審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

カードローンのルール

キャッシングの返済で遅延・延滞しても、取り立て・督促は厳しくない

102

キャッシングの返済で遅れても、強引な取り立てをされることはありません。少なくともプロミス・モビット・アコム・アイフル・ノーローンなどの大手の消費者金融の場合、そのようなことはありません。

「借金の取り立てが強引」というのは、漫画や映画で植え付けられたイメージであり、実際には全然違うんですね。ここでは、アイフルの元トップセールスマンだった笠虎崇氏の著書をもとに、キャッシング・カードローンの督促についてまとめます。

*参考文献…『サラ金全滅』(笠虎崇/2010年/共栄書房)P.116~119

督促・回収のやり取りは、すべて会社からチェックされている

書籍に書かれた内容をまとめると、下の通りです。

  • あるキャッシング業者では、電話回収のやり取りをすべて録音している
  • 社内のモニタリングチームが、その会話をリアルタイムにチェックしている
  • キツい言葉を使うと注意され、注意が多いとボーナスの査定に響く

というように、返済の督促というのは「すべて会社から厳しくチェックされている」わけですね。そのため、暴力的な言葉や態度で取り立てる…という人は、少なくとも大手の消費者金融の場合はほとんどいないのです。

ソフトな態度で、回収ノルマを達成するので、社員は厳しい

多くの人は―。

  • お金を借りる人…弱者
  • 回収する業者…強者

と思っていますが実態は全然違います。上にも書いた通り、「ソフトな言葉しか使ってはいけない」という状態で、回収金額のノルマはしっかり課されるわけですから、「大変なのは、むしろカードローン会社の社員」なのです。

ベストセラーになった『督促OL』などのシリーズを読んでも、やはり回収で精神的に病んで、どんどん辞めていってしまう(特に女性社員)という社員さんたちの実態が描かれています。お金を返済するのは確かに大変かも知れませんが、それを催促する方も、また大変なんですね。

あるキャッシング業者の回収のルール

『サラ金全滅』に書かれている「あるキャッシング業者」の回収ルールを紹介します。(本当はどの会社かも書かれていますが、ここでは伏せます)

たとえば、「期日までに必ずお支払いください」という言葉は、NGとなっています。理由は―。

  • 「必ず」…強制的な言い方なのでNG
  • 「お支払い下さい」…命令形だからNG

…ということです。「必ず」という単語は使わず、「お支払い下さい」は「お支払いお願いします」という「依頼形」にしなければいけないんですね。

著者の笠虎崇氏はこれを聞いて「耳を疑った」ということですが、実際「お支払い下さい」すら禁止というのは、少々厳しいでしょう。キャッシング業界が、いくらイメージアップが必要といっても「延滞者を甘やかしすぎなのでは?」と思う人も多いはずです。

優しすぎる督促は、債務者本人のためにもならない

このような「優しすぎる」督促は、お金を借りている債務者本人のためにもなりません。理由は―。

  • 返済しなければ、延滞利息がかさむ
  • 取り立ての態度がどうだろうと、延滞利息の金額は変わらない
  • つまり「きつく言われない」という「安心感」を得ているだけ
  • 実際には「金額」ではどんどんきつくなっている

…ということです。よく考えれば当たり前のことですね。延滞・滞納を繰り返す債務者は、「甘やかしてもらって、とりあえずキツい反省をしなくていい」というだけで「実際には、お金がどんどん減っている」わけです。「損をしている」んですね。

だから、本当は滞納者のためにも「厳しく取り立てる」方が正しいのです。「良薬は口に苦く、忠言は耳に逆らう」と言われますが、キャッシングの遅延・延滞の督促についても、同じことが言えるでしょう。

遅延者に厳しく督促することは、すべての利用者のためになる

そもそも、キャッシング・カードローン・クレジットカードの利用者で、返済遅延をする人はほとんどいません。せいぜい「全体の1割」です(少なくとも、常習者については)。

ほとんどの人は「遅れずに返済している」わけですね。つまりカードローン会社に対して、ムダなコストや負担を強いていないということです。

それとは逆に遅延・延滞の常習者は「ムダなコストを、キャッシング業者に対して負担させている」ということなんですね。で、このコストはどこから払われているかというと「利用者全員の利息」です。こういう「ムダな出費」をカバーする分まで、普通の利用者が利息を払っている…ということなんですね。

「利息をとらなければいいじゃないか」と思うかも知れませんが、コストが発生している以上、それはどこかでカバーしなければいけません。でないとカードローン会社も存続できません。で、どこかでお金を確保するなら、それは「利息」しかないのです。

もしこういうムダなコストがなかったら、消費者金融ももっと金利を安くできるわけですね。延滞者を甘やかせば甘やかすほど、金利を下げることができなくなるわけですから、本当は「厳しく催促する」方が正しいのです。


以上、キャッシングの返済で遅延・延滞しても、厳しい督促・取り立てはされない―、という内容をまとめました。督促はそれほどされないものの、上にも書いた通り―。

  • そもそも遅延・延滞しない
  • 「自分の利息のために」できるだけ早く払う

…ということが大事です。結局、自分を甘やかしても得られるのは「つかの間の満足」だけであり、それは本当の幸せではないのです。キャッシングの返済に限らず、何にでも言えることでしょう。

カードローンのルールのコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP