審査申込み、電話在籍確認からの流れ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンが人気の理由

柔軟審査がうれしい楽天銀行スーパーローン

柔軟審査を希望するなら楽天銀行カードローンがおすすめ!新規利用で楽天ポイントが1000ポイント付与されるのもうれしい!ネット銀行のカードローンならではの利便性は流石です。

楽天銀行カードローン申込み窓口

※安定した収入がある方

カードローンのルール

ノーローンなら、利子総額に応じて楽天スーパーポイント・ネットマイルが貯まる!

049

クレジットカードの場合、利用すればするほどポイント・マイルが貯まっていきます。同じような仕組みが消費者金融にもないのか―、と思う人もいるでしょう。

新生銀行グループのノーローンであれば、それができます。ここでは、ノーローンのポイントサービスについてまとめます。

支払った「利息」に対してポイントがつく

ノーローンでは、支払った「利子総額」に応じて、ポイントがつきます。つまり「借り入れした金額」ではないんですね。(この点、よく間違われるので、最初に注意が必要です)

たとえば「10万円を1ヶ月」借りたとしましょう。その場合、利息は1500円になりますが、この「1500円」に対してポイントがつくのです。

利息1500円の場合、ノーローンのポイントは30Pとなっています(楽天スーパーポイントの場合)。楽天スーパーポイントは「1P=1円」なので、30円ということですね。

10万円を1ヶ月借りて、30円

つまり、このノーローンのポイントというのは、「10万円を1ヶ月借りて、30円つく」という内容なのです。正直「ほとんどポイントはつかない」というのが、多くの人の実感でしょう。

ということで「ポイント目当てでノーローンで借りる」というのはおすすめできません。しかし、ノーローンには「「何度でも1週間無利息」というシステム」などのような個性的なサービスがあります。それらを目当てにノーローンを選ぶ…というなら、それはいいでしょう。

どんなポイントに対応してる?

ノーローンのポイントは、楽天スーパーポイント以外にも対応しています。他の2種類では―。

  • Gポイントコース
  • ネットマイルコース

があります。どちらも「初めて聞く」という人がいると思うので、内容を解説します。

Gポイントとは?

Gポイントは簡単に言うと「電子マネー」です。

  • 楽天銀行
  • ヤフーショッピング
  • その他のネット決済

というように、ありとあらゆる買い物で使うことができます。多くの人が知っている有名なサービスの場合、大体通用すると思ってください。

Gポイントの便利なところは、他のポイントに移行・変換できるということ。たとえば―。

  • ANAマイレージ
  • Tポイント
  • nanaco

などのポイントに移動させることができます。ということで、Gポイントを使っていない人でも、これらの「自分が使っているポイント」に変換してしまえばいいんですね。

(特にTポイントだったら、ファミリーマートなどで使っている人も多いでしょう)

ネットマイルとは?

ネットマイルもやはり「電子マネー」の一種。あらゆるサービス・買い物に利用できますが、Gポイントとの違いは―。

  • 特に交通系で強い(Suicaへの換算など)
  • 航空券・旅行系は特に強い

ということです。航空会社や旅行会社としては、「日本人が他のことにお金を使わず、旅行に使ってくれる」というだけでも利益が出るので、こうしてネットマイルというサービスを用意し、少しでも利用客が増えるようにしているんですね。

ということで、本質的にはGポイントもネットマイルも「楽天スーパーポイント」とほぼ同じなのですが、それぞれの対応サービスや換金率を見て、「自分に合っている」というものを選ぶといいでしょう。

(楽天スーパーポイントが一番使い勝手がいいと思いますが…)

それぞれのポイントが、何点たまるか

で、ノーローンの利子総額によって、それぞれのポイントが何点分たまるか。これは下のようになっています。

 楽天スーパーポイント

  • 1000円未満…0ポイント
  • 1000円位上…30ポイント
  • 5000円以上…70ポイント

 Gポイント

  • 1000円未満…0G
  • 1000円以上…5G
  • 5000円以上…30G

ちなみに、このGポイントの「1Gが日本円でいくらか」ですが「1G=1円」となっています。1000円の利息が発生するには、大体6万円を1ヶ月借りないといけませんが、それでようやく「5円」ということです。

正直、Gポイントに換算することはおすすめできません。ノーローンを利用する方は、楽天スーパーポイントで換算した方がいいでしょう。

 ネットマイル

  • 1000円未満…0マイル
  • 1000円以上…10マイル
  • 5000円以上…60マイル

このネットマイルの場合、「1マイル=0.5円」です。これもやはりGポイントいの時と同じく6万円程度借り入れして、ようやく「5円」ということです。

ハッキリ言って、家族や友達などに推薦する場合、誰でも楽天スーパーポイントにするはずです。ということで、Gポイントやネットマイルの会社で頑張っている社員さんには少々申し訳ないのですが、ノーローンのポイントサービスは、すべて楽天スーパーポイントに換算した方がいいでしょう。

ノーローンのポイントは、あくまでおまけ程度

基本的にノーローンの一番の売りは、ポイントではありません。何度でも1週間無利息という、他の消費者金融にはない独自の無利息期間です。

ということで、ノーローンでキャッシングする人は、ポイントを目当てに借りるのではなく、この何度でも1週間無利息を目当てに借りることをおすすめします。それだったら、他のキャッシングブランドではできない、ノーローンだけのメリットを受けられるからです。

ポイントに期待するより、早期返済が一番

そもそも、ネットマイルやGポイントなどが欲しいのは、金銭的にお得な生活をしたいからでしょう。しかし、それだったら「早期返済して、利息総額自体を減らす」のが一番なのです。

  • 利子総額が増えなければポイントは増えない
  • しかも、そのポイントはかなり少ない

ということで、「ポイントによってお得な借り入れをする」という選択肢は、物理的に見てあり得ないんですね。

なので、ノーローンを利用する人は、ポイントを貯めることを考えるよりも、とにかく早期完済して、利子自体を減らす、ということをおすすめします。これはノーローンでお金を借りる時だけでなく、すべてのキャッシング方法で共通することなので、ぜひ意識してください。

カードローンのルールのコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP