最短即日融資・審査基準などのまとめ

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行カードローン
  • 借入診断
  • 即日審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 専業主婦

じぶん銀行カードローンが人気の理由

auユーザーが低金利で借入可能!

じぶん銀行カードローンは、auユーザーにとって特におすすめのキャッシング。Au限定割によって、金利が通常よりも最大で0.5%安くなります。また、おまとめローン・借り換えローンとしても利用できるので、借金の一本化にもおすすめです。

※安定した収入がある方

じぶん銀行カードローンの特徴まとめ

じぶんローンは、最短即日融資も可能

じぶん銀行カードローンは、最短即日借入も可能となっています。まず、最短即日借入のためのステップ・手順をまとめると、下のようになります。

  1. ネット申込み
  2. 審査結果の連絡が来る(メールか電話)
  3. 倹約(必要書類をメール・写メで提出)
  4. 借り入れ(自分の口座に振り込まれる)

…という流れです。基本的にどの銀行カードローンでもあるいは消費者金融でもこういう流れになりますが、じぶん銀行カードローンの場合、特筆すべきことは「じぶん銀行の口座がなくても最短即日借入できる」ということでしょう。

銀行カードローンの最短即日融資は「口座が必須」という条件が多いが…

キャッシングの知識がある人なら常識として知っているでしょうが、銀行カードローンの最短即日キャッシングのルールとしてその銀行の口座を持っていることという条件は多いです。大手の銀行カードローンではたとえばイオン銀行カードローンBIGなどがこれに当たります。

このように「口座が必須」という条件だと、当然最短即日借入は難しくなります。口座が最短当日開設できるならまだいいですが、それでも朝一で支店に行かないと間に合わない…ということが多いでしょう。

(銀行カードローンは大体午前中には、最短即日融資のための申し込みが必要…と言われていますから)

ということで、「その銀行の口座が必須」という条件だと、銀行カードローンでの最短即日キャッシングは非常にしにくくなるわけですね。しかし、その点じぶん銀行カードローン(じぶんローン)だったら、口座を持っていない人でも、最短即日借入ができるので、同じ「最短即日融資可能」と書かれている大手の銀行カードローンの中でも、じぶんローンは有利(条件的に借りやすい)ということです。

(この「借りやすい」というのは、当然「審査が甘い」とか「審査がゆるい」というニュアンスではないので、この点は注意してください)

じぶん銀行カードローンの審査の所要時間は?

じぶん銀行カードローンのキャッシング審査では、どのくらいの時間・日数がかかるのか―。まず、最短即日キャッシング可能と言っている時点で「日数」については「最速1日」というのはわかるでしょう。問題は時間です。

結論を書くとじぶん銀行カードローンの審査の所要時間は、特に決まっていないというのが実情です。これはじぶん銀行カードローンだけが「ハッキリしない」のではなく、銀行カードローンはほとんどそうです。

モビット・アコム・アイフル・ノーローンなどの大手の消費者金融の場合「最短30分・最短20分」というように審査の所要時間の目安がハッキリ書かれているのですが、大手の銀行カードローンでこのように書いているのは―。

  • 三菱東京UFJ銀行・バンクイック…最短30分
  • 三井住友銀行カードローン…最短30分
  • ソニー銀行カードローン…最短60分
  • 新生銀行カードローン レイク…最短30分

という4つの銀行カードローンくらいなんですね。あとは「14時までの申し込みで、原則最短即日回答」というような時間設定はありますが、これも「締切時間」がわかるだけであって、「審査の所要時間」まではわかりません。

なので、じぶん銀行カードローンに限定された話ではなく、銀行カードローンの審査の所要時間というのは、基本的に「はっきりしない」ものなですね。そのため、じぶん銀行カードローンについても、最短でどのくらいの時間で審査できるのか―、ということは不明なのですが、とりあえず「午前中に申し込む」「数時間はかかると見積もる」と考えておいた方がいいでしょう。大抵の大手の銀行カードローンはこのくらいの時間設定になっている…と思って下さい。

じぶん銀行カードローンの審査の申込方法

じぶん銀行カードローンのキャッシング審査にはどう申し込めばいいのか―。これはカンタンで「ネット申込み」となっています。じぶん銀行は三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行などの都市銀行のように「実店舗」を持っていないので、すべてネット審査のみとなるのです。

(ネット審査以外の方法も完全にゼロというわけではありませんが、ほとんどの人はネット審査を利用しますし、ネット審査が一番カンタンで早く借りられます)

じぶん銀行カードローンのネット完結の審査は、申し込みの窓口が3通りあります。

  1. auユーザー
  2. じぶん銀行の口座がある
  3. じぶん銀行の口座がない(auユーザーでもない)

という3通りです。このうち、一番借りやすく低金利になるのは「auユーザー」です。「じぶん銀行の口座を持っていない」という人は、申込みフォームに書き込む審査情報が多少多くなりますが、それでも最短即日キャッシング自体は問題なくできるようになっています。

パソコンだけでなく、スマートフォンなどのモバイル端末もOK

今の時代、当たり前のことではありますが、じぶん銀行カードローンのWEB完結の審査申込みは、パソコンはもちろん、タブレット・スマートフォンなどのモバイル端末からでも利用できるようになっています。そのため、自宅でパソコンにしっかり向き合って審査申込みしなくても、出先のカフェなどで、スマートフォンをいじって審査申込みして、そのまま最短即日借入…ということも可能なわけです。

もちろん、あくまで「手軽に申し込みができる」というだけであって、審査基準自体がゆるかったり甘かったりするわけではありません。スマートフォンなどを使って申し込みやすくなっているとは言っても、信用度が低い人は結局審査落ちするという現実はあります。もちろん、普通の生活を送っている方であれば大抵借入可能なので、過剰に心配する必要はありません。何にせよ、携帯電話やスマートフォンを使って出先からでも審査申込みできるので、急ぎでお金を借りたい人にとってもじぶん銀行カードローンは申し込みやすい借入先、ということです。

じぶん銀行カードローンは土曜日・日曜日の借り入れ可能?

じぶん銀行カードローンは土日キャッシングも可能となっています。「土曜日・日曜日・祝日でも最短即日審査・最短当日借入可能」と明記されているわけではありませんが、下のような内容が、じぶん銀行カードローンの公式サイトに明記されています。

  • 最短で、申し込み日の最短当日に審査回答可能
  • そのまま振り込みでの融資が可能
  • 「土曜日・日曜日・祝日でも可能」とは書かれていないが「平日のみ」「土曜日・日曜日・祝日は不可」などは書かれていない

ということです。この3つの内容を統合すると、「どすでも最短即日キャッシングは可能」と考えていいでしょう。ただ、あくまで推測なので、どうしても土曜日・日曜日・祝日に最短即日キャッシングが必要という方であれば、念のためにじぶん銀行カードローンに確認してから申し込む…というのがいいかと思います。

また、土曜日・日曜日・祝日に最短即日借入ができたとしても、自分の口座が必要になるというのは、ほぼ間違いありません。というのは、「ローンカードの到着までは、1週間程度かかる」からです。ローンカードが手元にないということは、ATMでの借り入れはできないということ。

ATM借入ができない以上、土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入の方法は「振込キャッシング」ということになります。しかし、知っての通り土曜日・日曜日・祝日は銀行が営業していないので、「他の銀行の口座に対する振り込み」というのは、翌営業日まで反映されない…というシステムになっているのです。

そう考えると、土曜日・日曜日・祝日にじぶん銀行カードローンの審査に通って、じぶん銀行カードローンの側で最短即日振込みの手続きをしてくれたとしても「自分の口座を持っていなければ、その最短即日融資を受けることができない」というわけですね。

なので、じぶん銀行カードローンはおそらく土日キャッシングは可能ですし、土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査も可能ですが、「自分の口座を持っている人に限定される」という点は理解して下さい。

じぶん銀行カードローンは大口利用・借入先の変更も可能!

じぶん銀行カードローンは、返済計画再編を支援する融資・借り換えローンとして利用することも可能。他の銀行カードローンは「大口利用専用のコース・プラン」のようなものは用意していませんが、じぶん銀行カードローンは「借り換えコース」も用意しています。

じぶん銀行カードローンで返済計画の再編をするメリットですが、これはやはり下限金利が安いので、返済計画の再編で低金利になりやすいという点が挙げられます。じぶん銀行カードローンの下限金利は「2.4%」ですが、これは大手の銀行カードローンの中でもかなり安い下限金利です。

他の銀行カードローンとの下限金利の比較はまたのちほど詳しく書きますが、下限金利が低金利ということは「高額借り入れの時に低利息になる」ということなんですね。そして、返済計画の再編をする時というのは、当然数百万円~1000万円レベルの高額の借入残高があるわけですから、じぶん銀行カードローンのように「下限金利が安い」銀行カードローン・消費者金融で借りる…というのがいいわけです。

また、返済計画の再編の時だけではなく、単純に1つの借り入れを他の銀行カードローンからじぶん銀行カードローンに移す…という「乗り換えローン・借り換えローン」でも、もちろんOKです。この場合、少額借り入れの時は、じぶん銀行カードローンよりほかの一般的な銀行カードローンの方が低金利、という点は意識してください。

(少額キャッシングの時は「上限金利」かそれに近い金利が適用されるのですが、じぶん銀行カードローンの上限金利は消費者金融並みに高いのです)

ということで、仮に借入先の変更ローンとしてじぶん銀行カードローンを使う時は、あくまで「キャッシング総額が大きい時」に限定して考えて下さい。

じぶん銀行カードローンの金利(実質年率)

金利(実質年率)について書くと、じぶん銀行カードローンは「2.4%~17.5%」となっています。この実質年率(金利)について、下限金利・上限金利にわけて高いのか低いのか、特徴を書くと下のようになります。

  • 下限金利…非常に安い(低金利)
  • 上限金利…銀行カードローンとしては高め

という風です。まず上限金利の方から書いていきましょう。

じぶん銀行カードローンの上限金利

じぶん銀行カードローンの上限金利は上に書いた通り「17.5%」です。一般的な銀行カードローンの上限金利が「14.5%~14.6%」ということを考えると、これは少々高い金利…と言わざるを得ません。

実際、消費者金融であるプロミスの上限金利は「17.8%」なんですね。じぶん銀行カードローンの上限金利は、プロミスに近いわけです。

(プロミス以外の消費者金融は「18.0%」なので、他の消費者金融ともそれほど変わりません)

もちろん、これはじぶん銀行カードローンの上限金利だけが高いというわけではなく、他にもこうした銀行カードローンはいくつかあります。一覧にすると下の通りです。

(上限金利とセットで一覧にします)

    オリックス銀行カードローン 17.8%(実質年率) 新生銀行カードローン レイク 18.0%(実質年率) ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 18.0%(実質年率)

    …という風ですね。他にも地方銀行のカードローンなどを含めれば多数ありますが、意外とこうした上限金利が消費者金融並みに高い銀行カードローンは多いのです。もちろん、これらの銀行カードローンは「高金利」というわけではなく、あくまで「上限金利が高い」というだけです。高額借り入れの時に適用される「下限金利」の方は、大手の銀行カードローンの中でも特に低金利になっているんですね。

    (新生銀行カードローン レイクの場合、下限金利は普通ですが無利息サービスが、他のどの銀行カードローン・消費者金融よりも充実しています)

    というように、上であげた銀行カードローンが金利が高いというわけではないし、じぶん銀行カードローンも同じですが、とりあえず上限金利だけみると「消費者金融とほぼ大差ない」ということは、知っておいて下さい。

    じぶん銀行カードローンの下限金利

    じぶん銀行カードローンの金利が安くなるのは「下限金利」です。こちらは「2.4%」ですが、この下限金利の安さは大手の銀行カードローンの中でも特筆すべきレベルになっています。

    これはキャッシングの金利比較の常識ですが、下限金利を比べる時は「最高借入限度額」に注目します。お金を借りる時の金利というのは、高額を借りれば借りるほど低金利になっていくというルールがあるので、「最高で借入可能な金額が高い」ということは、それだけ「金利が下がりやすい」ということ。なので「最高融資枠と下限金利は、合わせて比較する」必要があるわけですね。

    で、じぶん銀行カードローンの最高借入枠がいくらかというと「800万円」です。そのため「最高800万円まで借入可能」な銀行カードローンで、下限金利を比較してみましょう。

      じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 2.4%(実質年率) 三井住友銀行カードローン 4.0%(実質年率) イオン銀行カードローンBIG 3.8%(実質年率) オリックス銀行カードローン 1.7%(実質年率) ソニー銀行カードローン 2.5%(実質年率)

      …という風になります。見ての通りじぶん銀行カードローンは、最高限度額800万円のグループでは、下限金利が一番安いということですね。上限金利こそやや高いものの、下限金利ではこのように、三井住友銀行カードローンなどのメガバンクも押しのけて、1位になっているということです。

      このように下限金利が低金利ということは、先にも書いた通り「高額キャッシングで有利」ということ。具体的には400万円を超えるあたりから、他の銀行カードローンよりも金利が割安になっていくでしょう(400万円というのは、800万円の半分ということで、単純計算ですが)

      何はともあれ、上限金利は多少高めなものの、下限金利はこのように「大手の銀行カードローンの中でもトップレベルで低金利」な銀行カードローンとなっています。金利面に着目する方は、特に高額融資の時に、じぶん銀行カードローンを活用するといいでしょう。

      (もちろん、そのような高額の借り入れは、できるだけ早く完済した方がいいですが。

      じぶん銀行カードローンの審査の在籍確認

      勤務先への在籍確認の電話は、じぶん銀行カードローンの審査でも当然あります。当然と書いたのは、大手の銀行カードローン・消費者金融のキャッシング審査では職場への在籍確認の電話をかける…というのが、半ば常識になっているからです。

      なので、別にじぶん銀行カードローンだけが審査が厳しいというわけではなく、どの借入先でも同様に在籍確認をしているのですが、口コミ・評判によれば「在籍確認はごくまれになしになることもある」ということです(じぶん銀行カードローンというより、キャッシングの世界全体で)。

      具体的には、下のような条件を満たしていることが必要です。満たしていれば必ず職場への電話連絡なしになるということではなく、あくまで下のような条件だと「なしになったという体験談もある」というだけです。

      (その点はくれぐれも注意して読んでください)

      • 全体的にクレジットスコアが高い
      • これまでの借入・返済の履歴も良好
      • 在籍確認ができない事情がある(土曜日・日曜日・祝日・夜間など)

      というものです。つまり信用できる人で、在籍確認をできない事情があるという場合は、キャッシング業者や銀行カードローンの判断によって「職場への電話連絡なしになるケースも、ごくまれにある」ということなんですね。繰り返しますが「ごくまれ」であって、基本的にはあまり期待しない方がいいでしょう。

      特に、じぶん銀行カードローンではそのように「職場への電話連絡なしでお金を借りることができた」という体験談・評判はあまり聞かれません。そのため、じぶん銀行カードローンの審査では基本的に職場への在籍確認が必須…と考えておくべきです。どうしても在籍確認がいやだという人は、一部の消費者金融(特に中小業者)で、在籍確認の代替手段がある…という評判・口コミもあるので、そうした消費者金融で申し込んでみるのも一つの手かも知れません。

      在籍確認の代替手段とは?

      あくまで口コミ・評判によればという話ですが、在籍確認の代替手段では「給与明細書」「職場の保険証」などの書類を提出するようです。特に職場の保険証が重要で、社会保険証・組合保険証などがこれに該当します。

      こうした「勤務先の保険証」というのは、実際にそこで働いている人だけが発行されるものです。そのため、社会保険証・組合保険証を持っていること自体が、在籍確認になるということなんですね。実際にその職場で働いているからこそ、その保険証が発行されるわけですから。

      …という在籍確認の代替措置がある消費者金融も、特に中小の消費者金融の一部であるようですが、基本的に大手の消費者金融・銀行カードローンではこれはないと思ってください。大手でもあるという評判・口コミはありますが、公式にアナウンスされているわけではないですし、あくまで参考程度にした方がいいかと思います。

      じぶん銀行カードローンのau限定割

      じぶん銀行カードローンにはau限定割というサービスがあります。もともとじぶん銀行は三菱東京UFJ銀行・KDDIなどが合同で設立した銀行なので、auユーザーに対するサービスがある…ということですね。で、au限定割の内容をまとめると、下のようになります。

      • 通常のじぶん銀行カードローンの金利は「2.4%~17.5%」
      • au限定割だと「2.3%~17.4%」

      …という風に「0.1%」低金利になっています。また、借り換えコースのau限定割の場合「1.9%~12.5%」という、圧倒的な低金利になります。

      この「1.9%」という金利は、大手の銀行カードローンでは横浜銀行カードローンの下限金利「1.9%」と並ぶ低金利です。そして、横浜銀行カードローンは「最大限度額1000万円」でこの下限金利なので、「最高限度額800万円」のじぶん銀行カードローンの借り換えコースは、横浜銀行カードローンよりも低金利…ということになります。

      (つまり、大手の銀行カードローンの中でトップレベルの低金利…ということになるでしょう)

      このように金利面で非常に有利なので、大口利用・借入先の変更をする人でも、それ以外の普通のユーザーの方でも、auユーザーの方々が銀行カードローンでキャッシングする時には、ぜひじぶん銀行カードローンをおすすめしたいと思います。

      じぶん銀行カードローンの最短即日融資のクチコミ

      キャッシングを利用する人は、基本的に最短即日融資でお金を借りたい…と思っているでしょう。「明日でもいい」とか「1週間後でいい」という方はあまりいません。(クレジットカードだったら、発行まで2週間や3週間かかっても平気…という方が多いでしょうが、やはりキャッシング・カードローンは、消費者金融でも銀行カードローンでも、最短即日融資を求めるのが基本です)

      ということで、じぶん銀行カードローン「じぶんローン」でお金を借りたいと思って審査の申し込みをする方も、やはり最短即日融資を受けたい・したいと思っているはずです。実際、インターネット上の口コミ・評判を見ても「じぶん銀行カードローンなら、今日中にお金を借りることはできるか」とか「今すぐお金が必要だけど、じぶん銀行カードローンでキャッシングをすることはできるか」というような内容の質問と、それに対して回答する口コミ・評判・体験談が多く見られます。

      こうしたことからも、じぶん銀行カードローン「じぶんローン」での最短当日審査・最短即日キャッシングについての情報を整理する・評判・体験談をまとめるというのは、かなり価値があることだと思いますので、ここではそうした内容を記載していきます。

      じぶん銀行カードローン「じぶんローン」の審査の所要時間

      まず、最短即日融資に関する情報で気になるのは、審査の所要時間はどのくらいかということでしょう。実際、急ぎでお金を借りたい人は「今日中」というより「今すぐ」キャッシングが必要なことが多く、1時間2時間が運命の分かれ目…ということもあります。

      パート・アルバイト・フリーターの方々や会社員・OL・公務員の方々など、普通の人だったらそこまで急ぐことはないかも知れませんが、手形の不渡りを回避したい個人事業主・自営業や法人経営者・会社代表者の方々などは、本当に1時間・2時間を争う場面がありますからね。そのような状況・シチュエーションでお金が必要である、キャッシングが必要である…という方々の場合は、やはり審査の所要時間というのは、必要な条件に気になるものなのです。じぶん銀行カードローンで最短即日融資をするにしても、その他の銀行カードローン・消費者金融で最短当日借入をするにしても…ということですね。

      そうした背景から、やはりじぶん銀行カードローンの口コミ・評判が集約・集結しているWEBサイトでも「じぶん銀行のキャッシング審査でかかる時間はどのくらいなのか」というような疑問や質問の書き込みが多数あります。Yahoo!知恵袋などでもたまに見られるようです。

      そして、それに対する回答としては、とりあえずじぶん銀行カードローンの審査の所要時間は、最短即日ということだけがわかっていて、大体数時間と言われるということです。あくまで「そう、インターネット上の口コミ・評判では言われている」というだけであって、じぶん銀行カードローン「じぶんローン」が公式にアナウンスをしたわけではありませんし、実際の所は申し込んでみないとわかりません。

      ただ、とりあえず「最短即日」と審査の所要時間が書かれている(見方によっては書かれていない)銀行カードローン・消費者金融の場合は「大体数時間かかることが多い(最短でも)」という風になっています。それがほぼキャッシング・カードローンの世界の定石・常識になっているので、これからじぶん銀行カードローン「じぶんローン」でお金を借りようとする人は、大体数時間かかる…という風に考えて下さい。

      じぶん銀行カードローンは土曜日・日曜日でも借入可能

      じぶん銀行カードローン「じぶんローン」でもその他の消費者金融・銀行カードローンでもそうですが、日曜日・土曜日・週末・祝日の最短即日融資ができるかどうかというのは、多くの人にとって大きな関心事です。土曜日・日曜日はたとえばパーティーに出る、友達の結婚式に出るなど、多くのお金が必要な用事が発生しますからね。そのような時でも、じぶん銀行カードローンだったら問題なく土日キャッシングができるので、安心です。

      じぶん銀行カードローン「じぶんローン」で土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングをしようとする場合は、基本的にじぶん銀行の口座を持っている必要があります。わかりやすく書くと、インターネット上の口コミ・評判でも指摘・記述されている通り平日はじぶん銀行の口座なしでも最短当日借入ができるじぶん銀行カードローンではあるものの、土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資については口座が必要になるということです。

      この「土曜日・日曜日・祝日だけ口座が必要になる」というのは、大手の銀行カードローンでは割とよく見られる条件です。たとえば楽天銀行スーパーローン(カードローン)もそうですし、オリックス銀行カードローンも同じ条件になっています。また、ソニー銀行カードローンもそうです。

      (※オリックス銀行カードローンは、カード発行後、最短即日融資可能)

      「なぜ、平日の最短即日融資は口座なしで可能なのに、土曜日・日曜日や週末・休日だけ必須になるのか、必要になるのか…という疑問を持つ方もいるでしょう。インターネット上の口コミ・評判が多数書かれているサイトでも、やはりそのような疑問点・クエスチョンが寄せられています。ここでは、その理由(土曜日・日曜日・祝日・週末・休日だけ口座が必要になる理由)を説明していきます。

      土曜日・日曜日・祝日・週末・休日は振込キャッシングができない

      これは通常の銀行振込でも同じなので、パート・アルバイト・フリーターにしても会社員・OL・公務員にしても、社会人の方なら誰でもわかるでしょう。20代の若者でも、キャッシュカードはすでに使っているはずなので、大体わかるでしょう。

      銀行振込というのは、平日の15時までしかできないんですね。週末・休日(土曜日・日曜日・祝日)なども一応できますが、反映されるのは翌営業日になります。つまり、月曜日になります。

      となると、土曜日・日曜日にたとえばじぶん銀行カードローンの審査に通過して、じぶん銀行が最短即日振込の手続きをしてくれたとしても、その利用者・ユーザー・消費者の銀行口座が三菱東京UFJ銀行や楽天銀行…という場合には「翌営業日まで、その振込キャッシングが反映されるのを待たないといけない」という風になるわけですね。

      なので、通常であればそもそも「土曜日・日曜日・祝日・週末・休日の振込キャッシング自体できない」わけです。最短即日融資が不可能ということですね。しかし、じぶん銀行はほぼネット専業銀行に近いので、じぶん銀行の口座同士であれば、土曜日・日曜日でも夜間でも深夜でも関係なく、いつでも振り込めるということです。ネット専業銀行ということは、わかりやすく書くと極端な話「銀行振込=データの移動」のようなものですからね。お金の数字というデータを移動させる…というのに近い感覚です(実際にはもっと複雑なシステムがあり、とてもデータの移動などという簡単なものではないのですが、わかりやすく言うとそういうことです)。

      なので、じぶん銀行カードローン「じぶんローン」でも、銀行口座を持っている人(じぶん銀行の口座を保有している人)であれば、日曜日・土曜日・週末・祝日の最短即日融資にも対応してくれる…ということですね。インターネット上の評判・体験談でもガイダンスされていることではありますが、ソニー銀行カードローン、あるいは楽天銀行スーパーローン(カードローン)、もしくはオリックス銀行カードローンなども、同様の理由によって「平日はそれぞれの銀行口座なしでも最短即日融資ができるけど、土曜日・日曜日や週末・休日だと、口座が必要になる」という設定になっているのです。少々複雑ですが、理解していただけたらと思います。

      じぶん銀行に自動契約機・ローン契約機はないのか?

      カードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人であれば、上の段落の内容を読んで、このような感じたでしょう。(あるいは、じぶん銀行カードローンの口コミ・評判でも、同様の指摘がされています)土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入の時は、ローン契約機・ローン申込機でカード発行をして、それでATMから借りればいいのでは?ということですね。これだったら「銀行振込を経由したキャッシング」ではないので、銀行の営業時間など一切関係ない…という発想です。

      実際、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」はテレビ窓口というローン契約機・無人契約機・自動契約機でローンカードの発行が出来るので、そのような方法で、日曜日・土曜日・週末・祝日の最短即日融資が可能となっています。また、同じメガバンクである三井住友銀行カードローンにしても同様で、SMBCローン契約機という自動契約機を使って、やはりローンカードの発行からのATM借入…という流れ・コンボ技でキャッシングをすることができます。

      新生銀行カードローン レイクも同じ…というように、知識人・有識者がよく指摘するように、3つの銀行カードローンが「ローンカードの発行をして、最短当日借入」という方法で、借りられるようになっているのです。これと同じことが、じぶん銀行カードローン「じぶんローン」はできないのか、ということですね。

      結論を書くと、じぶん銀行カードローンは、新生銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行のような自動契約機・ローン契約機を保有していないので、ローンカードの発行をして最短即日融資をするという方法は使えない…というのが現状です。あくまでこの記事の執筆時点の話なので、今後じぶん銀行カードローン「じぶんローン」が自動契約機・ローン申込機などを設置し、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などと同様の方法で土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入ができるようになる、週末・休日(土曜日・日曜日・祝日)でも最短当日審査ができるようになる…という可能せはあります。

      ただ、現時点ではまだ、多くのインターネット上の評判・体験談でも紹介されているように、じぶん銀行の口座を持っていない人は、平日だったら最短当日キャッシング出来るものの、土曜日・日曜日は最短当日借入ができない…ということですね。逆に言えば、じぶん銀行の口座さえあれば、曜日に関係なく最短当日キャッシングができる、最短即日融資が可能…というシステム・体制になっているということなのです。

      じぶん銀行カードローンの大口利用・借入先の変更の評判・体験談

      続きましては、じぶん銀行カードローンでの返済計画の再編や、乗り換えローン・借り換えローンの利用についてのインターネット上の口コミ・評判をまとめていきましょう。じぶん銀行カードローンでは、いわゆる大口利用専用のコース・プランはありませんが、通常のキャッシングカードローンを、そのまま返済計画の再編にも借入先の変更にも利用できるというシステム・体制になっています。これはほとんどの銀行カードローンで共通して言えることです。

      みずほ銀行カードローン・三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」・横浜銀行カードローン…などなど。地方銀行からメガバンク・都市銀行まで、金融機関が提供する銀行カードローンは、大体そのように普通のキャッシング・通常のカードローンを、そのまま返済計画の再編に使って返済計画再編を支援する融資にしたり、借入先の変更ローンにしたりする…というような転用タイプになっています。

      (転用タイプという専門用語があるわけではありませんが、イメージとして書きました)

      ということで、たとえば新生銀行カードローン レイクの借換プラン・完済応援プランのように「大口利用専用のコース・プラン」(返済計画再編を支援する融資)があるわけではなくても、じぶん銀行カードローン「じぶんローン」では返済計画の再編も出来るし、借入先の変更も出来るようになっているので、この点は安心して下さい。

      auユーザーだったら、借り換えローンがある

      上のように書いたものの、実はじぶん銀行カードローンはauユーザーであれば、借入先の変更専用のコース・プランが適用出来るようになっています。「借り換えコース」というもので、通常のじぶん銀行カードローンの金利が「2.4%~17.5%」なのに対して、借り換えコースは「1.7%~12.5%」というように、極めて低金利になっています。特に上限金利(高い方の金利)については、17.5%から12.5%と、5.0%も低金利になっているというのがわかるでしょう。間違いなく、返済計画の再編や借入先の変更をする時には、じぶん銀行カードローン「じぶんローン」では、この「借り換えコース」を利用するのが一番の選択肢…ということですね。

      ただ、これはau限定割なので「あくまで、auユーザーのみ」となります。やはり申込者のすべてにこのような低金利を提供出来るわけではありません。(と言っても、他の銀行カードローンがそもそも返済計画再編を支援する融資自体提供していない、ということと比較すると、十分に充実した・配慮されたサービスということができます)

      何はともあれ、auユーザーでありさえすれば、じぶん銀行カードローンでは、このような超低金利によって、借入先の変更ローンを利用できるし、返済計画再編を支援する融資も利用して返済計画の再編が出来る…ということです。現時点で多重債務者・借入超過者である方々にとっては、インターネット上の評判・体験談に基づくこのような情報は、非常に役立つものでしょう。

      アルバイト・フリーターの借り入れについての評判・口コミ

      この段落では、パート・アルバイト・フリーターがじぶん銀行カードローン「じぶんローン」でキャッシングすることができるか。借入可能だとしたら、その時の年収・月収や勤続年数などの審査条件はどのようになっているか、最短即日融資も可能なのか…、という内容をまとめていきます。

      結論を書くと、カードローンのネット上の評判・体験談では当然のごとく書かれているように、じぶん銀行カードローン「じぶんローン」では、アルバイトの方々、パートの女性の方々、あるいはフリーターの男性など、非正規雇用の人々・大衆でも借り入れ(借金)ができるという仕組み・体制になっています。この点は、じぶん銀行カードローン「じぶんローン」に限定された話ではなく、大手の銀行カードローン・消費者金融であればどこでも同じことなので、キャッシング・カードローンの情報をチェックしていると、もうまるでコピペでもしたかのように、何度も見聞きする情報となるでしょう。

      以前は、オリックス銀行カードローンはパート・アルバイト・フリーターではキャッシングができなかった…というようなインターネット上の口コミ・評判がよく見られます。これが事実かはわかりませんが(昔のオリックス銀行カードローンがそういう審査基準だったのかはわかりませんが)、少なくとも現時点のオリックス銀行カードローンはアルバイトでもキャッシングができますし、パート・フリーターの方々でも問題なく借入可能となっています。(あくまで申込資格的には)

      というように、たまにインターネット上の評判・体験談で「この銀行カードローンは、パート・アルバイト・フリーターではキャッシングができない」と言うように書かれていたとしても、それは大概・大抵・ほぼ古い情報であって、最新のカードローンについての知見・見識・知識ではない…ということですね。今の大手の銀行カードローン・消費者金融のキャッシングブランドは、すべて非正規雇用(アルバイト・パート・フリーター)でも借入資格としては、完全にクリアしているので、これらの職業・属性の方々でも、じぶん銀行カードローン「じぶんローン」の借入資格・申込資格は、問題なく満たしている…という風に考えて下さい。

      (あくまで申込資格を満たしているということであり、審査に通るかどうかというのは、完全に別の話になります)

      じぶん銀行カードローンでお金を借りるには、月収がいくら必要?

      パートの女性などのキャッシングでも、同様の質問がインターネット上の評判・体験談に混ざって、多数アップされたり投稿されたりしているわけですが、じぶん銀行カードローン「じぶんローン」でパート・アルバイト・フリーターの人がキャッシングをする時にも、年収・月収が大体いくらくらいあればいいのか…ということが気にかかる人は多いでしょう。特に急ぎでお金が必要な時には、このような情報・評判・体験談を参考にして、自分が借入可能かどうかの目安を大体つけたいでしょうからね。

      結論を書くと月収8万円ほどあれば、パート・アルバイト・フリーターの方々も、じぶん銀行カードローンでキャッシング・借り入れを出来る可能性が、ある程度上がるという風に言えます。インターネット上の評判・体験談を見ていると、かなりのレアケース・例外的なシチュエーションとして「その他の審査条件が相当いい人の場合は、月収6万円程度でも審査に通った」という体験談がありますが、その人は例外中の例外かも知れません。また、その口コミ・評判がただの噂に過ぎなかったり、あるいは嘘・デマ・間違いということもあります。

      何はともあれ、ある程度信ぴょう性が高い口コミ・評判から考えると、やはり非正規雇用の方々(アルバイト・パート・フリーターの人々)がじぶん銀行カードローンでキャッシングの審査を通過するためには、大体月収8万円程度は必要になる…という風に考えて下さい。大体の目安ではありますが、一定の参考にはなるかと思います。


      以上、じぶん銀行カードローンの審査に関するインターネット上の口コミ・評判を見ながら、勤務先への在籍確認の電話はあるのかないのか、最短即日融資の条件は…というような、多様なトピックス・観点からまとめてきました。じぶん銀行カードローン「じぶんローン」でお金を借りようとしている方も、その他のキャッシング先(たとえば静岡銀行カードローン「セレカ」、新生銀行カードローン レイクなど)を検討している方々も、参考にしていただけたら幸いです。

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP