審査は甘い?在籍電話確認や審査の流れ

モビット

モビット
  • 借入診断
  • 即日審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 専業主婦

モビットが人気の理由

電話連絡なし!ならモビット

「WEB完結申込」を利用すれば面倒な電話連絡がなし!です。即日融資にも対応しているのですぐにお金を借りたい&手続きを簡単に済ませたいという方はモビットがおすすめです!(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

今すぐモビットの10秒簡易審査へ

※安定した収入がある方

モビットの特徴まとめ

10秒で簡易審査結果表示!最も審査の早い業者の一つ

モビットの仮審査というのは、いわゆる「借入診断」ではありません。
普通の申し込みとして「全ての項目をマジメに入力」するもの。

つまり限りなく「本審査に近い結果」ですが、それが10秒で出るということです。
なので、特に急ぎでお金を借りたい方におすすめ。

すぐに審査結果がわかるということは、モビットでダメだったら、他を当たるということがしやすい…というわけです。

もちろん、同時申込みは危険なのでやめましょう。
しかし、もし「モビットの仮審査で審査落ち」とわかっていたら、すぐにその場で次の業者を検討できます。

そして、モビットの本審査で「融資不可」となったら、すぐそっちの別の業者で申し込みできるということです。
というように、次の行動を迅速にできるという点で、急ぎでお金が必要な方には、モビットのスピード審査は有利と言えます。

なぜ審査結果がこんなに早く出るのか?

これは別に適当に審査しているのではありません。
今はネットとコンピューターの進化で、多くのデータを一瞬で共有&処理できるようになっているのです。

つまり、モビットで必要な項目をすべて入力すると、コンピューターが自動的に過去の利用者たちの履歴などと照合して、「この人が全額返済してくれる確率は○○%」と、あっという間にはじき出すわけですね。
なので、そういう計算の早いコンピューターを導入する費用さえあれば、どの業者でもできるのです。

逆に言うと、他の業者が何で10秒審査をやっていないのか、とも思うのですが…。
おそらく社内では10秒簡易審査はできているのでしょう。

ただ、その審査結果を伝えると「仮審査で受かってたのに、本審査で落ちたじゃないか!」と腹を立てるお客さんもいるかも知れない…ということかと思います。

モビットで即日融資される条件

モビットでの即日借り入れは、特に条件なしでできます。
普通の消費者金融と同じく、午前中などに申し込んで、年収などに問題がなければそのまま通ります。
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

よく「三井住友銀行」か「三菱東京UFJ銀行」の口座がないとダメ、と勘違いされていますが、これは違います。
これは「WEB完結申込」で即日借り入れする場合です。

つまり、電話確認ありでもいいなら、これらの銀行口座がなくてもモビットは即日借り入れできるわけです。

ここではWEB完結申込について詳しく説明します。

モビットの「WEB完結申込」とは?

電話連絡や郵送なしで借りられる、というもの。
電話連絡は「自分の携帯あて」には来ますが、職場には行かないということです。

職場への電話確認ですが、モビットはこれをネットの申し込みのみで、なしにできるんですね。
わざわざ「電話連絡なしにしてください」などと言わなくていいわけです。

その時の条件として「三菱東京UFJ銀行」か「三井住友銀行」の口座がある、ということが必要なのです。
また、会社の保険証の提出も必要です。

(給与明細はあってもなくてもいいようです。あった方がいいと思いますが)

これらの条件さえ満たしていれば、「普通にネットから申し込むだけで」、会社への電話連絡をなしにできるということですね。
「電話連絡をなしにしたい」という方にとって、一番手続きが楽&審査が早いのはモビットだと言っていいでしょう。

(ただし、「三菱東京UFJ銀行」か「三井住友銀行」の口座が必要ですが)

モビットは専業主婦では借りられない。パートをしていればOK

モビットは専業主婦(自分の収入がない主婦の方)では借りられません。
しかし、パートの収入があれば借りられます。

このルールはモビットに限った話ではありません。
プロミス・アコム・アイフルなど、大手の消費者金融は皆同じルールでやっています。

もし無収入の専業主婦の方がキャッシングしたい場合、消費者金融ではなく銀行カードローンを選びましょう。
消費者金融だとセゾンなどの「クレジットカード系(信販系)」の業者は借りられますが、審査にかなりの時間がかかります。

ちなみに、パート収入がいくら必要かですが、これはケース・バイ・ケースです。
勤続年数が長かったり、パートでも安定した職場だったら少ない月収でもOKです。

逆に勤続年数が短い、安定した仕事ではない…という場合はお給料も多めに必要になります。
なので一概には言えませんが、とりあえず「月5万円」を目安にしましょう。

モビットは安定した収入のある学生なら借り入れ可能

モビットは学生でもキャッシングOKです。
年齢が20才以上で、アルバイトの安定した収入がある方であれば借りられます。

この条件はほとんどの消費者金融で同じ。
銀行カードローンは一部「学生不可」というところもありますが、モビットなら大丈夫です。

親権者の同意などは必要ありません。
20才以上ということで、未成年や10代とは違って「大人」という扱いですから、あとは収入さえあればいいのです。

10代がダメということは、大学生でも18才や19才はダメということ。
この点は気をつけてください。

(なお、学生専用ローンと呼ばれるものでも、未成年のキャッシングは基本的に不可能です)

土日・祝日でも、モビットは即日融資可能

モビットは土日・祝日でも平日と同じように即日融資できます。
時間も平日と同じ。21時まで審査を受け付けています。

「21時に審査が終わる」のではなく「21時に審査が始まればOK」です。
つまり、審査に通るのが「21時40分」くらいになっても、それから借り入れできるということ。

ただ、当然ですが銀行振り込みはこの時間ではダメです。
そもそも、土日・祝日は銀行が閉まっているので、振り込みできません。

なので、土日・祝日に借りたい時は、モビットの自動契約機に行きます。
自動契約機で審査を受け、カード発行をするわけですね。

審査だけネットでしてもOKです。
ネットと電話で審査し、カード発行だけ無人契約機でする…というスタイルですね。

全部無人契約機で個人情報を入力するのは、時間がかかります。
個人情報だけパソコンやスマートフォンから送信して、本人確認書類の送信など、その他の審査だけ無人契約機でする、という方法も人気です。

モビットは夜間でも審査可能。深夜は借り入れのみOK

モビットは夜間でも即日審査できます。
上にも書いた通り平日も土日・祝日も21時まで受け付けているので、夜間でも余裕で即日審査&即日融資可能。

ただ、さすがに深夜の即日審査はやっていません。
これは銀行カードローンも消費者金融もどこでもやっていません。
(闇金ですら、深夜はほとんどやっていません)

しかし、すでに審査が終わっていて、ローンカードの発行も済んでいるなら、借り入れだけは可能です。
つまり、そのカードを使ってコンビニATMで借り入れすればいいのです。

モビットはどのコンビニATMでも使えますから、お金を借りるだけなら深夜でもできます。

モビットのデメリット ~収入証明書の提出が必須~

モビットは「借入金額がいくらでも、収入証明書の提出が必須」という珍しい業者です。
消費者金融でも銀行カードローンでも、普通は収入証明書の提出は必要ありません。

消費者金融なら「50万円まで」、銀行カードローンなら「100万円~300万円まで」は収入証明書なしでOKなのですが、モビットだけは違っています。
たとえば「10万円」などの少額の借入限度額であっても、収入証明書が必要ということですね。

この点、モビットの審査はかなり厳しいように感じます。
収入証明だけとはいえ、銀行カードローンの条件よりも厳しいということなので。

もちろん、所得証明書を出せばいいだけの話なので、特に問題はありません。
ただ、紛失してしまったとか、すぐに出てこないという方はやっかいかも知れません。

モビットで所得証明書として認められる書類

下の書類のどれか1点を提出すればいい、というルールです。

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 課税証明書

…という風です。全部「写し」でOKです。
当然ですが原本を出す必要はありません。

個人事業主の方の場合、下のどちらかを提出します。

  • 確定申告書
  • 課税証明書

これも「写し」です。
自営業の方でこれらの書類がない…ということはないはずです。

もし確定申告をしていない、税金を払っていないということであれば、その時点でどの業者の審査にも通らないので、そこは諦めてください。

モビットのデメリット・短所『無利息期間がない』

もう一つモビットのデメリットは「無利息期間がない」ということ。
プロミス・アコム・レイクは「30日間無利息」をやっていますし、レイクにいたっては「180日間無利息」もあります。

モビットよりやや小規模な業者のノーローンでも「1週間無利息」をやっていますが、モビットは何もありません。
(アイフルもありませんが)

消費者金融の大手6社のうち、4社が無利息期間を持っているという状態で、モビット・アイフルだけがまだない、という状況です。
もちろん、審査の早さなどその他の点で、モビットは他社より優れています。

なので、贅沢を言ってはいけませんが、無利息期間に関しても改善されたら、モビットはさらにおすすめできる業者になるでしょう。

金利は普通の消費者金融レベル。しかし、下限金利がやや高い

モビットの金利は高くも安くもありません。
ほとんどの借入金額の場合は「上限金利」が適用されますが、これは「実質年率18.0%」。
他の消費者金融の上限金利もみなこの数字なので、モビットの金利は高くはありません(安くもないですが)。

ちなみに、最高金額まで借りると、「下限金利」が適用されます。
モビットの場合は800万円ですが、これに近い金額だと、下限金利になります。

モビットの下限金利は3.0%。
プロミスは4.5%なので、プロミスよりかなり低いです。

つまり、大きな金額を借りる場合は「プロミスよりモビットがいい」ということですね。
もっとも、300万円以上などのかなり大きな金額で、そこまで借りる方がそもそも少ないかも知れませんが…。

なお、アコムの下限金利は4.7%。
これはほぼモビットと同じ金利なので、モビットが特別高いというわけではありません。

モビットの審査は甘いか、厳しいか

モビットの審査が厳しいかやさしいかは「何を基準に見るか」によります。

たとえば「収入証明書の提出が必要か、不要か」。
この基準で見れば「モビットの審査は厳しい」といえます。

普通だったら50万円までは収入証明書なしでいいのに、モビットは必要だからです。
銀行カードローンですら提出なしでいいのですから、モビットはこの点では、相当厳しいです。

逆に「職場への電話連絡なしにしたい」という場合には、ある意味「ぴったり」と言えます。
他の業者・銀行の場合、電話連絡をなしにはできませんが、モビットなら条件つきでできるからです。

(条件つきなので、決して審査が優しすぎるということはありません)

ちなみに、審査が厳しいかどうかの客観的な基準となる「審査通過率」。
これはモビットの場合大体約40%。
プロミスとほぼ同じ審査通過率です。

アコム・アイフルの審査通過率はこれよりやや高いです。
逆にノーローン・レイクの審査通過率は、モビットより低いです。

こうして消費者金融の中で比較しても「中間レベル」ということ。
モビットの審査は「甘くも厳しくもない」と言えるでしょう。

モビットはATMの手数料に関してはもう一歩

モビットはメリットも多い分、デメリットもやや多い業者です。
(個性が強いといえるかも知れません)

デメリットの一つは「ATMの手数料が、有料の場所が多い」ということ。コンビニのATMも有料ですし、三菱東京UFJ銀行・イオン銀行・セブン銀行など提携している銀行のATMも有料。

さらに、店舗によってはその場で利用明細書が発行されず「後日郵送される」というところもあります。
たとえばコンビニのATMの場合、ファミリーマートやミニストップでも「E-net」のATMの場合は、後日郵送です。

というように、ATMの利用に関してはお金がかかるだけでなく、利用明細の郵送という点でも、モビットは少々厄介です。

モビットの電話連絡についての口コミ・評判

キャッシング・カードローン・消費者金融の審査について言及したインターネット上の口コミ・評判については、その内容はさまざまです。その中でも特に多いのは、モビットの場合でも、その他の消費者金融・銀行カードローンの場合でも「勤務先への電話連絡についての口コミ・評判」ということができるでしょう。

誰だってキャッシングが職場バレするのは嫌ですし、状況・シチュエーションによってはリストラ・退職につながるというリスクもありますからね。恥や外聞の問題ではなく、死活問題…ということもあるわけです。

そのようなことから、インターネット上の評判・体験談でも多くの人が、モビットの職場への電話連絡や、その他のキャッシングブランドの電話連絡の電話について、その有無や、代替手段・回避する方法などについて質問しているのでしょう。ここではそのような「モビットの職場への電話連絡についての評判・体験談」などを参考にしながら、記事を書いていきます。

モビットには電話連絡の代替措置があるという評判・体験談

まず、インターネット上の評判・体験談でよく散見される情報は「モビットでは、電話連絡の回避をする方法がある」というものです。つまり、簡単に書けば「職場への電話連絡なしでキャッシングができる」ということですね。これは完全に間違いで、モビットの借入審査では職場への電話連絡の電話が必須で、回避はできないというのが基本設定です。この点をまず理解して下さい。

状況・条件によっては、電話連絡が省略される?

ただ、これは言うまでもないことですが、モビットは土曜日・日曜日でも最短即日融資ができるようになっています。このように土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資に対応しているということは、土曜日・日曜日に勤務先が閉まっているような人に対しても、最短当日審査ができる体制でなくてはいけないということなのです。

そのような場合は「電話連絡が必須」というルールだったとしても、何らかの配慮をする必要があります。職場が閉まっている以上、電話連絡はできません。ということは「電話連絡の代替手段」のようなものを適用するしかない…ということです。

繰り返しますが、これはいわゆる「審査が甘い・ゆるい状態」を作るものではありません。「土日・祝日の最短即日キャッシングに対応する」というのは、多くのユーザー・日本人に対する配慮であって、まずこの点はいいでしょう。これを否定する人などいないはずです。(三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」、あるいは三井住友銀行カードローンなどのメガバンクのキャッシングでも、土日・祝日の最短即日借入に対応しているのですから)

そして、そのように「土日・祝日の最短即日キャッシングが出来る」というサービスを提供した以上、企業の責任として(モビットは会社ではなくキャッシングブランドですが)、土日・祝日・週末・休日に勤務先が営業していないという人に対しても、最短当日審査をできるシステム・体制を整備しなくてはいけないということになります。少なくとも論理的に考えていけば、ファクトを積み重ねていけば、そのようになるはずです。

なので、「この申込者は、信用度(クレジットスコア)が高いので、明らかに電話連絡がなくても大丈夫」と、金融庁が見ても納得するような人であれば、一般的な審査上の確認作業が簡略化される…ということも、ある程度考えられます。(インターネット上の口コミ・評判でも、たまにそのような書き込みが見られます)

ということで、事実かどうかはわかりませんが、モビットの借入審査ではそのように(それらのネット上の体験談・評判のように)信用度(クレジットスコア)が高い人であれば、職場への電話連絡なしになる可能性がゼロではないということが言えるのです。繰り返しますが「ゼロではない」というだけであり、基本的には「どんな状況・条件であっても、電話連絡は必須」という風に捉えて下さい。

クレジットスコア(信用度)が高い人とは?

クレジットスコアというと特別な単語・キャッシング用語に聞こえるかも知れませんが、要は「社会的・経済的に信用がおけるか」ということです。クレジットというのは英語で信用という意味ですが、「信用スコア」ということですね。直訳すると。

モビットでもその他の消費者金融・銀行カードローンでも、キャッシングの審査では「スコアリング」というシステムを使って、その申込者(利用者)の信用度を点数化しています。これは勤務先情報・自宅情報・クレジットヒストリーなどの情報をもとにして、自動与信システムを使って、ある程度まではスーパーコンピューターで瞬時にできるようになっています。

そのため、モビットでは「10秒簡易審査」というシステムで「大体の審査結果」をすぐに出すことができるのですが、何はともあれ、このクレジットスコア・信用度が優れている人とは、どのような条件に合致している人なのか、その点を説明していきます。

職業が安定している

モビットのキャッシング審査についての評判・体験談でも、職業・属性に関する記述は多数見受けられます。たとえば「パート・アルバイト・フリーターでも、モビットでキャッシングをすることはできますか?」というような内容ですね。

こうした非正規雇用の方々(アルバイト・パート・フリーター)でも借りられるかどうかという話は、また後で書きましょう。何にしても、職業の安定度はキャッシングの審査のスコアリングを左右する重要な項目の一つで、公務員や一流企業の正社員などは、特に有利という風になっています。サラリーマン・OLでいうなら「東証1部上場企業の正社員」というのが、特に有利な職業・属性です。

もちろん、同じ「東証1部の正社員」でも、勤続年数が長ければ長いほど有利になりますし、審査に通りやすくなります。また、部署がより有望だったり、その会社の中枢をなしているような部署だったら、さらに審査通過率も高くなるでしょう。これはモビットでもその他のキャッシングブランドでも同じです。

また、役職が係長・次長・課長などというように、上がれば上がるほど、借入審査も通りやすくなります。部長まで行ったらさらに有利でしょう。逆に中小企業で事業年数も浅い…という所だと、専務や社長ですら、かなり審査に通りにくくなる…ということがあります。

(特に社長については、そもそも会社経営者・法人代表者がキャッシング・消費者金融にお金を借りに来る時点で、その会社そのものが危ない…という風に判断できますからね。専務などの役員が仮に来るのでも「役員報酬すら満足に払えていない会社なのか」と思われてしまい、やはり不利になります)

何はともあれ、職業の安定性が高い・高度である…ということは、モビットであろうと、その他の銀行カードローン・消費者金融であろうと、キャッシングの審査に申し込む時には、かなり有利になります。これはインターネット上の口コミ・評判でも散々指摘されていることなので、とっくの昔に把握している…という方々も多いかも知れませんが、何はともあれ、そのように職業が安定している方は、モビットの審査でもそれほど不安に思う必要はありません。初めてキャッシングだと、特に不安なことが多いでしょうが、大丈夫ということです。

勤続年数とキャッシングの審査についての口コミ・評判

続いて、勤続年数とモビットなどのキャッシングブランドの審査についての関わりを、ネット上の評判・口コミをベースとして書いていきましょう。これも誰もがすぐに想像できることだと思いますが、モビットの借入審査でも、インターネット上の評判・体験談デイウェアれている通り、勤続年数が長いほど審査に通りやすくなるという傾向が見られます。審査に通りやすくなると言っても、言うまでもなく「必ず審査に通る」とか「誰でもお金を借りられる」というようなことは絶対にありません。あくまで、信用度・クレジットスコアがそれによってある程度プラスされる…ということです。

(もちろん、ある程度であっても、そうした小さなプラスの信用情報を積み重ねることによって、審査通過率が高まっていくわけですから、とても重要なことです。)

特にパート・アルバイト・フリーターは重要

特に非正規雇用の方々、つまりアルバイト・パートとして働いている方々、あるいはフリーターとして自分の収入を得ている方々の場合は、モビットの審査でも、その他の借入先のキャッシングの審査であっても、インターネット上の評判・体験談で記載・記述されているように、勤続年数が特に重要になります。

もちろん、パート・アルバイト・フリーターの方でも年収・月収やクレジットヒストリーなどの審査条件は必須になります。しかし、会社員・OL・公務員などの方々より特に勤続年数が重視されるというのは、アルバイト・パート・フリーターは首になりやすいし、自ら退職もしやすいので、勤続年数が長く、すぐに仕事をやめる、なくなるリスクがない…という人がいいということです。モビットにしても、その他の消費者金融・銀行カードローンにしても、一番融資する側が恐怖心を持つことというのは「その申込者・消費者が、仕事をやめてしまう」ということなのです。あるいは「リストラ・退職の対象になる」ということです。

会社員・OL・公務員の場合、特に公務員だったらクビになることはありません。また、正社員として働いているサラリーマン・OLであれば、会社側としても、辞めさせる労力やコストが大きいので、すぐにクビになることはありません。

しかし、アルバイト・パート・フリーターだとその点、「来月からもう来なくていいよ」という風に、あっさりと首にできるということですね。また、逆に働いているフリーターの方、もしくはパート・アルバイトの方本人が「もうやめます」と言って、すぐに退職してします…ということも多いわけです。お給料が安い分、やめることにそれほど未練もないですしね。

というように、とかく非正規雇用の方々の今後の勤務状況というのは、不安定なのです。それがある程度予想できる、ある程度安定すると見込める…という点で、モビットであっても、その他のキャッシングブランドであっても、審査して融資する側は「勤続年数の長さ」を、多数ある審査項目の仲でも、特に重視する…と言うわけです。

モビットのおまとめローンについての評判・口コミ

続いて、話題がやや転換しますが、モビットのおまとめローンや借り換えローンはどのようになっているか…というインターネット上の口コミ・評判を紹介しましょう。結論を書くと、インターネット上の評判・体験談をまとめるまでもなくモビットはおまとめ・借り換え・多重債務の一本化には対応していないので、残念ながらこうした借金の一本化などの用途・資金使途には利用できない…という風になっています。

これについては、もともとモビットのような消費者金融は「総量規制の対象」なので仕方がありません。多重債務の一本化のような「総量規制の対象外」でないとできないことについては、もともと三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などの銀行のキャッシングの方が有利…ということですね。

総量規制の対象外でないと、多重債務の一本化ができない

この点については、キャッシング・カードローン・消費者金融について見識を保有している人でなければ「何のことだ?」と疑問に思うでしょう。まず「総量規制」というルールから説明すると、これは貸金業法の中の条項で「年収の3分の1までしか借り入れをしてはいけない」というものです。正確には「貸し付けを、年収の3分の1までしかしてはいけない」ということで、融資する側、つまりモビットやアコム・プロミス・アイフルなどの大手の消費者金融を管理する法律です。ただ、わかりやすく書くと「年収の3分の1以上までしかキャッシングができない」という風になります。

さて、そのような総量規制があると、なぜ借り入れの一本化ができないのか。この理由を次の段落で書いていきましょう。

借り入れの一本化は、年収の3分の1以上借りる必要がある

想像してみて下さい。借金の一本化をする人というのは、言うまでもなく「全員、多重債務者」です。借り入れが複数ある人だから、多重債務の一本化をするわけですからね。「おまとめローンを利用しようとしている」という時点で、絶対に多重債務者なのです。(これはインターネット上の口コミ・評判でもよく指摘されたり書かれたりしていることですが)

そして、多重債務者ということは、大抵キャッシング総額も多く、すでに年収の3分の1に到達しているというパターンがほとんどなのです。多重債務者というのは、「借入件数が多い人」なので、必ずしも「キャッシング総額が多い」という決まりがあるわけではありません。極端な話「5件の消費者金融・銀行カードローンから借りているけど、全部5万円」というようなこともあるわけです。

しかし、これはあくまで例え話であって、「一般常識で考えれば、インターネット上の評判・体験談で言われている通り、多重債務者は借入総額もそのまま多くなる」わけですね。ほとんどの人が「すでに年収の3分の1までキャッシングをしている」という状態なのです。

さて、この状態でどうやって借金の一本化をするのか。たとえば、モビットがおまとめローンを提供するなら、この人の借入総額と同額をひとまず「ドカン」と貸して「これで全部返済してきてくださいとなるのです。これが多重債務の一本化の最初です。

そして、おまとめローンの申込者は他のキャッシングをすべて返済して、モビットに報告します。(わかりやすく例えるとです)

そうすると、モビットが「ありがとうございます。では、今後このままうちで返済をなさってください」というように「モビットでの借金の一本化」が完成するのです。ものすごく簡単に書きましたが、これが借り入れの一本化の仕組みです。

総量規制の対象だと「最初の貸し付け」ができない

上に書いた通り、モビットであろうとその他の消費者金融・銀行カードローンであろうと、多重債務者が借り入れの一本化をするには「最初のキャッシング」が必要なのです。「借入総額と同額を、モビットなどから借りて来る」ということですね。しかし、先にも書いた通り「多重債務者はすでに、みんな年収の3分の1まで借り入れをしている」ということですから「総量規制の対象である以上、もうキャッシングのしようがない」のです。

なので、おまとめローンを提供する業者・ブランド・銀行というのは「総量規制の対象外」でなくてはいけないのですね。少なくとも、そのおまとめローン・借り換えローン等の商品だけは、総量規制の対象外でなければいけないのです。その消費者金融・銀行カードローン全体は総量規制の対象でもいいのですが、乗り換えローン・借り換えローン、あるいはおまとめ専用のコース・プランだけは、常に「総量規制の対象外」というのが、必要条件になるわけです。

消費者金融にも、総量規制の対象外のおまとめローンがある

これもインターネット上の評判・体験談が集まるWEBサイトでよく書かれていることですが、モビット以外の消費者金融では、総量規制の対象外に設定されているおまとめローン・借り換えローンがあります。具体的に名前を、キャッシングブランドごとに一覧にすると下のようになります。

  • プロミス…おまとめローン
  • アイフル…おまとめMAX
  • ノーローン…かりかエール
  • アコム…借換え専用ローン

このように、プロミスのおまとめローンというのは普通の名前ですが、後はそれぞれ独自のサービス名がついています。(もちろん独自の名称はあってもなくてもかまいません。銀行カードローンなど、ランクが高いキャッシングの方が、むしろ独自の名前をつけない傾向があります。プロミスも銀行カードローンに近づいているということでしょう。)

インターネット上の口コミ・評判でもよく情報がシェアされていますが、これらの消費者金融のおまとめローンは、すべて総量規制の対象外になっているので、年収の3分の1以上借り入れすることができ、多重債務の一本化でも借り換え・乗り換えでも、金額的には問題なくできるようになっています。審査に通るかどうかは当然別ですが、無事に審査の通過をできれば、借入超過者・多重債務者の方々でも、状況を改善することができる、借金の一本化ができるし借り換え・乗り換えもできる…ということです。

モビットでおまとめローンが使えるケース

これは裏技というか意外な知識ですが、一部のカードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人が、口コミ・評判として紹介しているように、モビットでも、その人の借入状況によっては、実はおまとめローンとして活用することができます。簡単に書くと、年収の6分の1までしかキャッシングをしていない人なら、さらに追加で6分の1借りて、ギリギリ年収の3分の1になるということです。数学・算数が強い人だったらすぐに分かったでしょうが、この「追加借入した6分の1によって、これまで借りていたバラバラの6分の1を返済すれば、モビットで追加借入した6分の1だけが残る」ということです。

  • これまでの6分の1…バラバラに、複数ローンで借りていた
  • 新たな6分の1…モビットだけで借りている

というように、おまとめローン・多重債務の一本化が完成・成立する…ということですね。モビットで6分の1を追加借入した瞬間、その人のキャッシング総額は一時的に年収の3分の1に達したのですが、それは瞬時に終わり、すぐにまた「6分の1」に戻った…ということです。

このようなケースであれば、モビットで借り換え・乗り換えをしたり、おまとめローンとしてモビットを利用する、お金を借りる…ということもできます。ただ「年収の6分の1しか借りていない多重債務者」というのは、インターネット上の評判・体験談でも指摘されているように、ほとんどいないので、このようなパターンはあまり成立しないと考え方方がいいでしょう。あくまで例外的なケースということです。

モビットの最短即日融資についての評判・口コミ

急ぎでお金を借りたい、今すぐキャッシングをしたい…という人は、この瞬間も日本全国で多数います。そうした方々がモビットのネット上の評判・口コミの中でも特に気にするのは、やはり最短即日融資についてでしょう。ここでは、モビットの最短当日借入のシステムがどのようになっているか、ということを、インターネット上の評判・体験談を下地・ベースとしながら解説していきます。

モビットは最短当日借入で特に有利

最短即日融資をしたいのであれば、モビットは大手の消費者金融・銀行カードローンの中でも、特に有利な借入先…という結論を出すことが可能です。具体的には、モビットには10秒簡易審査というサービスがあり、ある程度借入可能かどうか、それともキャッシング不可なのか、申し込んですぐに大体把握できるという点にあります。多くのインターネット上の評判・体験談で指摘されている通り、これはあくまで「借入診断・お試し診断が精密になったもの」なので、本審査の結果を保証するものではありません。本審査の結果が、10秒簡易審査の内容と変わっている…というのは、モビットで審査の申し込みをした方のインターネット上の評判・体験談の中でもまれに見られるものです。

ということで、絶対的な審査結果がわかるということではないのですが、それでも大体借入可能なのかどうか」ということはわかるのです。そして、そのように「自分がキャッシングできるかどうか」という目安が大体ついたら、その時点でその人の資金繰りは、必要な情報が出揃う…ということになります。

借入可能かわかれば、資金繰りがしやすくなる

特に法人経営者・会社代表者や個人事業主などの方々の場合、手形の不渡りを防ぐため、今すぐキャッシングをし、なければいけないというようなケースが多いでしょう。今日中にお金を借りて、それを銀行の当座預金口座に入れて、不渡りを回避しなければいけない…というような状況・シチュエーションですね。

このような切羽詰まった緊急のシチュエーションでは「まず、キャッシング可能なのかどうか」ということを、すぐに知りたいわけです。「借りられないなら借りられないで、次の消費者金融・銀行カードローンで申し込むから、大体の審査結果を教えてくれ!」と、このような切羽詰まった会社経営者・法人代表者の方々、個人事業主・自営業の方々は叫びたい衝動にかられているわけですね。

そのような時、モビットの10秒簡易審査のように「大体でも、すぐに審査結果をある程度伝えてくれる」というサービスは、非常にありがたいのです。仮に「ご融資できません」というような結果が出たとしたら、それが間違いであってもなくても「次のキャッシングの借入先を探す」ことができるので、モビットで審査落ちしたら、すぐにそっちで申し込む…ということが可能なのです。また、準備をそうやってしておけば、モビットの審査の通過ができなくても、それほど気落ちすることはありません。

というように、切羽詰まって「今日中にお金が必要」という状況・シチュエーションに直面している自営業・個人事業主などの方々にとって、モビットの10秒簡易審査というシステム・そしてサービスは、かなりありがたい貴重なものなんですね。このような点からも、最短即日融資を希望するキャッシングの利用者にとって、モビットは特におすすめできる消費者金融のキャッシングブランドである…ということなのです。

モビットは「最短30分」で審査できる

これについては、日頃からキャッシング・カードローンに関わる評判・体験談をチェックしている方々なら、すでにほぼ常識として理解しているでしょう。そうした前提の上で改めて書くと、モビットは見出しの通り「最短30分」で審査を完了できる…というシステム・体制になっています。

これは最短即日融資を「最短30分」でできるということではありません。あくまで審査の所要時間だけを単純に見た場合は「最短30分」になっているということです。最短即日融資ということは、電話口での説明なども含めてすべての手続きを含めるのですが、その場合はモビットでも「最短60分」という時間設定になっています。

大手の消費者金融はすべて同じ

この「審査の所要時間は最短30分で、全ての融資までの作業を統括すると、最短60分になる」というのは、モビット以外の大手の消費者金融でも同じです。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • ノーローン

といった、大手のキャッシングブランドですね。ノーローンのみ、審査の所要時間が「最短20分」となっていますが、融資までにかかる総合的な時間というのは、大体「最短60分」と考えていいでしょう。そして、これらの他の大手の消費者金融と同様、モビットも「最短30分」で即日審査をできる…ということです。

このようにスピードキャッシングがしやすい体制が完全に整備されているので、急ぎでお金を借りたい人、今すぐにキャッシングをしたいという方にも、モビットは有利なキャッシング先…ということですね。(この辺は、金融についてのインターネット上の口コミ・評判で、もう語り尽くされているので、今さら書くまでもないくらいかも知れませんが)

土曜日・日曜日の最短即日融資についての評判・口コミ

ここまでは、モビットの最短即日融資全体についての評判・口コミやそれに関わる知識・見識・情報をまとめてきました。ここからは、見出しの通りモビットの土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資について、総合的に説明していきます。

モビットは土曜日・日曜日でも最短当日キャッシングできる

これも大手の消費者金融だったら当たり前…とキャッシングの知識がある人には言われるかも知れませんが、モビットは土日・祝日・週末・休日であろうと、その日中にキャッシングが出来るようになっています。「今日中にお金を借りたい」という緊急のシチュエーションでも、問題なく借り入れ・借金が可能…ということですね。

不景気の現代では「何が何でも今日中にキャッシングが必要」というような状況・シチュエーションが、かなり発生するでしょう。昔だったら懐に余裕がある経済力のある人が多かったですが、今は日本人全体が貧しくなっていますからね。そのような背景から「今すぐお金を借りたい」という場面に遭遇した時でも、そして、それが土曜日・日曜日は週末・休日であっても、モビットだったら上に書いた通り、最短30分で審査を完了できるし、最短60分で当日キャッシングができる…ということです。

このように最短当日借入がしやすい体制というのは、急にお金が必要になった時には、かなり重宝するものでしょう。

土日・祝日の最短即日借入の注意点に関する口コミ

上の段落のように、モビットでは土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資も全く問題なくできるようになっています。ただ、ところ変わればではありませんが、曜日が変われば、平日の最短当日キャッシングとはまた違った注意点が発生するものです。ここでは、モビットで土曜日・日曜日・週末・休日・祝日の最短即日借入をする時には、どのようなことに注意すればいいのか…ということを、インターネット上の口コミ・評判を下地としつつ、まとめていきます。

真っ先に考えるべきことは、勤務先への電話連絡でも記載した通り「土日・祝日・週末・休日に勤務先が閉まっている場合、電話連絡をどうするか」ということでしょう。クレジットスコア(信用度)が高い人であれば、そして「電話連絡をできない事情」というのを、モビットなどの消費者金融・銀行カードローンの側が理解してくれれば、電話連絡が省略されることもありますし、いわゆる電話連絡の代替手段などが適用される可能性も、ある程度あるでしょう。

しかし、信用度・クレジットスコアがあまり高くない人、いわゆる信用リスクが高い人については、たとえ勤務先が閉まっている場合でも、電話連絡が必須…となる可能性が高いです。そうなった時、どうしても最短即日融資をしたいというのであれば、どうするべきか…ということを考える必要があります。

中小の消費者金融なら電話連絡の代替措置がある?

これはモビット・ノーローン・アイフルなどの大手の消費者金融でお金を借りたいと思っている人にとっては、少々ずれた情報であり、口コミ・評判になるかも知れませんが、いわゆる街金業者、中小の消費者金融であれば、電話連絡の代替措置に対応しているキャッシング業者も一定数あるということが、インターネット上の評判・体験談によってわかります。

もちろん、街金業者や中小の消費者金融といっても、それなりの数がありますし、すべてがそうというわけでもありません。特に中小の消費者金融は「大手の消費者金融以上に、相手を見ながら審査の内容やルール・基準を変える」というスタンスになっているので、一概に電話連絡の代替手段がある…というようなことは言えません。

しかし、そのように審査基準・ルールがころころ変わるということは、逆に言えば申込者の状況・シチュエーションによって、職場への電話連絡なしになる可能性も、大手の消費者金融より(モビット・プロミス・アコムなどより)高いということも推定できます。なので、あまりおすすめはできませんが、どうしても電話連絡をなしにしたい、回避したいということで、モビットなどの大手の消費者金融だと職場への電話連絡が必須というのが基本となっているから不安…という場合には、中小の消費者金融で申し込むという選択肢もありだといえます。

モビットの学生のキャッシングの口コミ

モビットは全体的に若者向けのキャッシングブランドという傾向が見られます。これはスマホアプリのデザインなどを見てもわかりますが、ここではモビットでの学生の借入審査についてのインターネット上の口コミ・評判を分析して、解説を加えていきましょう。

まず、学生はキャッシングをしにくいと思っている人が多いようですが、実際にはモビット・アコム・アイフル・ノーローンなどの大手の消費者金融であれば、どこでも学生は借入可能となっています。

この「学生もキャッシング可能」というのは、あくまで「借入資格・申込資格」という意味での話であって、審査に通るかどうかというのは完全に別の話です。(これは自分の収入がない専業主婦などについて言及した部分でも書いてきたことですが)

何はともあれ、学生でもお金を借りることができるというのは、「今すぐお金が必要」などという局面に置かれてしまった学生さんにとっては、助かることでしょう。20才以上でアルバイト収入があるという条件が、インターネット上の評判・体験談で繰り返し書かれている通り必須ではありますが、その条件さえクリアしているのであれば、モビットでお金を借りることは、学生であっても可能ですし、しかも最短即日融資で借り入れできるということです。

20才未満・未成年・10代の学生は借入不可

上のように書いたものの、大学生といっても20才未満・未成年・10代という年齢層ではキャッシングできません。これは一般常識・日常生活の感覚で考えても納得できるでしょう。学生に対して、金融リテラシーを高めるチャンスを与えることは、インターネット上の評判・体験談でも支持する書き込みが多く見られますが、やはり18才・19才、あるいは20才未満・未成年・10代という年代になると、少々早すぎますからね。

クレジットカードであれば、ショッピング枠限定で18才・19才でも利用可能…というものがあります。学生専用ライフカード・三井住友VISAデビュープラスカード・リクルートカード・あるいは楽天カードなどがその好例として挙げられます。大学生用クレジットカードなどと言われることもありますが、こうしたクレジットカードで、ショッピング枠であれば、20万円程度、18才・19才でも借り入れができる…という風になっています。

他方キャッシング枠(現金で直接借りる最高限度額)となると、5万円・10万円という極めて少額しか利用できないようになっていますが、クレジットカードにしても消費者金融・銀行カードローンにしても、20才未満・未成年・10代がお金を借りることは、基本的にかなり難しくなっている、あるいは禁止されている…ということですね。

大学名がキャッシングの審査に影響するという口コミ

カードローン・消費者金融に言及したインターネット上の口コミ・評判のサイトを見ていると、「大学名や、大学の偏差値が、大学生のキャッシングの場合は審査に影響する」という評判・体験談が書かれていました。結論を書くと、これは間違いです。学生専用ローンなどの中小の消費者金融はともかく、大手の消費者金融の審査では、大学生という職業・属性を答えることはあっても、大学名を回答することはないというのが基本中の基本になっています。

これは、大学の偏差値などで利用者を差別しないというスタンスもでありますし、そもそも、消費者金融の歴史自体がアンチ学歴であるという部分もあります。(最近は消費者金融のイメージがクレジットカードに近いクリーンな印象になったことで、東大卒で大手の消費者金融に入る…というような方もかなり増えましたが)

たとえば、消費者金融がどのように学歴を敵視していたのかというと、たとえば90年代、銀行が本格的に個人向けローン・キャッシングに参入し始めた時に、ダイヤモンド社の書籍の取材に対して、ある大手の消費者金融の社員さん(会社名も実名で出ている)が、こう発言されていました。

「銀行が参入してくるっていうけど、東大出の賢い人がいくら入ってきても、全然怖くないね」この言葉どおり、90年代の銀行は、個人向けローン・リテール金融に参入したのはいいのですが、ほとんど結果を出せず、消費者金融に対して惨敗…という結果に終わりました。

その後、武富士の暴走などがきっかけで、消費者金融の市場全体が冷え込んでしまい、銀行と統合する動きになったのですが、そうやって消費者金融のノウハウをグループに入れることで導入しなければ、銀行が個人向けキャッシングのサービスを成立させることはできなかったのです。

何はともあれ、そのような発言が過去にダイヤモンド社の書籍でも堂々と掲載されていたくらい、消費者金融という業界は「アンチ学歴」だったのです。なので、キャッシングの審査でも学生の大学名を質問するということは、ゼロではありませんが、かなり少ないんですね。

学生専用ローンの口コミ・評判では、違う

ただし、いわゆる学生専用ローンの場合は、インターネット上の評判・体験談を見る限り、やはり違うといえます。大学名を聞かれるし、偏差値も影響するということですね。モビットなどの大手の消費者金融について語ったネット上の評判・口コミを見ていると、そのようなことはないのですが、このあたりは街金業者や中小の消費者金融ならではの特徴…ということができるでしょう。

具体的に、どのように偏差値や大学名が影響するのかというと、言うまでもなく高学歴の学生ほど審査に通りやすくなるし、最高借入枠も増えるということです。審査通過率も上がるし、高額キャッシングもしやすくなる…ということですね。

「偏差値と、最高融資枠にどんな関係があるのか」と思うかも知れません。一見関係ないようですが、これは密接な関係があり、たとえば、名門大学の学生は、家庭教師や塾講師のアルバイトでも、かなり高時給の仕事を探せるのです。一方、いわゆるFラン大学の学生の場合は、そのような高時給のアルバイトをすることはなかなかできず、できたとしても、そこに就職するようなことは考えられないような「あまり将来性のない職場」になってしまうのです。

このような理由から、中小の消費者金融が運営する学生専用ローンであれば、確かに一部の口コミ・評判で書かれているように「通っている大学の知名度・大学名などによって審査結果が決まる」ということもあるでしょう。しかし、モビットのような、あるいはアイフル・ノーローン・プロミス・アコムなどの大手の消費者金融であれば(そして大手の銀行カードローンであっても)、これらのキャッシングブランドなら「大学生がキャッシングする時でも、大学名は関係ない」という風にいえます。なので、自分の通っている大学の偏差値や知名度に自信がないという方も、安心して申し込みをして下さい。

(再度確認すると、年齢が20才以上で、アルバイト収入がある学生であれば、モビットでもキャッシングができるようになっています)


以上、モビットでの最短即日融資に関わるインターネット上の口コミ・評判を整理・編集してきました。10秒簡易審査・WEB完結申込などのシステムによって、モビットは大手の消費者金融の中でも特に最短即日融資がしやすい借入先になっているので、急ぎでお金を借りたい方、大至急お金が必要と言う方も、安心して申し込んでいただけるでしょう。

今すぐモビットの10秒簡易審査へ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP