実質年率(金利)・在籍確認などのまとめ

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>
  • 借入診断
  • 即日審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 専業主婦

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>が人気の理由

提出書類が最も少ない銀行カードローン!

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の魅力は、最も少ない必要書類でキャッシングができるということ。他の銀行カードローン・消費者金融なら必ず必要である身分確認資料(運転免許証など)も、WEB完結審査ならなしでOKです。

ちばぎんカードローン申込み窓口

※安定した収入がある方

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の特徴まとめ

千葉銀行は最短即日融資も可能!

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>は、最短即日融資も可能となっています。もちろん、その人のクレジットスコアやあるいは申し込んだ時間によっては最短即日融資は不可能となりますが、それでも午前中など、ある程度早めの時間帯に申し込んで、一般的な信用度を持っている方であれば、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>では最短即日借入することができます。

最短即日融資を受けるために、千葉銀行の本支店などに来店する必要もありません。来店不要で最短即日借入をすることができます。これは最近の大手の銀行カードローン・消費者金融では当たり前となっていますが、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でも同様にそのような条件で即日借入ができるようになっている…ということですね。

なので、キャッシングの知識がある人からしたら、あまり驚くほどのことではないかも知れませんが、何はともあれちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でも最短即日キャッシングが可能ということを、まず抑えておいて下さい。

WEB完結だったら、身分確認資料すら無しでキャッシング可能

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>が他の銀行カードローン・消費者金融よりすごい点は、WEB完結という申込方法だったら、本人確認資料すらなしで借りられるという点です。普通のキャッシング審査だったら、収入証明書は不要でも、身分確認資料だけは絶対に必要…となるのです。

普通に考えてこれは当たり前ですよね。たとえばレンタルCDショップなどで会員証を作るにしても、「身分証の提示をお願いします」と言われるはずです。たとえばCDを借りパクされたとしても、お店としての損害はせいぜい数千円でしょう。(2000円で買ったCDのアルバムを、相当使いまわしているわけですから)

しかし、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>などのキャッシングで「借り逃げ」をされたら、被害は最低でも10万円以上になります。融資枠の最小が10万円ですからね。

つまり、キャッシング審査の方がレンタルショップの会員証などより、遥かに(というより比較にならないくらい)審査が厳しいはずなのですが、それでも本人証明書類が不要…という、にわかには信じられないほど提出書類に関する条件がやさしくなっているのです。

(これはもちろん、審査基準が甘い・ゆるい…というようなことではありません。これについてはこれから詳しく書いていきます。

千葉銀行の口座を持っている人だけ

このシステム…つまり、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>のWEB完結の審査は千葉銀行の口座をすでに持っている人だけという条件で利用できるシステムなんですね。そして、口座を持っているということが、もう「身分確認資料の代わり」になるわけです。

これはよく考えれば当然で、その銀行口座の開設をする時に、本人確認資料も確認しているし、キャッシュカードの郵送を本人限定郵便にすることで、住所も確認しているわけです(確実にそこに住んでいる…ということを)。

つまり、「千葉銀行の口座を保有している」という時点で、すでに厳格な本人確認が終了している…ということなのです。なので、あらためて身分証明書を提出しなくても、千葉銀行の口座を持っている人だったら最短即日借入できる…というわけですね。

ちばぎんカードローンは所得証明書も不要

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の審査では、所得確認資料も一切提出しなくてOKです。普通の銀行カードローンは「300万円までは不要」というように、借入金額の条件つきですし、アコム・プロミス・アイフルなどの大手の消費者金融でも「50万円まで所得証明書なしでOK」という条件になっています。

しかし、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>はキャッシング金額に関係なく、何万円であろうと、収入確認資料なしで借入可能…というシステムになっています。この点でも提出書類に関してはちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>は、大手の消費者金融・銀行カードローンの中で一番手続きがしやすく、借りやすいということができるでしょう。

個人事業主・自営業は必要になることも

ただ、これもちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>に限った話ではないのですが、自営業・個人事業主・会社経営者・法人代表者などの肩書で、独立して事業を営んでいる方は、確定申告書などの収入証明書が必要になる…ということが多いです。

(絶対に必要になるとは限りませんが、大抵の銀行カードローン・消費者金融では必要になるので、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の審査でも必要になる…と考えた方がいいでしょう。)

こうした法人経営者・会社代表者などの方々が提出する所得確認資料は、大体下のようなものになります。

  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書
  • 課税証明書

というようなものですね。会社員・OL・公務員の方々で一般的な収入確認資料である「源泉徴収票」「給与明細書」などは、言うまでもなく、個人事業主・法人代表者などの方々はあまり提出しません。取引先が多いので、源泉徴収票では意味が無いし、そもそも源泉徴収票が取引先から発行されないことの方が多いです。

(あれは基本的に雇われる人のものですからね)

給与明細書についても同様です。法人経営者・会社代表者の場合は、自分の会社から自分に払う給料があるでしょうが、やはり給与明細書は公的な書類ではないので、公的機関から発行される納税通知書・課税証明書などの方がいいわけです。

給与所得者は、基本的に収入証明書不要

上のように書いたものの、このように収入確認資料が必要になるかもしれないというのはあくまで「事業所得者」だけであって、

  • 会社員・OL・公務員
  • パート・アルバイト・フリーター

などのいわゆる「給与所得者」の方々の場合は、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の審査では年収確認資料は
まったく必要ありません(これは先にも書いた通りです)。

そして、WEB完結だったら「本人確認資料すらなしでOK」なので、提出書類に関しては、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>は「全ての銀行カードローン・消費者金融の中で、もっとも借りやすい」と言っていいでしょう。

(これ以上提出書類を削減できない所まで削減していますからね)

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の金利は?

キャッシングでお金を借りる時は、金利も当然気になるでしょう。ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の金利は、実質年率で「4.3%~14.8%」となっています。この金利は高いのか低いのかというと、下限金利は低金利で、上限金利は普通」となります。そう言える根拠を説明していきます。

下限金利を他の銀行カードローンと比較すると?

まず、このちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の下限金利「4.3%」を、他の銀行カードローンと比較してみましょう。下限金利を比較する時は、「最高融資枠が同じ銀行カードローン・消費者金融で比較する」というのが基本中の基本となっています。これはキャッシングの知識がある人なら常識として知っているでしょうが、キャッシング・カードローンというのは「借入金額が大きいほど低金利になる」というルールがあるからです。

普通の買い物でいう「まとめ買い割引」とよく似た原理ですが、このルールからいくと「最高借入枠が大きい方が、一番安い金利も、低金利になりやすい」ということなんですね。最高借入枠が大きいということは、それだけ借入金額をどんどん増やせるということで、増やすたびに低金利になっていくからです。

ということで、実質年率(金利)を比較する時でも、特に下限金利を比較する時には「最高のキャッシング可能な金額が同じ銀行カードローン・消費者金融で比べる」というのが大前提なんですね。というわけで、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の場合でも、そのように比較してみましょう。

ちばぎんカードローンの限度額は500万円である

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の最高限度額は「500万円」となっています。同じように500万円が最高融資枠となっている大手の銀行カードローンをあげると、下のようになります。

(それぞれ下限金利とセットで書きます)

  • 千葉銀行…4.3%
  • 三菱東京UFJ銀行…4.6%
  • 新生銀行レイク…4.5%
  • 静岡銀行…4.0%
  • 楽天銀行…4.9%

…という風です。見ての通り、一番低金利なのは静岡銀行カードローン「セレカ」ですね。4.0%という下限金利になっています。そして、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の下限金利はその次で、これらの銀行カードローンの中では2番目に低金利ということです。

特に楽天銀行スーパーローンと比較すると「0.6%」という、それなりの大差がついていることがわかるでしょう。「それなりというより、かなりの金利差では?」と思う人もいるかも知れません。しかし、これは実際の利子総額を計算してみると、それほど違わないのです。実際にどのくらいの利子総額の差が出るのか、計算してみましょう。

楽天銀行との利子総額の差

下限金利というのは「最高限度額近くまで借りた時の適用金利」です。なので、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でも楽天銀行スーパーローンでも、「500万円」借りたとしましょう。

そして、上に書いた金利は「実質年率」なので、「年間の利息に、0.6%の差が生じる」ということです。この0.6%というのは「500万円の0.6%」です。

  • 500万円の1%は5万円である
  • ということは、0.1%は「5000円」である
  • その6倍なので「3万円」である

…という風に、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>と楽天銀行スーパーローンの年間利息の差は「500万円を1年借りて、3万円」となるわけです。年間利息が3万円違うということは、

  • 月の利息差が2000円だと、年間で2万4000円
  • 年間利息の差が3万円になるには、あと6000円
  • 月の利息差がさらに500円増えれば、6000円になる
  • つまり、年間の利息が3万円ということは月間利息の差は「2500円」

という計算になります。毎月2500円は、年間で3万円になるというのは、利息差の計算以外でも使えるので、覚えておくといいでしょう。

何はともあれ、このように楽天銀行スーパーローンとちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の「0.6%」という下限金利の差は、「500万円を1年借りて、3万円の利息差」「月間にすると、2500円の差」ということになります。多いのか少ないのかよくわからない…という人も多いでしょうし、実際、これが多いと考えるか少ないと考えるかは、その人の価値観によります。(意外と、お金持ちの人ほどこういう出費を大きいと考えるようです)

というわけで、千葉銀行・楽天銀行の両カードローンの下限金利の差については、最終的な判断は読者の皆様にお任せしますが、一応、利息差のシミュレーションをするとこのようになる…ということです。

そして、もっと金利差が小さい三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」、新生銀行カードローン レイクについては、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>との利息差もさらに小さくなると考えて下さい。

おまとめ・借り換えとしての利用も可能

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>は、借り換えローン・おまとめローンとしての利用も可能となっています。つまり借金の一本化や、あるいはより低金利な借入先に借り換えたい…という場面でも、役立つということです。

キャッシングの知識がある人だと「銀行カードローンはもともと総量規制の対象外だから当たり前では?」と思うかも知れません。確かに総量規制の対象外なら、理論的にはどの銀行カードローンでも「おまとめ・借り換え可能なのは当たり前」ということになります。

しかし、これはあくまで理論的にはそうなるというだけで、実際にはおまとめ・借り換えの審査に厳しい銀行カードローンもたくさんあるのです。具体的にどの銀行カードローンというわけではありませんが、公式サイトで「おまとめ・借り換えOK」というように強調されていない銀行カードローンは、基本的に借り入れの一本化やおまとめがしにくい…と言われています。

もししやすい(借りやすい)なら、おまとめ・借り換えを歓迎しているわけなので、公式サイトにも当然そういう表記がされるはずですからね。

…というようにおまとめローン・借り換えローンとしての利用が難しい銀行カードローンもあるのですが、これらに対して、おまとめ・借り換えどちらも可能…と明記されているちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>は、借り入れの一本化や乗り換えをしたい方にとって、非常に便利ということです。

千葉銀行でおまとめローンを利用する時の注意点

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>をおまとめローンとして活用して、多重債務の一本化をするときの注意点―。これはちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>に限った話ではないのですが、「事前に過払金がないことを確かめる」ということが挙げられます。

理由は、「おまとめローンによって借り入れの一本化をすると、それぞれのキャッシング業者で発生していた過払金が、なかったことになる」ということ。つまり、本来過払い金の返還請求をすれば戻ってきたはずのそれらの過払金が、借金の一本化をしたことによって、戻らなくなってしまう…ということなんですね。

なぜ過払い請求ができなくなるのか

おまとめローンによって過払い請求ができなくなる理由は、たとえばちばぎんカードローンの場合「千葉銀行以外、みんな解約してしまう」からです。解約した以上、もうそのキャッシング業者との契約は終わったということなので、その後は過払い金の返還請求もその他の要求もできない…ということなんですね。

(代わりに、向こうもこちらに何か要求してくることはできません。契約が完了したわけですから)

この説明を読むと、じゃあ、全額返済だけして解約しなければいいじゃんと思う人もいるでしょう。確かに日常生活の感覚だとこれでOKなのですが、キャッシングの世界ではこれではダメなんですね。

残っている与信枠は「借りている金額」とみなされる

全額返済だけして解約しない…ということは、たとえばその人が「モビットから40万円」という与信枠をもらっていたら、「40万円、いつでも借りようと思えば借りられる」ということです。解約していない以上、その借入枠が残っているわけですからね

(借入枠ゼロにすれば?と思うかも知れませんが、それは要するに「解約」のことです)

で、そうして何万円かでも借入可能金額が残っていると、この人が新規の借入審査に申し込む時は、銀行カードローン・消費者金融からこう見られるわけです。「この人は、すでにモビットから40万円借りている」と。

逆に言えば、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>などでおまとめをした後も、それ以前のモビットなどの借り入れをまだ残していたら、千葉銀行の人はこう思うわけです(あくまでイメージですが)。

「あ、この人まだモビットで借りる気だな」と。

もちろん、そういうつもりでないことは、千葉銀行はじめ金融機関の方々もわかっています。しかし、借りられる可能性がある、というのは事実なわけですね。

金融業というのは消費者金融でも銀行カードローンでも基本的に「性悪説」に立っています。また、個人的には信用していても、銀行や会社の仕事なので、指示に沿って「疑う」しかないわけです。

というわけで「他社借入を全額返済しても、契約が残っている=解約していない」人は、「まだ借りている」という扱いになるわけですね。つまり多重債務が残ったまま…という扱いになるわけです。これでは当然、おまとめローンを融資できるワケがないですよね、金融機関としても。

なので、おまとめローンでは、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でも、その他の借入先でもどこでも、「これまでの他の借入先の解約が必要」という条件になっているわけですね。

だから、解約しなければいけない。そして、解約したら過払い金は無効になる―。ということで「おまとめローンを利用すると、過払い金の返還請求ができなくなる」というシステムになるわけですね。

なので、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>にしても、その他の借入先にしても、おまとめローン・借り換えローンによって多重債務を一本化するという場合は、くれぐれも「過払い金の現時点での発生がないかどうか」しっかり確認する必要があります。これがちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>に限らず、おまとめローンで借り入れを一本化する時の注意点です。

借り換え・乗り換えの注意点

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>を「おまとめローン」ではなく「借り換えローン・乗り換えローン」として使う場合、その注意点は何かというと、「乗り換え・借り換えによって、本当に低金利になるかどうか事前に確かめる」ということ。たとえば銀行カードローンから乗り換え・借り換えをする場合、必ずしもちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>が低金利になるとは限らないのです。

大抵の人は「上限金利」でキャッシングをしていますが、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の上限金利は「普通の銀行カードローンより、ほんの少し高め」なんですね。といっても、本当に超微妙な差ですが。

一般的な銀行カードローンの上限金利は「14.5%~14.6%」ですが、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の上限金利は「14.8%」となっています。実際の利子総額で計算するとそれほど大した違いはないのですが、それでもちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の方が若干高金利というのは確かなんですね。

というわけで、標準的な銀行カードローンからの乗り換えをするという場合は、注意が必要(というより、金利面だけ考えたらしない方がいい)と言えるでしょう。

もっと高金利な銀行カードローンからなら、OK

上で書いたのはあくまで「標準的な金利の銀行カードローン」です。大手の銀行カードローンの中でも「消費者金融並みに上限金利が高い」という銀行カードローンはいくつかあるので、それらの銀行カードローンからちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>に乗り換える…というのであれば、これは低金利にする効果があります。

例えば下のような銀行カードローンですね。

(上限金利とセットで書いていきます。)

  • 新生銀行レイク…18.0%
  • ジャパンネット銀行…18.0%
  • じぶん銀行…17.5%
  • オリックス銀行…17.8%

…という風です。見ての通り、ほとんど消費者金融の上限金利に近い…あるいは同じというのがわかるでしょう。消費者金融の上限金利は、下のようになっています。

  • プロミス…17.8%
  • アコム・アイフル・モビット・ノーローン…18.0%

このような上限金利ですね。つまり、新生銀行カードローン レイクとジャパンネット銀行カードローンは「消費者金融全般と同じ」だし、オリックス銀行カードローンは「プロミスと同じ」だし、唯一多少低金利なじぶん銀行カードローンでも、「あまり変わらない」という状態なのです。

なので、このような「上限金利が高い銀行カードローン」から借り換えるのであれば、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>への乗り換えにも金利引き下げの効果があります。なので、消費者金融か、あるいはこれらの銀行カードローンからお金を借りているという方は、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>への乗り換えも検討してみるといいでしょう。

補足…上限金利が高い銀行カードローンについて

ここではオリックス銀行カードローンや新生銀行カードローン レイクなど、「上限金利が高い銀行カードローン」について書いてきました。しかし、これらはあくまで上限金利が高いだけであって、下限金利は安いという点を意識して下さい。

ちばぎんカードローンの申込方法

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の申込方法は、下の5通りから選ぶことができます。

  • パソコン・スマートフォン
  • 電話
  • FAX
  • 郵送
  • モバイル

という5通りで申し込むことができますが、これらのちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の審査申込みのやり方について、解説していきましょう。(やりかた&流れの説明です)

パソコン・スマホ

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>のパソコン・スマホでの審査申込みのやり方は、流れとしては下のようになります。

  1. 申込みフォームから申し込む
  2. 電話か郵送で、最初で結果連絡
  3. 身分確認資料を、FAXか郵送で千葉銀行に送る
  4. 利用者の口座に、千葉銀行が即日振込み

…という流れです。千葉銀行の口座をすでに持っている人の場合はもっと簡単で、

  • フォームから申し込む
  • 千葉銀行から審査回答
  • そのまま口座に振り込み

というだけです。つまり、本人確認資料の提出がありません。郵送もFAXもあるいはメールでも、何も書類の提出をしなくていい…ということですね。

普通の銀行カードローン・消費者金融だったら、この「書類の提出」だけは必ずあるのですが(身分証明書だけは必ず提出しなければいけないのですが)、それも一切しなくていいということです。

そして、千葉銀行の口座を持っていない人の場合のみ、郵送やFAXによって、運転免許証などの本人確認書類を提出する…というルールになっています。

もちろん、これでも最短即日借入は可能です。FAXだったら即日送ることができますので(当然ですが)、これで千葉銀行がその人の身分確認資料を確認してくれ次第、最短即日振込される…ということです。

何にせよ、パソコンから申し込むにしても、スマートフォンやタブレットから申し込むにしても、ネット申込みを使って申し込むのが、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>審査でも、一番最短即日融資を実現しやすい

電話での審査申込み

続いて電話による審査申込みですが、これも他の大手の銀行カードローン・消費者金融同様、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>もできるようになっています。「他の大手の銀行カードローン・消費者金融同様」と書いたものの、他の金融機関の場合は、特にネット専業銀行などネット申込みしかキャッシング審査が出来ないという所もあるので、ちばぎんカードローンの選択肢は、多い方…ということができます。

で、その電話申し込みの流れですが、下のようになっています。

  • 専用のフリーダイヤルにかける
  • 最短即日で、審査結果の連絡が来る
  • 郵送可ファックスで、提出書類(身分証明書)を送る
  • 最短即日振込される(ローンカードは、後日自宅に郵送)

という風です。パソコン・スマホによるネット申込みとの違いは「身分確認資料の提出が必須」であること。ネット申込みの場合は、「千葉銀行の口座がある人」だったら、ここまで書いてきた通り、「本人確認資料すら提出しないで借入可能」という規定になっています。

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の借入診断

どの銀行カードローン・消費者金融でも大体「借入診断・お試し診断」を持っていますが、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でも「10秒クイック診断」というお試し診断・借入診断があります。

もちろん、これも他の銀行カードローン・消費者金融の借入診断・お試し診断同様「あくまで参考程度」のものなので、この審査結果を盲信してはいけません。しかし、事前にこれで借入可能かどうかシミュレーションをするだけでも、「確実に審査落ちする」という人だったら、事前にそれがわかり、時間を無駄にすることなく借入先を選ぶことができるので、非常に有意義でしょう。

10秒クイック診断で聞かれる項目は?

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>のお試し診断「10秒クイック診断」で質問される項目は何か―。これは一覧にすると下の通りです。

  • 年齢
  • ご年収
  • お借入枠(極度額)
  • 現在借り入れの年間総返済額

という4項目です。これらの項目は、銀行カードローン・消費者金融の借入診断・お試し診断としてはかなり変わっていて、極度額を希望dけいる点や、年間返済総額を聞かれる…という点がユニークです。

もちろん、借入希望金額はそのまま受け入れられるわけではありません。あくまでその人の年収・職業などのクレジットスコアを総合的に見て、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の側で、適切な与信枠を設定します。なので、人によっては「借入可能金額を書いても、あまい意味なくない?」と思うかも知れませんが、そんなことはありません。

たとえばその人が「30万円・40万円」どちらの限度額にするかギリギリのライン…という信用度だった場合、本人が「30万円希望」だったら、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>としては、迷わずに「30万円」とできるわけです。本人がそれで十分と言っているわけだし、余分な借入枠を作ると、むしろ「借り過ぎが心配」という人も多いでしょう。そうした借り過ぎを防ぐためにも、申込者の希望ぴったりの金額を与信枠とする…というのは適切なので、それができるという点で「本人の希望を聞く」というのは意味があるわけです。

一方、本人が「40万円」を希望していた場合は、あらためてその人のクレジットスコア・信用度を見て「40万円でもOK」となったら、ギリギリでも審査に通す…という判断もできるわけです。(もちろん、あくまでギリギリとは言え40万円融資できるような信用度がある人だけです)

というように「借入希望金額を審査申込みの時点で尋ねる」というのは、「よりきめ細かなサービスを提供する」ことに繋がるわけですね。なので、お試し診断・借入診断とはいえ、このように「融資希望金額も尋ねる」というのは、効果的なシステムなのです。

「年間返済総額」を尋ねる理由

借入希望金額と並んで個性的な質問項目に「年間返済総額」があります。これがお試し診断・借入診断で聞かれる銀行カードローン・消費者金融は、大手ではちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>だけです。

で、これが聞かれる理由は何なのか。言うまでもなく、千葉銀行はその人の年収がどうこうよりも「実際に返済できるか」を最重視している…ということです。

もう少し正確に書くと、他の銀行カードローン・消費者金融が「住宅ローン・自動車ローン・教育ローン」などの「真面目な借り入れ」や「クレジットカードのショッピング」などの借入総額をたずねないのは、下のような理由です。

  • 融資可能な金額は「総量規制」によって決まる
  • 総量規制は貸金業法のルールである
  • クレジットカードのショッピングや、住宅ローンなどは、貸金業法の対象外である
  • だから、総量規制のルールも適用されない
  • だから、これらの借り入れを除外して、借入診断をする

ということです。しかし、実際にはこれらの借り入れも返済が必要で、総量規制の対象外であろうとなかろうと、「借手の返済能力・返済計画を左右する」ものなんですね。本来、当たり前のことではありますが…。

なので、専門的には貸金業法・割賦販売法・銀行法などと管轄が分かれていても、できれば「全部まとめて借入診断の参考にした方がいい」ということなのです。ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>ではそれを実行」している…というわけですね。

もちろん、他の消費者金融・銀行カードローンのお試し診断・借入診断のやり方が間違っている…ということはまったくありません。借入診断・お試し診断は基本的に「簡単であること」が一番重要なので、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>以外のキャッシングでは、そうした「簡単さ」を最重視している…ということなんですね。

ちばぎんカードローンの提出書類

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の提出書類は、ここまでにも数か所触れていますが、下のようになっています。

  • WEB完結…提出書類なし(千葉銀行の口座を持っている人のみ)
  • 普通の審査…身分確認資料のみ

という風になっています。身分確認資料というのは、要するに下のような「本人確認資料」のことです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 運転経歴証明書
  • 個人番号カード
  • 各種健康保険証
  • 在留カード
  • 住基カード
  • 住民基本台帳カード
  • 外国人登録証明書

…といったものですね(一応、同じものや似たようなものも、両方の名称を書いてあります)。

もし千葉銀行の口座がない場合は、これらの身分証明書を提出するということになります。そして、すでに千葉銀行の口座を持っているのであれば、「WEB完結」のルートで審査ができるので、本人確認資料すら提出しなくていいということなんですね。

普通の銀行カードローンでは、身分証明書は必須

上に書いた通り、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>審査では、パスポートなどの本人証明書類も提出しなくていいのですが、普通の銀行カードローン(というより消費者金融でもクレジットカード会社でも)は、すべて「本人確認資料の提出が必須」というのが当たり前になっています。

これは当然ですよね。ネットカフェなどの会員証 

クイックパワーは専業主婦でも借入可能?

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>は無収入の専業主婦でもキャッシング可能となっています。銀行カードローンの審査基準では、収入がない専業主婦が借入可能かどうかについては、明記されていないというパターンが多くなっています。「原則安定収入がある方に限られます」というような表記ですね。「本人に収入がある方に限られます」だったら、暗に「自分の収入がない専業主婦ではキャッシング不可」と明言しているわけですが「原則、安定収入がある方に限られます」という、「原則」という言葉が入っているので、「配偶者に収入がある専業主婦だっら、キャッシングできるのか」ということはわかりません。

というように、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>以外の銀行カードローンの場合は「専業主婦でも借り入れできるのかどうか」がイマイチはっきりしないという状態なのですが、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>ではしっかりと「専業主婦の方も申込可能です」と明記されている、だから申し込みやすい…ということです。

もちろん、これはあくまで「申し込みやすい」というだけであって「審査に通りやすい」ということではありません。要は「受け付けているかどうかわからない銀行カードローン」よりも「受け付けていると、確定している銀行カードローンの方が、心理的にも申し込みやすい」ということですね。

専業主婦の審査通過率も高くなる?

また、このように「専業主婦でも融資可能」と明記しているちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>のような銀行カードローンであれば、自分の収入がない専業主婦のキャッシング審査の通過率も、多少なりとも上がるのではないかと思います。

というのは、やはり「その職業・属性でもキャッシングできる」と明記しているということは「その職業・属性の日々を歓迎している」ということであって、それはつまりその職業・属性に該当する方々が、比較的審査で有利になるということだからです。少なくとも歓迎していない銀行カードローン・消費者金融で申し込むよりは、歓迎している消費者金融・銀行カードローン関係で借りた方がいいでしょう。審査通過率は断然、そちらの方が上がるはずです。

ということで、ただ精神的にも申し込みやすいというだけではなく、「実際に審査に通るかどうか」という観点でも、無収入の専業主婦の方々にとって、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>はぜひ選択肢に入れるべき借入先…ということができるでしょう。

専業主婦はいくらまでキャッシングできる?

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でお金を借りる時は、専業主婦はいくらまでキャッシングできるのか―。これは「不明」です。専業主婦のキャッシング借入可能金額については、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>では明記されていないという状態です。

ということは、逆に言えばこれは「信用度が高い専業主婦の方々であれば、キャッシング可能な金額が普通より大きくなることもあり得る」ということで、ある意味プラスともいえます。もちろん、自分の収入がない以上「信用度を高める」といっても方法に限界があるわけで、そう考えると、最終的には「30万円・50万円」という、一般的な銀行カードローンが設定している専業主婦の最大融資枠に近づくとは思うのですが。

なお、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>に限らず、専業主婦の方々が借入可能な金額は「配偶者の年収」によって決まる部分が多くあります。「専業主婦はいくらまで借入可能」ということが決まってない場合は、そうなります。

そのため、たとえば夫・旦那さんが「一流企業に勤務している」「高収入である」などの条件が揃っていれば、(特に公務員が理想)専業主婦の方々が借入可能な金額も多くなる…ということが考えられます。しかし、大抵は「夫・旦那に内緒の借金」のはずなので、あまりたくさん借りない方がいいとは思いますが。

パートでもちばぎんカードローンは融資可能?

パートとして自分の収入を得ている方であれば、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>ではもちろん、借入可能となっています。「もちろん」と書いたのは、キャッシング審査の世界では、「本人に収入があるなら、借入資格は十分にある」というのが基本中の基本だからです。

キャッシング審査に通ることを考えていると、まるで「銀行カードローン・消費者金融の側は、申込者を落とそうとしている…と感じるかも知れませんが、実際には消費者金融・銀行カードローンの側は「できるだけ融資したい」と思っているわけですね。

理由は簡単で、消費者金融・銀行カードローンやクレジットカード会社などの金融機関にとって「売上=貸付金額」だからです。融資金額が増えれば増えるほど、彼らの売上・利益は増えていくんですね。

だから、金融機関としてはむしろ「貸したくて仕方がない」わけです。公務員で高年収というような「理想的な申込者」が見つかったら、彼らとしては「いくらでも借入枠を設定したい」という状態なんですね。

パート収入がある主婦(主婦でなくてもいいですが)という職業・属性は、「高年収な公務員」というほど理想的な条件ではありません。しかし、本人に安定収入がある以上、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>などの金融機関としては、「その人の収入で返済可能な金額の範囲内で融資したい」というものなんですね。

なので、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でもどこでも、働いていて自分の収入があるなら、キャッシング審査の申込資格は問題なく満たしているということなのです。

アルバイトでもキャッシングできる

 

上のパートについての話でも触れましたが、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>はアルバイトでも借入可能となっています。これもやはり、パートの時と同じで「自分の収入があれば、銀行カードローンでも消費者金融でも借入可能」というのが、キャッシングの基本的なルールなのです。

もちろん、アルバイトと言っても収入は千差万別なので、具体的に月収・年収がいくらあればキャッシング可能なのか…という点も重要です。あくまで大体の目安ですが、最低限月収8万円は必須と考えた方がいいでしょう。これはちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>に限らず、どの大手の銀行カードローン・消費者金融でも大体同じと考えてください。

もちろん、年収・月収だけではなく勤続年数が長くて、そう簡単に仕事をやめないだろうと信用される安定性も重要になります。金額については、10万円程度だったらパート・アルバイト・フリーターの収入でも問題なく借りられるのです。ただそれは「仕事をやめなかったら」という前提なので、もし仕事をやめてしまうと、借りた本人が返済できなくて困るのはもちろん、融資するちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>などの金融機関側も困るわけですね。返済してもらってなんぼの世界ですから。

なので、アルバイトなどの非正規雇用の方々のキャッシング審査については「仕事をやめないかどうか」あるいは「クビにならないかどうか」ということが、金融機関側にとっては一番重要なことなのです。その安定性を審査する鍵になるのが勤続年数や勤務先なので、この点もアルバイトのキャッシング審査ではぜひ意識して下さい。

勤続年数は最低どれだけ必要か?

これは明確な基準はありません。ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>だけでなく、どのクレジットカード会社・消費者金融・銀行カードローンの審査基準でも同じとなっています。

一応、最低限、3ヶ月は勤続していないと借りられないと思っていた方がいいでしょう。たとえば収入証明書が必要になる時「給与明細書を2ヶ月分提出する」というルールが多いことでもわかります。

給与明細書というのは、1ヶ月勤務して翌月に初めてもらえるものです。ということは、2ヶ月分を提出するには「3ヶ月は勤務しないといけない」ということなんですね。逆に言うと「3ヶ月勤続したら、それは最低限のキャッシング審査の通過の資格を満たしているということで、評価されるわけです。

実際、3ヶ月勤続したら、本人も周囲も「この人はしばらくここで働けるだろうな」と思いますからね。

もう一つ参考になる例としては「勤続1年あれば、まったく問題なし」という点が指摘できます。もちろん、勤続1年だったら必ず審査に通るという意味ではありません。ただ、銀行カードローン・消費者金融よりはるかに審査が厳しいろうきんカードローンでも、勤続年数については「1年以上」という条件なわけです。

ろうきんカードローンは「銀行カードローンの半分程度の低金利」ということで、単純計算で「銀行カードローンの倍、審査が厳しい」ということもできます。そのろうきんカードローンが「勤続1年あれば大丈夫」という基準を定めているわけです。

そう考えると、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>も含めて、メジャーな銀行カードローン・消費者金融のキャッシング審査に申し込む時の勤続年数は、とりあえず「勤続1年あれば、大体大丈夫」ということができるでしょう。もちろんこれは、「あくまで勤続年数だけに焦点を当てた場合」であって、実際には勤続年数が1年以上あってもクレジットヒストリーに問題があったり、借入希望金額が大き過ぎたり、低年収だったり、不安定な勤務先だったり…という条件が重なると、勤続1年あってもちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>で審査落ちする…ということは、当然考えられます。

なので、ここで書いた勤続1年あればかなり安心…というのはあくまで「一つの目安」と考えてください。月収についても、勤続年数・月数についても、そしてその他の審査条件についても、最終的にキャッシング審査というのは総合得点によって決まるものなので、何か一つの要素だけで審査に通る・審査落ちする…ということはわからないと考えて下さい。

(ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でもその他の借入先でもすべて同じです)

フリーターもちばぎんカードローンで融資可能

パート・アルバイトについて語ってきたのと同様、フリーターの方々でもちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>は、問題なく借入審査に申し込むことができます。これもやはりここまで書いてきた通りで、フリーターでも、アルバイト・パートでも、自分で働いて収入を得ている人の場合は、キャッシングでお金を借りるのは問題なくできる…という風になっているんですね。

特にフリーターということは、定義は人によって違うでしょうが、アルバイト・パートよりも「シフトに入っている時間が長い」「収入が多い」というイメージがあります。イメージだけではなく、実際に統計をとってもそうなるでしょう。

ということで、パート・アルバイトでもちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>では借入可能である以上、フリーターの方々が同様にキャッシングできる…というのは当たり前すぎるくらい当たり前のことなんですね。というわけで、フリーターの方々が借入審査に申し込む時も、少なくとも職業・属性面では問題ないと思って下さい。

フリーターは最高いくらまで借入可能?

フリーターの場合は、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>では最高いくらまで借入可能か―。これは一概には言えませんが、初回の借り入れでは、10万円~30万円が基本で、かなり稼いでいるフリーターの方々であれば、50万円も可能と考えてください。

しかし、いきなり初めてのキャッシングから50万円借りられるというのはかなり例外中の例外なので、これはあくまで「最高限度額で、そのくらい可能」という風に考えておいてください。

10万円や30万円でスタートしても、そこから遅れずに返済して借入・返済の実績を積み重ねることによって、その人のクレジットスコアが高まっていき、キャッシング可能な金額もどんどん増額されていく…というシステムになっています。これはちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>だけでなく、どのクレジットカード会社・消費者金融・銀行カードローンで借りた場合でも同じような仕組みとなっています。

(すでに何らかのキャッシングやクレジットカードを利用している方だったらよくご存知でしょうが。)

融資枠の増額は、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>などの金融機関側から打診が来ることもあれば、自分から増額を申請する…というやり方もあります。増額の打診が来るのは、早くても最初の借り入れから半年後となっています。これは、どの金融機関でも「6ヶ月程度で、見直し審査をする」というシステムになっているからです。

なので、自分から増額の打診をするにしても、借り入れをしてから6ヶ月は待った方がいいでしょう。しっかり遅れずに返済していたとしても、6ヶ月程度は返済実績を積み重ねないと、金融機関側からもやはり信用はしてもらえないと考えるべきです。これはキャッシングの世界の独特のルールではなく、一般的な感覚でも、そのくらいの実績を積み重ねないと信用されない…というのは何となく納得できるでしょう。

基本的にこの件に限らず、キャッシングの世界のルールとかシステムというのは、決してカードローンの世界独特のものではなく、日常生活の感覚や規範をそのまま借入審査に導入した…というものが多いんですね。実際、キャッシング審査で相手(申込者)を見るポイントというのは、我々が結婚相手を吟味する時、あるいは恋人や仕事のパートナーを吟味する時の見方と、まったく同じということが、調べれば調べるほどよくわかります。

なので、フリーターがちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でいくらまで借りられるかということも、基本的に普通の感覚で判断できる…と思ってください。(自分が融資する側だとして想像して見れば、普通の人であれば大体判断できるでしょう)

個人事業主・法人経営者でもキャッシングできる?

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>は、個人事業主・法人経営者や自営業・会社代表者といった独立系の職業・属性の方々でも問題なくキャッシングできるようになっています。これは別にちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>に限った話ではなく、多くの人に知られている一般的な銀行カードローン・消費者金融では、皆このルールになっています。

ただ、これもやはりちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>以外の借入先でも共通することなのですが、個人事業主・自営業などの方々がキャッシングする時は、収入証明書が必要という条件になっています。必ず必要というわけではありませんが、大抵の場合は必要になると考えて下さい。

個人事業主・自営業などの職業・属性の場合、提出する収入確認資料は下のようなものが多くなるでしょう。

  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 住民税決定通知書
  • 課税証明書

…といったものです。サラリーマン・OLやパート・アルバイト・フリーターの方々の場合は、会社やアルバイト先からもらう「源泉徴収票」「給与明細書」を提出することが多いですが、自営業・個人事業主などの独立系の職業・属性の場合、役員報酬として自分にお給料を出している場合はともかく、そうでない場合は大体確定申告書など、上に一覧にした所得確認資料が、年収証明書となることが多いでしょう。

もちろん、一箇所だけと取引しているフリーランスの方々などで、源泉徴収票だけで間に合う…ということもあるかもしれません。その場合はもちろん、その源泉徴収票を提出すればそれでOKです。

というように、通常だったら一切提出しなくていい、年収確認資料を提出しなければいけないという縛りはありますが、それでもその年収やその他のクレジットスコアに問題なければ、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でも、会社経営者・法人代表者などの方々は問題なく借り入れできると思って下さい。

ニート・無職は千葉銀行で借入可能?

自分の収入を得ていない無職・ニートの方々は、残念ながら…というか当たり前かも知れませんが、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でも当然のごとく借入不可となっています。これも他の審査基準同様、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>に限定された話ではなく、どの消費者金融・銀行カードローンやクレジットカード会社でも共通のシステムになっているので、この点は理解して下さい。

人によっては「自分の収入がない専業主婦ならキャッシングできるのに、何でニート・無職はダメなのか」と思うこともあるかも知れません。しかしこれは当然で、専業主婦というのは一つの職業として、社会的に認知されているわけですね。一方、無職・ニートというのは、人数は確かに増えていますが、フリーター・アルバイトなどと違って、やはり何も生産していないので、(それぞれのやむを得ない事情はあるにせよ)キャッシングの対象ということにはならない、というわけです。

銀行カードローン・消費者金融などの金融機関はあくまで「ビジネス」であり、就業支援などのボランティアではないので、こうした対応になるのは当然なんですね。これは融資枠の金額のことなどでも言えることですが、「自分が融資する側だったらどう思うか」ということを基準に考えれば、個別の銀行カードローン・消費者金融の審査基準を知らなくても、大体自分が借りられるかどうかはわかるし、納得もできるでしょう。

もちろん、これはニート・無職の方々が悪いというわけではありません。ただちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>などのキャッシングの審査を通ることはできないというだけであって、無職・ニートであるということ自体が悪い…というわけではないのです。その点は理解して下さい。

ちばぎんカードローンは何才まで借入可能?

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でキャッシング可能となっている年齢。これは20才~65才未満です。つまり64才までは融資可能ということですね。

この年齢制限・年齢条件は、銀行カードローンでは一般的なものです。大部分の銀行カードローンが、年齢条件・年齢制限を「65才前後」までにしています。

三井住友銀行カードローンや新生銀行カードローン レイクなど「69才・70才まで」という銀行カードローンもありますが、全体的には65才未満か以下…という年齢制限・年齢条件になっている…と考えて下さい。

この年齢であるというのは、2013年から始まった「65才定年制」にあります。これまでは60才だった定年が、65才まで伸びた…ということですね。つまり銀行カードローンとしては、できるだけ年金生活者(年金受給者)の方々ではなく、「現時点で現役で仕事をしている」という方に融資をしたいわけです。それはそうですよね。現役で仕事をしているなら、当然返済能力も高いですし、勤務先に在籍確認もできるし、あらゆる面で信用度が高くなりますから。

なので、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>も含めて多くの銀行カードローンで「65才まで」という年齢設定になっているのです。一方、消費者金融(アコム・モビット・アイフル・プロミスなど)は「69才まで」となっています。つまり「70才にならない限りは」「60代である限りは」問題なくキャッシング可能…ということですね(あくまで年齢条件的には、ということですが)

未成年・10代では、ちばぎんカードローンは融資不可

上に書いた通り「20才から」という年齢制限・年齢条件になっているので、未成年・10代の方々では残念ながら、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でキャッシングすることはできません。これは基本的に、よく知られているメジャーな銀行カードローン・消費者金融であれば、どこでも共通する審査基準となっています。

たまに「貸金業法・銀行法で、20才未満への融資が禁止されているから借入不可」という説明が、キャッシングの情報サイトでされていますが、これは間違いです。銀行法・貸金業法でも、あるいはクレジットカードを取り締まる割賦販売法でも10代・未成年への融資を禁止する、という内容は、どこにも書かれていないんですね。書かれているのはあくまで「借り手の返済能力をしっかりチェックしろ」という内容だけで、「未成年・10代は借入不可」ということは、どこにも書かれていないのです。

ただ、民法の中に「未成年者の契約取消権」というルールがあって、これは「未成年が親権者の同意書なしで結んだ契約は、破棄してもいい」という内容なんですね。つまり、親権者の同意書なしで10代・未成年に貸付したら、それが全額踏み倒されても、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>などの銀行カードローン・消費者金融の側としては、まったく文句が言えない…ということなのです。なので、10代・未成年・20才未満に融資することは、大手の金融機関にとって極めてリスクがあることなんですね。

小規模な学生専用ローンの消費者金融などであれば、その学生を対面で審査して、学生証などもチェックした上で「1万円~数万円の少額を融資する」ということで、リスクを最小限にすることができます。しかし、対面での融資をしない、ネット申込みが主流の大手の消費者金融・銀行カードローンでは、こうした未成年者の契約取消権のことも考えると、やはり未成年・10代・20才未満に融資するというのは、かなりハイリスクなことなのです。なのでできれば避けたいわけですね。

20才未満・未成年では、利益も小さい

ビジネス的な話もすると、20才未満・未成年に貸付をしても、金融機関としてはあまり利益を見込めないのです。利益を見込めない理由は、「未成年・10代では、収入が少ないのであまり高額を貸付できない」ということ。高額融資をしなければ、銀行カードローン・消費者金融としては利息収入を多く得ることができないわけです。

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>のような地方銀行だと、多少「地方の相互扶助」という公的な側面もありますが、基本的には銀行カードローン・消費者金融というのはすべて「ビジネス」なんですね。なので、「利息収入がどれだけ得られるか」ということも、やはり重要なのです。

(こうしたビジネス感覚がない金融機関は、むしろ罪悪です。そうした銀行が金融ビッグバンで続々と経営破綻して、公的資金という名の税金が膨大に注入されて、結果的に多数の国民に迷惑をかけたのです。なので、銀行にはビジネス感覚が必要なのです。カードローンでもその他のサービスでも)

ということで、そうしたビジネス感覚を持った視点から見ると、学生や未成年・10代というのは、ここまで書いてきたような「未成年者の契約取消権のリスク」もあるし「その割にリターンは小さいし」「親権者の同意書を提出してもらってチェックするなどの手間・コストがかかる」という点で、極めて「うまみがない」のです。

なので、貸金業法・銀行法で禁止されているわけではないのですが、大手の消費者金融・銀行カードローンやクレジットカード会社は基本的に「10代・未成年・20才未満には貸付をしない」という自主方針を貫いている…ということです。

ちばぎんカードローンは土日融資も可能?

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>は土日キャッシングは不可となっています。これはちばぎんカードローンの借り入れでやや不利な点で、横浜銀行カードローンやみずほ銀行カードローンなどと同じ条件となっています。

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>だけが土日融資をできないわけではなく、地方銀行のカードローンは基本的にできないんですね。たとえば上に書いた横浜銀行カードローン、それから静岡銀行カードローン「セレカ」などは、都市銀行のカードローンに並ぶ規模の地方銀行のカードローンですが、いずれも「土日キャッシング不可」となっています。

地方銀行のカードローンが土日融資に対応していない理由は「都市銀行のカードローンほど、土日・祝日に即日借入したいというニーズがない」という点が挙げられます。財務体質が非常に良好な地方銀行であっても、やはり「在住・在勤エリアに制限がある」という条件上、利用できる人数は限られているわけです。

となると、土日・祝日の即日審査・当日借入に対して門戸を開いたとしても、申し込む人数が少なくて、ビジネスとして成立しないということなんですね。ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>にしても横浜銀行カードローンにしても、これらの地方銀行のカードローンは「都市銀行を食う」くらいの勢いがあるので、在住・在勤エリアの制限さえなければ、土日キャッシングに対応しても、十分に利用者が集まるでしょう。しかし、地方銀行という性質上、在住・在勤エリアは制限を設けるしかなく、これもあって土日融資で十分なニーズが確保できない…ということなのです。なので、土日融資に対応していないんですね。

土日キャッシング不対応の方が、むしろいい?

見方を変えれば、むしろ「土日キャッシング不可」という条件の方がいい…という考え方もできます。というのは、土日キャッシングに対応するには当然コストがかかるからです。

千葉銀行のような地方銀行も、形式としては株式会社ですから、一企業です。こうしてコストが発生した分は、どこかで回収をしなければいけません。で、銀行カードローンの場合はどうやってこうしたコストを回収するのかというと、「金利引き上げ」「ATMの利用手数料をとる」などの方法で、利用者の金銭的な負担を増やす…ということになるわけですね。

つまり、土日キャッシングが必要な人にとってはともかく、特別必要ない人にとっては、むしろ金利やATMの利用手数料などのサービス面で、値上げがない方がいいというわけですね。もちろん、土日融資に対応したからといって、すぐに金利が上がったり、ATMの利用手数料が値上がりする…というわけではありません。しかし、長期的に見れば、土日キャッシングなどのサービスが増えれば増えるほど、こうした値上げによってそのコストとを回収する動きが起きる…というのは当然の原理なのです。

そう考えると、土日審査・土日借入が必要ない人にとっては、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>のように「最初から土日キャッシング不可」で、代わりに全体的に低金利…という方がありがたいわけですね。なので、必ずしもすべての消費者金融・銀行カードローンが「土日借入に対応していた方がいい」というわけではないのです。要はケースバイケースというか、その利用者によって「理想的な銀行カードローン・消費者金融の条件」というのは変わるわけですね。

職場への在籍確認の電話は必須?

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の借入審査では、職場への在籍確認の電話が必須となっています。これもやはり他の審査項目同様、ちばぎんカードローンだけが特別というわけではなく、どの大手の銀行カードローン・消費者金融でも同様に見られる傾向となっています。

勤務先への在籍確認の電話は、これも未成年・10代への融資と同様に、貸金業法・銀行法などで定められているわけではありません。しかし、「返済能力調査義務」を満たすためにより確かに、その申し込み者の返済能力を調査する方法の一つとして、どの消費者金融・銀行カードローンやクレジットカード会社でも会社への在籍確認を利用しています。

という流れにそって、千葉銀行でも同様にカードローン審査で在籍確認をしているわけです。そして、これを回避する方法もないですし、「なしにするやり方」とか「在籍確認の代替措置」というのもありません。(一部の消費者金融では在籍確認の代替措置を適用するということも可能という口コミ・評判がありますが、詳細は定かではありません。)

在籍確認の電話で会社バレすることはない?

これも、ここまで書いてきた多くの内容と同様に、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>だけに限った話ではないのですが、在籍確認の電話で会社バレすることはない…というのがキャッシングの基本中の基本なので、この点は安心して下さい。

職場への在籍確認の電話でキャッシングがバレない理由ですが、まず第一に「業者・銀行名を名乗らない」という点が挙げられます。つまり、千葉銀行とかあるいは「クイックパワー<アドバンス>」などのカードローン名を名乗らない…ということですね。

こうした業者・銀行名やサービス名などは名乗らず「個人名」で「普通の用事」のようにかける…というのが、どの銀行カードローン・消費者金融でも在籍確認の鉄則となっています。そして、これも極めて自然にかけてくれるので、よほど勘がいい職場の同僚が電話をとらない限りは、これでキャッシングがバレるということはありません。

クレジットカードの審査ということにすればいい

もしどうしても職場バレが心配…という場合は、「クレジットカードの審査の在籍確認」ということにすればいいでしょう。消費者金融・銀行カードローンだけではなく、クレジットカードの審査でもこのように勤務先への在籍確認の電話をかける…というのが一般的になっています。

そして、どんな職場でも社会人であればほとんどの人がクレジットカードを持っているのが普通ですし、そのクレジットカードの審査で職場への在籍確認を経験している人が多いので「ああ、あれか」という風に納得してくれるでしょう。「生兵法は怪我の元」ではありませんが、なまじ経験があるだけに、すぐに納得してもらえるということです。

嘘をつくのは少々心苦しいかも知れませんが、別に誰も気にしていませんし、このような些細な事で職場の人間関係が変な風になる方が、むしろ避けるべきことです。「嘘も方便」という言葉通り、ちょっとした説明(在籍確認の言い訳)で職場の人間関係がスムーズになるなら、その方が価値のあることでしょう。

その他の在籍確認の言い訳について

これはちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>だけの話ではありませんが、上に書いた「クレジットカードの審査」以外で、在籍確認の言い訳として使える説明を、いくつか紹介しましょう。まず一覧にすると下のようになります。

  • 銀行で自動車ローンを組む
  • 保険会社からの確認電話
  • 子供の保育園に関する連絡

…というようなものです。ただ、これらの在籍確認の言い訳は、あまりおすすめできません。たとえば「銀行でマイカーローンを組む」というものだと、特に自動車が好きな同僚がそれを聞いたら「え?車買うの?車種は?外車?国産車?」などといろいろ突っ込んで聞いてくるかも知れないので、うまく答えられないと、墓穴を掘ってしまうという可能性もあります。

また、在籍確認の時はうまくやり過ごしたとしても、その後「そう言えば、この間言ってた車、どうなった?」みたいに聞いてくるかも知れません。ここでもうまくごまかせればそれでいいのですが、そうでなければ、やはり職場バレの原因となってしまいます。

保険会社からの確認電話というのも職場に電話連絡をする保険会社ばかりとは限らないというデメリット・短所もありますし、子供の保育園にいたっては、実際にお子さんを保育園に入れている(あるいは入れようとしている)人しか使えないなど、かなり限定的でしょう。

(また、保育園もやはり、親の職場に電話連絡をする…というのはおそらく限られたケースです。)

ということで、在籍確認の言い訳としては「クレジットカードの審査」というのが、一番無難で、職場バレしにくいのです。他の言い訳を利用してもいいですが、あえてこだわる必要はない…というように感じます。

年金受給者(年金生活者)はキャッシングできる?

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>は、年金生活者(年金受給者)でもキャッシングできるようになっています。まず、先に書いた通り年齢的には「64才まで借入可能」となっています。これだと定年退職した人は借りられないわけだから、年金生活者(年金受給者)でも借入可能とはいえないのでは?と思う人もいるかも知れません。確かに定年退職をしたならその通りです。(65才定年の会社で)

しかし、すべての会社が65才定年というわけではないですし、自主的に早期退職した…という65才未満の方もおられるでしょう。

そうした方々のことも考慮すると「年金受給者(年金生活者)でも借り入れできる」ということになります。また、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の商品概要にも実際に「年金生活者(年金受給者)の方々でも借り入れできます」と書かれています。ただし「年金以外の収入がない方は融資不可」ということ。つまり、何らかのアルバイト・パートなどをして、肩書を「年金生活者(年金受給者)」ではなく「パート・アルバイト」とする必要があるわけですね。

お仕事さえしていれば、何歳であろうと職業・属性は「パート・アルバイト」となるわけです。そして、アルバイト・パートだったらここまで書いてきた通り、まったく問題なく借入資格を満たせるということ。なので、年金生活者(年金受給者)というよりは「パート・アルバイト」という区分で審査申込みする…という感じですね。

何はともあれ、そのように働いて自分の収入を得ていて、肩書もアルバイト・パート・フリーターに属する人であれば、年金で生活している方々でもちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でキャッシングできる…というわけです。

年金以外の収入が必要になる理由

これは当サイトイマゼニでは、このちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の記事以外でも繰り返し書いていますが、年金をもらっている方々がお金を借りる時に「年金以外の収入が必要」となる理由は「金銭的な理由」だけではないんですね。どちらかというと、経済的な理由よりも「健康的な理由」の方が大きいのです。

この「健康的」というのは、「その理由が健康的」という意味ではもちろんなく、「健康面に着目して、こうしたルールを銀行カードローン・消費者金融の側が課している」という意味です。なぜ健康面に着眼するのかといったら、65才以上の世代(つまり後期高齢者に該当する世代)の方々というのは「いつ倒れるかわからない」ということですね。

働き盛りの世代と違い、後期高齢者の方々が一度倒れると、そのまま寝たきりになってしまう…というパターンが非常に多く見られます。寝たきりまではいかなくても、そのまま病院に通い詰めになったりと、とにかく「働くどころではない」「ひたすら出費だけがかさむ」というライフサイクルになってしまうわけです。

そうしたら、貸付金額がいくらであっても、「全額返済は難しい」という状態になってしまいます。債務整理するにしてもしないにしても「かなりの確率で貸し倒れが発生する」ということなんですね。なので、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>にしても、その他の金融機関にしても、「健康面が保証されている高齢者にしか、融資したくない」というわけです。r

これは別に「貸し渋り」や「高齢者差別」ということではありません。当然ですが、「その人が確実に返済できる金額だけを融資する」というのが、貸金業の基本中の基本ですからね。それ以上の金額を融資したら過剰融資となって、いわゆる昔のサラ金地獄のようになるというのは、言うまでもないことです。

なので、そのような借入超過・多重債務状態に陥らない(陥らせない)ためにも、「健康面が保証されている年金生活者(年金受給者)だけに融資する」というのは、正しい方針なのです。こうした融資や審査の方針をちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>が公式のアナウンスとして発表しているわけではなく、あくまで私の推測ではありますが、基本的にはこのようなルールになっている…と考えて下さい。

(再度まとめると、要は年金をもらっている方々が借り入れをするには「年金以外の収入が必要」ということです)

契約社員・派遣社員でも最短即日借入できる?

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>は、正社員でない契約社員・派遣社員・嘱託社員でも最短即日キャッシングできるのか―。結論を書くともちろんできます。

そもそも、ここまで書いてきている通り、契約社員・派遣社員・嘱託社員よりもっと不利な職業・属性である「パート・アルバイト・フリーター」の方々でも問題なくキャッシングする資格を持っているわけです。ましてパート・アルバイト・フリーターの方々より有利な職業・属性である契約社員・派遣社員・嘱託社員の方々が、借入資格を持っていない…ということはあり得ないわけですね。

なので、会社員・OL・公務員の方々がキャッシングをする場合、たしかに正社員であることが理想ですが、実際には、契約社員・派遣社員・嘱託社員でも問題なく借り入れできるということですね。もちろん、最高融資枠は正社員と比較すると多少小さくなるという短所・デメリットはありますが、何はともあれ借り入れ自体は問題なくできるということです。

ちばぎんカードローンの在籍確認の電話の口コミ

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でお金を借りようとしている方々は、当然「千葉銀行のネット上の評判・体験談」をよく探しているでしょう。あるいは、これから探求しようとされるでしょう。

その時、どのようなポイント・観点からインターネット上の口コミ・評判を探るかというのは、やはり申込者それぞれ、人それぞれです。小泉元首相ではありませんが、人生いろいろ、キャッシングの利用者もいろいろです。

そのように、インターネット上の評判・体験談の内容について、知りたい項目について多様なニーズがあるものの、特に知りたいという方々が多いのは、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の勤務先への在籍確認の電話は、どのようになっているのか、必須なのかなしでもいいのかというようなことでしょう。ここではまず、そのような「ちばぎんカードローンの職場への電話連絡は、あるのかないのか」「あるなら、どのような内容になっているのか」などのポイントをまとめていきます。

千葉銀行カードローンの審査では、在籍確認の電話が必須

まず、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>のインターネット上の評判・体験談で多数派となっている書き込みの内容は「職場への在籍確認の電話は必須である」というもの。つまり、職場への電話連絡を回避したり、なしにしたりするということはできないということですね。在籍確認の代替措置と呼ばれるもの(在籍確認の代替手段)も基本的にない…ということです。

これは、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の公式ページを見てもわかります。たとえばWEB完結申込について書かれたページでも、「郵送・来店はなし」と書かれていますが、電話については書かれていません。ということは、電話連絡があるということです。本人の携帯への確認電話にもあるでしょうし、勤務先への在籍確認の電話もあるということですね。絶対というわけではありませんが、恐らくそのようになる…と考えていいですし、考えるべきでしょう。

(キャッシングのインターネット上の口コミ・評判を見てもわかるように、ほとんどの大手の銀行カードローン・消費者金融は、そのようなルールになっています。なので、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>も同様である…と考えていいでしょう。)

在籍確認の電話の内容についての評判・体験談

ここまで書いた通り、ちばぎんカードローンの審査で、基本的に在籍確認の電話は避けられない、回避できない…という風に考えて下さい。そこで次に気になるのは「勤務先への在籍確認の電話の内容はどのようなものか」ということでしょう。やはりキャッシング・カードローン・消費者金融のインターネット上の評判・体験談が集結しているサイトでも、そのような「職場への電話連絡の内容についての質問」が多く寄せられています。

そうしたニーズに答えるために、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の勤務先への在籍確認の電話の内容について書くと、「特に何かを審査されるようなことはない」という風にいえます。これは日頃から、日常生活からキャッシングにまつわるインターネット上の評判・体験談をよくチェックしている方(いるのかどうかわかりませんが)であれば、すぐにわかるでしょう。千葉銀行カードローン以外でも、どの消費者金融・銀行カードローンであっても、基本的に「在籍確認の電話で、何かを審査することはない」というシステム・体制になっているんですね。

職場バレしないために、審査・質問はほとんどしない

この「勤務先への在籍確認の電話で何か審査・質問をすることはほぼない」というのは、理由を知れば納得できるでしょう。見出しの通り、職場への電話連絡で、何か審査・質問をすればするほど、キャッシングがバレるリスクが高くなるということです。当たり前ですが、職場にキャッシングがバレても平気という人は、パート・アルバイト・フリーターだろうと会社員・OL・公務員だろうと、ほとんどいないですからね。誰だって、自分が借り入れ・借金をしているのがバレるのは、嫌なものです。相手が勤務先の同僚であろうと、家族や嫁・妻・夫・旦那であろうと、同じですね。

こう書くと「やはりキャッシングというのは、良くない商売なんだな」と思う人がいるかも知れませんが、それは違います。誰だって、トイレをしている姿を見られたくはない、というのと同じで「見られたくない姿=悪」というわけではないのです。

トイレ絡みでいうと、たとえばトイレ掃除をしている姿というのも、職業差別というわけではありませんが、やはり「自分の恋人には見られたくない」という人がほとんどでしょう。配偶者・夫・旦那などは当然知っていることなので平気でしょうが、彼氏・彼女・恋人などとなると、やはり見られたくないというのが人情だと思います。(だからこそ、見栄えのいい職業よりは面接・審査に通りやすくなっていますし、時給もやや高めになると聞いたことがあります)

というように「トイレ掃除をしている姿は、人に見られたくない」ものですが、こうした清掃員の方々のお仕事が「良くない仕事」かといったら、それは当然違いますよね。必要な仕事なのです。「貢献度は高いのに、誰もやりたくない仕事」というのは、だからこその価値があるといえます。

なので、別に「キャッシングの利用者が、職場バレや家族バレをしたくない」からと言って、イコール消費者金融・銀行カードローンなどのサービスが悪いもの…というわけではないのです。この点を短絡的に勘違いする人が多いですが、こうした哲学的な考察をすれば、その見方は間違いである…ということがわかるでしょう。

(もちろん、銀行カードローン・消費者金融などのイメージが悪ければ悪いほど、それに関連する職業につく方は、アパレル系などのイメージがいいおしゃれなお仕事より、お給料が断然高くなるので、イメージが悪いままでも全然良いと思うのですが。イメージの良さとお給料は、相反するのです。芸能人(の売れていない人々)を見れば、よくわかるでしょう。)

千葉銀行という銀行名は名乗るのか

キャッシングの勤務先への在籍確認の電話についての評判・体験談でよく話題になるのは「消費者金融・銀行カードローンの名前を名乗るのか」ということです。これはアコム・プロミス・アイフルなどの大手の消費者金融はまったく名乗らず、銀行カードローンは銀行名だけ名乗ることがあるというのが正解になります。消費者金融がキャッシングブランドの名前を名乗らないというのは、誰でもすぐ納得できるでしょう。いくら消費者金融・銀行カードローンが悪いサービスではないとは言え、職場で「ノーローンの○○と申します」などと名乗られたら、やはり困りますからね。

(先に書いたトイレ掃除の清掃員の方でいえば、いくら重要なお仕事でも、その制服・作業着のままでスターバックスには入れない…というのと同じです。要は、人生のすべてにTPOがあるということです。お葬式や入学式でも何でも同じです)

ということで、消費者金融はそのあたりのTPOを完全にわきまえているので、アコム・プロミス・モビットなどの名前を名乗ることは一切ありません。アイフル・ノーローンでも同じです。

では、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>(この記事の主人公ですが)などの銀行カードローンはどうかというと、先に書いた通り「銀行名だけは名乗る」ということがよくあるようです。これも明確に決まっているわけではありません。ケースバイケースで名乗るかどうかを決める…という銀行カードローンもあるようです。

職場への電話連絡について、明確なルールはない

実は、インターネット上の口コミ・評判をどれだけ見ても、勤務先への在籍確認の電話についての詳細な内容というのはわかりません。というのは、このようなキャッシングの審査のやり方・内容・流れを、詳細に公開すればするほど、反社会勢力・ヤミ金融などによる不正申し込みが増えてしまうからです。『闇金ウシジマくん』や『ナニワ金融道』などの漫画を読めばよくわかりますが、暴力団や闇金業者などの反社会勢力というのは、消費者金融・銀行カードローンからお金を借りて逃げる、というのを一つの稼ぎにしているんですね。そのためのアリバイ会社までわざわざ作って、組織的に借り逃げをするのです。

このような知識は、キャッシング・カードローン・消費者金融に関するインターネット上の評判・体験談でも、たまに書かれています。たとえば、『闇金ウシジマくん』のサラリーマンくん編では、小堀という多重債務者・借入超過者のサラリーマンに対して、丑嶋が下のようなことを命じます。

  • 「起業する」ということにして、事業計画書を書く
  • それを信用金庫に持っていく
  • 信用金庫の職員は、丑嶋とつるんでいる
  • そのでたらめな事業計画書で、数百万円の融資を引き出す

というものです。「なにそれ」と思うかも知れませんが、信用金庫のようなお堅い金融機関でも、職員の方々が反社会勢力とつるめば、ヤミ金融などと結託してしまえば、このようなことができてしまうんですね。そして、数百万円の事業融資を引き出した後、数回だけ返済して「まじめに返済する意志はさった」というポーズだけ見せて後は事業を倒産させて、借り逃げ完了…ということです。

無茶苦茶な話…と思われるでしょうが、世の中にはまだまだこのようなことが本当にあるのです。当然あってはならないことなので、消費者金融・銀行カードローンもこうした反社会勢力・暴力団・違法業者などに対する対策を、日に日に強めているということですね。なので、彼らに悪用されないように、勤務先への在籍確認の電話の内容にしても、その他のキャッシングの審査のやり方についても、具体的な内容や提出書類・電話連絡の仕組みなどについては、一切公開しないようにしているということです。(あるいは、多少公開しても、すぐに内容を変えるということですね。ウィンドウズのハッカー対策と同じで、頻繁にアップデートするということです。)

在籍確認のリクエストについての口コミ・評判

キャッシングの勤務先への在籍確認の電話についてのWEB上に質問や、それに対する回答としてアップされている口コミ・評判を見ると、職場への電話連絡で、どのようなリクエストができるかというのは、これからお金を借りようとする方々、キャッシングを検討している方々にとって、かなり重要なポイントになっているようです。

先に結論から書くと、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でもどこでも、在籍確認の電話のリクエストというのは基本的にできない・不可能という設定になっていますが、一部できるものもあります。リクエストできる在籍確認の電話の内容については、たとえば下のような物があります。(注意書きしておきますが、どの銀行カードローン・消費者金融でもできるというわけではありませんし、ちばぎんカードローンではどうなるか不明です。また、できると言われているキャッシング先・金融機関にしても、必ずできるということではありません。申込者の信用度(クレジットスコア)によっても異なります。という前提で読んでください)

  • 勤務先への在籍確認の電話をかける大体の日時
  • 銀行名を名乗るかどうか
  • オペレーターさんの性別

これらの内容です。これらのような職場への電話連絡のリクエストについては、ある程度応じてもらえることがある…とインターネット上の口コミ・評判には書かれています。(言うまでもありませんが、あくまでインターネット上の評判・体験談なので、これらの情報が正しいものかどうかということは判別しかねます)

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の場合、どのようになるかわかりません。しかし、特にオペレーターさんの性別については、申込者が男性の場合には、若い女性から電話がかかってくると、不倫・浮気の疑惑が生じるということで、リクエストに応じてもらえることが、比較的多いと言われています。これは別に、いわゆる審査が甘い・ゆるいというような状態ではないということがわかるでしょう。

「個人名で在籍確認の電話をかける」というのは、要するに「山田と申しますが、鈴木さんはお見えでしょうか」というようにかけるわけです。この鈴木さん(申込者・利用者)が男性で、この山田さんが明らかに若い女性だったら、どう考えても「あらぬ疑い」をかけられるでしょう。

キャッシングの利用者が仮に既婚者でなかったとしても、独身だったとしてもやはりデートなどの私用電話を、会社の電話で、勤務時間にしているという風に誤解される可能性があります。そうなると、当然ですが昇進に響きますし、最悪の場合はリストラ・退職の対象になってしまう…ということもあるでしょう。

そのようになったら、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>にしても、その他の消費者金融・銀行カードローンにしても、やはり不本意なものです。そのように申込者を追い込むようなことをして、銀行カードローン・消費者金融の側に利益など一切ありませんからね。キャッシングで融資する側としては、あくまで申込者の仕事やプライベートがうまくいって、返済も順調にしてもらえる…というのが一番いいわけです。

ということで、そのような理由からオペレーターさんの性別については、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でもリクエストできる、指定出来る…という可能性があります。ただ、その他の内容については、リクエストできるかどうかはやってみないとわからない、その申込者のクレジットスコア(信用度)によっても異なる…という結論になるでしょう。

(たとえば反社会勢力とのつながり・結託を疑われたりすると、当然ですが、どのような内容であっても、在籍確認のリクエストは受けてもらえない…という風になります)

他の銀行名を名乗ってもらうことについてのクチコミ

勤務先への在籍確認の電話のリクエストについては、インターネット上の評判・体験談がかなり書かれています。その中でも一部、間違った口コミ・評判として「他の銀行名や会社名を名乗ってもらえる」というものがありますが、これはちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でも、その他の金融機関やクレジットカード、あるいは消費者金融・銀行カードローンの審査でも、絶対にないので、勘違いをしないようにして下さい。

職場への電話連絡を受ける申込者・ユーザーとしては、確かに「うちの取引先の名前を名乗って欲しい」「付き合いがある顧客の、加藤さんの名前でかけてほしい」「取引銀行である、○○銀行で名乗ってほしい」というようなリクエストをしたくなるでしょう。しかし、このような在籍確認のリクエストは、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>であっても、その他のキャッシング先であっても、完全に受けられないので、注意してください。

虚偽申告になるリクエストは、すべて不可

これは、正しいインターネット上の口コミ・評判でも指摘されていることですが、これらの職場への電話連絡についてのリクエストがNGになる理由は「虚偽申告」だからです。

  • 別の銀行を名乗る
  • 他の会社名を名乗る
  • 別人の名前を名乗る

これらのいずれでも「嘘をついている」ということですね。個人が嘘をつくのと違い、千葉銀行のようなしっかりとした金融機関が、キャッシングというビジネスのために嘘をつくというのは、法的に絶対に許されないことなのです。なので、当たり前ですが、このような在籍確認のリクエストにちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>が応じるわけがないんですね。他の銀行カードローン・消費者金融でもやはり同様です。

ということで、職場バレしたくないという気持ちから、このような職場への電話連絡のリクエストを考える・思いつくというのはわかるのですが、このような在籍確認のリクエストについてはインターネット上の評判・体験談でも指摘されているように、(知識人の方々が書いているように)ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の審査でも、その他のキャッシングブランドでの借入審査でも、応じられないという風に理解して下さい。

そもそも、在籍確認の電話で職場バレはしない

そもそも、上のような在籍確認のリクエストをしようと、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>に申し込むユーザーの方々が思うのは「キャッシングが職場バレするのが嫌だ」ということでしょう。この気持ちはよくわかります。インターネット上の評判・体験談でも全ての人が書いていますし、私も借入超過者・多重債務者だった過去があるので、その経験談・実体験からも非常によくわかります。

ただ、そもそも見出しの通り、そして多くのキャッシングの経験者がインターネット上の口コミ・評判で語っているように消費者金融・銀行カードローンで借り入れ・借金をしたからといって、そして在籍確認の電話を職場で受けたからといって、勤務先の同僚にキャッシングがバレるということは、基本的にないのです。これは「職場バレしないように配慮してくれる」という銀行カードローン・消費者金融側の気遣いもありますが、それだけではなく「効果的な在籍確認の言い訳」もあるからです。インターネット上の評判・体験談でもよく紹介されていますし、それぞれの「おすすめの言い訳」が書かれたりしていますが、その一つを紹介しましょう。

クレジットカードの審査と言えば大丈夫、という口コミ・評判

在籍確認の言い訳についての口コミ・評判を見ていると、やはり「クレジットカードの審査」というものが、一番有力であると感じます。もちろん、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でもどこでもそうという保証はないですし、そもそも、その申込者・利用者の置かれている状況・シチュエーションによって、一番効果的な在籍確認の言い訳は異なるので、一概にはいえません。

しかし、千葉銀行カードローンも含めて、一番多くの消費者金融・銀行カードローンでの申し込み、そして一番多くのユーザーに該当するものとしては、やはり口コミ・評判で言われている通り「クレジットカードの審査」というのが、一番無難でキャッシングバレがしにくい在籍確認の言い訳になるでしょう。

この言い訳が一番職場バレしにくい…というのは、誰でも納得ができるかと思います。WEB上の評判・体験談で指摘されている内容・理由・根拠を一覧にすると下のようになります。

  • クレジットカードなら、別に恥ずかしくない
  • 実際の事情(キャッシング)と似ているので、演技も不自然にならない
  • クレジットカードの在籍確認の電話なら、勤務先の同僚も経験がある(ことが多い)

このような理由からです。キーワードだけわかりやすく抜粋すると、下のようになります。

  • 恥ずかしくない
  • 似ている
  • 同僚も経験がある

キーワードというより短文かも知れませんが、何はともあれ、この3つの理由から「クレジットカードの審査」というのが、インターネット上の口コミ・評判の中でも「最も効果的で、勤務先バレ・職場バレ・会社バレがしにくい在籍確認の言い訳」として、殿堂入りしているわけです。

以上、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の勤務先への在籍確認の電話について、インターネット上の評判・体験談で書かれている・記載されている内容・情報などを絡めつつ、さまざまなカードローンの審査についての知識をまとめてきました。以下、最短即日融資についても、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の評判・体験談がどのようなものになっているか…ということを解説していきます。

千葉銀行の最短即日融資についての口コミ・評判

これは現代のキャッシング・カードローンの世界では完全に当たり前のこととなっていますが、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でも、最短即日融資ができるようになっています。当日中にお金を借りられるということですね。なので、下のような緊急のシチュエーションの方でも、ちばぎんカードローンだったら、その問題点を解決することができます。

  • 今すぐお金を借りたい
  • 大至急キャッシングをしたい
  • 今日中にお金が必要
  • とにかくスピードキャッシングをしたい

などなど。言葉で表現するとまだいくらでも例がありますが、要するに、このように「切羽詰まった」場面・シチュエーションでも、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>だったら、問題なく最短即日融資に対応しているので、当日中に借り入れ(借金)をすることが出来るし、最短当日審査もできる…ということです。なので、急ぎでお金が必要な方はかなり焦っているでしょうが、まずは落ち着いてください。そして副交感神経を動かし、血圧を下げてください。

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の審査の所要時間

最短即日融資がまったく問題なくできるということを表明・説明した上で、次は千葉銀行カードローンの審査の所要時間について、インターネット上の口コミ・評判ではどのように議論・言及されているのかというポイント・観点から情報を提供していきましょう。

まず、審査の所要時間については不明です。「不明です」などと断言してしまっては失礼に感じられるかも知れませんが、「最短即日」ということだけがわかっています。カードローンの知識がある人であれば、この意味はすぐにわかるでしょうが、最短即日というのは、大体最短数時間という意味です。ただ、当のちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>が「最短即日」としか言っていない以上「最短数時間」というように、ここで断言することはできないわけです。

実際、千葉銀行カードローンの公式サイトを見ても「申し込み状況・審査情報などによって、2営業日以上かかる場合もあります」ということが書かれています。つまり、誰でも最短即日でキャッシングができるということではないのです。(最短と書いているので、当たり前ですが)

このように、一応「最短即日」という審査の所要時間(時間というより日数ですが)は判明しているものの、たとば新生銀行カードローン レイクの最短30分のように、明確な審査の所要時間については、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の場合はわからないわけですね。

確かに、キャッシング・カードローン・消費者金融に関わる・連携したインターネット上の口コミ・評判では「千葉銀行カードローンは、2時間程度で最短当日借入ができます!」というような具体的な審査の所要時間も書かれています。しかし、このような評判・体験談については、ここまで書いてきたような理由から、間違いであると言えます。絶対に間違いというわけではありませんが、情報発信の姿勢としては間違っています。繰り返しますが、当のちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の公式ホームページで「最短即日」としか記入されていない・記述されていない以上、それ以上詳しいことを、キャッシング・カードローン・消費者金融の情報サイトが書いてはいけないのです。(もちろん、当サイト・イマゼニも書いてはいけません)

ということで、千葉銀行のキャッシングの審査の所要時間については「不明だが、最短即日ということのみわかっている」というのが、一番誠実かつ性格な回答になります。

(ブッダが、死後の世界について「一切わからない」という意味で「無記」と答えたことと同じです)

最短当日審査の受付時間についての口コミ・評判

審査の所要時間について、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>がインターネット上の評判・体験談でどのように議論され、言及され、記載されているか…ということは、上の段落で紹介してきた通りです。ここからは「何時までに申し込みをすれば、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>で最短即日融資をしてもらえるか」ということを書いていきましょう。つまり、見出しの通り「最短当日審査の受付時間」ですね。

結論を書くと、これは「朝イチで申し込む」という風になります。というのは正午の時点で、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>からの審査結果の連絡があった人のみが、最短即日振込によってキャッシングができるという風になっているからです。「正午に審査結果の連絡」ということは、つまりそれより2時間か3時間前には申し込みをしてないといけない…ということになります。

つまり、午前9時か10時ということですね。できれば前日の方がいいですが、このようにちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の最短即日融資の審査で、当日中に申し込むという場合は、午前9時か10時頃という、かなり早い時間帯に申し込みをしなければいけないという風になっているのです。楽天銀行スーパーローンなどが「14時までの申し込みなら、原則即日回答」という風になっているのと比較すると、かなり厳しい条件…というのがわかるでしょう。

千葉銀行の口座を持っていない場合は、開設も正午までに

さらにこれもインターネット上の評判・体験談で書かれていることですが、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>で最短即日融資を可能とするためには、千葉銀行の口座をもっていなければいけないので、持っていない人は、当日口座開設の手続きも、含めて、正午までに審査完了していないといけないという風になります。つまり、もともと千葉銀行の口座を持っている人よりも、さらに最短即日融資が厳しい条件になります。

もちろん、これは別にちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>だけが厳しいというわけではありません。

  • 横浜銀行カードローン
  • 静岡銀行カードローン「セレカ」
  • みずほ銀行カードローン

これら3つの銀行カードローンも「当日口座開設をしてから、キャッシングの審査に申し込む」というやり方・流れが可能になっていますが、この場合は当然、当日口座開設の時間が含まれる分、最短即日融資がかなりギリギリになります。むしろちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>も含めて、当日口座開設ができるだけでも、かなり便利でキャッシングがしやすいということが言えるでしょう。楽天銀行スーパーローンやオリックス銀行カードローン、あるいはソニー銀行カードローンなどは、当日口座開設ができないようになっていますからね。(イオン銀行カードローンBIGやじぶん銀行カードローンもそうです)

何にせよ、千葉銀行の口座がある人でもない人でも最短当日借入はできるものの、「正午までに審査完了」という、かなり高いハードルを超越しなければいけない…ということです。

土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資について

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の最短即日融資の話題・口コミ・評判をチェックしている方の中には、当然「千葉銀行は、土日キャッシングもできるのか」ということを調べたい方もいるでしょう。

  • 週末・休日だけど、今日中にお金を借りたい!
  • 土曜日・日曜日だけどキャッシングはできるの?
  • 土日・祝日に最短当日借入ができる銀行カードローンは?

というような文言が、キャッシング・カードローン・消費者金融についての情報を紹介・掲載・解説する情報サイトでは、溢れているからです。こうした質問もよくありますし、カードローンの知識がある人がそれに対して、自分の評判・体験談として回答されている…という光景・風景・シーンも見受けられます。

さて、そのように、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の利用者の間でもニーズが高い日曜日・土曜日・週末・祝日の最短即日融資ですが、結論を書くとちばぎんカードローンでは、土日・祝日の審査申込みはできても、最短当日キャッシングはできないという風になっています。つまり「即日審査の申し込み自体は受け付けてくれるけど、土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資は不可能」ということです。どうしてか、理由を説明しましょう。

ちばぎんカードローンの最短即日融資は、銀行振込のみ

消費者金融・カードローンの知識がある人だったら、この見出しだけで意味がわかったでしょう。つまり、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>は、銀行振込によってしか最短即日融資をできない。しかし、土曜日・日曜日は銀行が閉まっているので、銀行振込が作動しないということです。なので、ちばぎんカードローンのスタッフさんが最短即日審査をしてくれて、審査結果がその日中に(土曜日・日曜日に)出たとしても、最短当日借入はできないんですね。

「千葉銀行の口座同士だったらできる」という口コミ・評判について

キャッシング・カードローンについてのネット上の評判・口コミは、間違った情報も多々書かれています。上の段落の内容を読むと「千葉銀行の口座あてだったら、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>からの振り込みは、土日・祝日・週末・休日でも反映されるのでは?」という風に思うでしょう。確かに、楽天銀行やソニー銀行などの「ネット専業銀行」であれば、それは可能です。

しかし、千葉銀行のような地方銀行や、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行などのメガバンク、あるいはりそな銀行などの都市銀行では、そのような「土日・祝日の振り込みを即日反映」というシステムは、採用されていないのです。土曜日・日曜日に振り込みをしても、それが相手側の銀行口座で反映されるのは、翌営業日…つまり大体月曜日になるわけですね。

なので、千葉銀行の口座を持っている人であっても、そこに土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資をする…ということはちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>ではできないのです。「審査結果は出ましたし、融資もOKですし、振込手続きもしましたが、反映されるのは月曜日まで待って下さい」ということですね。わかりやすく書くと。

ローンカードの発行をして、ATMから借りる方法について

さらにカードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人だと、このようなツッコミをするでしょう。「なるほど、最短即日振込ができないということはわかった。しかし、土日・祝日・週末・休日でもローンカードの発行をすれば、ATMから現金で直接借りることができるだろう」と。確かに三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」や新生銀行カードローン レイク、あるいは三井住友銀行カードローンだったら、この方法があります。しかし、残念ながらちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>では、これら3つの銀行カードローンのようなローン契約機・ローン申込機や、自動契約機・無人契約機を持っていないので、「土曜日・日曜日だけどローンカードの発行をする」ということはできません。

そもそも、平日の審査の申し込み&最短即日融資であったとしても、ローンカードの郵送については「後日自宅に」という風になっています。(ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の場合は)つまり、「ローンカードの即日発行」は、ちばぎんカードローンでは一切できないということです。なので、銀行振込による最短即日融資ができない土日・祝日・週末・休日では、残念ながら、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の最短当日借入はできない…ということですね。

千葉銀行での専業主婦キャッシングの評判・体験談

これはどの銀行のキャッシングでも共通していることですが、自分の収入がない専業主婦の方々お金を借りることができるかどうかというのは、やはりちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でも大きな関心事となります。インターネット上の口コミ・評判でも「千葉銀行カードローンは、無収入の専業主婦でも借りられる」という経験談が記載されていたり、逆に「専業主婦だけど、借り入れができなかった」という体験談が紹介されていたり、もしくは「専業主婦でも千葉銀行でキャッシングができますか?」というような質問が掲載されていたりします。

何はともあれ、そのように利用者のニーズが特に大きい「専業主婦キャッシング」ですが、これはちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でも問題なく可能となっています。商品概要説明書にはっきりと「配偶者に安定収入がある方も借入可能」と書かれているので、専業主婦の女性でも全く問題なく最短当日借入できるということです。

パートの主婦のキャッシングについてのクチコミ

自分の収入がない専業主婦でも借り入れができるということは、インターネット上の口コミ・評判を見るまでもなく想像がつくかも知れませんが、パートの主婦でも、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>ではキャッシングができるということです。これはカードローンの知識がある人だったら、当たり前すぎてもはや書くまでもない・読むまでもない…と感じるくらいかも知れません。

そのくらい、キャッシング・カードローン・消費者金融の分野では「パート・アルバイトでも何でもいいので、自分の収入を得ている人は借り入れができるのが鉄則」になっているわけですね。そもそも銀行カードローンにしても、消費者金融にしても、もしくはクレジットカード会社や質屋にしても「融資して、利息をもらうのが商売・ビジネス」なのですから、自分の収入がある人に対しては、できるだけ融資をしたいに決っているのです。

もちろん自分の収入があるといっても「低年収」の人もいますし「あまりに不安定な職場」という方もいます。なので、自分の収入があると言っても、あくまで「安定収入」であり「継続収入」である必要がありますし、さらに言うと「一定以上の金額の年収・月収・収入」である必要があります。…というように「注文の多い料理店」ではありませんが、ある程度の条件は「自分の収入」についてもあります。ただ、そうした最低限の条件さえクリアしていれば、超越していれば、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>にしても、その他のキャッシング先にしても金融機関にしても、申込者に対して融資したいというのは当然なんですね。(このことは、やはり有識者・経験者の方々が、インターネット上の評判・体験談でも書き込んでいます)

ということで、パートの主婦の方々は、一定の信用度・クレジットスコアを満たしているという制限付き・条件つきではありますが、ちばぎんカードローンでも借り入れが問題なくできるようになっています。なので「パートしかしていないけど、借りられるかしら…」という心配をする必要はありません。

フリーターの借り入れ・借金についての評判・体験談

パートの主婦の借り入れについて語った後は、やはり気になるのは「フリーターでも同様にキャッシングができるのか?」ということでしょう。「フリーターもパートも同じじゃないか?」と思う人もいるかも知れませんが、パートの主婦は、そのバックに会社員・OL・公務員の夫・旦那の男性などがいるけど、一人暮らしのフリーターはそれがないという違いがあります。絶対にないというわけではありませんが、一人暮らしだと、パートの主婦にとっての夫・旦那の男性のような「後ろ盾」がないことが多いでしょう。(親と同居しているなら、話は別ですが)

ということで、フリーターの方々が銀行カードローン・消費者金融でお金を借りる時には、やはり「パートの主婦は借入可能と書かれているけど、フリーターはどうなのだろう。借りられるのだろうか…」という不安を持つのは当然だといえます。そして、やはりインターネット上の評判・体験談が集結するウェッブでも、そのようにキャッシングできるかどうか不安に感じたフリーターの方々から、「ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>は、フリーターでも借り入れできますか?」というようなクエスチョンが寄せられています。

しかし、これについてはまったく安心して大丈夫です。他の消費者金融・銀行カードローン同様、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でもフリーターの方々は、男性女性問わずに借り入れ・借金出来るという設定になっているので、何も問題ありません。

もちろん、これは言うまでもないことですが、「あくまで、借入資格・申込資格として、フリーターでもキャッシング可能」ということですから、誰でも審査に通るとか、フリーターなら誰でも借りられるということではありません。たとえば、月収3万円程度しか稼いでいないようなフリーターの方であれば、自称フリーターであり、実際には無職・ニートのようなものですからね。

ということで、あくまで収入や勤続年数なども含めて、そしてクレジットヒストリー・個人信用情報なども考慮して「総合的に審査する必要がある」という前提ではありますが、申込資格・借入資格としては、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でもフリーターの日本人がキャッシングすることは可能である…という風に思って下さい。

アルバイトのキャッシングの口コミ

パートの主婦でもキャッシングできる、フリーターでも借りられる…となったら、あえて書くまでもないかも知れませんが、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>ではアルバイトの人でもお金を借りることが出来るようになっています。「アルバイトとフリーターの違い」については、下のようにいえます。

  • フリーター…それで生活できるくらい稼いでいる(月収10万円以上など)
  • アルバイト…基本的に、生活できないくらいの月収を指す

あくまで当サイト・イマゼニの分類ですが、大体世間的にもこう思われているかと思います。「アルバイト」というと、学生が親と同居しながらやっているというイメージがあるでしょうが、フリーターだと「貧乏だけど、とりあえず一人暮らしはしているかも知れない」という印象を持つはずです。

(余談ですが、フリーターというと一人暮らしをしている貧困層の男性というイメージがあるかも知れませんが、大部分は親と同居している若い女性です。フリーターは男性より女性の方が多いのです)

というフリーター・アルバイトの定義や違いについてはさておき、これらのどちらにしても、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>では借入資格・申込資格をクリアしている…ということは間違いありません。実際に借りられるかどうか、審査通過をできるかどうかという点については、年収・月収も含めて、勤続年数も考慮して、クレジットヒストリーも見ながら、総合的にクレジットスコア(信用度)を判断する…という風になっています。このような「パート・アルバイト・フリーターなどの職業・属性だけではなく、総合的な審査項目を見て決める」というのは、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>に限定された話ではなく、どのクレジットカード会社や消費者金融・銀行カードローンでも同様に取られている審査基準であり方針なので、ここで特筆しなくても大丈夫でしょう。

千葉銀行のおまとめローンの評判・口コミ

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>でお金を借りようとしてインターネット上の評判・体験談を検索・調査・吟味している方々は「おまとめローンとして利用したい」「借り換え・乗り換えのために、ちばぎんカードローンでお金を借りることはできるか」ということを知りたいのかも知れません。実際、そのような疑問点はよくWEB上でも書き込まれていますし、それに対して、カードローンの知識がある人や経験者がアドバイスとして、自分の評判・体験談を記載・記述・記入している…ということもよく見られる風景です。

さて、そのように多重債務の一本化や乗り換え・借り換えの目的でちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>を使えるかどうかですが、これは問題なく使えます。そもそも、銀行カードローンはすべて総量規制の対象外なので、物理的&法律的には、借り入れの一本化に使っても、借り換えローン・乗り換えローンとして活用しても、何でもありなのです。金融庁には銀行性善説というものがあり、消費者金融と違って大分自由な貸し付け・運営・経営・マネジメントが許されている…ということですね。(法律がゆるいということです。消費者金融と比較して)

ということで、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>そのままでも、おまとめローンとして利用することもできますし、乗り換えローン・借り換えローンとして申し込むことも可能です。一部、インターネット上の評判・体験談で間違った情報を見つけたので、修正するため(修正といっても、それらの書き込みを当サイトが書き直せるわけではありませんが)ここで指摘させていただきます。

多目的ローンでなくても、おまとめ・借り換え出来る

千葉銀行には、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>とは別に「多目的ローン」というメニューがあります。実際には「多目的ローン」というキャッシング商品があるわけではなく、この多目的ローンの中に、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>も含めて下のような目的別ローンがあるのです。

  • トラベルローン
  • デンタルローン
  • ビューティーローン
  • 介護ローン
  • ブライダルローン
  • メモリアルローン
  • 空き家対策支援ローン
  • 医療ローン
  • シニア応援ローン

という風ですね。他にもさまざまな目的別ローンがありますが、これらに、この記事で論じている普通のキャッシング(ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>)を含めて「全部」を多目的ローンと呼ぶのです。

そして、「千葉銀行のおまとめローン・借り換えローンについて、間違ったインターネット上の口コミ・評判」といのは何かというと、「千葉銀行で多重債務の一本化や乗り換え・借り換えをする時には、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>ではなく、多目的ローンを使う」というものです。上に書いた通り「多目的ローンという個別の商品が、千葉銀行の中にある訳ではない」ので、これは間違いです。

おまとめ・借り換えでは、クイックパワーを使う

では、千葉銀行で借金の一本化をしたり、乗り換え・借り換えをする時にはどのキャッシング商品を利用するのかというと、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>です。つまり、この記事で紹介している、通常のキャッシングですね。なので、おまとめローンや借り換えローンとして使いたいからといって、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>ではない、他の目的別ローンを選択するという必要はなのです。消費者金融だとおまとめ専用のコース・プランで借りる必要がありますが、千葉銀行ではそのような必要はないということですね。

クイックパワーの資金使途を見てもわかる

上のような「多重債務の一本化や乗り換え・借り換えなら、多目的ローンで」というインターネット上の評判・体験談が間違った情報である」ということは、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の公式ページで「利用用途・資金使途・使い道」を見ればわかります。一例として、千葉銀行は下のような資金使途を挙げています。

  • 複数ローンのまとめ返済
  • レジャー・スポーツ
  • ファッション・アクセサリー
  • 趣味・生活資金・その他
  • 引っ越し資金
  • 長期入院・手術費用
  • ロードバイク・自転車
  • 美術品・骨董品
  • インテリア
  • パソコン・家電
  • 各種免許
  • ピアノ・楽器

などなど。かなり具体的な資金使途まで書かれていますが、一番上の「複数ローンのまとめ返済」というのを見てもわかる通り、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>が公式に、おまとめ・借り換えに使えるということを、アナウンスしているということですね。なので、千葉銀行で借り換えローン・乗り換えローンに申し込みたい、あるいは借り入れの一本化をしたいということであれば、普通の最短即日融資の時と同様に、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>で申し込めばいい…ということです。

(通常のキャッシング審査と違って、やはりおまとめ・借り換えとなると審査が厳しくなるので、最短即日融資は厳しいかも知れませんが、とりあえず利用するコース・プランとしては、これで正しいというわけです。)


以上、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の最短即日融資・勤務先への在籍確認の電話・おまとめローン・乗り換え・借り換え・専業主婦のキャッシング…などの多様なポイントについて、インターネット上の口コミ・評判の内容と絡めながら解説をしてきました。

これからお金を借りようとしている方で、特に地方銀行のキャッシングを検討している方や、千葉銀行の口座をすでに持っている方、あるいは首都圏に住んでいる方、低金利なキャッシングを探している方など、参考にしていただけたら幸いです。

ちばぎんカードローン申込み窓口

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP