カードローンのルール

海外キャッシングなら、クレジットカードの現金借入枠がおすすめ(手数料も安い)

069

海外キャッシングをしたい場合、クレジットカードのキャッシング機能を使うのが一番です。理由は、

  • アイフル・モビットなどの消費者金融は、海外では利用不可
  • クレジットカードなら、お店での買い物にも使える
  • クレジットカードの方が、両替手数料が安い場合が多い

ということです。

消費者金融では海外キャッシングできない

当然ですが、モビット・アイフルなどのローンカードを海外で使うことはできません。使えたら面白いですが。

もちろん、ほとんどの人は「別に使えなくてもいい」でしょうが、「海外旅行が初めて」「いくらお金が必要になるかわからない」という人の場合、現地でもキャッシングができると、非常に便利でしょう。

そういう時、クレジットカードであればキャッシング枠を利用して、現金を借りるということができます。そのため、海外キャッシングをしたい(あるいはするかも知れない)という人の場合、海外でよく使えるクレジットカードを発行しておきましょう。

(まだ持っていない人は、ですが)

VISA・Masterが一番使いやすい

アジア・アフリカの各地で海外生活をしてきた私の経験からいうと、やはりMaster・VISAが一番便利なブランドです。ダイナースも結構使えますが、やはり一番はVISA・Masterのどちらかです。

ということで、これからクレジットカードを発行する方で、特にブランドにこだわりがないのであれば、Master・VISAで審査申込みするといいでしょう。Master・VISAと一口に言っても、

  • 三井住友VISAカード
  • JAL・VISAカード
  • りそなVISAカード

というように、山程の種類があります。「VISA対応のお店なら使えるカード」ということで、そのカードをどの銀行や会社が出してもいいんですね。

ということで、これらのVISA・Master、どの会社のカードを発行してもいいですが、何にしてもこの2種類がおすすめです。

JCB・アメックスは使えない地域がある

JCBはアジアではよく使えますが、アジアの外に出ると非常に使いにくいです。「アジアしか行かないわ」という人ならいいですが、あちこち行く予定の人は、Master・VISAのどちらかの方がいいでしょう。

(クレジットカードも、長く使えば使うほどクレジットヒストリーが蓄積されて有利になっていきますからね)

アメリカン・エキスプレス(アメックス)も、使えない地域や店舗が結構あります。日本でもアメックスに対応していないお店は多いですし、特に日頃の国内利用を考えた時、アメックスだと不利な場面が多いかも知れません。

(ステータスがあるので、特にセンチュリオンなどは憧れますけどね)

このように海外キャッシングの利便性だけ考えると、アメックスやJCBは少々不便です。こだわりがある場合はこれらでももちろんOKですが、特にこだわらない場合は、Master・VISAにしておきましょう。

キャッシングしなくても、買い物はクレジットカードできる

そもそも、特に海外キャッシングにこだわる必要はありません。というのは、海外旅行で日本人が行くような場所は、大体クレジットカードで決済できるからです。

ローカルな屋台などに行けば当然クレジットカードの決済はできませんし、現地通貨の現金が必要になりますが、そういうローカルな場所は、そもそもお金もそんなにかかりません。ということで、海外キャッシングもそんなにする必要がないんですね。

(空港などでしていった両替だけで十分、ということも多いです)

クレジットカードで買い物すれば、手数料がなし?

これは国・店舗・カードの種類によっても異なるのですが、「クレジットカードで買い物すると、両替手数料がかからない」という場合もあります。

確信はないのですが、たとえば私がカンボジアのカフェでクレジットカードで払い、後日そのカードの会員ページで利用明細を確認したら、店頭で表示されている金額と、全く同じでした。

(たとえば2ドルのコーヒーだったら、240円で決済されている、という風です)

もしかしたら、その明細以外の画面に手数料が書いてあったかも知れませんが、ガンガン使いまくった割に、使った分くらいの負担しか感じていないので、おそらく「ショッピングで使う場合、両替手数料がかからない」のではないかと思われます。

もちろん、繰り返しますが、

  • クレジットカードの種類・ブランド
  • 買い物するホテルや店舗
  • 買い物する国

によってルールは異なります(異なる可能性が高いです)。ということで、絶対ではないですが、参考にしていただけたら幸いです。

国際キャッシュカードより、断然クレカが割安

国際キャッシュカードというのは、

  • 日本の普通の銀行口座から、
  • 海外の現地ATMで、
  • 現地通貨に両替して現金を引き出せる

というキャッシュカードのことです。たとえば「プラス」のマークのカード・ATMが一番有名ですね。

日本だと新生銀行などが、こうしたカードを持っています。私も新生銀行のプラスカードで海外生活をしていますが、これは両替手数料が高いので、正直おすすめできません。

VISAの両替手数料が「1.6%」くらいで、グローバルキャッシュカードは「4%」くらいなんですね。我ながらかなり損してると思いますが、実は以前マスターのクレジットカードで強制解約になったことがあり、クレジットカードがしばらく発行できないのです。

ただ、海外に行ってから「プリペイドカード」や「デビットカード」ならほぼ無審査ということがわかり、次に日本に帰った時に、それを発行すると決めています。

プリペイド・デビットカードとは?

プリペイドカード、デビットカードとは、それぞれ下のようなものです。

  • プリペイド…事前に入金した分だけ、引き出し・買い物できる
  • デビッド…利用する度に、同時に銀行口座から引き落とされる

つまり、プリペイドは「スターバックス」や「ガソリンスタンド」などの、事前に入金して使うカードのようなもの。そして、デビットカードは「キャッシュカード」に近いものですね。

(買い物できるキャッシュカード、という感じでしょうか)

どちらも、

  • すでに支払ったお金
  • 実際に銀行口座になるお金

しか使わないので、返済不能になるということがありません。(借金ではないですからね)

ということで、ほぼ無審査で発行できるわけです。特にプリペイドは小学生でも持てるというくらいです(カードを買う、という感覚ですね)。

ということで、私も日本に今度帰国したら、デビットカードかプリペイドカードを発行する予定です。私と同じように、過去にブラックリスト入りして「喪明け」を待っている人は、参考にしていただけたら幸いです。

カードローンのルールのコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP