審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル
  • 借入診断
  • 即日審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 専業主婦

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

アイフルの特徴まとめ

アイフルは今すぐ借りられる?最短即日融資は可能?

アイフルは最短即日融資可能です。審査に通れば今すぐ借りられます。

審査にかかる時間は最速で30分。
早い場合は申し込みから1時間程度で現金を手にすることができます。

なので、午前中に申し込みすれば、かなりの確率で最短当日借入が可能。
もちろん、より確実に借りたいならもっと早い時間帯に申し込むことをおすすめします(朝イチなど)。

アイフルは「審査のスピード」はあまり前面に出して宣伝していません。
なので、これを前面に出しているモビットやプロミスなどと比較すると、やや審査は遅いかも知れません。

しかし、それでも消費者金融なので十分早いです。
実際「その日中に借りられた」という体験談や口コミは多くあります。

アイフルの審査は甘い?厳しい?

アイフルの審査は、審査通過率という数字で見ると、消費者金融の中でもやや「審査が優し目」になります。
(あくまで数字で見た場合ですが)

アイフルの審査通過率は大体43%ほど。
月によって変動があるのであくまで目安ですが、これは消費者金融の中で、アコムについで「通りやすい」数値です。

じゃあ「アイフルは審査が優し目なのか」と言ったらそんなことはなく、たとえば「職場への在籍確認が必須」となっています。
書類の提出によって、電話連絡なしにできる業者もあるので、それができないアイフルは、この点では「審査が厳しい」とも言えるでしょう。

また、借入限度額が50万円までは収入証明書不要で借りられます。
しかし、モビットのように「借入限度額がいくらでも、収入証明書がいる」という業者もあります。

そういう業者と比べると、「収入証明書の提出については、モビットより審査がゆるい」ということは言えます。

このように、アイフルの審査がやさしいか厳しいかというのは「どの条件で比較するか」にもよります。

ただ、全体的に「まともな返済能力がある人だけが通る」というのは確か。
逆に言えば「収入があって、借入残高がなければ、ほとんどの人は通る」ということです。

アイフルは家族に内緒で借りられる?

アイフルは家族に秘密で借りるのも簡単です。
キャッシングは審査に通ると、キャッシング用の「ローンカード」が自宅に郵送されます。

この受け取りで家族にバレてしまうことが多いのですが、アイフルはその点まったく問題なし。
「配達時間えらべーる」というサービスで、配達時間を指定することができます。

この「配達時間えらべーる」は、パソコン・スマートフォンから設定できるので、アイフルの審査に通ったら、まずこれを設定しましょう。

こうすれば自分が自宅にいる時間で、家族にバレることなくローンカードを受け取れます。

郵送自体なしにしたい場合は?

これも可能です。
この場合はアイフルの契約ルーム「てまいらず」で申し込みします。

契約ルームというのは、他社でいう「自動契約機」「無人契約機」「ローン契約機」のようなもの。
少し違っているのは「テレビ電話ではない」ということです。

普通の電話と、手書きの申込書記入によって申し込みします。
ややアナログな方法ですが、逆にテレビ電話より緊張しなくていい、という方も多いです。

その契約ルームでカード発行をすれば、カードの郵送は完全になしにできます。
また、契約書などもここで発行され記入するので、これらの郵送もなくなります。

というように、アイフルからの郵便物を完全になしにしたい場合、契約ルームでカード発行をしましょう。
審査のみ、自宅でネットやスマートフォンによって受ける…というのもありです。

「審査だけネットでして、カード受け取りだけ契約ルームでする」という方法ですね。
ローンカードを家族に内緒で手に入れるためだけでなく、実際の審査時間を短くすることも可能です。

(近くに契約ルームがあれば、ですが)

アイフルは土曜日・日曜日・祝日、夜間でも「契約ルーム」で借り入れ可能

アイフルは土曜日・日曜日・祝日や夜間でも、最短即日借り入れできます。
契約ルームに行ってカード発行をすればいいんですね。

ローンカードされあれば、その場にあるアイフルのATMでも、コンビニの提携ATMでもどこでも借り入れできます。
アイフルのカードは、コンビニの提携ATMだとどこも手数料がかかるので、できればアイフルのATMでそのまま借り入れした方がいいですが…。

何にせよ、土曜日・日曜日・祝日でも夜間でも、こうして契約ルームでカード発行をすることで、最短即日キャッシング可能です。
急ぎでお金が必要な方にとっても、便利なシステムでしょう。

ちなみに、アイフルの契約ルームは毎日21時まで開いています。
この時間までに「審査を開始すれば」最短即日キャッシングOKということです。
(審査に通ればですが)

アイフルは借入限度額50万円まで、収入証明書なしで借りられる

アイフルは「借入限度額がいくらでも収入証明書の提出が必須」といくつかのサイトで書かれています。

しかし、これは間違いです。
公式サイトではっきりと「50万円までは不要」と書かれています。

ただ、アイフルはこれを強調していません。
公式サイトでもパット見は「全員収入証明書が必要」なように見えます。

「アイフルは収入証明書がないと借りられない」と書いている人たちは、このパット見で判断してしまったのでしょう。
しかし、よく見るとはっきりと「50万円まではなしでOK」と書かれています。

しかし、自営業・法人経営者の場合は所得証明書が必要

上のように「所得証明書なし」で借りられるのは普通の人の場合。
個人事業主・会社経営者などの方は所得証明書が必要です。

「確定申告書・納税証明書・住民税決定通知書」などですが、これらの書類を用意してから審査に臨みましょう。
これは別にアイフルの審査だけが厳しいわけではありません。

自営業の方がこれらの所得証明書を必要とされるのは、銀行カードローンや他の消費者金融でも同じです。
不安定な職業の場合、キャッシングの審査ではやはり必要な書類が増えるのです。

アイフルは「大口利用・借入先の変更」にもおすすめ

アイフルは大口利用・借入先の変更、それぞれ専門のプランを持っています。
返済計画再編を支援する融資は「おまとめMAX」、借り換えローンは「かりかえMAX」というもの。

それぞれ専用のプランなので、審査に通りやすいです。
こうしたプランを用意していない業者よりも、最初から理解があるため。

アイフルのおまとめMAX、かりかえMAXは「総量規制の対象外」になっています。
そのため、「すでに限度額いっぱいまで借りている」という方でも、借りられます。

返済計画の再編をする時、この「総量規制」に引っかかる方は多いです。
銀行カードローンなら引っかかりませんが、銀行カードローンの審査は厳しいので、通らなかった…という方も多いもの。

しかし、アイフルのように審査に通りやすい消費者金融で、このように総量規制の対象外となっているのは、非常にありがたいことです。

アイフルは、大きな金額を借りた時の金利も安い

消費者金融の金利には「上限金利」と下限金利」があります。
普通の借入金額(50万円以下など)の場合は、上限金利が適用されます。
つまり「高い金利」ですね。

これは、消費者金融はどこも「実質年率18%」となっています。
アイフルも同じです。

しかし、下限金利は多少バラつきがあり、アイフルはその中で特に安い「4.5%」という金利。
たとえばモビットが「3.0%」、アコムが「4.7%」というのと比較すると、アイフルの上限金利はかなり安いです。

つまり「たくさん借りる場合、アイフルは得」ということですね。
返済計画再編を支援する融資の場合は数百万円レベルで借りることも多いので、アイフルの返済計画再編を支援する融資は利点が多いでしょう。

少額のキャッシングなら、「わんポチッと。」がおすすめ

アイフルは少額融資専門の「わんポチッと。」というコースを用意。
「限度額10万円」「収入証明書不要」というプランです。

「消費者金融自体を初めて利用する」という条件がついていますが、初めてキャッシングをする方の場合、おすすめのプランです。
金利が安くなるということはありませんが、「消費者金融の利用が初めて」ということは、過去の返済トラブルもないということ。

つまり、信用情報にキズがついていない状態なので、審査はかなり通りやすいです。
必要書類は「運転免許証かパスポート」と、かなり絞られています。
各種健康保険証や、住民基本台帳カードなどでは通りません。

…というように多少審査の条件が絞られていますが、審査自体は厳しくありません。
「書類レス審査」を売りにしているくらい、必要書類も少ないですし、審査スピードも早いです。

「3万円・5万円・10万円」などの小さい金額を借りたい、という方の場合は、アイフルでは「わんポチッと。」を利用するといいでしょう。

圧倒的な低金利の「ファーストプレミアムカードローン」

アイフルの融資プランは他にも沢山ありますが、その一つが「ファーストプレミアムカードローン」。
これは100万円以上借りる人のためのプランで、金利は高くても9.5%以下となっています。

銀行カードローンの最高金利が平均「14%~15%」ということを考えると、この金利は非常に安いといえます。
銀行カードローンでも、100万円の借り入れで9.5%には、なかなかなりません。

ただ、少し審査が厳しいです。
「高額所得者限定」という、ハイクラスなカードローンなので、収入に関する審査も厳しくなります。

また、年齢に関しても制限があり、「23才~59才」となっています。
普通のアイフルのキャッシングは「20才~69才」なので、特に上の年齢層についての制限が厳しいです。

もっとも、普通の方は年齢的にはこれに当てはまるはずですし、あとは所得があるかどうかですね。
高収入の方であれば、銀行カードローンで申し込むより、アイフルのファーストプレミアムカードローンの方が、お得かも知れません。

(どの銀行と比較するかにもよりますし、その銀行を日頃使っているか、などにもよりますが)

アイフルのデメリット・短所『ATMの手数料が有料』

アイフルのデメリットの一つに「ATMの利用手数料が有料」ということがあります。
たとえばコンビニの提携ATMは全部有料です。

銀行のATMも三菱東京UFJ銀行・イオン銀行・セブン銀行などで使えますが、いずれも有料。
手数料無料で使えるのは「アイフルの専用ATM」だけです。

プロミスが全国のコンビニすべてで手数料無料で使えるのと比較すると、これはアイフルのデメリットと言わざるを得ません。
アイフルは銀行の子会社出ない、独立した貸金業者ということもあるでしょう。

借入・返済の手数料は、1回当たりの金額は100円~200円でも、積もり積もると結構な金額になるもの。
特に小まめに返済をする方の場合、この負担は大きいです。

小まめに返済は完済の近道ですが、それが利用手数料によって阻まれるというのはやっかいなもの。
特にどんどん返済していく予定の方は、アイフル以外の業者の方がいいかも知れません。

アイフルの職場への在籍確認についての口コミ・評判

キャッシング・カードローンでお金を借りたいと思って情報を調べている方は、どの銀行カードローン・消費者金融でお金を借りるにしても「勤務先への在籍確認の電話はあるのかないのか」「回避する方法はあるか」「職場への電話連絡なしで借りられる所はあるか」というようなことを考えているでしょう。

アイフルの借入審査についてのインターネット上の評判・体験談でも、そのような勤務先への在籍確認の電話に関連する体験談・評判が書き込まれていたり、あるいは「会社への在籍確認の電話は必須ですか?」というような質問が多くされている…というのを感じます。それだけ、お金を借りたい方々にとって「在籍確認の電話」というのはある程度、神経をつかう対象であり、キャッシングの審査であるのかないのか不安になる…ということでしょう。

(また、在籍確認の代替措置などによって職場への電話連絡をなしにできる、在籍確認の回避をできる…ということであれば、誰もがしたいのだと思われます)

ここでは、アイフルのインターネット上の評判・体験談を見て感じたそのような需要・ニーズをもとに、「アイフルでお金を借りようとする場面、最短即日融資をしようとする時、勤務先への在籍確認の電話についてはどのようになっているか」ということをまとめていきます。

状況・シチュエーションによっては職場への電話連絡が省略される?

これはアイフルにまつわったインターネット上の評判・体験談だけではなく、ありとあらゆるキャッシングブランドの口コミ・評判で書かれていることですが、基本的には、勤務先への在籍確認の電話は必須であるものの、状況・シチュエーションによっては省略されることがあるというのが、定番の口コミ・評判になっています。どのキャッシング・カードローンについての評判が書かれたサイトを見ても、すべてということはなくても、かなりの割合でそのように書かれています。

勤務先への在籍確認の電話は法的な義務ではない

これはキャッシングについての評判・体験談を書き込めるくらい知識がある方々の間で、よく指摘されることなのですが、キャッシングの審査における勤務先への在籍確認の電話というのは、もともと法的な義務ではないという点が、一番大きいということができます。つまり、会社への在籍確認の電話というのはもともと、消費者金融・銀行カードローンの側からしたら「やってもやらなくてもいい」というものなのです。かけてもかけなくてもいい…というのが、職場への電話連絡の本当の法的な立ち位置なんですね。

それでも、たとえば貸金業法だったら、貸金業法第13条1項という条項に「返済能力の調査義務」というのがあるので、その返済能力を調査する義務の一つとして、勤務先への在籍確認の電話をかけるという風になっているのです。逆に言えば「職場への電話連絡をしなくても返済能力を確認することができるのであれば、別に勤務先への在籍確認の電話をかけなくてもいい」という風に、少なくとも法律はなっているんですね。

なので、貸金業法やキャッシングについて書かれたインターネット上の評判・体験談でも、そして、アイフルでお金を借りたという方々の評判・体験談でも、状況・条件によっては、職場への電話連絡なしになるかもしれない…ということが書かれているわけです。(あくまで「なるかも知れない」というのがインターネット上の口コミ・評判の内容であって、「在籍確認の回避をできた」とか「職場への電話連絡なしになった」というような事実は書かれていません。もしかしたら、このような評判・体験談は完全に間違いで、やはりアイフルでは勤務先への在籍確認の電話が常に必須…という可能性もある、という風に考えて下さい。)

キャッシングの審査の実情は、口コミ・評判だと参考程度

基本的に、アイフルにしても、その他の消費者金融・銀行カードローンにしても、借入審査がどのような実情・実態になっているのか…ということは、外部からは計り知れない、推測できないのです。インターネット上の評判・体験談はある程度役立ちますが、それでもあくまで見出しの通り参考程度なんですね。

アイフルにしても勤務先への在籍確認の電話の有無にしても、キャッシングの審査の本当の内容や流れ、やることや提出書類というのが判明しないのは、借入審査の内容を詳しく公開してしまうと、それを悪用する反社会勢力や、プロの多重債務者がいるからです。プロの多重債務者というのは、とにかく借りまくって自己破産をするなどして、逃げる人です。

彼ら自身が反社会勢力だったり、暴力団や闇金業者だったりして、もともとまともな世界で生活していない人なので、自己破産をしても痛いことは何もないんですね。しかも彼らは仏教など信じてもいないのに得度をして名前を変えて、それで戸籍上の別人になるという裏技まで使います。これはその人が前科者であってもある程度通用するという噂・評判なので、キャッシング・カードローン・消費者金融のブラックリストくらいだったら、簡単に消えそうです。(実態はわかりませんが)

とにかく、このようにアイフルなどの大手の消費者金融に対しても「借りまくって逃げてやろう」と考えているような悪質な反社会勢力の方々がいるので、あまり細かい審査基準や審査の流れ・内容などは公開でいないのです。だから勤務先への在籍確認の電話が、アイフルの審査であるかないか、在籍確認の代替手段は使えるのか…というようなことも、ほとんどのキャッシング・カードローンの情報サイトには書かれていないんですね。書かれていても、せいぜい「このようなインターネット上の評判・体験談があります」程度のことしか記載できないし、記述できないのです。情報公開の姿勢が適当ということではなく、ここまで書いてきた通り、反社会勢力によるカードローン・キャッシングというサービスの悪用を考えると、こういうスタイルで情報を整理するしかないのです。

クレジットスコア・信用度が高い人だと、なしになる?

ここまでは「前提」のような内容でしたが、こういう前提の上で書くと、アイフルの借入審査でも、信用度・クレジットスコアが一定以上のレベルであり、信用できる人であれば勤務先への在籍確認の電話が省略されることもあるという風に、インターネット上の評判・体験談では指摘されています。いわゆる「職場への電話連絡なし」になるかも知れない…というわけです。

確かに「明らかに、金融庁から見てもこの人は会社への在籍確認など必要ない」という人であれば、余計な審査時間をかけず、全体の審査スピードを早める…という方が、企業としても人としても正しいサービスになります。たとえば、あくまで極端な話ですが、ビートたけしさんがお金を借りに来た時に、勤務先への在籍確認の電話が必須などと思う人はいないでしょう。「本当にたけしさんか」ということだけわかれば、後は一定の金額で、すぐに融資してしまっていい…と、金融庁の役人の方でも思うはずです。

彼くらいの経済力があれば、全額返済など極端な話一日でできますし、また、このように社会貢献を日頃からしている方であれば「そうした方の時間を奪わないために、余計な審査作業をせず、すぐに最短即日融資に対応する」というのが、日本全体にとっても良いことだからです。

と、これはあくまで「極端な例」ですが、こうした局面・シチュエーションであれば「確かに、勤務先への在籍確認の電話を省略する方が正しい」というのは理解していただけるでしょう。同様に、「それに近いくらい、明らかに信用度(クレジットスコア)が高く、会社への在籍確認の電話などしなくてもいい」というような人が申し込みをしてきたら、一定の状況・条件の時のみ、職場への電話連絡なしになる…という可能性はゼロではありません。

「在籍確認ができない」という状況・条件のみ

基本的に、アイフルの審査について書かれているインターネット上の評判・体験談でも信用度(クレジットスコア)が高ければいいというわけじゃなく、その上でさらに「勤務先への在籍確認ができない日時」などの状況・条件が揃う必要がある…ということです。つまり、たとえば「土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資」のようなケースですね。

言うまでもなく、土曜日・日曜日・祝日・週末・休日は勤務先が閉まっている…という方が、公務員以外でも多くいます。最近は日本全体、労働がブラック化している印象で、電通ですらそうということですから、幸か不幸か土曜日・日曜日でも、必ず誰か職場にいます…ということもあるかも知れません。

そのような場合は、週末・休日(土曜日・日曜日・祝日)でも職場への電話連絡が通じるので、問題ないでしょう。職場バレなどに心配についてはさておき、とりあえず「勤務先への在籍確認の電話がつながる」「誰か勤務先の同僚が電話連絡に出てくれる」という点では、安心できます。

一方、やはり安定して「土曜日・日曜日は職場が閉まっている」という方もいるでしょう。このような生活は現代の日本では幸せかも知れませんが、何はともあれ、これもやはり幸か不幸か「勤務先が閉まっているせいで、在籍確認の電話がかけられない」という状態になってしまいます。つまり、アイフルのスタッフさんが最短当日審査に対応してくれて、会社への在籍確認の電話をかけても、誰も出ないということですね。

これでは通常最短当日借入はできません。このような時、ここまで書いてきた通り、誰がどう見ても、勤務先への在籍確認の電話が必須ということはないくらい、信用度・クレジットスコアが高い人であれば、在籍確認の回避をしつつお金を借りることができるかも知れない…という評判・体験談が見られるということですね。繰り返しますが、アイフルがそのように公式にアナウンスをしているわけではなく、あくまでそうした内容のインターネット上の口コミ・評判が、随所にたまに書かれている、というだけのことです。なので、あくまで「そうしたキャッシング・カードローン・消費者金融の情報もあるよ」という参考程度にして下さい。

職場の保険証を提出するという口コミ・評判

アイフルに限定された話ではなく、あるいは他のアコム・プロミス・モビットなどの大手の消費者金融にも限定されないのですが、勤務先への在籍確認の電話に関連したインターネット上の口コミ・評判を見ていると、「職場の保険証・給与明細書を提出する」という内容…いわゆる在籍確認の代替措置、在籍確認の代替手段ですが、それがよく見られます。

これも事実かどうか、正しい評判・体験談なのかは判別できない、判明していない…という前提に立った上で、なぜ会社の保険証なのか、なぜ給与明細書なのか…という点を説明していきましょう。

会社の保険証が、在籍確認の代替手段になる理由

会社の保険証というのは、正確にいうと「社会保険証・組合保険証」などの保険証です。国民健康保険証のように、保険料を払っていれば誰でももらえるという保険証ではなく、特定の組織・企業・団体・法人に所属しているからこそ、発行されるという保険証ですね。これを持っているという時点で、その人が会社員・OL・公務員、あるいは長時間働いているパート・アルバイト・フリーターとして、その職場に在籍している…ということが把握できるのです。(そうでなければ、組合保険証・社会保険証は発行されませんからね)

なので、あくまで「ある程度クレジットスコア(信用度)が高い人」という制限つきであり、縛りがありますが、そのような条件を満たしている方であれば、会社の保険証を提出することによって、ありとあらゆるキャッシングブランドの審査で「在籍確認の代替措置として適用できる」という口コミ・評判が、インターネット上で流布されています。(繰り返しますが、事実かどうかはわかりません)

給与明細書はなぜ、在籍確認の代替措置で必要なのか

これは、実はあまり強力な意味はありませせん。少なくとも私がインターネット上の評判・体験談を見ながら理解する限り、職場の保険証ほど、在籍確認の代替手段の提出書類として、給与明細書は強い意味を持っていません。

というのは、職場の保険証は、保険という厚労省が関わるものなので、偽造ができないのですが、給与明細書はそれぞれの会社で自由に発行する物なので、偽造はいくらでもできるのです。もちろん、「いかにもしっかりした給与明細書」というデザインをする必要があるので、偽造にもそれなりの技術が必要であり、ほとんどの人はできません。割合としては、1万人に1人…という所でしょう。

なので、一応偽造はできるものの給与明細書を提出するだけでもかなり大変だし、提出してくれた時点で、その申込者はある程度信用できると考えられるわけです。もちろん、それだけで在籍確認の代替手段とするのは、キャッシングの審査としては軽薄すぎるし、審査が甘い・ゆるいと言われても仕方がありません。当然、そのようなことをするはずはなく「あくまで、メインは職場の保険証」ということですね。社会保険証・組合保険証がメインなのです。その補助的な必要書類・提出書類として、給与明細書の提出が求められることが多い…というわけですね。

(ただ、再三繰り返しますが、インターネット上の評判・体験談でそのような情報が錯綜しているということをガイダンスしているだけであり、これらの情報が事実かどうか、特にアイフルのキャッシングの審査でそのようになるのか…ということはわかりません。最終的にはケースバイケースだと思われます)

パート収入がある女性だったら、キャッシング可能

これもざっとキャッシング・カードローン・消費者金融に関連したインターネット上の口コミ・評判をウォッチすれば、すぐに・瞬時に気づくことですが「自分の収入がある女性であれば、パート収入がある女性であれば、アイフルのような大手の消費者金融でもキャッシングができる」という風になっています。大手の消費者金融では、自分の収入がある女性のキャッシングはできない、というインターネット上の評判・体験談がたまに見られますが、これはあくまで、上の段落で書いてきたような「無収入の女性」の場合です。自分の収入がある女性であれば、自分の安定収入があるということで、アイフルにしても、その他の大手の消費者金融にしても、問題なくそのキャッシング資格・申込資格を満たしている・クリアしている・超越している…ということですね。

なので、何かしらパート・アルバイトをして、自分の収入を得ている女性であれば、インターネット上の評判・体験談で指摘されている内容と同様に、アイフルでも、そしてその他のキャッシングブランドでも、基本的に借り入れ・借金は出来る…という風に考えて下さい。審査に通るかどうかはまた別の話…ということは、当サイト・イマゼニでは繰り返し再三書いていますが、申込資格だけは、借入資格だけは満たしている・スタートラインになっている…ということです。

アイフルなら、パート収入がいくらあれば借入可能か

借入資格・申込資格という観点から合格した…ということがわかれば、次にチェックしたいのは、やはり「パートの収入・月収が、毎月いくらあればいいのか」ということでしょう。年収でも年俸でもいいですが、要はいくら稼いでいれば、どのくらいの収入があったら、アイフルで自分の収入がある女性がキャッシング可能になるのか…ということをインターネット上の評判・体験談から整理していきます。

ギリギリ月収5万円、できれば8万円から10万円は必要

アイフルなどの大手の消費者金融は審査が甘い・ゆるい―。などというのは、もう都市伝説になっています。もともと都市伝説であり、このような口コミ・評判はすべて間違いであり、歪んだ噂だったのですが、何ともアイフルのキャッシングの審査も最近はかなり厳しくなっているので、できればパート収入も月収8万円程度欲しいという所です。月収10万円あったら、かなり審査に通りやすくなる…というインターネット上の評判・体験談もあります。事実かどうかは不明ですが、確かに一般的な感覚からしても、インターネット上の口コミ・評判を見るまでもなく、そのくらいの月収を得ていたら、今の日本なら、消費者金融・銀行カードローンの審査は通るだろう、自分の収入がある女性でも借入可能になるだろう、ということは職業・属性できます。

では、見出しに書いた「ギリギリ月収5万円」というのはどういう意味かというと、キャッシングの審査は、年収・月収だけでなく、ありとあらゆる審査条件をチェックする。それらの、その他の審査項目がすべて良好な内容であった時のみ、月収5万円でもアイフルで自分の収入がある女性がキャッシング可能になるということです。これもあくまでインターネット上の評判・体験談でそう記載・記述されることが多い、ひんぱんに見られる(ある程度)というだけなので、正しい情報なのかどうかは不明です。

しかし、確かに下のように「圧倒的にクレジットスコア(信用度)が高い人」であれば、月収5万円程度の自分の収入がある女性でも、アイフルで借り入れ・借金ができる…という可能性は高くなるでしょう。

圧倒的にクレジットスコア(信用度)が高い人の条件

「圧倒的」というと大げさかも知れませんが、キャッシングについてのインターネット上の評判・体験談を見ている限り、下のような条件・審査項目を満たしている方であれば、アイフルでもその他のキャッシングブランドでも、かなり審査通過率の面で有利になる、優遇される、審査に通りやすくなる…ということが想像できます。(あくまで想像です)

  • 勤続年数が長い
  • クレジットカードの保有枚数が少ない
  • 安定した職場に勤務している
  • 他社借入件数がない
  • 他社でのキャッシング総額も、ない
  • ブラックリスト入りしていない
  • 過去に延滞・滞納してない(個人信用情報にそれが書かれていない)
  • 毎月クレジットカードの利用実績があって、遅れずに返済している
  • 自宅が持ち家である
  • 自宅が自分名義である(家族名義でない)
  • 同居家族の人数が多い
  • 固定電話を持っている
  • 運転免許証の末尾の番号がゼロである

などなど。書き出すと、一覧にするとキリがないくらい、クレジットスコア(信用度)を左右する・決定する内容というのは多数あるのですが、何はともあれこれらの条件に大部分合致して、かなり信用度(クレジットスコア)が高い人であれば、月収5万円程度でも、アイフルの自分の収入がある女性のキャッシングの審査に通過でき、借り入れ・借金出来る可能性が高いということです。以下、これらの審査条件についても、インターネット上の評判・体験談をベース・下地・基本としながら、解説していきましょう。

勤続年数が長いと、最短即日融資で有利

これは、アイフルに限定された話ではなく、どの銀行カードローン・消費者金融で申し込みをしようと、必ず共通して言えることです。少なくとも勤続年数が短いほど、最短即日融資がしやすくなる…というようなことはありません。世の中に絶対はありませんが、これについては絶対と書いてもいいくらい、勤続年数は長ければ長いほど有利、最短即日融資ができる可能性が高くなる…という風にいえます。

特にパート・アルバイト・フリーターの方々がお金を借りようとすると、勤続年数の長さは重要になります。言うまでもありませんが、アルバイト・パート・フリーターのような非正規雇用の仕事は不安定で、いつクビになるか不明だし、リストラされるかわからないし、自己都合で退職するかもわからないということですね。要は「仕事をやめるのが怖い」ということです。怖いというのは、パート・アルバイト・フリーターの方々本人ではなく、アイフルなどのキャッシングブランドの側です。

お仕事をして安定収入があるなら、融資できる

基本的にキャッシング・カードローンというのは「仕事を何かしていて、つまりパート・アルバイトをしていて、安定収入がある人に対しては、貸し付け・融資をする」というのが基本なんですね。それが大手の消費者金融・銀行カードローンになれば、最短即日融資が当たり前となっています。(昔だったら、インターネット上の口コミ・評判でも言われている通り、あり得ないくらいのスピードキャッシングですが)

そのように「仕事をしていれば、最短即日融資をいくらでもしていい」と、アイフルにしても、その他のモビット・アコム・プロミスなどのキャッシングブランドにしても、思っているわけです。(いくらでもしていいというのは、当然審査が甘い・ゆるいという意味ではありません。)

そのように「仕事をしている」ということが、キャッシングの審査を通過するための大前提なのですが、パート・アルバイト・フリーターで、勤続年数が短い人というのは、その仕事がいつなくなってしまうかわからないというデメリット・短所・注意点があるのです。このデメリット・短所・注意点というのは「融資する・貸し付ける銀行カードローン・消費者金融の側にとってのデメリット・短所」です。

一方、勤続年数が長い人というのは、たとえ非正規雇用のアルバイト・パート・フリーターであっても「職場から重宝されている」「本人も、ある程度その勤務先を心地よいと感じている」「一定以上の根性・持久力がある」という風に判断すること・推測することができます。というわけで、たとえパート・アルバイト・フリーターという雇用形態・非正規雇用であっても、勤続年数が長い申込者・ユーザーであれば、インターネット上の評判・体験談で繰り返し書かれているように、アイフルでもその他の借入先でも、キャッシング可能となる可能性がかなり高まる…ということです。(最終的には、その人の総合的な審査条件によって決定されるので、勤続年数が長ければ万事OKということではないのですが)

アイフルの最短即日融資に関する評判・体験談

続いてこの段落では、アイフルの最短即日融資についての評判・体験談をインターネット上から収集していきましょう。といっても、それらの口コミ・評判を羅列していたら膨大な情報量になってしまいますし、そもそもインターネット上の評判・体験談というのは、それほど正確なものではありません。(ここで当サイト・イマゼニが書くまでもありませんが)

ということで、あくまでアイフルが実施する・対応する最短即日融資に関して、それらのインターネット上の口コミ・評判を、こちらで編集して整理した上で、解説していきます。

土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資も可能

まず、インターネット上の評判・体験談を見ていて多くの人が気にしているのは「土曜日・日曜日でも借り入れができるのか」「アイフルの土日キャッシングは可能なのか」ということのようです。「アイフルは土曜日・日曜日の融資もできますか?」というような質問・クエスチョンが、インターネット上の評判・体験談が集約される情報サイトに多く掲載されているのを見ても、それがわかります。

この回答を書くと、アイフルは、土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資にもまったく問題なく対応でいるという風になっています。土曜日・日曜日・祝日・週末・休日でも21時(夜9時)までという時間設定によって最短当日審査ができる、最短即日融資が可能…というシステム・体制になっているので、「ただ土日キャッシングが出来る」というだけではなく、土曜日・日曜日の夜間でも最短当日キャッシングが出来る…という風になっています。

さすがに深夜や早朝となると、優れているとインターネット上の口コミ・評判で人気のアイフルの土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資でも、対応していません。これはアイフルだけでなく、モビットにしても、アコムであろうと、プロミスであっても、あるいはノーローンだったとしても、早朝や深夜の最短即日融資というのはできません。

一度審査通過してローンカードを発行された後だったら、そのローンカードをコンビニの提携ATMなどで使って、深夜でも夜間でも、早朝でも夕方でも、時間を問わずに24時間・365日最短当日借入をする…ということが可能になっています。しかし、「審査までその日中にする」という意味での最短即日融資であれば、残念ながらアイフルであろうと「21時(夜9時)まで」という締切時間があります。

(何にでも締切時間があるというのは良いことです。ラテン語のメメント・モリ(死を想え)ではありませんが、人生にも死という締切時間があるから、キャッシング・カードローンなどをして資金調達をするような用事も含めて、さまざまなことに、多様な職業・属性の方々が努力し、充実するのです)

平日でも夜9時(21時)まで最短即日融資

先に土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資の方について書きましたが、アイフルの土曜日・日曜日の借り入れの「21時(夜9時)まで」という時間設定については、平日でも全く同じです。つまり、土曜日・日曜日だけでなく、月曜日から金曜日まで、月月火水木金金、いつでもこの締切時間・最短当日審査の受付時間で、アイフルはキャッシングができるようになっている…ということです。

インターネット上の口コミ・評判でキャッシングに関する内容を、チラ見程度でも、あるいは立ち読み程度でも見た人であれば知っているでしょうが、この21時(夜9時)までという締切時間は、モビット・ノーローンもアイフルと同じように設定しています。つまり、大手の消費者金融5ブランドのうち、3ブランドがこの最短当日審査の受付時間になっている…ということですね。

(モビット・ノーローンについても、平日・土曜日・日曜日・祝日で共通してこの時間設定になっています。これ以上長くするというのは、アイフル・ノーローン・モビットなどの規模を持ってしても、なかなか難しいですからね。これもインターネット上の評判・体験談でひんぱんに指摘され、言及されることですが)

アコム・プロミスだと、22時(夜10時)まで最短即日融資

ただ、上には上がいるではありませんが、プロミス・アコムの最短当日審査の受付時間は、アイフルよりさらに1時間長く、22時(夜10時)までという風になっています。なので、最短即日融資を希望する方々の中でも、「何が何でも今日中にお金を借りないとまずい」「とにかく急ぎでお金を借りたい」「大至急借り入れ・借金をしたい」「今すぐキャッシングをしたい」などの切羽詰まったニーズに直面している方であれば、夜間だったら、アコム・プロミスで申し込んだ方が、アイフルより有利かも知れません。

もちろん、アイフルの21時(夜9時)という締切時間も十分長いものであり、この上ないほど最短即日融資がしやすくなっているので、決してアイフルの最短当日キャッシングのシステム・体制が不利…ということではないのです。ただ、プロミス・アコムの時間がいい意味で長すぎる…ということですね。

なので、もし1時間の締切時間の長さが、その人の人生を左右する…というくらい急ぎでお金が必要な局面・シチュエーションになったら、キャッシングの審査の申し込み先は、アイフルではなくアコム・プロミスにする…という選択肢もありかと思います。しかし、普通の人の借り入れ・キャッシングだったら、そこまで1時間の受付時間の長さの違いが影響することはないので、それほど気にする必要はありません。当たり前ですが、そこまで急ぎでお金を借りたい場面に遭遇しないのがベストです。

(会社員・OL・公務員やパート・アルバイト・フリーターの方々なら、割とそれはできるかと思います。自営業・個人事業主・会社経営者・法人代表者となると、少々難しそうですが…)

アイフルの返済計画再編を支援する融資の評判・体験談

インターネット上の口コミ・評判が集まる、集約されるウェッブで、キャッシング・カードローン・消費者金融についての記述・資料・情報を集めている方々は、アイフルの「おまとめMAX」「かりかえMAX」についても調べようとしてるようです。つまり、アイフルで返済計画再編を支援する融資によって返済計画の再編をしたいち、借り換えローン・乗り換えローンによって、借入先の変更をしたい…ということですね。

結論を書くとおまとめMAX・かりかえMAXという商品名を書いたのでもうわかると思いますが、アイフルには大口利用・借入先の変更それぞれの専用のコース・プランがあるので、まったく問題なく、返済計画の再編も借入先の変更もできるようになっています。なので、多重債務者の方々も安心してアイフルを利用して、返済計画の再編をすることによって、生活再建ができるように、全額返済ができるようになっています。

(全額返済といっても、言うまでもなくアイフルのおまとめMAXにキャッシング残高が移動する…ということですが、その分低金利になることが多いので、有利です)

ここでは、そのように返済計画再編を支援する融資によって返済計画の再編ができる、アイフルの借入先の変更・大口利用について説明していきます。

返済計画の再編では、おまとめMAXを使う

アイフルの返済計画再編を支援する融資にはおまとめMAXという商品名がついていて、返済計画の再編をしたい、返済計画の再編を考えている…という方々は、アイフルで申し込む時にはこれを使うシステムになっています。これはインターネット上の口コミ・評判を見るまでもなく、アイフルの公式サイトを見ればすぐにわかるようになっています。

このアイフルの「おまとめMAX」ですが、消費者金融が提供する返済計画再編を支援する融資の中で、一番上限金利が低金利という風になっています。これが何を意味するのか、常日頃から、日常生活から、毎日キャッシング・カードローン・消費者金融についての情報収集をしている、口コミ・評判を見ている…という方であればわかるでしょう。

上限金利が低いということは「借入金額が小さい時に低金利になる」ということです。つまり、多重債務の総額が少額な時には、他の大手の消費者金融の返済計画再編を支援する融資よりも、アイフルの「おまとめMAX」を利用した方が、低金利にしやすいということですね。返済計画再編を支援する融資だったらどこでも低金利になり、その適用金利はどこにしても同じである、共通である…という風に考えている方々が多数派として存在するかも知れませんが、実は違うのです。大手の消費者金融の提供する返済計画再編を支援する融資・借り換えローンであっても、上限金利は違っているんですね。

これはインターネット上の評判・体験談でもよく注意点とかポイント、重要な知識として書かれていることなので、カードローンの知識がある人であれば把握していることでしょうが、改めて説明していきましょう。

消費者金融の返済計画再編を支援する融資の上限金利・一覧

アイフルの「おまとめMAX」を含めた、内包した、消費者金融の返済計画再編を支援する融資の上限金利を一覧にして比較すると、下のようになります。

    アイフル 15.0%(実質年率) プロミス 17.8%(実質年率 *上限金利のみ記載) アコム 18.0%(実質年率) ノーローン 18.0%(実質年率)

    見ての通り、ずば抜けてアイフルの「おまとめMAX」の上限金利が、一番安くなっています。これもやはりキャッシングの知識がある人であればすぐにピンときたでしょうが、アイフル以外は、借り換えローン・返済計画再編を支援する融資であっても、上限金利が普通のキャッシングと変わっていない、同じ適用金利であるということに注目です。銀行カードローンのように「普通のキャッシングを、そのまま返済計画の再編に使う・転用する」というやり方ではなく、あくまで「大口利用専用のコース・プラン」で借入先の変更・大口利用をするのですが、それでも「上限金利は同じ」になるんですね。

    借入総額が小さい時には、アイフルの「おまとめMAX」がベスト

    このような理由、上の段落の根拠から、キャッシングにまつわるインターネット上の評判・体験談でも、借入超過者・多重債務者で、キャッシング総額が小さい時には、アイフルの「おまとめMAX」を活用するのがベストという風に言われているのです。普通のキャッシングと違って、返済計画の再編なので、借入総額が小さい時というのは、大体150万円以下…と考えていいでしょう。(この辺は明確な基準が存在しているわけではありませんが)

    こうしたインターネット上の口コミ・評判を見ると、アイフルでお金を借りたい人が今度気になるのは「じゃあ、借入総額が大きい時にはどの消費者金融の返済計画再編を支援する融資を選ぶべきか」ということでしょう。この点も解説していきます。

    借入総額が大きい時には、プロミスの返済計画再編を支援する融資

    逆にキャッシング総額が高額である、借入総額が膨れている、膨張している…という時には、プロミスの返済計画再編を支援する融資を利用することをおすすめします。ネット上の体験談・評判でも、よくそう書かれています。

    (アイフルにはおまとめMAXという名称がありますが、プロミスは銀行カードローンのように、シンプルに「返済計画再編を支援する融資」です。)

    さて、なぜこのように借入総額が大きい時は、プロミスで返済計画の再編をするのがいい…ということが言えるのか。この理由・根拠は下限金利にあります。キャッシングのインターネット上の口コミ・評判では、もはや常識のように語り継がれていますが、借入金額が大きい時には、下限金利が適用される、あるいは下限金利に近い金利が適用されるというのは、一般的な知識なのです。

    これは普通の商品でいう「まとめ買い割引」と同じです。「たくさん買えばたくさん買うほど、割引される、安くなる」ということですね。キャッシング・カードローンだったら、それが「低利息になる」ということなのです。わかりやすい原理ですね。

    ということで、大手の消費者金融の返済計画再編を支援する融資の下限金利を一覧にして比較すると、下の通りです。

    • プロミス…6.3%
    • アコム…7.7%
    • アイフル…12.0%
    • ノーローン…12.0%

    見ての通り、上限金利で無敵であり天下無双だったアイフルは、下限金利については、さほど低金利ではないということがわかるでしょう。逆に「プロミスが圧倒的に低金利になる」ということもわかるはずです。

    アコムもプロミスに次いで2番目に低金利ですが、それでも1.4%というかなり大きい差がついています。これは、たとえば100万円の借入総額だったとしたら、年間で1万4000円の利息差がつく…ということです。実質年率(金利)ですからね、そういう計算になります。

    なので、インターネット上の評判・体験談で多くの経験者・知識人が指摘している通り、アコムの返済計画再編を支援する融資(借換え専用ローン)は、少々中途半端なのです。アコムですでにお金を借りている人ならいいのですが、そうでなければ、キャッシング総額が大きくても小さくても、特に選択する理由がない…という風に言えます。

    ノーローンのかりかエールの金利については、これもインターネット上の口コミ・評判で多数の書き込みが見られる通り、あるいは2ちゃんねるなどでも書かれている通り、下限金利・上限金利ともに高金利なので、キャッシング総額に無関係で、あまり利用する意味がないということが言えるかも知れません。ただ「すでにノーローンでお金を借りている人なら、審査に通りやすくなるはずなので、その点で有利」というメリット・長所・利点はあります。


    以上、アイフルでのキャッシングのインターネット上の評判・体験談を見ながら、その内容を収集・整理して、情報をお伝えしてきました。最短即日融資に関すること、女性の借入審査について、返済計画再編を支援する融資のこと…という風に、多様な内容で書いてきましたが、参考になる部分を、参考にしていただけたら幸いです。

    今すぐアイフルの1秒診断へ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP