キャッシングの基礎

三井住友銀行カードローンのデメリットは、収入がない専業主婦が借入不可なこと

af9960012119l

三井住友銀行カードローンのデメリットは「無収入の専業主婦が借入不可」ということ。それ以外のデメリットは、特にありません。無収入の専業主婦が融資不可というより、

  • 本人に安定収入がある、というのが条件
  • なので、無職・ニートでも誰でも、
  • 要は「自分の収入」がない人は借入不可

ということです。なので、専業主婦という言葉の定義にもよるのですが、パート・アルバイトをしていない主婦の女性は、キャッシングできないということですね。

これが唯一の三井住友銀行カードローンのデメリットで、これ以外のデメリット・短所はありません。

無収入の専業主婦のキャッシングについて、他行と比較

自分の収入がない専業主婦が借入不可なことが、デメリットなのかどうか―。これは他の銀行カードローンと比較して判断する必要があります。他の銀行カードローンもみんな融資不可だったら、別に三井住友銀行のデメリットとはならないですからね。

で比較してみると、他に「無収入の専業主婦がキャッシング不可」と言われているのは、「オリックス銀行」くらいです。大手の銀行カードローンでは。あとはみんな、

  • 収入がない専業主婦でも借入可能である
  • 銀行カードローンによっては「配偶者の同意書」も不要である

という条件になっています。配偶者の同意書というのは「夫・旦那の同意書」のことですが、要はそれもなしでOK…ということですね。

夫・旦那の同意書なしでOKな銀行カードローンは?

ざっと一覧にすると、

  • みずほ銀行
  • イオン銀行
  • 楽天銀行
  • 横浜銀行
  • じぶん銀行
  • 東京スター銀行

…などが「配偶者の同意書なしで、無収入の専業主婦でも借入可能」と言われています。予想外に多いので、驚くでしょう。銀行カードローンは、専業主婦の方々については、かなり積極的に融資しているわけですね。

もちろん、借入枠は少なめに抑えられます。大体10万円程度から…ということが多いですし、借入・返済の実績を積んで、融資枠が増額されていったとしても、最大で30万円まで…という銀行カードローンがほとんどです。楽天銀行・イオン銀行のみ「最大で50万円まで」行くようですが、これも例外的なケース…と考えた方がいいかも知れません。

サラリーマン・OLの方々ならともかく、無収入の専業主婦の方で50万円も借り入れしたら、かなり大変ですからね。夫・旦那の協力が得られるならいいですが、夫・旦那に内緒で借りているわけですから。

…というように、最高借入枠について30万円から50万円…という制限はあるものの、キャッシング自体はまったく問題なくできます。配偶者の同意書を提出しなくていいということで、提出するのは、

  • 婚姻関係の証明書
  • 自分の身分確認資料

だけとなっています。婚姻関係の証明書は主に住民票で、戸籍抄本・戸籍謄本などもOKとなっています。たまに結婚証明書などとも呼ばれる書類ですが、要はこうした「確かに結婚している」ということがわかる書類であれば、全部OKです。

なぜ婚姻関係の証明書が必須なのか

これは、無収入の専業主婦として生活できている時点で、

  • 夫・旦那がある程度稼いでいる
  • だから、その女性が仕事をせずに生活できている
  • ということは、その女性が「結婚している」ことさえ証明できれば、
  • その夫・旦那が、彼女を養えるだけの収入を得ているだろう、と推測できる

ということなんですね。もちろん、夫・旦那でなくても、親とか誰かが養っているわけだから、婚姻関係の証明書がなくてもいいんじゃね?という指摘も成り立つでしょう。その通りです。なので、銀行カードローンが無収入の専業主婦に対して融資するときも、実は婚姻関係の証明書のチェックが法律で決められている…というわけではないんですね。

ただ、一応確認しておいた方が安心だろう…ということで、婚姻関係の証明書を提出させる…ということです。なので、たとえば楽天銀行・横浜銀行などは「婚姻関係の証明書」も提出しなくていい…というルールになっています。

三井住友銀行は、学生は借入可能なのか?

三井住友銀行カードローンのデメリットとして、「無収入の専業主婦」以外でも「学生」も借入不可…とよく言われます。しかし、これはどうも違うようです。

いくつかの信用できるキャッシングの情報サイトでそのように書かれているのですが、三井住友銀行カードローンの公式サイトを見ると、あくまで

  • 20才以上で、
  • 本人に安定収入がある

という条件が書かれているだけで「学生は融資不可」ということは、全く書かれていないんですね。もちろん、それを言うなら「専業主婦」についても書かれていないのですが、

  • 専業主婦の場合は「無収入」だが、
  • 学生はアルバイトをしていれば「安定収入がある」わけだから、
  • 三井住友銀行カードローンが書いている基準から外れていない

ということなんですね。なので、学生は三井住友銀行カードローンではキャッシング不可…というのは必ずしも正しくないのでは、と私は思います。

ということで「専業主婦」がキャッシング不可なことと並んでよく書かれる「学生も借入不可」という三井住友銀行のデメリットについては、「多分、審査が厳しいだけで、借り入れ自体は可能」と考えていいでしょう。もちろん、学生という経済的に不安定な職業・属性である以上、同じ年収でも会社員・OL・公務員やパート・アルバイト・フリーターの方々より、だいぶ審査通過が厳しくなるとは思いますが…。

三井住友銀行に、その他のデメリットはない

三井住友銀行カードローンは、これら以外のデメリットはありません。つまり、

  • 自分の収入がない専業主婦がキャッシング不可
  • 学生がやや審査が厳しくなる

ということを除けば、特にデメリットはないということですね。特に最短即日借入のしやすさについては、新生銀行カードローン・レイクについで二番目の位置にいます。審査時間や受付時間などの条件については、新生銀行カードローン・レイクと互角なのですが、審査通過率が新生銀行カードローン・レイクの方が高い…ということで、こちらがトップになっています。

ただ、その分三井住友銀行カードローンの方が低金利です。新生銀行カードローン・レイクの金利は消費者金融に近い(アイフルと同じ)なので、借りやすい分、利息は多少高くなるわけですね。(その分、初回30日間無利息、5万円まで180日間無利息などの無利息サービスが充実している…というメリットもありますが)

何はともあれ、このように、専業主婦のキャッシング以外では、三井住友銀行カードローンはデメリットどころか、メリットしかない(大手の銀行カードローンの中でも、トップの条件)となっているのです。なので専業主婦の方々以外には、非常におすすめできるカードローンです。

キャッシングの基礎のコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP