専業主婦・在籍確認などポイント解説

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
  • 借入診断
  • 即日審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 専業主婦

みずほ銀行カードローンが人気の理由

ガッツリ使うならみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは「エグゼクティブプラン※金利3.0~7.0%」と「コンフォートプラン※金利3.5~14.0%」の金利テーブルの異なる2つのプランが用意されているのが特徴です。どちらも限度額は最大1000万円でガッツリ使っていけるので、人生設計のお供に最適の一枚です!

みずほ銀行カードローン申込み窓口

みずほ銀行カードローンの特徴まとめ

大きい金額を長期間借りたい人に、最適のカードローン

みずほ銀行の一番のメリットは上にも書いた通り「大きい金額を長期間借りるのに最適」ということ。
たとえば「おまとめローン」などですが、そうした用途で一番おすすめのカードローンです。

みずほ銀行の金利はどのくらい安いのか?

銀行カードローンの金利は「4.5%~14.5%」くらいが標準です。
しかし、みずほ銀行はエグゼクティブプランで「3.0%~7.0%」、コンフォートプランで「3.5%~14.0%」と、上限金利・下限金利ともに平均より安くなっています。

エグゼクティブプランは借入額が200万円以上の方(で特に公務員や上場企業会社員などの信用力の高めの方)が対象になっているので、そういった方にはまずお勧めです。しかし、みずほ銀行カードローンのすごいところは一般的なカードローン利用希望者の方が利用するコンフォートプランでも上限金利が「14.0%」と低金利になっているのです。

たとえば「下限金利だけ安い」とか「上限金利だけ安い」というカードローンはよくあります。
しかし、金利は片方だけ安くても、あまり意味がないのです。

特に長期間借り入れする場合、借入金額が「大きい時期」と「小さい時期」の両方があります。
(終盤は当然小さいです)

  • 上限金利…借入残高が小さい時期の金利
  • 下限金利…借入残高が大きい時期の金利

という風ですから、「最初から最後まで安い」を実現するには「上限・下限の両方の金利が安い」カードローンでないといけないんですね。

その点、どちらも銀行カードローンの平均より安いみずほ銀行は、非常に高ポイント。
どちらかだけが安い銀行の方が派手で目立ちますが、このように「しっかり数字を見るとわかる」というのが、みずほ銀行の金利の安さです。

メガバンクらしい、堅実なアピールだと思います。

借入可能金額「最大1000万円」は、銀行系カードローンでも最大

みずほ銀行カードローンの借入限度額は、最大で1000万円。
これは銀行系カードローンの中で、最も大きな金額です。

同じく1000万円まで融資できるのは、横浜銀行・住信SBIネット銀行など。
1000万円を超える銀行カードローンは、基本的にありません。

(ごく一部の利用者に対して、例外的にVIP待遇として認めることはあるかも知れませんが)

このように大きい金額を借りられて、しかも金利が安いので、おまとめローンなどに向いている…ということですね。

即日審査&融資可能!みずほ銀行の口座がなくても大丈夫

みずほ銀行カードローンは即日融資にも対応しています。
みずほ銀行の口座がない方でも大丈夫。

銀行カードローンは、口座がなければ即日キャッシングはできない、という所が多いですが、みずほ銀行は違います。
特に急いでいる方にとって、こういう条件で即日借り入れができないというのは厄介ですが、そういう障害がないみずほ銀行はありがたいですね。

ただ、口座がない以上、即日融資は少し手間がかかります。
まず、口座がない時にみずほ銀行のカードローンで即日借り入れをする方法を説明します。

口座がない場合…みずほ銀行に来店して、口座開設を同時に行う

「口座なしでOK」といっても口座開設は必要です。
要は「急いで口座を作って、カードローンも申し込め」ということですね。

ということで、みずほ銀行の本店・支店に直接行き「来店申し込み」をします。
口座開設の申し込みと、カードローンの申し込みを同時にするんですね。
(そうしたいことを告げれば、後は銀行の人が案内してくれます)

口座開設はそれほど厳しい審査はありません。
大抵すぐに開設できるでしょう。

ただ、カードローンの審査は時間がかかるので、数時間待つことを覚悟する必要があります。

審査に通った場合、窓口から通帳で現金を引き出す

無事に審査に通ったら、新しく作ったみずほ銀行の口座に、カードローンから借り入れします。
これで、あなたの出来たての口座に、お金が振り込まれています。

しかし、これを引き出すキャッシュカードがないんですね。
(ローン用のカードもありません)

どちらのカードも、発行には5日ほどかかるからです。
住所確認のために郵送するので、その場ですぐ受け取ることは不可能です。

ということで、借りた現金を下ろすために、面倒ですが「窓口で直接引き出し」をするのです。

順番待ちをして「今、口座にあるお金を引き出したいです」と言って、簡単な申込書を書き、印鑑を押します。
…と、非常に面倒な方法ですが、みずほ銀行の口座がない人が、みずほ銀行カードローンで即日借り入れしたい場合、こうなります。

みずほ銀行の口座がある人の場合

これは非常に簡単です。
審査に通りさえすれば、あとはその口座に振り込まれるだけです。

みずほ銀行の口座があれば「WEB完結申込」という方法で審査できます。
名前通り「WEBのみで完結する」ということですが、実際には電話は必要です。

来店や郵送が必要ない、という意味の「WEB完結申込」ですね。
電話確認はありますが、自分の携帯にかかってくるのと、職場にかかる在籍確認だけなので、大変なことはありません。

みずほ銀行カードローンは在籍確認必須だけど、職場バレはない

職場への在籍確認は必須となっているので、これをなしにすることはできません。
なので、確実に会社にみずほ銀行から電話がかかってきますが、それが原因で職場バレするということは、あまりありません。

これはみずほ銀行に限った話ではないですが、在籍確認の電話というのは、非常に簡単なのです。
銀行名などは出さず「瑞穂ですが、銀田さんお見えですか?」というように個人名であなたを呼び出そうとするだけです。

そして、あなたがその場にいる必要はありません。
外出していたら「では、また後日かけ直しさせていただきます」といって、それで在籍確認は終わりです。

あなた本人が出なくても「その職場に確かにいる」ということさえわかればいいのです。
これだけであっさり終わるので、在籍確認は、少なくともみずほ銀行では怖がる必要はありません。

みずほ銀行カードローンは、家族バレがもっとも起きないものの一つ

みずほ銀行のカードローンは、家族に内緒で借りるにもおすすめです。
郵便物は届くのですが、みずほ銀行ということで、誰も何とも思わないのです。

これが楽天銀行など、まだ知名度の低い銀行だったら「何で楽天銀行から郵便物が?」と家族も思うかも知れません。
しかしみずほ銀行だったら、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行と並ぶ三大メガバンクなので、郵便物が来ても自然です。

これまで口座を持っていたなら、その案内がいつも通り来るだけに見えます。
口座がなかったなら「大きい銀行だし、便利そうだから作っておいた」と言っても家族も納得するでしょう。

みずほ銀行のローンカードは、キャッシュカードをそのまま使う

さらにみずほ銀行が家族にバレずに借りやすい理由。
それは「ローンカードが、キャッシュカードと一体である」ということ。

「キャッシュカード一体型」というものですが、これでローンカードを作れば、家族バレはまったく起きません。
もしカードを見られても、完全にただのキャッシュカードだからです。

見た目はただのキャッシュカードなのに、ATMに差し込んだからカードローンの機能も選べる、ということですね。
なので、郵便物を開封されても問題ないですし、財布の中を偶然見られても大丈夫。

これが「みずほ銀行カードローンが、家族に内緒で借りやすい」という理由です。

通帳の入出金明細だけ、見られないように注意

みずほ銀行のカードローンは、「みずほ銀行以外の口座」には振り込めません。
つまり、ここで借り入れするたびに必ず、「あなたのみずほ銀行の口座」に、「カードローンからの振り込み」の記録が残ります。

この通帳を家族や夫に見られたら、キャッシングをしているのがバレてしまいます。
通帳を夫や家族に見られるということはめったにないとは思いますが、うっかり開いたままにする…などのことはないようにしましょう。

「カードローン専用型」のカードも発行できるが…

みずほ銀行のローンカードは「キャッシュカード一体型」だけではありません。
キャッシュカードとしては使えない「カードローン専用型」というのもあります。

しかし、はっきり言ってこれは意味がないでしょう。
みずほ銀行の口座はどの道開設するのですから、キャッシュカードは持つ(あるいは持っている)のです。

だったら、2枚別々で持つより、1枚で一緒にしてしまった方がいいでしょう。
財布もスリムになるし、何より人にバレにくいです。

「カードローン専用型」だと、そのカードを旦那さんや家族に見られた時、借金をしていることがバレてしまうので、全くおすすめできません。

自分の収入がない専業主婦でも、配偶者の同意書なしで借りられる

みずほ銀行のカードローンは、無収入の専業主婦でも借りやすいことで人気。
借りやすい理由は「配偶者の同意書(夫の同意書)」がなくても借り入れできる、ということです。

自分の収入がない専業主婦の場合、夫の収入で借りるわけですから、本来夫の同意書が必須です。
しかし、みずほ銀行を含めて、楽天銀行・イオン銀行などの一部の銀行は、この夫の同意書が不要なんですね。

当然、夫の同意書なしで借りられる方が、「夫に相談しなくていい」=「夫バレ(旦那バレ)しにくい」ということで、おすすめです。
夫に内緒で借りられるというだけでなく、実際に用意する時間や手間がかからない、という点でもいいでしょう。

特に急ぎでお金が必要な時は、用意する必要書類は少しでも少ない方がいいです。
そういう点で、無収入の専業主婦がキャッシングするなら、みずほ銀行はイチオシです。

みずほ銀行は学生でも借りられるが、審査はやや厳し目

みずほ銀行カードローンは、学生でも融資可能。
しかし「学生でもOK!」と大々的に明記いはされていないので、審査はやや厳し目になる…と思った方がいいでしょう。

三菱東京UFJ銀行は「親権者の同意」が必須ですし、横浜銀行は「学生不可」です。
このような銀行があることも考えれば、みずほ銀行のカードローンも、学生の審査は少し厳し目になる…と思った方がいいでしょう。

とりあえずの条件として「20才以上」「バイト収入がある」ということが必須です。
これを満たしても絶対通るわけではありませんが、収入がある程度高く、借入残高などもなければ、通る可能性は十分あるでしょう。

(限度額は小さくなると思いますが、コツコツ返済しているうちに徐々に増額されます)

アルバイト・パートでも、みずほ銀行カードローンは融資OK

パート・アルバイト・フリーターの方でも、みずほ銀行カードローンでは問題なく借りられます。
というより、みずほ銀行に限らずどの消費者金融・銀行カードローンでも、これらの属性の人は借りられます。

要は、自分の収入があるということが、キャッシング審査では一番重要なのです。
これらの属性の人は、職業が不安定ではあるものの、収入自体はあります。

なので、現時点の借入残高やこれまでの信用情報(クレジットヒストリー)に問題がない限り、大抵は審査に通るのです。

限度額200万円までは、所得証明書不要で借りられる

みずほ銀行カードローンは、基本、所得証明書不要で借りられます。
所得証明書(収入証明書)が必要になるのは、

・限度額200万円以上を希望する場合
・自営業・会社経営者などの場合

…です。これらのケースでなければ、基本収入証明書は必要ありません。

収入証明書が必要になった場合の書類ですが、みずほ銀行で認められているのは、下の書類です。

  • 会社員…源泉徴収票、給与明細書、課税証明書
  • 自営業…確定申告書、課税証明書

…という風です。いずれも写しでOKです。
原本は要りません。

書類はこれらの種類に指定されているので、他の書類の提出はやめた方がいいでしょう。
というより、会社員の方でも自営業の方でも、これら以外の収入証明書を探す方が、むしろ難しいと思います。

みずほ銀行カードローンのデメリット『ATMの手数料が有料』

みずほ銀行カードローンにもデメリットはあります。
それは「みずほ銀行以外のATMは、すべて手数料が有料」ということ。

楽天銀行や三菱東京UFJ銀行などは、手数料無料で使えるATMが非常に多いので、この点みずほ銀行は不便です。

コンビニのATMもすべて有料ですし、みずほ銀行でも時間外の利用だと有料。

「できるだけみずほ銀行のATMを利用してほしい」ということでしょうが、カードローンの利用者としては、これは不便です。

特に返済に手数料がかかるというのが難点。
手数料がかからなければ、臨時収入があるたびに返済できますが、手数料がかかると、それがしにくいです。

これがみずほ銀行カードローンの数少ないデメリットでしょう。

みずほ銀行カードローンの口コミ・評判を分析

初めてキャッシングをする人も、あるいはすでに銀行カードローン・消費者金融でお金を借りた経験があるという方でも、これから借りようとする金融機関やキャッシング先のインターネット上の口コミ・評判というのは気になるものでしょう。ここではみずほ銀行カードローンのインターネット上の評判・体験談を見ながら、キャッシングの審査に関するありとあらゆる項目で、みずほ銀行カードローンの借入審査がどのようになっているか、クチコミでどのように評価されているか…という点を解説していきます。

専業主婦の借り入れに関する評判・口コミ

銀行カードローンを利用するユーザー・申込者の特徴として、アコム・プロミス・モビットなどの大手の消費者金融と最も違う点は、やはり「自分の収入がない専業主婦からの申し込みが多い」という点です。言うまでもありませんが、アイフル・モビット・ノーローン・アコムなどの大手の消費者金融では、無収入の専業主婦がキャッシングをすることは出来ないからですね。どうしても自分の収入がない専業主婦がお金を借りる先は、総量規制のルールなどで銀行カードローンに流れるので、みずほ銀行にしても三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行などのその他の銀行にしても「消費者金融よりも、専業主婦の借り入れ・借金についてのインターネット上の評判・体験談が多くなる」わけです。

もちろん、これからキャッシングをしようとしている自分の収入がない専業主婦の方々にとって、このようなみずほ銀行カードローンでの専業主婦のキャッシングについて書かれた評判・体験談が多く読める…というのは便利なことでしょう。ここでは、それらの「みずほ銀行カードローンにおける、無収入の専業主婦の借入審査」に関するインターネット上の口コミ・評判から学べること、書かれていることなどをまとめていきます。

無収入の専業主婦でも30万円までキャッシングできる

インターネット上の口コミ・評判だけでなく、みずほ銀行カードローンの公式サイトの商品概要説明書を読んでもわかりますが、みずほ銀行カードローンで専業主婦がお金を借りる時は、最高限度額が30万円までという風に設定されています。これは「専業主婦がキャッシング可能」となっている多くの銀行カードローンで、共通して見られる最高借入枠であり、最大融資枠です。

言うまでもないことですし、インターネット上の評判・体験談でもしっかり注意書きがされていますが、これは「専業主婦の女性がみずほ銀行カードローンの審査を通過したら、誰でも30万円の最高借入枠・最高与信枠を設定してもらえる、それだけ借り入れができる」ということではありません。あくまで「どれだけ高額の最高限度額を設定してもらえたとしても、30万円が限度であり極度額」ということです。つまり、10万円・20万円になる可能性も十分にあるということです。

それでも、この感想もやはりキャッシング・カードローンの情報サイトの口コミ・評判でよく書かれているものですが、そもそも、無収入の専業主婦でもキャッシングが問題なくできる、申込資格・借入資格を満たしているという時点で、十分ありがたいこと…という風に考えるべきでしょう。(専業主婦の女性では借入不可という銀行カードローンも、やはり地方銀行のキャッシングを中心として、かなりありますからね)

配偶者に安定した収入がある…ということが条件

みずほ銀行カードローンの専業主婦の審査基準は「配偶者に安定収入・継続収入がある」ということです。つまり専業主婦の女性だったら誰でもキャッシング可能となるわけではなく、あくまで夫・旦那の収入が安定している…ということが条件というわけですね。そして、これもやはり賢い口コミ・評判や体験談で見られる指摘ですが、夫・旦那の安定収入が必要だからとって、夫・旦那の収入確認資料を提出したり、配偶者の職場に在籍確認の電話をかけられるというようなことはないので安心して下さい。

夫・旦那の年収確認資料を提出する必要はない

キャッシングでお金を借りる前の方々の口コミ・評判(というより書き込み)を見ていると「みずほ銀行カードローンで専業主婦がキャッシングをする時には、夫・旦那の収入確認資料を提出する必要があるのか」という不安点が、多く見られます。専業主婦の借入審査で、このような疑問を持つというのは当然のことでしょう。自分の収入ではなく、夫・旦那の収入によってキャッシングをするということですからね。

なので、こうした不安・疑問がみずほ銀行カードローンに関する口コミ・評判が書かれたサイトで、専業主婦の方々によって書かれている…というのは、極めて妥当なことです。しかし、この点は心配ありません。キャッシング・消費者金融・カードローンの知識がある人の口コミ・評判が、これらの不安・疑問に回答している通り、みずほ銀行カードローンの借入審査で、夫・旦那の所得証明書を見せる必要はないのです。あくまで自分の身分確認資料(運転免許証・パスポート・保険証など)を提出すればいい…というだけなんですね。

ということで、みずほ銀行カードローンで専業主婦がお金を借りる時も、夫・旦那に内緒でキャッシングすることが出来るし、家族バレ・夫バレ・旦那バレをするリスクもほぼゼロに近いので、安心していいということです。

婚姻関係の証明書に関する口コミ・評判

さらにみずほ銀行カードローンでの専業主婦の借入審査について、インターネット上の評判・体験談で書かれていることをまとめていくと、婚姻関係の証明書・結婚証明書の提出に関すること…というものがよくあります。婚姻関係の証明書というのは、たとえば下のような書類です。

  • 婚姻届受理証明書
  • 戸籍抄本
  • 戸籍謄本
  • 住民票抄本
  • 住民票謄本

こう書くとややこしいですが、要は「戸籍抄本・住民票謄本のどちらか」と思っておいて下さい。住民票にも2種類あって、簡易版の住民票抄本、詳細版の住民票謄本があるのですが、住民票抄本だと婚姻関係の証明書としては簡単すぎるので、より詳細な内容が書かれている住民票謄本を出す方がいい…と、カードローンの知識がある人によるインターネット上の評判・体験談では、しばしば書かれています。

また、戸籍謄本だと「詳しいけど、詳し過ぎて家族の戸籍の歴史まで、すべてのみずほ銀行カードローンなどの消費者金融・銀行カードローン側にわかってしまう」ということがあり、少々婚姻関係の証明書として提出するには、デメリット・短所・注意点があります。なので、戸籍の疎明する書類については「戸籍抄本」という簡易版の方を提出する…という風に考えて下さい。(これらのことも、キャッシングについての評判・口コミが集まるカードローンの情報サイトに詳しく書かれているので、借入審査に申し込む前の参考にしていただけたらと思います。)

夫・旦那の職場への在籍確認の電話はある?

キャッシングの借入審査についての疑問点や評判・体験談では、勤務先への在籍確認の電話に関するものが、やはり多く見られます。借り入れ・借金・キャッシングが職場の同僚・勤務先の同僚にバレるのは嫌だというのは、人として当然の心理なので、これは普通のことでしょう。

そして、この疑問点・評判・体験談を総括すると、先にも少し書いた通り専業主婦の借入審査で、夫・旦那の職場に勤務先への在籍確認の電話がかかることはないという結論になります。これはみずほ銀行カードローンの審査だけではありません。どの銀行キャッシングであろうと、消費者金融やクレジットカードであろうと、これは同じです。無収入の専業主婦だからと言って、夫・旦那の収入で借り入れをするからと言って、銀行カードローン・消費者金融が夫・旦那の職場に在籍確認の電話をかけるというようなことはない、というわけですね。

みずほ銀行カードローンは、家族バレするようなことは絶対にしない

見出しにはみずほ銀行カードローンと書きましたが、言うまでもなく、どの消費者金融・銀行カードローンであってもこの鉄則は変わりません。キャッシング・借り入れに関するインターネット上の口コミ・評判を見ていると、、やはり「家族や嫁・妻・夫・旦那に借り入れがバレたくない」「家族に内緒でキャッシングをしたい」という人がほとんどなのです。このようなニーズ・利用者の希望は、当然みずほ銀行カードローンなどの金融機関・銀行カードローン・消費者金融・クレジットカード会社の側も、評判・体験談やクチコミはしっかりチェックしているので、把握しているわけですね。

なので、みずほ銀行カードローンはもちろん、どの銀行カードローン・消費者金融であっても、地方銀行のキャッシングなどであっても、「専業主婦のキャッシングの審査で、夫バレ・旦那バレするようなことは、極力ないようにしてくれる」という風になっています。この辺は、みずほ銀行カードローンについて書かれた評判・体験談でも、その他のキャッシング先について記載された、言及された口コミ・評判でも、やはり同様のことが書かれています。キャッシングの世界では、どの金融機関であっても、どの銀行キャッシングであっても、とにかく家族バレしないよう徹底するというのが基本なので、この点は安心して下さい。

みずほ銀行カードローンの土日借入の口コミ・評判

土曜日・日曜日の最短即日融資について、みずほ銀行カードローンの口コミ・評判は、WEB上ではどのようになっているか―。特に週末・休日や土曜日・日曜日・祝日だけどお金を借りたい…というような方は気になるでしょう。

結論を書くと、非常にシンプルなのですが、みずほ銀行カードローンは、土曜日・日曜日・週末・休日・祝日の最短当日審査には対応していないという風になっています。つまり、「みずほ銀行カードローンで、土曜日・日曜日に最短即日キャッシングをすることはできない」ということです。平日限定というわけですね。

こうして書くと「みずほ銀行カードローンは不便だな」と思う人もいるでしょう。実際、カードローン・消費者金融についての情報サイトでも「みずほ銀行カードローンは土曜日・日曜日に最短即日融資ができないのであまりおすすめ出来ない」というような評判・口コミが書かれている…ということもあります。しかし、このような評判・体験談は間違いである…と言わざるを得ません。

土日・祝日の最短即日借入は出来なくても、メリットが大きい

確かに、上に紹介したようなインターネット上の口コミ・評判に書かれている通り、みずほ銀行カードローンは土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資ができません。しかし、完璧な商品・サービスというのが、どの業界でもないように、このデメリット・短所・注意点だけでみずほ銀行カードローンをおすすめではないとする評判・体験談は、間違っていると言えます。

こうした口コミ・評判が言うとおり「土曜日・日曜日だけど、今日中にお金を借りないといけない」というような緊急のシチュエーションであれば、確かに残念ながら、みずほ銀行カードローンでは役に立たないでしょう。しかし、月曜日にお金が必要で、そのために土日・祝日にキャッシングをして資金調達をしておきたいということであれば、みずほ銀行カードローンで十分間に合うのです。

  • 月曜日の午前中に、みずほ銀行カードローンの審査に申し込む
  • 大体14時頃までに審査結果が出る(クレジットスコア・信用度に問題がない人であれば)
  • それでお金を借りて、現金が必要な用事に間に合わせる

という風です。確かに少々ギリギリな流れにはなりますが、これだったらお金が必要な用事を問題なくクリアすることができるでしょう。このように「土日・祝日・週末・休日急にお金が必要」という状態になっても、それは人によって「月曜日の最短当日借入でも間に合う」ということもあるわけです。そのような場面であったら、先に引用したようなインターネット上の口コミ・評判が言うように「みずほ銀行カードローンは土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資ができないから、借りない方がいい」という言論は成り立たない…ということですね。みずほ銀行カードローンは三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などの他のメガバンクのキャッシングよりも低金利である…などのメリット(長所・利点)が数多くあるので、そうした利点を、一部のインターネット上の評判・体験談が指摘しているような、わずかなデメリット・短所・注意点によって捨て去ってしまう…というのは、あまりにもったいないということです。

みずほ銀行カードローンは、メガバンクで一番低金利

これは、みずほ銀行カードローンに好意的な口コミ・評判では常に指摘されることですが、三大メガバンクが提供する銀行キャッシングの中で、みずほ銀行カードローンは一番低金利なのです。それもギリギリ低金利ということではなく、大幅に低金利となっています。

三大メガバンクというのは、「みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行」のことですが、これらの銀行カードローンの上限金利(100万円以下・未満の借り入れ・借金で適用される金利)を一覧にして比較しましょう。

  • みずほ銀行…14.0%
  • 三井住友銀行…14.5%
  • 三菱東京UFJ銀行…14.6%

このように、みずほ銀行カードローンは、2位の三井住友銀行カードローンに対しても、0.5%という大差を付けて一番低金利になっているということです。あまりキャッシングの知識がない人が書いた評判・体験談だと「上限金利が低金利なだけ」というものがありますが、それは間違っています。「キャッシングの金利で一番重要なのは、上限金利」なのです。

なぜ上限金利が重要なのか

上限金利(高い方の金利)というのは、先に書いた通り「100万円以下の借入総額の時に適用される金利」です。この「100万円以下」というのは、ネット上の評判・口コミなどでそう言われているということではなく、利息制限法などが絡んで決まることなので、ほとんどの銀行カードローンでそのようになると考えて下さい。一応、銀行カードローンの上限金利は、ほとんどが利息制限法の100万円以上の借入総額の時の適用金利である「15.0%」を、最初から下回っています。なので、別に100万円のキャッシング総額を超えたからと言って、金利引き下げをする必要はないのです。

ただ、それでも100万円をボーダーラインとして、ほぼすべての大手の銀行カードローンが、適用金利を下げています。なので、100万円未満のキャッシング総額では、上限金利が適用されると考えていいわけですね。これはみずほ銀行カードローンに限定された話ではなく、どの消費者金融・銀行カードローンでも言えることですし、インターネット上の口コミ・評判でもよく指摘されていることです。

そして、ほとんどの人の借り入れ・借金では、一つの金融機関やクレジットカード会社、消費者金融・銀行カードローンから「100万円以上の最高限度額」をもらうということは、まずできません。複数の借り入れで100万円以上ということはあり得ますが、単独の借入先から、100万円を超える最大融資枠を設定してもらう…というのは、ほぼ不可能に近いのです。

なので、カードローンの知識がある人がたまに書き込んでいる評判・体験談が示唆している通り、みずほ銀行カードローンの審査でも、その他の借入先・キャッシング先の審査であっても、上限金利以外の金利は、下限金利も含めてほとんど無関係ということが言えます。なので、その上限金利で「三大メガバンクの中で一番安い金利」になっているみずほ銀行カードローンは、特に低金利・低利息でお金を借りたいと考える人々にとって、メリットが大きいキャッシング先…ということなのです。

そのため、そうしたみずほ銀行カードローンのメリット(長所・利点)に目をやらないで「土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資が不可能である」という一点だけに着目して「おすすめできない」と否定する評判・体験談・口コミは、少々視野が狭い…ということですね。

パート・アルバイト・フリーターの借入審査に関する口コミ

ここまで、みずほ銀行カードローンのキャッシング審査についてのインターネット上の評判・体験談を、ありとあらゆる角度からまとめてきましたが、さらに追加として、アルバイト・パート・フリーターなどの非正規雇用の方々の申し込みについて、どのような口コミ・評判が書かれているか…ということを紹介していきます。もちろん、ただそれらの評判・体験談をまとめるだけではなく、事実と相違していないか、キャッシング・カードローンの情報として、正しいものであるかどうか…ということも検証・指摘していきます。

自分の収入がある人は、みずほ銀行カードローンは借入可能

これは、ほんの少しでもカードローンの知識がある人だったらよく知っている通り、みずほ銀行カードローンでもどこでも、パート・アルバイト・フリーターのように自分の収入がある人であれば、申し込み資格・借入資格としては、問題なくキャッシング可能という風になっています。実際に審査に通るかどうか、という点は置いておき、審査の申し込みをする資格は、まったく問題なく満たしている…ということですね。

これはある意味当たり前なのです。みずほ銀行カードローンにしても、その他の消費者金融・クレジットカード会社・金融機関・貸金業者・街金業者にしても、とにかく「お金を貸すこと、キャッシングしてもらうことによって、利息収入を得る」というのが仕事なのですから。別に汚くありません。利息収入は不労所得と勘違いしている方が多いですが、まったく違います。

  • 審査
  • 融資手続き
  • その後の管理(引き落としなど)
  • 途上与信(見直し審査)
  • 督促・回収(延滞・滞納があった場合)
  • 法的処理(悪質な遅延・延滞に対して)

というように、キャッシングの利用者と直接関わる仕事だけでも、消費者金融・銀行カードローンにはこれだけの業務があるのです。ましてみずほ銀行カードローンの母体であるみずほ銀行のように「日本を代表する銀行」となると、品格というものも常に問われます。間違っても昔口コミ・評判で大変問題になり、マスコミでも批判された、日栄という事業者金融の「目ン玉売れ、内臓売れ」というような恫喝的な取立て・督促・回収などは、絶対にできないのです。もちろんやるわけがありませんが。

インターネットが現代ほど普及していなかった2000年初頭でも、日栄は日本人から猛烈にバッシングされました。インターネット上の評判・体験談がすぐに拡散される現代であれば、日栄のような悪質な貸金業者は、あっという間に最悪のインターネット上の口コミ・評判が流れ、瞬時に倒産していたことでしょう。

というように、日栄とは対極にあるようなクリーンなみずほ銀行カードローンでも、審査から回収に至るまで、とにかく公明正大にやらなければいけないのです。それだけコストもかかるわけですね。キャッシング・カードローンの利息収入から、そのコストを補填するわけですから、金利(実質年率)による利益が不労所得である…というのは、幻想もいいところなのです。

(同様に、投資家が不労所得で儲けているというのも間違いです。確かに一度成功すれば不労所得の割合が増えますが、ウォーレン・バフェットを見ても分かる通り、彼らは人の何倍も熱心に働き、研究を続けているのです)

というように、少々キャッシング・カードローン・消費者金融についての根本的・本質的なテーマに触れましたが、何はともあれこのような理由から「自分の収入がある人は、アルバイト・パート・フリーターであろうと、会社員・OL・公務員であろうと、できるだけ、その人の返済能力の範囲内で融資をして、ビジネスにつなげたい」というのが、全ての銀行カードローン・消費者金融の本音なのです。クレジットカード会社でもリース会社でも、街金業者でもすべて同じです。(極端な話闇金業者すら同じです。)

なので自分の収入がしっかりあって、給与形態も固定給など安定していて、勤続年数もある程度長いというような人であれば、アルバイト・パート・フリーターでもまったく問題なくキャッシングが出来るということですね。これと逆のことを書いているインターネット上の口コミ・評判(たとえば、みずほ銀行カードローンではパート・アルバイトやフリーターではキャッシングができない、など)は間違いなので、信用しないようにして下さい。

会社員・OL・公務員の審査に関する評判・体験談

パート・アルバイト・フリーターとは対極にある職業・属性として、正社員・契約社員などとして働く会社員・OL・公務員の方々の審査について、みずほ銀行カードローンの場合はどのようなインターネット上の口コミ・評判が流れているか…ということも説明していきましょう。簡単に書くと、大方の予想通り、会社員・OL・公務員だったら問題なく借り入れ(借金)ができる…と、ほとんどの口コミ・評判では書かれています。

これについては、誰も疑問がないでしょう。会社員・OL・公務員がキャッシングを出来ないのであれば、一体誰が借り入れ・借金をできるのかという話ですからね。(上場企業の社長でしかキャッシングができない、何度となりかねません。普通の会社経営者・法人代表者では、むしろ会社員・OL・公務員より遥かに不安定ですから)

ということで、ほとんどのインターネット上の評判・体験談で記載されている通り「会社員・OL・公務員なら、みずほ銀行カードローンの借入審査に大体通る(少なくとも、フリーターやパートの主婦などよりは通る)」というのは、事実でしょう。ここでは、そうしたインターネット上の口コミ・評判をさらに掘り下げて解説していきます。

新入社員でも、みずほ銀行カードローンの審査を通過できるか

会社員・OL・公務員と言ってもピンからキリまでなわけですが、特にキャッシング可能かどうか気になるタイプとして「新入社員」があるでしょう。「今年から働き始めたばかりだけど、みずほ銀行カードローンのような金融機関で、お金を借りることができますか?」というような口コミ・評判…というより質問は、よくYahoo!知恵袋などに書かれています。

結論を書くと、これは「人による」という回答になります。「当たり前だ」と言われるかも知れませんが、人生のすべてにおいて、本当に役立つアドバイスというのは「当たり前」なことばかりです。(そうでない、やたら具体的なノウハウをかざす人は、あまり信用しない方がいいでしょう。そういうものは、時代とともに消えていく小さい知恵なのです)

たとえば新入社員でも、みずほ銀行のような東証1部の大企業の新入社員であれば、当然審査に通るというのが原則です。クレジットヒストリーが悪かったり、他社借入件数・総額がすでにある、もしくは多いという場合には、審査に通らないこともあるでしょう。しかし、一般的な感覚からすれば、一流企業の新入社員が申し込んできたら、誰でも下のように思うはずです。

  • 「おお、トヨタ自動車の新入社員か。他社借入もないからOKだ」
  • 「楽天銀行の新入社員の女性ですね。ライバルですが、一流企業なのでまあいいでしょう」

という風です。言うまでもありませんが、あくまでこの審査風景は、ただのイメージです。

楽天銀行のような、みずほ銀行カードローンと同様にキャッシングのサービスを提供しているライバル企業だと、大人の事情で借入不可になることもあるかも知れません。しかし、一流企業のサラリーマン・OLであれば、よほどその他の審査条件に問題がない限り、みずほ銀行カードローンでもどこでも、少額融資くらいはしてくれる…というのはほぼ間違いないでしょう。日常生活の感覚で考えても、多くの人がそういう判断をするはずです。

みずほ銀行カードローンは派遣社員でも借りられるか

続いて、会社員・OL・公務員という職業・属性の中でも、特に信用度・クレジットスコアが低い部類に属する「派遣社員」について書いていきましょう。派遣社員でもキャッシングができるかどうかという質問は、インターネット上の評判・体験談が集まるサイト・ページでも非常に多いので、それに対する回答も多数見られます。

そして、それらの評判・体験談・質問への回答をまとめると、「派遣社員でも借入資格としては問題ないが、正社員・契約社員よりは、少々厳しくなる」というのが結論になります。これはネット上の評判・口コミを見るまでもなく、多くの人が大体想像できることでしょう。

どのくらい審査が厳しくなるか―ということは一概には言えません。派遣社員といっても勤続年数によりますし、勤務先の安定度にもよりますし、その人の本人のクレジットヒストリーにもよるからです。「曖昧な答え」と思われるかも知れませんが、キャッシングの審査については、基本的に「総合的な信用度(クレジットスコア)によって決まる」というのが大原則になっているので、審査基準を断言することは、本来できないのです。

たまにインターネット上の評判・体験談で「派遣社員でも絶対に借入可能です!」とか「契約社員なら、みずほ銀行カードローンのに落ちることは絶対にありません!」などと断言している書き込みが見られますが、このような断定する内容というのは、大体間違っています。

これはキャッシング・カードローンについての口コミ・評判だけではなく、哲学や人生論などの論議でも同じです。間違いなく日本を代表する知識人である五木寛之氏は、いつも「○○ではないだろうか」となんとなく主張するだけで、「○○である」などと断言はしません。自分が常に正しいわけがないと知っているからです。

一方、特に炎上商法をしかけるブロガーの方々で多いのですが、若くて見識が足りない方ほど「○○なんてもう終わっています」などと、軽々しく断言します。孔子は仁者の条件として、ただ一つ「口が重い」ということを挙げましたが、五木寛之氏のような人と、こうした軽薄なブロガーさんたちを比較すれば、孔子が言おうとしたことがよくわかるでしょう。

少々本質的かつ哲学的な話題になりましたが、何はともあれ「みずほ銀行カードローンの派遣社員の審査基準についても、その他の知識に関しても、断言しているインターネット上の口コミ・評判は、大体怪しい」と思っていただいてOKです。

ただ、言うまでもありませんが、みずほ銀行カードローンの公式サイトや、商品概要説明書に書かれているような「事実」であれば、それは断言して構わないので(少なくとも執筆時点の情報という前提の上では、断言していいので)このような評判・体験談については、断言口調でも、まったく問題ないのです。全てのそうしたインターネット上の口コミ・評判を否定しているわけではないので、その点は理解しておいて下さい。

契約社員のキャッシングについての口コミ・評判

上の段落では、みずほ銀行カードローンでの派遣社員の審査について、評判・体験談の分析をしてきました。この段落では、もう少し審査に通りやすい職業・属性として、契約社員のみずほ銀行カードローンでの借入審査について、どのような評判・体験談が書かれているか…ということを説明していきましょう。

結論を書くと、これも実は「年収・月収や勤続年数など、単一の審査条件によって決まるのではなく、あくまで審査項目の全体像によって決まる」という風になっています。もちろんみずほ銀行カードローンでもその他のキャッシング先でも、インターネット上の口コミ・評判を書き込んでいる人たちが、実際の融資審査を担当しているわけではありません。つまり、どの評判・体験談もあくまで推測によって書かれているわけです。

ただ、実際にみずほ銀行カードローンのに申し込んだ契約社員の方々が書き込んだ「体験談・実体験・経験談」であれば、貴重な情報として役立ちます。

  • 多少主観が入っている
  • 時期によっても、審査条件は変わる
  • その体験談が嘘かもしれない

など、そうした評判・体験談に関する疑問点をあげたらキリがないわけですが、それでも「まったくインターネット上の口コミ・評判などの情報がない」というよりは、多少信用度が落ちても何らかの情報があった方がいいでしょう。

ということで、そのようなみずほ銀行カードローンの借入審査における、契約社員の審査通過率などを考察してみると、上に書いた通り「総合的な審査条件によって決まる」という結論になるわけです。具体的には下のような条件によって決定されます。

みずほ銀行カードローンの審査の決定条件

わざわざ言及するまでもなく、以下に記載する決定条件は、みずほ銀行カードローンの審査だけのものではありません。クレジットカードの審査であっても、アコム・モビット・プロミス・アイフルなどの消費者金融であっても、あるいはみずほ銀行カードローン以外の銀行キャッシングであっても、全ての借入審査・キャッシングの審査で共通している決定条件となります。その前提で読んでいただくと、下のようになります。

  • 勤続年数
  • 居住年数
  • 他社借入件数
  • 他社でのキャッシング総額
  • 個人信用情報
  • クレジットカードの保有枚数
  • 運転免許証の末尾の番号
  • 年収・月収
  • 給与形態
  • 雇用形態
  • 勤務先の社員の人数
  • 固定電話の有無
  • 同居家族の人数
  • 自宅名義
  • 自宅の種別(持ち家・賃貸など)
  • 毎月の家賃・住宅ローンの支払い金額
  • 関連会社のサービスの利用実績

などなど。書き始めたら、列挙し始めたらキリがないくらいにあるのですが、何はともあれ、このような総合的な審査条件によって、みずほ銀行カードローンでもその他の借入先でも、あるいは契約社員でも、正社員でも派遣社員でも、そしてパート・アルバイト・フリーターの方々などの非正規雇用であっても、すべての人の借入審査が、このような「総合的な条件」によって決まるのです。

たとえば、契約社員だったら、上の審査項目の一覧の中では「雇用形態」に当たりますが、同じ契約社員でも、給与形態が固定給なのか、それとも歩合給なのかなどの条件で、大きく審査通過率は変わります。(言うまでもありませんが、固定給が有利で、歩合給だと審査に通りにくくなります)

というように、キャッシングの審査というのは、みずほ銀行カードローンにしても、他の金融機関やキャッシング業者にしても、とにかく「全体を見る」ことによって決定されるわけですね。大ヒット漫画・バガボンドで、宮本武蔵に対して僧侶の沢庵が、こう言っています。「見るともなく全体を見る。それがどうやら見るということだ」と。まさにキャッシングの審査・カードローンの審査においても、それと同じことが言える…というわけですね。


以上、派遣社員・契約社員の審査基準というようなニッチな部分も含めみずほ銀行カードローンの借入審査・キャッシングの審査についてのインターネット上の口コミ・評判などを検証しながら、それらの評判・体験談に関する知識などを、追加で補足してきました。

土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資ができないなど、多少のデメリット・短所・注意点はあるものの、総合的に見て、低金利で最短当日キャッシングがしやすく、自分の収入がない専業主婦なども借り入れができるみずほ銀行カードローンは、多くの人にとっておすすめのキャッシング先ということが出来ます。特に銀行カードローンでお金を借りたい、今すぐお金が必要という方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

みずほ銀行カードローン申込み窓口

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP