審査は甘い?無利息期間を利用しよう!

新生銀行カードローンレイク

新生銀行カードローンレイク
  • 借入診断
  • 即日審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 専業主婦

新生銀行カードローンレイクが人気の理由

「無利息」重視なら新生銀行カードローンレイク

新生銀行カードローンレイクの無利息期間は評価NO1の充実度!「初回30日間無利息」か「5万円分180日間無利息」のどちらかを選択できます。即日融資にも対応しているので、利息を押さえながらすぐに利用したい方にはおすすめです!

レイクの選べる2つの無利息ローン申込み窓口

※安定した収入がある方

新生銀行カードローンレイクの特徴まとめ

5万円まで180日間無利息!少額の借り入れで一番のおすすめ

5万円までの少額の借り入れだったら、すべての銀行カードローン・消費者金融の中で、新生銀行カードローン「レイク」がおすすめ。
「5万円まで180日間無利息」という、他の業者・銀行にはまったくないサービスを提供しています。

また、もっと大きな金額でも「初回30日間無利息」で借りることができ、金額が大きい場合にもおすすめ。
「無利息期間」のサービスについては、金融業界の中でもナンバーワンの業者です。

特にこの30日間無利息と180日間無利息を両方組み合わせたら、長期間、もっとも低金利で借りられるでしょう。
純粋に金利だけを見たら、他の銀行カードローンでもっと安いところはあります。

しかし、こうした無利息期間も適用した「実際に払う金利」で比較したら、低金利のナンバーワンは新生銀行カードローン「レイク」…という可能性も高いです。

(ただし、借り入れが1ヶ月~8ヶ月程度の場合ですが)

銀行カードローンだけど、消費者金融並のスピード融資

新生銀行カードローン「レイク」は、名前通り完全に銀行カードローンです。
ただ、「ほのぼのレイク」だった消費者金融の時代のサービスが生きており、銀行カードローンでも、消費者金融のようにスピーディーな審査と融資をしてくれます。

「金利まで消費者金融レベルだったら意味ない」という方もいるでしょう。
確かにその通りですが、キャッシング歴で「消費者金融からの借り入れ」とあるよりは「銀行カードローンからの借り入れ」となっている方が、信用度は高いです。

実際に郵便物が自宅に届く時なども、「新生銀行」という名前だったら、銀行のサービスだろうと思い、家族も何も思いません。
そういう家族バレのリスクが低いという点でも、「名前だけでも銀行カードローン」というのは、意味があるのです。

新生銀行の口座がなくても最短即日審査&最短即日融資可能

新生銀行カードローン「レイク」は、新生銀行の口座がなくても最短即日キャッシングOK。
銀行カードローンは「そこの口座がないと最短即日融資不可能」というところも多いですが、レイクではそういう心配はないわけです。

もちろん、新生銀行の口座がある方が最短当日振り込みをしてもらえる時間が長いです。
つまり最短当日中に借りやすくなるので、その点では新生銀行の口座がある方が有利。
しかし、審査自体には影響しません。

レイクの最短即日融資は、何時まで受け付けているか?

新生銀行カードローン「レイク」の最短即日融資は、振り込みの場合、大体14時まで受け付けています。
この時間までに「振込依頼」をすれば、その日中に振り込まれるということです。
(どの銀行の口座でも)

そして、審査から始める場合は、この時間より前に審査が終わっている必要があります。
念のため「13時半」には審査が終わっている、という風にした方がいいでしょう。

レイクの審査は早いですが、長ければ数時間かかることも。
そうして逆算すると最低でも午前中、できれば「午前10時くらいには申し込んだ方がいい」ということになります。

これは余裕を持った時間で、実際には午前中であれば、ギリギリで大丈夫なことが多いです。
ただ、「どうしても今日中に借りたい」という場合は、念のために午前10時には審査を申し込んでください。

自動契約機での審査なら、最短当日21時まで受付OK

上に書いたのは「銀行振り込みをしてもらう」場合。
「現金で直接借り入れ」の場合は、平日の21時まで審査を受け付けています。
自動契約機(無人契約機)で審査する方法ですが、21時までに審査を開始すれば間に合います。

これはレイクだけでなく、大手の消費者金融は大体この時間。
アイフル・アコム・モビットなどの自動契約機も、この時間まで審査受付をしています。

なので、レイクだけが長く審査しているわけではありませんが、それでもこの時間まで最短即日審査してくれるのは、非常に便利です。

ただ、注意が必要なのは「第3日曜日だけ、19時まで」ということ。
それ以外は土曜日・日曜日・祝日でも21時までOKですが、一日だけ時間が違うので、気をつけてください。

専業主婦は基本、借り入れ不可能。夫の収入によってはOKの場合も

新生銀行カードローン「レイク」は、無収入の専業主婦の方は基本的に借りられません。

自分の収入がない専業主婦の方の借り入れは、「消費者金融…できない」「銀行カードローン…できる」となっています。
レイクは消費者金融と銀行カードローンの中間なのですが、専業主婦の審査に関しては「消費者金融」の側に立っている、ということです。

ただ、いくつかの体験談では、「旦那の収入によって借りられた」というものもあります。
新生銀行のサービスの利用実績が、たとえば住宅ローンや外貨預金など、その他である場合は、このようなこともあるかも知れません。

(特に夫婦揃って利用している場合など)

こういう例外はありますが、基本的にレイクでは「収入がない専業主婦は、審査に通らない」と考えてください。
(パート収入があればOKです)

学生でも、新生銀行カードローン「レイク」はキャッシングOK

レイクは学生でも借りられます。
銀行カードローンは一部「学生不可」という所がありますが、この点、レイクは学生にやさしいカードローンと言えます。

学生がレイクで借りる条件は「20才以上」「自分の収入がある(アルバイトしている)」ということ。
この二つの条件さえ満たしていれば、学生の借り入れも可能です。

20才以上ということで、未成年はダメです。
つまり、大学生でも18才や19才など10代の方は借りられません。

これは他の銀行カードローンや消費者金融も同じルールなので、10代の方でお金を借りようとしている方は、諦めて他の方法を考えてください。
(日払いのアルバイトなど)

職場への在籍確認は必須。問い合わせは個人名で

新生銀行カードローン「レイク」の審査は、職場への電話連絡(いわゆる在籍確認)が必須です。
消費者金融の場合「会社の保険証」などの書類を提出すれば、電話連絡なしにできるところもあります。

しかし、レイクでそれはできません。
なので「電話連絡なしの業者で借りたい」という方は、レイク以外を当たった方がいいでしょう。

その在籍確認の内容ですが、基本的に個人名での問い合わせです。
レイクとか新生銀行という名前は出ません。
なので、職場バレの心配はしなくてもいいでしょう。

自分が留守の時に電話連絡が来たら、大抵職場バレはしません。
よくある不在時のやり取りで終わるからです。

「諭吉は今、外に出ております」「そうですか。では携帯にかけさせていただきます」のようなやり取りです。
電話連絡をするオペレーターさんはプロなので、この辺の演技はきわめて自然。
職場バレのリスクは極限まで下げてくれます。

自分が電話に出る時の方が、バレやすい

逆に自分がその場にいて、自分が電話に出る方がバレやすいです。
「氏名・生年月日」などを答えるからですね。
普通の電話ではこういうことはないので、これが職場バレの原因になることが多いです。

この場合、何かうまい言い訳を考えておきましょう。
「保険会社からの確認だった」とか、そういう自然な言い訳をできれば、会社の方にバレて気まずい思いをする、ということもありません。

銀行カードローンの中では、特に家族バレしにくい

レイクは、銀行カードローンの中では特に家族に内緒で借りやすいです。
というのは「ローンカード・契約書類」を、無人契約機で受け取れるため。

ほとんどの銀行は、無人契約機(ローン契約機)を持っていません。
三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行が持っているくらいで、あとはほとんどないのが現状です。
(みずほ銀行すらありません)

なので、ローンカードや書類を受け取るには「郵送しかない」んですね。
普段の郵便物はなくても「契約直後」のみ、どうしても郵送が必要なのです。

この点、レイクは違います。
消費者金融時代から設置されている無人契約機があちこちにあるので、そこでカード発行も、書類の受け取りもできます。

なので、契約直後の郵便物もなしにできるんですね。
カードローン会社からの郵便物は、家族にバレる原因の一番大きなもの。
しかし、それがないという点で、レイクは特に「家族に内緒で借りやすい」銀行カードローンと言えるでしょう。

レイクの審査は厳しいのか、甘いのか

レイクの審査は「厳しい」という体験談もあれば「甘いのではないか?」という口コミもあります。
結論を言うと「人による」「比べる条件による」と言えるでしょう。

たとえば「専業主婦が借りられるかどうか」。
これについては、一般的な銀行カードローンより、レイクは厳しいです。

銀行カードローンは「専業主婦でも融資可能」というのが普通ですが、レイクはできないわけですから。
逆に「21時まで自動契約機で審査」というのは、どの銀行もできません。

(三菱東京UFJ銀行が20時までできるくらいです)

こういう風に部分的に見れば「審査が厳しい」とも言えるし、「審査がやさしめ」とも言えるのです。

とりあえず客観的な数字として「審査通過率」を比べると、「消費者金融の中では通りにくい」「銀行カードローンの中では通りやすい」と言えます。

コンビニの提携ATMなら、どこでも利用手数料無料で使える

新生銀行カードローン「レイク」のメリットの一つに「コンビニの提携ATMが使いやすい」ということがあります。
全国のコンビニの提携ATMで、利用手数料無料で使えるからです。

これはとても大きなメリットです。
手数料がかからなければ、コンビニで思い出した時に「ちょっと繰り上げ返済しよう」と思えるため。

こうしてコツコツ返済していくと、完済は驚くほど早くなるもの。
「一気にドカン」と完済する方もいるでしょうが、大抵はコツコツ返済している方が、早く完済できるのです。

しかし、返済のたびに手数料がかかったら、そうやってコツコツ返済するモチベーションが下がります。
(モチベーションが下がるだけではなく、実際に失う手数料も大きいです)

なので、このようにコンビニの提携ATMが手数料なしで使えるというのは、とても重要なことなのです。

(なお、当然ながら新生銀行のATMも手数料無料で使えます。ただ、新生銀行の店舗は地方では少ないので、あまり関係ないという方もいるかも知れません)

女性の場合、レディースレイクがおすすめ

レディースレイクは、レイクの「女性専用版」です。
いわゆるレディースローン(女性向けローン)というものですね。

結論を言うと、金利や限度額はまったく普通のカードローンと変わりません。
ただ、オペレーターさんが必ず女性で、在籍確認の電話なども必ず女性からかかってくるというのが魅力。

また、申込みフォームについても女性専用ということで、使いやすくなっています。
たとえば「性別」の選択が不要ですし、「主婦」「パート」など女性特有の職業も、選択しやすいようになっています。

申し込む時の心理的抵抗も少ないので、ノンストレスで借り入れをしたいという女性におすすめです。

レイクは、おまとめローンにはおすすめできない

レイクのデメリットも紹介すると、まず「おまとめローンには向いていない」ということがあります。

おまとめローンに向いている条件は「借入限度額が大きい」「金利が安い」ということですが、レイクは後者で引っかかります。

「借入限度額」については、銀行カードローンなので総量規制の対象外。
つまり、普通の消費者金融より断然多く借りられます。

この点ではおまとめローンに向いているのですが、レイクは「金利が高い」というのが難点。
レイクの金利は「4.5%~18%」ですが、これは完全に消費者金融の基準で、銀行カードローンと比べると高いです。

銀行カードローンの金利は、大体「4.5%~14.5%」。
他の銀行カードローンも最高限度額はレイクと同じかもっと多いです。
なので、借金の一本化に使いたい場合、レイクではなく他の銀行のおまとめローンを申し込んだ方がいいでしょう。

新生銀行カードローン レイクの最短即日融資の口コミ・評判

ここまでも新生銀行カードローン レイクの最短即日融資については解説してきましたが、ここでは、それが、インターネット上の口コミ・評判ではどのように言われているかという観点・視点にフォーカスして、解説を展開していきます。急ぎでお金を借りたい人、今すぐお金が必要な人…という条件では特に役立つキャッシング・カードローンの情報になるかと思いますので、最短当日キャッシングを希望する人などは、ぜひ参考にしてみて下さい。

大手の銀行カードローンで一番最短即日融資で有利という口コミ

最短即日融資に関して、新生銀行カードローン レイクから言及されたサイトやインターネット上の評判・体験談を見ていると、やはり大手の銀行カードローンの中で、一番最短即日融資をしたい人にとって、借りやすいキャッシングということが書かれています。この借りやすいというのは、当サイト・イマゼニでは繰り返し記載していますが「審査が甘い・ゆるい」ということでは完全にないですし、真逆なので、その点は注意してください。

要は、システム・体制として、最短即日融資がしやすいルール・サービスが整備されている、整っている、提供されている…ということですね。新生銀行カードローン レイクの企業努力のたまもので、急ぎでお金を借りたい人にとって非常に便利である、最短即日融資のシステムが充実している…ということです。

これについては、インターネット上の口コミ・評判を見なくても新生銀行カードローン レイクの商品概要説明書や、公式ページの情報を見るだけでも、そのスペックや概要・データから、わかるかも知れません、。少なくともカードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人であれば「確かに、これは最短即日融資がしやすいはずだ」という風に実感できる・感じられることでしょう。

毎日夜9時(21時)まで最短当日審査出来る

まず、具体的に新生銀行カードローン レイクのキャッシングについての口コミ・評判で、どのような点が「最短即日融資に関して優れている」という風に記述・言及されているのか。これが見出しの通り「平日・土曜日・日曜日・祝日であろうと、毎日夜9時まで最短即日審査をしている」という点にあります。

これもカードローンの知識がある人であればかなり以前に獲得した知識でしょうが、21時(夜9時)まで最短即日融資、正確には最短当日審査に対応しているというのは、モビット・アイフル・ノーローンなどの消費者金融と同じ時間設定なんですね。「消費者金融と同じ」というと「審査がゆるい・甘い」という風に勘違いしてしまう方もいるかも知れませんが、まったくそれとは違います。

「低金利な銀行カードローンでありながら、銀行キャッシング・金融機関よりも高金利な消費者金融と同様に、最短即日融資の体制が充実している・優れている」ということなんですね。先にも書いた通り、新生銀行カードローン レイクが顧客サービスに力を入れた結果、実現した最短即日融資のシステム・体制・サービスなのです。

ということで、最短当日審査の受付時間が長いからといって、消費者金融に近いから、同じだからといって、決して「審査が甘い・ゆるい」ということじゃないのですが、何はともあれ、新生銀行カードローン レイクはこのように土曜日・日曜日・祝日・週末・休日だろうと、あるいは平日であっても、夜9時(21時)という夜間の遅い時間帯まで最短当日審査をしている、最短即日融資が可能になっている・ポッシブルになっている…ということです。

日曜日・土曜日・週末・祝日の最短即日融資も可能

上の段落にも記載した通り、新生銀行カードローン レイクの最短即日融資は土曜日・日曜日でも可能だし、週末・休日でも出来る…という風になっています。ゴールデンウィークであろうと、お盆でもできるということです。(年末年始は、四日間ほど定休日になりますが、その他の土曜日・日曜日・祝日・週末・休日は、すべて最短即日融資に対応しています)

このような理由から、日曜日・土曜日・週末・祝日の最短即日融資ができる銀行カードローン・消費者金融を探しているという方々の口コミ・評判や質問でも、新生銀行カードローン レイクはかなり好評であり、高い人気のキャッシング先という状態が維持されています。もともとレイク自体が有名なキャッシングブランドでしたが、そこに新生銀行というブランドが付加され、さらに人気アイドル・モデルさんなどがイメージキャラクターになったことで、新生銀行カードローン レイクなら最短即日融資がしやすいということも、多くの人に認知されるようになったのでしょう。

何はともあれ、多くのインターネット上の評判・体験談が歓迎して記載しているように、土曜日・日曜日であっても、週末・休日であろうとも、新生銀行カードローン レイクは最短当日借入ができる体制が充実しているので、「土曜日だけど、今すぐお金を借りたい」「日曜日だけど、今すぐキャッシングをしたい!」というような場面になっても、焦らずに最短即日融資できる…と思って一息ついて下さい。

土曜日・日曜日の最短即日融資の注意点・ポイント

「電子レンジで猫を加熱してはいけない」というように、どんなサービスや商品であっても、注意点やポイントというのは、必ずあるものです。なので、新生銀行カードローン レイクで、あるいは可能大手の消費者金融・銀行カードローンで日曜日・土曜日・週末・祝日の最短即日融資をしようと思う時でも、やはり「この点に注意して、最短当日借入をしなければいけない」「この部分・ポイントを外してしまうと、最短即日融資が不可能になる可能性がある」というような鬼門がれっきとして存在しています。ということで、ここではそのような地雷を踏むことなく、安全安心の最短即日融資ができるよう、
新生銀行カードローン レイクで、土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入をするための注意点」をまとめていきます。

ローンカードの発行が必要になる

これは新生銀行カードローン レイクを除外した場合でも言えることで、どの消費者金融・銀行カードローンでもやはり同様に必要になることなのですが、土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資では、自動契約機・無人契約機・ローン契約機などでローンカードの発行をして、ATMから現金で直接借りるというアクション・やり方・流れ・借り入れ方法が必要になる…ということが多いです。

この理由は、やはりインターネット上の口コミ・評判でも多くの人が書き込んでいる通り「土曜日・日曜日だと、銀行振込によってキャッシングをすることが難しい」ということです。難しいというより、ネット専業銀行など、一部のシチュエーションを除外すれば、基本的に土曜日・日曜日・祝日・週末・休日の最短即日振込はできない…という風になっています。

これは日常生活でも多くの人が体験していることのはずなので、キャッシングのインターネット上の評判・体験談をわざわざチェック・閲覧・点検しなくてもわかることでしょう。「平日でも15時以降は、銀行振込ができない」「土曜日・日曜日は、全日できない」というようなルール・システムですね。「面倒だから改善してくれ」という銀行に対するインターネット上の評判・体験談も、何十年も前からありますが、誰だって土曜日・日曜日や休日・週末は休みたいので、これは無理な相談です。

何にせよ、どのように銀行が閉まっていて、銀行振込による最短当日キャッシングができない以上、最短即日融資をするにはローンカードの発行が必要になるということです、銀行振込で借りられないなら、ATMから借りるしかありませんからね。そして、そのATMを動作させるには、操作するには、何らかのカードが必要になるのです。

銀行預金の引出だったら、知っての通りキャッシュカードを使います。これがキャッシング・消費者金融になるとローンカードになる・早変わりする…ということですね。そのように「ATMを動かして、そこから借り入れ・借金をするためのローンカードを発行する」というアクションが、新生銀行カードローン レイクの土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入でも必要になることが多い…というわけです。(絶対に必要になるとは限りません。こういう「絶対ではない」というのは、キャッシングの審査のルール(システム)では、新生銀行カードローン レイクでもその他の借入先であっても、常に言えることであり、常時書かなければならない注意点であり、ポイントなのですが)

ローンカードの発行をできる時間が最長という評判・体験談

ここまで書いてきた通り、土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資をするためには、プロミス・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融と同様に、新生銀行カードローン レイクでも「ローンカードの発行」が必要になる場面が多いです。そして、その作業、ローンカードの発行をする場所は無人契約機・ローン契約機・ローン申込機などと呼ばれるのですが、新生銀行カードローン レイクの場合は、このローン契約機の営業時間が最長となっています。

平日と土曜日であれば、新生銀行カードローン レイクの自動契約機は毎日24時まで稼働しています。信じられないかも知れませんが、夜の12時という深夜まで、ローン申込機(消費者金融でいうなら無人契約機・自動契約機・契約ルーム)が動いているのです。インターネット上の評判・体験談でもこの点について驚嘆のコメントが寄せられていますが、アコム・プロミスでも22時(夜10時)までという時間設定になっているんですね。

本来、このような最短即日融資に関するポイントというのは、新生銀行カードローン レイクのような銀行のキャッシングよりも、プロミス・アコム・モビット・アイフル・ノーローンなどの大手の消費者金融の方が、遥かに有利になっているのです。それが売りであり、消費者金融のメリット・長所・利点ですからね。「多少、銀行カードローンよりも高金利だけど、その分最短即日融資がしやすい」というのが、消費者金融の存在価値であり、アイデンティティなのです。

しかし、それにも関わらず、銀行のキャッシングである新生銀行カードローン レイクの方が、ローンカードの発行を最短当日中にできる締切時間・受付時間が長い設定になっているというのは、かなり驚異的な顧客サービスであり、企業努力である…という風にいえます。インターネット上の評判・体験談でも、カードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人は総じて、諸手を挙げて、このように新生銀行カードローン レイクのシステム・体制の事実を賞賛しています。

審査結果が出てから自宅を出ても間に合うというクチコミ

このように、平日や土曜日であれば24時まで、ローン申込機・自動契約機でローンカードの発行ができる―。これが何を意味するか、最短即日融資においてどのようなメリットがあるのか・存在しているのかということは、カードローンの知識がある人であればすぐに察知できるでしょう。すなわち自宅から新生銀行カードローン レイクの自動契約機が離れている、遠距離である…という人でも、最短当日審査の結果が出てから自宅を出て、余裕でローンカードの発行が間に合うということですね。

新生銀行カードローン レイクは、毎日夜9時(21時)まで最短即日審査をしています。これは土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資についての記述でも書いた通りです。

そして、この最短当日審査が終わった後も、まだ3時間余裕があるわけです。これだったら、どれだけその申込者の自宅・住居から、新生銀行カードローン レイクの無人契約機・自動契約機が隔離されていたとしても、時間内にほぼ確実にたどり着けますよね。過疎地と呼ばれるような僻地・山間部・田舎・郊外に住んでいたとしても、自動車に乗って2時間もあれば、街中の新生銀行カードローン レイクのローン契約機・ローン申込機に到着するはずです。そこで晴れ晴れした気持ちで新生銀行カードローン レイクのローンカードの発行をして、そのまま最短即日融資を受けることができる…ということです。

実際、そのように「ギリギリで審査の申し込みをして、通過した後、ゆっくり自宅を出て最短即日融資に間に合った」というインターネット上の口コミ・評判は、新生銀行カードローン レイクでお金を借りた方の声として、一定数、ネット上に散見されます。こうした実情・事実を見ても、新生銀行カードローン レイクの「24時までローンカードの発行が出来る」(ただし、土曜日と平日)というのは、今すぐお金を借りたい利用者の方々にとって、非常に便利なシステム・体制ということが出来るでしょう。

日曜日・祝日の時間設定は、やや変わるという体験談

ただ、新生銀行カードローン レイクについて、大衆・日本国民が言及したインターネット上の口コミ・評判を見ていると、この「24時まで」という自動契約機・ローン契約機の締切時間は、日曜日、あるいは祝日になると変化・変遷するようです。祝日や日曜日だと、22時までになるということです。そして、第3日曜日は19時までになります。このように土曜日や平日よりも少々時短が起きるということですね。サマータイムのようなものです。

特に第3日曜日の夜7時までというのは、大幅に短くなっているので、この点は注意が必要です。「急ぎでお金を借りたい人、新生銀行カードローン レイクで最短即日融資をしたい人は、このあたりに警戒しましょう」という内容の評判・体験談が、キャッシング・カードローン・消費者金融の情報サイトでも、しばしば書かれています。

その他の、普通の日曜日・祝日の「22時まで」という時間設定については、それほど恐怖心を持つ必要もないでしょう。大手の消費者金融で、ローンカードの発行ができる締切時間が一番長いアコム・プロミスでも、毎日22時(ただし、店舗や状況・条件で変化あり)という内容であり、時間設定とされていますから、新生銀行カードローン レイクは時短になってようやく、このプロミス・アコムと並ぶわけです。以下に最短当日中・その日中のローンカードの発行に関して、新生銀行カードローン レイクが群を抜いているかということがわかるでしょう。

最短即日融資のしやすさは、ローンカードの発行がで可能な時間の枠だけで決まるわけではありません。これはインターネット上の評判・体験談でもよく指摘されている通り、キャッシングの審査の世界ではほぼ常識というべきことです。しかし、「ローンカードの発行ができる時間のデッドライン」が長ければ長いほど、最短即日融資・最短当日キャッシングについては、利用者は有利になる・借りやすくなるわけすから、この点で新生銀行カードローン レイクは非常にすぐれた金融機関という評価ができます。

新生銀行カードローン レイクの勤務先への在籍確認の電話についての評判・口コミ

最短即日融資の次は、新生銀行カードローン レイクの「職場への電話連絡」についてのインターネット上の口コミ・評判について、まとめていきましょう。特に初めてキャッシングをする人の場合は「勤務先に電話が行く」となると、職場バレや勤務先バレが怖くなり、思わず尻込みしてしまうでしょう。

そのためか、新生銀行カードローン レイクの評判・体験談が集まるWEBサイト・ホームページでも、やはり多くの人が「新生銀行カードローン レイクの審査では在籍確認の電話がありますか」とか「職場への電話連絡なしにする方法はありませんか?」というような質問をされています。ここでは、実際に新生銀行カードローン レイクの審査に申し込んだ(と本人が書かれている)方々の評判・体験談をもとにして・ベースにして、新生銀行カードローン レイクのキャッシング審査での、会社への在籍確認の電話について書いていきます。

基本的に在籍確認の電話は必須

これは、カードローンの知識がある人であればもう「この回答になるだろうな」と最初から予測していただろう内容ですが、見出しの通り新生銀行カードローン レイクでは、誰が申し込む場合でも、キャッシング審査での会社への在籍確認の電話は必須という風になっています。世の中の何にでも例外というのは、あるので、ごくごく稀に何らかの例外的な事情やシチュエーション、あるいは条件によって「職場への電話連絡なしでも、新生銀行カードローン レイクでお金を借りることができた」というような評判・体験談を書かれている方もいるかも知れません。

しかし、基本的にそれは例外中の例外であって、例えて言うなら「飛行機事故で、二週間墜落した飛行機の下に埋もれていても、生きていた人がいる」というような実例だと思ってください。(この事件は本当に起きたものです)

このような奇跡に比べれば「新生銀行カードローン レイクで、何らかの状況・条件によって、明らかに公正な理由によって、職場への電話連絡なしで借りることができた」という人も確かにいるでしょう。しかし、繰り返し書きますが、上の飛行機事故のような「例外中の例外」というのは、どんな分野・ジャンルにも存在するものなので、「新生銀行カードローン レイクで、在籍確認の電話が省略される」というのも、基本的にはそのようなことだと思って下さい。(つまり、ほとんどの人は普通に会社への在籍確認の電話をかけてもらって、新生銀行カードローン レイクの審査を通過するということです。)

新生銀行カードローン レイクには在籍確認の代替手段があるという評判・体験談

新生銀行カードローン レイクの借入審査について関連するインターネット上の口コミ・評判を見ていると、見出しの通り「新生銀行カードローン レイクの審査は、確かに勤務先への在籍確認の電話が必須だが、在籍確認の代替措置もある」というような内容・コメントが見られます。しかし、結論を述べるとそれは間違いです。新生銀行カードローン レイクのキャッシングの審査については、在籍確認の代替措置というものは、あるいは在籍確認の回避の方法というものは、少なくとも公式には用意されていません。これはどの消費者金融・銀行カードローンでも基本的に同じなので、この点は重々理解して下さい。

状況・シチュエーションによって省略されるというクチコミ

ただ、このような、見出しの通りの口コミ・評判もあります。すなわち在籍確認の代替手段というものがあるわけではないけど、金融庁が認めるくらい信用度・クレジットスコアが高い人だと新生銀行カードローン レイクが判断したら、状況・シチュエーションによっては、在籍確認の電話が省略されることもあるという内容の評判・体験談です。同じことは、新生銀行カードローン レイクに限定されず、アコム・アイフル・モビット・ノーローンなどの大手の消費者金融でも指摘されますし、イオン銀行カードローンBIG・楽天銀行スーパーローン(カードローン)などの銀行キャッシングでも、たまに言われています。

信用度・クレジットスコアが高い人とは?

キャッシングのインターネット上の口コミ・評判をたくさん閲覧し、たくさん収集していると、この「クレジットスコア・信用度が高い人」という単語や表現がよく出てくる、頻出するので「具体的に、どういう条件を満たした人・クリアした人がクレジットスコア・信用度が高い人というのだろう」という疑問を持っているユーザーの方々もいるかも知れません。これは総合的に決まるものなので、一概にこういう人ということはいえません。(いい野球選手とは、どういう選手だろう、というようなものですね。強いて言うなら走攻守という程度で、一言で言えるものではありません)

さて、そのように「一言で定義出来る訳ではない」という前提で書くと、新生銀行カードローン レイクの審査でも、あるいはその他の金融機関の借入審査でも、クレジットスコア(信用度)というのは、大体下のような内容によって決まります。

  • 借入状況
  • 自宅情報
  • 勤務先情報

この3つですね。新生銀行カードローン レイクの審査にこれから申し込もうと思っている方でも、インターネット上の評判・体験談をチェックするのと同様に、これらの知識は非常になるので、それぞれどのようにキャッシングの審査に影響するのか、それを説明していきましょう。

借入状況と審査通過に関する口コミ・評判

他社借入状況がキャッシングの審査の結果いかんに関わる…というのは、誰でもすぐに想像がつくことだと思います。なので、インターネット上の評判・体験談でも真っ先に「他社借入状況で、キャッシングの審査に通るかどうかが決まります」というような内容が書かれています。

それは当然、新生銀行カードローン レイクでも同様ですが、具体的にどのようなキャッシング状況だと審査落ちになって、どのような借入状況だと審査に通ることができるのか…ということはなかなか知るのが難しいでしょう。

結論を書くと、他社でのキャッシング総額については、年収の3分の1にすでに達している人は、新生銀行カードローン レイクでも審査に通らないという風に考えて下さい。これは、ある程度キャッシング・カードローンの世界・分野・ジャンルを知っている方ならすぐわかるでしょうが、貸金業法の総量規制が基準・ボーダーラインになっています。

もちろん、新生銀行カードローン レイクは銀行キャッシングなので、消費者金融を管理する貸金業法の影響は、本来受けません。いわゆる総量規制の対象外というものですね。

なので、必ずしも年収の3分の1以上はキャッシング不可と決まっているわけではありません。インターネット上の評判・体験談でも多くの人が記載しているように、「新生銀行カードローン レイクなら、年収の3分の1以上借りることも可能」となっています。しかし、実際には年収の3分の1以上という高額をキャッシングすることは、誰にとっても危険ですから、新生銀行カードローン レイクのような総量規制の対象外の借入先であっても、やはり借りられないことがほとんどです。

何しろ、年収の3分の1の金額を借り入れ・借金するということは、それを全額返済するために、利息抜きでも4ヶ月タダ働きをする…ということですからね。こうして考える人、総量規制のルールで年収の3分の1というボーダーラインが決まった理由・設定された理由もわかるでしょうし、これを一括返済するのが、全額返済を達成するのがいかに難しいか…ということもわかるでしょう。

他社借入件数についての評判・体験談

これは新生銀行カードローン レイクの口コミ・評判に限った話ではないのですが、他社でのキャッシング件数については、インターネット上の口コミ・評判でよく「すでに3件借りている人は、追加の借り入れができない」という情報が流布されています。見たことがある方も多いでしょう。

これは法的に決まっているわけではないのですが、消費者金融が定めた自主規制で「3件規制・3件ルール」と呼ばれるものです。なので、都市伝説とかただの噂・口コミ・評判ということではなく、実際にあるんですね。

他社借入件数がすでに3件以上の人は借入不可ということで、つまり4件目のキャッシングはできないということです。この「キャッシング件数」の中に、新生銀行カードローン レイクのような銀行キャッシングを入れるのか、クレジットカードのショッピングをカウントするのか…というのは難しいとこなのですが、少なくとも消費者金融ですでに3件借りている人は、銀行カードローンでも消費者金融でも、あるいはクレジットカードでも、ほとんどの借入審査に通らなくなるという風に考えて下さい。実際、一般常識で考えても消費者金融で3件借りているというのは、かなり収支のバランスが崩れた状態ですからね。それだけ借りているというのみだったらいいのですが、そこから追加のキャッシングをしようというのは、明らかに金銭感覚・経済環境が乱れている証拠です。なので、そのような人は基本的にキャッシングの審査を通過することができないんですね。

ということで、新生銀行カードローン レイクの場合はどうなるか、インターネット上の評判・体験談を見るだけではわかりませんが、とりあえず現時点で3件以上の他社借入がある人は、新生銀行カードローン レイクの審査を通過することも、かなり厳しいと考えて下さい。

専業主婦のキャッシングについての評判・体験談

この段落では、新生銀行カードローン レイクで専業主婦がキャッシングをすることができるか…という内容に関するインターネット上の評判・体験談を整理していきます。「大手の銀行カードローンだから、専業主婦でも借入可能なのでは?」と思う人もいるかも知れませんし、実際新生銀行カードローン レイクについてのインターネット上の口コミ・評判を見ていても、そのように書いている知識人はいます。

しかし、大手の銀行カードローンではあるものの、新生銀行カードローン レイクは実は無収入の専業主婦はキャッシングできないというルール・体制になっているんですね。大手の銀行カードローンだったら、どこでも専業主婦が借り入れ(借金)をできる…ということではないのです。

新生銀行カードローン レイクでは自分の収入があるのが絶対条件

新生銀行カードローン レイクでお金を借りるためには、基本的に「自分の安定収入がある」ということが、融資条件で必須となっています。なので、自分の収入がない専業主婦では借り入れはまったくできない…ということですね。例外的にできる人もいるかも知れませんが、まずできないと思って下さい。

逆に言えば自分の収入がある人だったら皆借入可能になるわけですから、主婦の女性でもパート・アルバイトをしているのであれば、キャッシング可能となるということです。なので、パートの主婦については、新生銀行カードローン レイクでお金を借りることはまったく問題ありません。

新生銀行カードローン レイクではパートの主婦はいくら必要か

「パートの主婦でも、新生銀行カードローン レイクでキャッシングができる」ということがインターネット上の口コミ・評判によってわかったら、多くの閲覧者・ユーザーが次に知りたがるのは「では、月収で換算したらいくらあれば、いくら稼いでいれば、パートの主婦が新生銀行カードローン レイクでお金を借りることが可能となるのか」ということのようです。実際「新生銀行カードローン レイクでは、月収・年収がいくらあれば、パートの主婦でもお金を借りることができますか?」というような内容・スタンスの質問がいくつか掲載されています。

それに対する回答はまちまちであり、実際に新生銀行カードローン レイクでキャッシングの審査の通過に成功した…という主婦の女性のインターネット上の評判・体験談を見ても、収入はかなりバラつきがあります。

なので、あくまで参考程度の数値ではありますが、ものすごくクレジットヒストリーなどの条件が良い人であれば、月収5万円から、普通の人であれば、月収7万円程度からというのが、一つの基準になっているようです。この「クレジットスコア・信用度が高い人だと有利になる」というのは、先の勤務先への在籍確認の電話について書いた内容ともかぶります。基本的に「信用できる人であれば、職場への電話連絡についても、あるいはパートの月収についても、審査条件は変わる」ということですね。ケースバイケースで審査するということは、新生銀行カードローン レイクでもどこでも良いことです。その申込者にあった、オーダーメイドの審査をしている、ということですからね。

なので、いい意味で一概に「パートの主婦でも、これだけの月収があればいい、新生銀行カードローン レイクで借りられる」という金額をここで提示することはできません。しかし、先にも書いた通り、インターネット上の評判・体験談が集まるWEBサイトでの声・意見を集約した結果、大体ギリギリのギリギリで月収5万円、できれば月収7万円程度必要…という風に考えて下さい。

パートの主婦の場合は、勤続年数が重要

これも、新生銀行カードローン レイクについて大衆が記載したインターネット上の評判・体験談以外でも、他の銀行カードローン・消費者金融について日本国民が書いた口コミ・評判で、同様に見られる内容です。勤続年数が重要なのは、会社員・OL・公務員などの職業・属性でも同じだけど、それがパートの主婦になると、さらに重要性を増すということですね。これがなぜか、どのような理由からそのようになるのかということは、むしろパートの主婦の女性の方々が、一番よく知っているでしょう。

つまり、パート・アルバイト・フリーターなどの職業・属性のお仕事は、極めて不安定ということですね。派遣切りという言葉がありましたが、派遣社員よりもむしろランキングとしては下になるわけですから、パート・アルバイト・フリーターの方々は、無職になりやすいのです。リストラ・退職の対象になりやすいということですね。

しかし、勤続年数が長いのであれば、話は別です。職場・会社からそれだけ重宝されている、重要視されているということなので、そうそう簡単にはクビにならないでしょう。また長く働いているということは、本人にとってもその職場がある程度居心地がいいということで、あるいはやめないような理由があるということで、「今後も働き続ける可能性が高い」と推測できるわけです。

これは新生銀行カードローン レイクにしても、その他の金融機関や消費者金融・銀行カードローン・クレジットカード会社などにしても、信用できる要素になるわけですね。詰まる所、キャッシングの審査というのは「クレジット=信用」の積み重ねですから、このように勤続年数が多いことによって信用が増せば、同じ月収・年収であっても、パートの主婦の女性、あるいはアルバイト・フリーターの男性なども、お金を借りることがしやすくなるわけです。(もちろん、フリーターの女性でも何でも、性別については自由ですが)

学生の新生銀行カードローン レイクでの最短即日融資の口コミ

続いての段落では、新生銀行カードローン レイクで学生が最短即日融資を受けられるか・できるか…という点について言及していきましょう。先に結論から書くと、新生銀行カードローン レイクでは、学生という職業・属性であっても最短即日融資ができる・可能であるというシステム・体制になっています。このことから、学生が「今すぐお金が必要」というような切羽詰まった局面・シチュエーション、あるいは「大至急お金を借りたい」というような緊急の場面に遭遇しても、問題なく難局を打開することができる…ということですね。

もちろん、言うまでもなく学生が「今すぐキャッシングが必要」という局面・シチュエーションに置かれないことが一番いいのですが、若い頃ほど遊びたいさかりですし、金銭感覚や経済環境もまだまだ未熟ですし、しかも稼ぐ力・経済力もないということで、このように「お金が足りない」場面には、よく陥ってしまうものです。

何はともあれ、学生がそのようにお金が必要になった時でも、新生銀行カードローン レイクだったら最短当日キャッシングが可能、最短即日融資ができる…という状態が維持されて、整備されていますので、この点は全く安心していいでしょう。「学生では借入不可」という銀行カードローンも多いのですが、新生銀行カードローン レイクならばそのようなハードルもないということです。

学生の新生銀行カードローン レイクでお金を借りたインターネット上の評判・体験談も、大分あちこちで探すことができるので、興味がある方は、ぜひチェックしてみて下さい。

20才未満・未成年・10代の借り入れの評判・体験談

この内容は大体想像がつくかと思いますが、新生銀行カードローン レイクにおける、20才未満・未成年・10代の若者のキャッシングの評判・体験談…というものはありません。あることはありますが「借りられた」「キャッシングできた」という成功の体験談ではなく、失敗…、つまり「借りられなかった」「そもそも、申込資格・借入資格がなかった」というような「借入不可だった」という体験談・評判です。

これは当然でしょう。一般的な感覚で考えても、20才未満・未成年・10代の学生や若者に対して、キャッシングをするというのは、あまり積極的にすべきことではないというのはわかると思います。そのため、新生銀行カードローン レイクでも、他の大手の銀行カードローン・消費者金融と同様に、このような年代・年齢層(20才未満・未成年・10代)に対しては貸し付け・最短即日融資をしていない…ということです。

18才・19才でもお金を借りる方法

一応、このような未成年・10代・20才未満の年代、18才・19才の若者・学生であっても、キャッシングをする選択肢・方法はあります。大別して2通りです。

  • ろうきんカードローンでお金を借りる
  • クレジットカードのキャッシングを利用する

という2通りですね。ろうきんカードローンは労働金庫が提供するキャッシングなので、働いていることが条件になります。年収150万円以上で、勤続1年以上…という審査条件ですね。なので、大学生や専門学校生では基本的に借入不可で、高卒や中卒で会社員・OL・公務員などとして(パート・アルバイト・フリーターでもいいですが)働いている…という18才・19才の方になります。そうしたケースであれば、年齢がまだ18才・19才であっても、一応ろうきんカードローンという借入先によって、資金調達をする、お金を借りることは可能ということです。

ろうきんカードローンなので、新生銀行カードローン レイクのように最短即日融資…というわけにはいきませんが、インターネット上の評判・体験談でも指摘されている通り、18才・19才でもキャッシングをするルート・選択肢の代表…ということは間違いありません。

クレジットカードのキャッシングでお金を借りる方法

クレジットカードというと、ショッピング・買い物というイメージがあるかも知れませんが、消費者金融・銀行カードローンのように現金で直接借りることもできます。

  • ショッピング枠
  • キャッシング枠

という、それぞれの最高限度額・最大融資枠が設定されていて、その金額の範囲内でお金を借りることができる…ということですね。そして学生でも発行できるクレジットカードは、18才・19才でも作ることができるので、それにキャッシング機能がついてこれば、お金を借りることが可能となっています。ただ、ショッピング枠は設定されても、キャッシング枠については設定されない…ということもあるので、必ずしもこのようなクレジットカードを発行すれば、20才未満・未成年・10代の学生でも借り入れができる…というわけではありません。

この辺はやはりケースバイケースで、同じ18才・19才の学生という職業・属性・年齢条件であっても、たとえば勤務先の安定度、月収・年収、これまでのクレジットヒストリー…というような諸条件によって決まります。18才でも、まずクレジットカードを発行して、そのショッピング枠で1年間遅れずに返済していれば、CIC(シーアイシー)の個人信用情報でいう「$マーク」が毎月連続でついている状態であればそれによって、キャッシング枠も設定してもらえる…ということがありえますからね。

もっとも、やはり大学生向けのクレジットカードでは、キャッシングの最高限度額もほとんどゼロに近いものになります。(会社員・OL・公務員やパート・アルバイト・フリーターなどの大人・社会人と比較してですが)大体5万円~10万円という少額の最高与信枠・貸越極度額になるので、あまり高額借り入れはできない、小口キャッシング専門の借入方法になる…という風に理解して下さい。

(もちろん、これも多くのインターネット上の口コミ・評判で書かれている通り、意見されている通り、学生があまり多額の借り入れ・借金をするのはよくないので、このくらいの少額キャッシングの方が、丁度いいでしょう)

新生銀行カードローン レイクのおまとめローンの口コミ・評判

この段落では、新生銀行カードローン レイクのおまとめローンについてのインターネット上の口コミ・評判をまとめていきます。おまとめローンというのは、言うまでもなく借金の一本化をするためのカードローン商品です。新生銀行カードローン レイクは総量規制の対象外なので、わざわざおまとめ専用のコース・プランを設定しなくても、普通のキャッシングでそのまま借り入れの一本化をすることも可能なのですが、多重債務者・借入超過者の方々が申し込みをしやすいように「借換プラン」(完済応援プラン)という名前のおまとめローンを提供しているわけですね。

以下、この新生銀行カードローン レイクの「借換プラン」について書かれたインターネット上の評判・体験談をもとに、新生銀行カードローン レイクでの多重債務の一本化や借り換え・乗り換えについて書いていきます。多重債務者の方々や借入超過者の人々は、特に参考にしてみてください。

実質年率(金利)は、可もなく不可もなく

多くのインターネット上の評判・体験談で言われているのは、新生銀行カードローン レイクの借換プラン・完済応援プランは実質年率(金利)については、特別高くも低くもないということです。これは、たとえば消費者金融のおまとめローンの実質年率(金利)と比較してみるとわかります。

新生銀行カードローン レイク 13.0%~17.0%(実質年率)
プロミス 6.3%~17.8%(実質年率)
アイフル 12.0%~15.0%(実質年率)
ノーローン 12.0%~18.0%(実質年率)
アコム 7.7%~18.0%(実質年率)

このように比較・一覧出来るわけですが、まず上限金利(高い方の金利)に注目してください。アコム・ノーローン・プロミスよりは低金利ですが、アイフルの15.0%より、新生銀行カードローン レイクの17.0%の方が高金利というのがわかるでしょう。意外かも知れませんが、おまとめローンについては、消費者金融であるアイフルの方が、銀行キャッシングである新生銀行カードローン レイクよりも低金利になっている…ということですね。

ちなみに、アイフルとの比較では、下限金利でもやはり「アイフル…12.0%」「新生銀行カードローン レイク…13.0%」ということで、アイフルの方が低金利になっています。アイフルはおまとめMAX・かりかえMAXというキャッシング商品で、おまとめローン・借り換えローンに力を入れているのですが、金利(実質年率)だけを単純に見れば、新生銀行カードローン レイクよりむしろアイフルの方が低金利…ということが、この比較からもよくわかるでしょう。

(かなり意外だと思いますが、アイフルも含めて、最近の消費者金融というのは、銀行カードローンに迫るくらい低金利になっているのです。もちろん、インターネット上の口コミ・評判でもユーザーが口々に語っている通り、これは良い傾向です。低金利であればあるほど、ユーザーとしてはありがたいですからね)

下限金利でも、消費者金融のおまとめローンの方が低金利

アイフル以外の消費者金融のおまとめローンと比較しても、やはり下限金利は新生銀行カードローン レイクより、消費者金融の方が安い…という風になっています。下限金利だけで、もう一度一覧にして比較してみましょう。

  • レイク…13.0%
  • アコム…7.7%
  • アイフル…12.0%
  • プロミス…6.3%
  • ノーローン…12.0%

見ての通り、なんと「一番高金利なのが、新生銀行カードローン レイク」という風になっています。かなり意外な結果ですが、下限金利では消費者金融のおまとめローンの方がすべて低金利になっているのです。特にプロミスのおまとめローンの下限金利については、新生銀行カードローン レイクの半分以下ということで、相当金利が安いということがわかります。

もちろん、上限金利(高い方の金利)については、新生銀行カードローン レイクがアイフルについで2番目に低金利だったわけです。こうして見ると「少額のおまとめ・借り換え・乗り換えでは、新生銀行カードローン レイクが有利」となります。これもインターネット上の口コミ・評判でよく指摘されています。

逆に、下限金利が高めということは「高額の多重債務の一本化や乗り換えローン・借り換えローン」の場合は、プロミスやアコムなどの消費者金融を使った方がいい…ということになります。(借入総額が大きくなるほど、下限金利に近い適用金利になりますからね。)


以上、勤務先への在籍確認の電話・おまとめローン・専業主婦の借り入れ・学生のキャッシング・最短即日融資…というように、ありとあらゆる観点・ポイントから、新生銀行カードローン レイクについて語られた・言及されたインターネット上の口コミ・評判の内容を整理して紹介してきました。

一言で言うと新生銀行カードローン レイクは、大手の銀行キャッシングの中で、一番最短即日融資で有利なキャッシング先となっています。なので、急ぎでお金を借りたい人、急ぎでお金が必要な人などは、ぜひ新生銀行カードローン レイクでの借り入れも検討してみてください。

レイクの選べる2つの無利息ローン申込み窓口

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP