?

この「実質年率109.5%」という上限金利で借りると、利子はどのくらいになるのか。100万円借りた場合で、それぞれの期間の利息は、下のようになります。

  • 1日…3258円
  • 1週間…2万2812円
  • 1ヶ月…9万1250円
  • 1年…109万5000円

これは「利息だけ」です。1ヶ月で「月給の半分」くらいの利息が発生するんですね。

1年に至っては「借りた金額以上」の金額を利子だけで払うということです。109.5%という金利が、いかに暴利かわかるでしょう。

実際にこの金利が課されることは、ほぼない

このように暴利なのに、なぜ出資法で認められているのか。これは実際には、適用されることがほとんどないからです。

  • 出資法5条第2項では
  • 「業者」の上限金利について
  • 「年利20%」を上限としている

というのが理由です。つまり「個人間」では109.5%までOKでも、そのすぐ次の項で「貸金を業とするもの=業者」については、「20%までにしろ」というルールが書かれているんですね。

ということで、出資法でこういう最高金利になっていても、実際にはこれが適用されることは「質屋以外にはない」ということです。

質屋はこの最高年率でも、なぜ問題ないのか?

質屋が問題ない理由は、下の通りです。

  • 「流質期限」が3ヶ月と決まっている
  • 多くの人が数日~1ヶ月程度で完済する

ということです。流質期限というのは、「この期間で完済できなかったら、預かっている品物を質流れにする」というもの。つまり質屋がリサイクルショップのように引き取る…ということですね。

で、当然みんな質流れは嫌なので、3ヶ月以内に返済します。なので、これだかけ金利でも、カードローンやキャッシングほどの「借金地獄」にはならないのです。

質流れ品を手放して終わり

質屋とカードローン・キャッシングが決定的に違うのは、「いつまでも返済が続かない」ということ。3ヶ月で完済できなかったら、そこでもう「返済が終わる」んですね。

ブランド品などのアイテムはもう返ってこないですが、代わりに返済義務も終わるのです。だから、高い金利でも破産者が出ることがない、ということです。

そして、質屋は消費者金融などと違い、「物品の管理コスト」があります。それも考慮すると、消費者金融などと同じ最高金利では、到底経営が成り立たないんですね。

現在でもすでに成り立たなくなり、質屋はどんどん閉店・廃業に追いやられています。ということを考えると、質屋はこの金利でもOKなのです。

「偽装質屋」が横行する理由

実はこの「質屋の金利は合法的に高い」という点に、闇金業者が注目し、「偽装質屋」という新たな詐欺ビジネスが始まっています。偽装質屋の内容は下の通りです。

  • 全然価値のないアイテムを預かる
  • そして、上限金利の109.5%でお金を貸す
  • 流質期限(3ヶ月)が来ても、返済が終わらない
  • (本当の質屋なら、ここで終わる)
  • その後も普通の消費者金融のように、返済を求める

ということです。偽装質屋が違法なのは、この「流質期限を無視している」という点。質屋が109.5%という高金利を認められているのは、あくまで「流質期限を守る」という条件の上です。

(これは、質屋営業法などで制定されています)

これを破っている時点で、質屋というのは名ばかりで、「ただの闇金業者・違法業者」なんですね。

質屋であれば、高金利を取っていてもわかりにくい…ということで、彼らはこのビジネスを始めたわけです。偽装質屋の実態については、NHKのクローズアップ現代などでも報道され、最近徐々に知られるようになっています。

個人間でも、お金の貸し借りはしない方がいい

結局、この109.5%という上限金利があってもなくても、個人間のお金の貸し借りは、あまりしない方がいいでしょう。理由は―。

  • 金の切れ目が縁の切れ目
  • そもそも、お金を借りる時点で、自分の生活を見直した方がいい
  • 人間は、お金を使うより稼ぐ方がいい

ということです。「金の切れ目が縁の切れ目」は有名なことわざなので、知っている人も多いでしょう。大体、お金で困って、人にお金を借りようとすると、その時点で多くの人間関係が終わってしまうものです。

もちろん、助けてくれる人もいるでしょうし、どうしてもそれ以外の方法がない…という場面もあるでしょう。

しかし、ほとんどの人のお金を借りる理由・状況というのは、そうではないはずです。ギャンブルや遊興費などの「まともでない理由」によって、友達にまでお金を借りにいく…というのが代表的なパターンでしょう。

とにかく、友達からお金を借りるというのは最低限&最後の手段として、もし身近な人から借りるなら、まず家族から借りる方がいいでしょう。

キャッシングの基礎のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP