カードローンのルール

ちばぎんカードローンの審査は、勤務先への在籍確認が必須?なしにする方法は?

pixta_20291446_XL

ちばぎんカードローンの審査は在籍確認が必須?

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の審査でも、他のすべての大手の銀行カードローン・消費者金融同様、勤務先への在籍確認が必須となっています。消費者金融の場合は、審査に通った方々の口コミ・評判が正しければ、ごくまれに、状況・条件によっては職場への電話連絡なしになるということもあるようですが、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>ではそうなることはまずないと思ってください。

基本的に銀行カードローンの方が消費者金融より審査が厳しいので、在籍確認についても「省略される」という確率は、かなり低いのです。

在籍確認が省略されるというのは、どういうことか

あくまで「ごく稀にある」(特に消費者金融で)という前提ですが、在籍確認が省略されるというのは、「信用度が高く、在籍確認をできない事情がある」という人に限定して、職場への電話連絡なしでそのまま融資することがあるというものです。

「そんなことをしていいのか?」と思う人がいるかもしれません。そう思う理由はおそらく「在籍確認は、貸金業法・銀行法などの法律で義務付けられている」と思っているからでしょう。実際、キャッシングの情報サイトでもそう書いているものがいくつかあります。

しかしこれらは間違いで、「在籍確認は銀行法・貸金業法などで義務付けられているわけではない」んですね。あくまでこれらの法律で義務となっているのは「返済能力をしっかり調査する」という「返済能力の調査義務」だけであり、勤務先への在籍確認というのはあくまでその一環にすぎないのです。

なので、もし「在籍確認をしなくても、その人の返済能力がしっかりわかる」というのであれば、業者・銀行の判断で在籍確認を省略してもいい…ということなんですね。なので、上に書いたような2つの条件を満たしている人であれば「会社への在籍確認がなしになる」…という可能性もゼロではないのです。

(基本的にレアケースですが、キャッシング審査日通った人々の口コミ・評判を見ていると、そういうこともごくごく稀にあるようです)

というような例外もあるのですが、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の借入審査では、そのような例外的なケースは少ないと思ってください。これはちばぎんカードローンだけではなく、銀行カードローンは全体的にそうなのです。

低金利である以上、審査を厳しくする必要がある

これは金融の世界では常識中の常識ですが、低金利ということは、必ず審査を厳しくする必要があるということを意味します。低金利なのに審査が甘い・ゆるいということは、物理的にあり得ないのです。

こう書くと「イケメンなのにお金持ちとか、そういう理想の人はたくさんいるじゃん」と思うかも知れませんが、それとはまったく構造が違います。なぜ低金利だったら必ず審査が厳しくなるのか、その理由とメカニズムを説明しましょう。

「低金利で審査が甘い」銀行カードローンがあったら…

仮に、多くの申込者が理想とする「低金利で審査がゆるい」という銀行カードローンがあるとしましょう。当然ですが、皆そこで借りようとします。で、審査申込みが殺到するというわけです。

その銀行カードローンは審査が甘いので、これらの申込者をどんどん審査に通してしまいます。そして、貸付につかる資本金が、どんどん減っていくわけです。当たり前ですね。錬金術を使っているわけではないのですから。

どれだけ資金力がある金融機関だったとしても、いつかはその資金は終わります。(というより、個人向けのカードローンだけを金融機関もやっているわけではないので、個人向けカードローンに使える資金は、早晩底をつきます)

で、そのように「融資に回せる残高」がなくなったらどうなるか。当然ですが、その銀行カードローンは「もう貸せない」というわけです。別に貸し渋りをしているわけではなく、物理的にもう資本金がない以上「融資することができない」というわけです。

つまり、この時点でこの銀行カードローンは「どこよりも審査が厳しい銀行カードローン」になってしまったわけです。当然ですね。申し込み自体できないのだから、一番審査が厳しいに決まっています。

つまり「低金利で審査に通りやすい」という理想的な銀行カードローンは、確かに「一時的」には存在するのです。しかし、それが登場した瞬間、こうして申込者が殺到して、その「借りやすい状況」は消えてしまうわけですね。

株式市場の「裁定取引」とまったく同じ

これは株式投資やFXなどの投資の世界で見られる「裁定取引」(アービトラージ)とまったく同じ原理です。こうした投資の世界でも、一時的に「超お得」な銘柄は存在するのですが、人々がそれに気づいた瞬間、買い手が殺到してチャンスは消滅するわけです。

投資の世界だけではありません。ビジネスの世界でもよく、一時的に「特定のビジネスモデル」でボロ儲けできる時代がありますが、それに気づいた人々がすぐに参入してくるので、「濡れ手で粟」の状態は、すぐに終わってしまいます。

というように、お金や利益が絡む世界で、こういう「美味しい話」というのは、ほんの一瞬しか存在しない…というのは、人間が生きていく上での基本中の基本と言える知恵なのです。なので、カードローンの世界でも「低金利で審査に通りやすい」というような「理想的な借入先」は存在しないと思ってください。

(思ってくださいというより、存在しません)

…と、少々本質的な話になりましたが、このような理由からも、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>のように、低金利な借入先では「在籍確認が省略される」という確率も非常に低いということです。なので、ちばぎんカードローンでお金を借りたいという人は、「勤務先への在籍確認は、ほぼ確実に受けなくてはいけない」と思ってください。

ちばぎんカードローンの電話連絡で聞かれる内容は?

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の在籍確認では、どのようなことを聞かれるのか、あるいは審査されるのか―。ということが気になる方々も多いでしょう。結論を書くと質問・審査されることは、ほぼ何もないということ。文字通りの「電話連絡」であり、あっという間に終わります。

具体的にどのようなやり取りになるか、一例を示してみましょう。

  • 千葉銀行「柏と申しますが、市原さんお見えでしょうか」
  • 申込者「はい、私が市原です」
  • 千葉銀行「市原ジェフさんでお間違いないですか?」
  • 申込者「はい、間違いありません」
  • 千葉銀行「ありがとうございます。私千葉銀行の柏と申します。この度はお申し込み、誠にありがとうございました」
  • 申込者「はい」
  • 千葉銀行「これで申込み内容の通り、お勤めされていることの確認が取れましたので、ご融資させていただきます」
  • 申込者「ありがとうございます」

…というようなやり取りです。これはあくまでイメージであって、実際のやり取りは当然まったくこのまま…というわけではありません。また、個人名は千葉県の都市名からとっています。

で、このように「個人名で一般的な用事」のようにかかってきて「確かに在籍している」ということだけわかればいい…というのが「キャッシング審査の在籍確認」なんですね。なので、この電話口で何かをあらためて審査したり質問したり…ということはないわけです。

なので、「勤務先への在籍確認って、何を質問されるんだろう…」と不安に感じている人は、そうした心配はまったく無用と思ってください。

カードローンのルールのコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP