審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

キャッシングの歴史

キャッシング審査の個人信用情報機関の歴史・成り立ち

076

キャッシング審査では「個人信用情報機関」が大きく影響します。ここにその人のこれまでの借入・返済の履歴などの情報が保管されているわけですね。

いわゆる「ブラックリスト」の場合も、ここに「事故情報・異動情報」が記録されていて、それが原因で審査に通らなくなったりします。

ここでは、そんな個人信用情報機関が「どのようにして発生したのか」という歴史・経緯・成り立ちをまとめます。


*参考文献…『理解されないビジネスモデル 消費者金融』(藤沢久美・片野佐保・真水美佳・川島直子/時事通信出版局/2008年)P.46~P.55

仲間内の情報交換会として、自然発生した

大抵の組織は自然発生するものですが、個人信用情報機関もそうです。まとめると―。

  • 戦後の「金貸し」の時代は、一人一人を「人間的に」審査していた
  • その後、高度成長期になると「大企業の社員」というだけでOKになった
  • ↑(終身雇用で、給料も右肩上がりの時代だったので)
  • しかし、融資する人数が増えてくると、それではダメになった

…で、何がダメになったのかというと、「審査自体」は別にいいのです。しかし利用者が「借り回り」をするようになったんですね。消費者金融が栄えた分「あちこちの業者で借りる」という人が増えたのです。

この時点では「多重債務」の問題というより―。

  • 業者A「うちに駒田さんっていう、困った人がいてさ~」
  • 業者B「あ、駒田さん、うちでも滞納してるんだよ」

…というように「問題がある人の借り回り」が、貸金業者の中で自然に情報交換されるようになったんですね。で、「もっと仲間を増やしたら、さらに危険な借り手を排除できるのでは?」ということで、このグループが広まっていったのです。

業界の拡大と、社会の都市化によって、組織化する

やがてもっと業界が拡大したり、社会自体が都市化して、「古きよき時代」が終わると、「しっかり管理された情報機関」が必要になります。つまり、今の個人信用情報機関のようなものですね。

この時代の要請に応じて、1970年代にあちこちで、今より小規模な「個人信用情報機関」が誕生しました。実は、黎明期の個人信用情報機関は全部小規模だったのです。

1972年、初の情報機関「レンダースエクスチェンジ」が創設

消費者金融業界で初の個人信用情報機関は、「レンダースエクスチェンジ」という組織。1972年に大阪で設立されました。(LEとも略されます)。

「レンダースエクスチェンジ」という英語は、訳すと「貸し手のための交換」。つまり「業者のための、情報交換組織」ということですね。

その後、1975年には「ジャパンデータバンク」(JDB)が東京で設立され―。

  • 大阪…レンダースエクスチェンジ」
  • 東京…ジャパンデータバンク

が個人信用情報機関の二大巨頭となります。大阪が先だったのが意外かも知れませんが、アコム・プロミス・アイフル・レイクなど、みんな大阪や京都からスタートしています。消費者金融は関西の方が強かったのです。

1976年、JICCの前身の組織「全情連」が生まれる

その後、1976年には「全国信用情報交換所連絡協議会」が誕生します。これが後に―。

  • 1.全情連(全国信用情報センター連合会)に変わる
  • 2.全情連が「テラネット」に変わる(クレカ・銀行系の情報も一部統合する)
  • 3.テラネットが「CCB」を統合する(CCB…外資系・クレカ系も参加していた組織)
  • 4.統合によって「JICC」(日本信用情報機構)となる

…という流れで、現在のJICCになっていきます。今、個人信用情報機関の中で消費者金融と一番関わりが深いのはJICCですが、このように「多くの組織が融合した」ために、管理する情報の幅が広がったわけですね。

で、その大本となった「全国信用情報交換所連絡協議会」は、それまでバラバラに存在していた、10の情報機関が「互いに連絡を取り合った」ものです。(連絡協議会という名前の通りです)

レンダースエクスチェンジや、ジャパンデータバンクのように大きくない、小さい個人信用情報機関が集まって、互いにデータを共有した…ということですね。

当初は完全な人海戦術で情報を管理していた

始まった当初、個人信用情報機関は「完全な人海戦術」で、情報を処理していました。ポイントをまとめると―。

  • 情報はすべて「紙のカード」で管理されている
  • それが「生年月日順&五十音順」で、ファイルに入っている
  • 業者からの照会は、電話で受ける
  • 電話を受けたら、すぐにカードを探し、内容を読み上げる

…という風です。探すのも大変ですし、保管しておくのも大変ですね。で、記録もまた大変で―。

  • 業者で、利用者がお金を借りる
  • 業者がその内容を、信用情報機関に「電話で連絡」する
  • 信用情報機関の人は、それを「手書きでメモ」する
  • そして、ファイルにしまう

…という風です。情報を管理する機関の人も大変ですが、借り手が来る度に「その人の情報を、信用情報機関に連絡する」という業者も、また大変だったのです。(今だったらデジタル化されているので、半自動的に送信されますけどね)

このように完全に人海戦術に頼るやり方だったので、スタッフさんの人数も膨大でした。ジャパンデータバンク、レンダースエクスチェンジのような最大手になると、常時100人~200人のスタッフさんが、交代制で勤務していたといいます。

情報の内容も、人間的だった

情報共有が始まった直後は、「記録の仕方について、統一のルールがない」状態でした。そのため、それぞれの業者から上がってくる情報が全然違ったんですね。そのため―。

  • 借入金額
  • 借入日
  • 返済予定日

などの「まともな情報」だけでなく、下のような情報もありました。

  • 支払い態度悪し
  • 人相悪し
  • メガネ

私は参考文献で「メガネ」の部分を読んで思わず笑ってしまったのですが、こういう「何か役立つかもしれない情報」は、当時の業者は全部メモっていたんですね。

そして、情報機関から「情報を提出してください」と言われた時も、とりあえず自社でメモった情報を全部報告していたわけです。そのため、黎明期の個人信用情報機関では、かなりバラバラ(ユニーク)な情報が集まっていました。

管理の煩雑さと、プライバシーの問題で、項目が統一される

で、当然ですがこれは―。

  • 管理が面倒
  • プライバシーの問題がある

…という2つの難点があります。特に「人相悪し」などは、融資担当の主観に過ぎないので、これが原因でその人が「他の業者で借りにくくなった」としたら、法学的には「経済的権利の侵害」となるのです。

そのため、借り手の主観的な印象や、身体的な特徴は記録しないという、現代では当たり前のルールが導入されます(特に身体的特徴については、差別ととられる場合もありますからね)。

こうして、個人信用情報機関は「規模が大きくなる」とともに「情報の内容」も現代に近づいていきました。

日本のプライバシー管理の先駆けとなる

キャッシング業界の個人信用情報機関がすごいのは、ただ「システムを整えた」というだけではありません。顧客情報のプライバシー管理でも、日本の先駆けになったのです。

先駆けになれた理由は―。

  • 「借金」という人に知られたくない情報なので、絶対に漏洩してはいけない
  • 貸金業自体のイメージが悪いので、社会から認められるよう、管理を完璧にしなければいけない

などの背景がありました。特にJICCの前身である「全情連」が「倫理綱領」を定めたのは1981年ですが、その4年前の1977年には、朝日新聞などを中心に猛烈な「サラ金バッシング」が起こっていました。

そういう世間の目が厳しくなる中で、キャッシング業界のプライバシー管理は、他の業界以上に徹底しなければいけなかった…ということですね。

OECDの「プライバシー保護の8原則」に合わせる

上に書いた通り、全情連は1981年に「倫理綱領」を定めました。21箇条のルールからなるものですが、この時、プライバシー権に関する第一人者だった、一橋大学名誉教授の堀部政男氏の監修を受けています。

堀部氏は、OECD(経済協力開発機構)で提唱された「プライバシー保護の8原則」を、日本で最初に広めた人物として知られています。そのOECDの8原則に合わせて、全情連の「倫理綱領」も作られていったんですね。

このように、当時のカードローン業界の個人信用情報機関は、ただ情報共有のシステムが高度だっただけではなく、「日本の民間組織の中で、一番早く高度なプライバシー権を確立する」という、社会的意義も果たしたのです。

1983年「貸金業規制法」によって、国から公式に認められる

ここまでの個人信用情報機関は、まだ「業者の情報交換」の域を出ていませんでした。規模は大きくなっていましたが、「公式に、国から認められたわけではない」ということですね。

しかし、これが1983年の「貸金業規制法」で、公式に認められます。この法律の「第30条」で「信用情報機関に情報を照会するなどして…」という内容で、「法律に初めて、信用情報機関という単語が登場した」のです。

こうして国に認められたのは、先にも書いたプライバシーの保護に率先して取り組んだ…などの理由が大きいでしょう。


以上、カードローンやキャッシングの審査でも大きく関係がある「個人信用情報機関」について、その成り立ちの歴史をまとめました(主に初期のみですが)。キャッシング・カードローン・クレジットカードなどの歴史に興味がある人に、参考にしていただけたら幸いです。

キャッシングの歴史のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP