審査・在籍確認・融資の流れ

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 借入診断
  • 即日審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 専業主婦

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」が人気の理由

安心感重視なら三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』

大手メガバンクの三菱東京UFJ銀行が提供するカードローンだからこその安心感!三菱東京UFJ銀行の店舗や提携ATMも多ので使いやすさも抜群です!銀行口座を作らなくても利用できるのがありがたい!

バンクイック申込み窓口

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の特徴まとめ

銀行カードローンの中で、最も即日融資を受けやすい

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の最大のおすすめのポイントは「銀行カードローンの中で一番即日借り入れをしやすい」ということ。

まず第一に「三菱東京UFJ銀行の口座なし」でも即日借りられます。
銀行カードローンは「その銀行の口座」がないと即日融資できない所が多く、これがしばしば障害となるのです。

しかし、三菱東京UFJ銀行ならその心配がありません。
口座なしでもまったく時間がかかることなく、口座がある人と同じように、即日借り入れできます。

即日審査の受付時間が、圧倒的に長い

バンクイックは、銀行カードローンではあり得ないほど長い時間、即日審査を受け付けてくれます。
平日は毎日20時までOK。土曜日や祝日は18時まで、日曜日は17時までです。

銀行カードローンは土日・祝日は即日融資も即日審査もしてくれない…というところがほとんどなので、三菱東京UFJ銀行のこの対応は「神」と言ってもいいレベルです。

夜間の審査も、普通の銀行はしません。
15時で審査を即日審査を締め切る所がほとんどです。
しかし三菱東京UFJ銀行は20時までと、消費者金融に近いくらいの時間まで受け付けてくれます。

消費者金融の多くは21時まで受け付けています。
アイフル・アコム・レイクなど、多くがそうです。

それより1時間短いとはいえ、銀行カードローンでここまで審査を長時間受け付けてくれるのは、異例と言ってもいいでしょう。

夜間、土日・祝日の審査はテレビ窓口(自動契約機)で

三菱東京UFJ銀行は「テレビ窓口」というものを持っています。
これは消費者金融でいう自動契約機(無人契約機)。

テレビ電話を通じて審査をするというもので、夜間や土日祝でも、銀行は休みつつ、このテレビ窓口だけは営業しています。
ATMコーナーにあるので、三菱東京UFJ銀行の利用者の方は見覚えがあるでしょう。

ロビーにある店舗も一部あり、そういう店舗は夜間、土日・祝日は審査できませんが、大抵はATMコーナーにあります。
(少なくとも、利用者が多い店舗はATMコーナーにあります)

専業主婦でも「配偶者の同意書なし」で借りられる

自分の収入がない専業主婦が借りやすいというのも三菱東京UFJ銀行のカードローンの魅力。
借りやすい理由は「配偶者の同意書(夫の同意書)」なしで借りられるからです。

普通の銀行で無収入の専業主婦が借り入れする場合、「夫の同意書」が必要です。
しかし、三菱東京UFJ銀行や一部の銀行(5つほど)は、これをなしにできるんですね。

用意するものは「住民票」と「自分の身分証明書」だけ。
住民票は「夫との婚姻関係を証明するため」に提出します。
(他の書類でもいいのですが、住民票が一番簡単です)

このように「旦那の同意書なし」で借りられるということは「夫バレ(旦那バレ)」しないでキャッシングできるということ。
「夫に内緒で借りたい」という方にとって、バンクイックはとても便利だといえます。

学生も借りられるが、親権者の同意(親の同意)が必要

三菱東京UFJ銀行のカードローンは、学生でも借りられます。
しかし、少し厄介なのは「親の同意(親権者の同意)」が必要ということ。

つまり、確実に親にバレます。
「親バレなしで借りたい」というのは、バンクイックの場合は難しいんですね。

専業主婦にしても、その他の職業にしても、かなり借りやすいというのがバンクイックの魅力ですが、学生に関しては厳し目の基準になっています。

他の銀行カードローンなら親の同意なしで借りられるところも多いです。
どうしても「親にバレずに借りたい」という学生さんは、そちらの方がいいかも知れません。

ちなみに借入限度額は「10万円まで」になります。
大人にとっては少額ですが、学生さんならこれでも十分でしょう。

職場への在籍確認は、テレビ窓口審査なら回避できる場合も

バンクイックは、基本的に「在籍確認必須」です。
つまり、必ず職場への電話連絡が行きます。

しかし、いくつかの体験談によると「テレビ窓口での審査なら、電話連絡なしの場合もある」とのこと。
実際、土日・祝日に職場が休みの場合、在籍確認必須なら「土日・祝日は融資できない」ということになります。

でもバンクイックは「土日・祝日でも即日融資可能」というのが売りですから、この点は柔軟に対応しているのかも知れません。
これまでの信用情報・与信状況などを見て「この人なら問題ない」と思ったら、職場が休みの時に限って、電話連絡なしでもOKとなる…という可能性があります。

何にせよ「絶対に在籍確認がある」という銀行カードローンよりは、「電話確認を回避したい」という方にとって、借りやすいかと思います。

審査にかかる時間はどのくらい?→最短で30分

三菱東京UFJ銀行のカードローンは、審査も非常にスピーディー。
最短で30分という、消費者金融と同じ速度で審査してくれます。

もちろん、消費者金融より審査基準が厳しいので、実際にはもう少しかかることが多いです。
しかし、大体1~2時間見ておけば審査~融資まですべて終わると考えていいです。

(その申込者の信用度によっては、もっと時間がかかることもありますが)

即日審査を受けられる時間帯の広さといい、三菱東京UFJ銀行の借りやすさは銀行カードローンの中で群を抜いています。
「急ぎでお金が必要」「でも、消費者金融でなく銀行カードローンで借りたい」という場合、三菱東京UFJ銀行が間違いなくベストでしょう。

限度額100万円までは、収入証明書なしで借りられる

バンクイックは、借入限度額100万円までのラインは、収入証明書なしで借り入れ可能。
これは、他の銀行カードローンに比べるとやや少な目のラインです。

他の銀行カードローンだと、みずほ銀行の「200万円」や三井住友銀行の「300万円」のように、もっと大きい金額まで収入証明書なしでOKだからです。

しかし、実際にはそのくらい大きい金額を借りる時には、収入証明書の用意くらい平気…という方が多いでしょう。
「ちょっと数十万円借りたいだけ」という時には、収入証明書の用意は面倒かも知れません。

しかし、数百万円レベルの借り入れなら、大抵の方はそのくらいの準備は問題ないと感じるはずです。
ということで、これはバンクイックのデメリットというほどではないかと思います。

最高限度額は500万円、専業主婦は30万円

バンクイックは最大でいくらまで借りられるかですが、これは500万円です。
500万円まで借入可能になる方はめったにいませんが、300万円くらいから始まった人が、コツコツ返済を積み重ねて信頼されると、このくらいに増額されます。

専業主婦の方の場合、最初は30万円から始まることがほとんど。
夫の収入証明書などは出さないので、誰でも平等なラインから始まります。

その人のクレジットスコアなどによって多少金額が前後しますが、「専業主婦でも大体30万円借りられる」と思っておいていいでしょう。

バンクイックの即日借り入れは、何時までOK?

先にも書いた通り「20時」ですが、これは「テレビ窓口で審査する」場合。
そして「振り込みでなく、現金での直接借り入れでいい」場合です。

もし、どこかの銀行口座への振り込みが必要なら、20時では間に合いません。
銀行が閉まる15時より前、つまり14時30分くらいには審査が完結している必要があります。

審査に2~3時間かかるとしたら、正午がギリギリ。
つまり、午前中には申し込みが必要ということです。

そうすれば、銀行が閉まる15時より前に、あなたの口座に振り込んでもらうことができます。
このように、同じ即日キャッシングでも「振り込み希望」の場合、早めの申し込みを意識してください。

三菱東京UFJ銀行カードローンは、アルバイト・パートでもOK

バンクイックは、パート・アルバイト・フリーターの方でも借りられます。

パートをしていない専業主婦の方の場合、住民票などを用意して「配偶者貸付」というシステムで借りますが、パートをしていれば「自分の収入」で借りられます。

アルバイトだけで生活しているフリーターの方も、もちろん大丈夫。
月収いくらあれば大丈夫という基準はありませんが、とりあえず月4~5万円くらいが目安になるでしょう。

(勤続年数や仕事の種類、自宅の情報など、あらゆる条件で異なります)

何にせよ、自分の収入がある人に対しては、三菱東京UFJ銀行のカードローンの審査はやさしいです。
借入残高やこれまでの信用情報に問題がなければ(返済トラブルを起こしていなければ)、大抵OKと考えてください。

バンクイックの審査の難易度は?ゆるい?厳しい?

バンクイックの審査の難易度は、銀行カードローンの標準レベル。
ゆるくも厳しくもありません。

ただ「審査の受けやすさ」では、間違いなく銀行カードローンで最強です。
これまで書いた通り、即日審査の受付時間が圧倒的に長いですし、無収入の専業主婦の方の必要書類でも融通がききます。
(旦那の同意書なしでOK、など)

唯一審査が他よりも厳しいのは学生の場合。
学生のキャッシングについては、普通の銀行は「20才以上」「バイト収入あり」という条件でOKなのですが、ここだけ三菱東京UFJ銀行は厳しいです。

(なので、学生のキャッシング希望者の方の口コミや評判が、あまり良くないのですが…。しかし、しっかり審査するのは当然いいことです)

バンクイックの金利は、高くも低くもない

バンクイックの金利について、よく「金利が安い!」「低金利で人気!」などと書いているサイトを見ます。
しかし、他の銀行カードローンと比べて、別に高くも安くもないことはすぐにわかります。

バンクイックの金利は「1.8%~14.6%」。
みずほ銀行カードローンの金利は「4.0%~14.0%」なので、みずほ銀行の方が安いことがわかります。

みずほ銀行はたまたま安いですが、他の銀行は大体バンクイック(三菱東京UFJ銀行)と同じレベル。
なので、三菱東京UFJ銀行のカードローンの金利は「高くも低くもない」のです。

(なお、消費者金融の金利と比べたら当然、かなりの低金利です。消費者金融の金利は大体「4.5%~18.0%」です。

コンビニのATMはすべて利用手数料無料!借入・返済がしやすい

バンクイックのメリットは山ほどあるのですが、これもその一つ。
「コンビニのATMが、すべて利用手数料無料で使える」ということです。

セブンイレブンなどの大手コンビニはもちろん、中小のチェーン店でも無料で使えます。
コンビニで手数料無料で使えない所はない、というくらいです。

また、三菱東京UFJ銀行のATMも、夜間・土日ともに「手数料無料」です。
普通の預貯金の引き出しよりも手数料が安いわけですね。

(これだけカードローンの利用者が優遇されるのは、それだけ金利で三菱東京UFJ銀行にお金をもたらしている、という裏返しなのですが)

三菱東京UFJ銀行カードローンの申し込みで必要な書類

バンクイックの審査・申し込みで必要な書類は、基本的に「本人確認書類」だけ。
身分証明書とも言いますが、バンクイックでは種類が指定されています。

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • パスポート

のどれか1点です。
保険証に顔写真がついていなくても、1種類でいいようです。

「住民基本台帳カード」や「印鑑証明書」は、他の銀行カードローンでは認められることが多いですが、三菱東京UFJ銀行ではダメかも知れません。
これらしか本人確認書類がないという場合、これでもいいかどうか電話で問い合わせる必要があります。

バンクイックの審査で、収入証明書が必要になるケース

バンクイックは、限度額100万円以上を希望する場合、収入証明書が必要です。
また、希望金額は100万円未満でも「自営業・法人経営者」の方などは、収入証明書が必要。

これはバンクイックに限らずすべての金融業者が採用しているシステムです。
やはり不安定な職業な方の場合、どうしても所得証明書が必要なのです。

こうした自営業・個人事業主の方が提出する書類は「確定申告書」「納税証明書」「住民税決定通知書」などです。
サラリーマンの場合「源泉徴収票」「納税証明書」を提出します。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査に関する口コミ

ここまでも三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査基準については書いてきましたが、ここからは特に「口コミ・評判」という観点から、三菱東京UFJ銀行・バンクイックの審査について語っていきましょう。まず、自分の収入がない専業主婦のキャッシングについて、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は有利と言われているので、そうした専業主婦の借入審査に関する口コミ・評判から、説明していきます。

配偶者の同意書の提出に関する口コミ・評判

まず、自分の収入がない専業主婦の方々お金を借りる時に気になるのは、その借入先が三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」であっても、あるいはそれ以外の銀行のキャッシングや消費者金融であっても「配偶者の同意書(夫・旦那の同意書)を提出する必要があるか」…ということでしょう。夫・旦那の同意書の提出が必要なら、夫バレ・旦那バレしてしまうということですし、逆に提出しなくていいのであれば、夫・旦那に内緒でキャッシングができるということになります。

なので、当然ほとんどの専業主婦の女性にとって「配偶者の同意書なしでも借りられる」という銀行カードローン・消費者金融の方が有利なわけですが、その点、ネット上の評判・口コミでは、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は「配偶者の同意書を提出しなくても、専業主婦が借入審査に申し込める」という風に言われています。

これについては、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の公式サイトで商品説明書を見ても、確かに「配偶者の同意書の提出が必要です」ということは書かれていません。ただ、逆に「提出は不要です」ということも書かれていないので、その専業主婦の女性のクレジットスコア・信用度によって、提出が必要になるかどうかが分かれるというのが正解かと思います。これはキャッシングの知識を持っている人(と思われる方々)のインターネット上の評判・体験談によっても書かれていることです。

婚姻関係の証明書の要不要についての評判・体験談

続いて、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」での専業主婦の審査に関するインターネット上の口コミ・評判の中でも「婚姻関係の証明書の提出が必要かどうか」という点について解説していきます。まず「婚姻関係の証明書とは何か」という疑問を持つ方もいると思いますが、これは住民票・戸籍抄本・戸籍謄本など、それを見れば確かにその女性(男性でもいいですが)が結婚していることがわかるという書類になります。

言うまでもありませんが、別に住民票や戸籍謄本というのは「結婚していることを証明するため」に発行されている書類ではありません。特に住民票については、その住所に確かに住んでいる、ということの証明として用いられることが多いでしょう。

しかし、住民票謄本のように内容が詳しい住民票であれば、夫・旦那の情報も載っているので、結婚していることがわかります。戸籍抄本・戸籍謄本も同じです。ということで、結果的に、その書類を見れば結婚しているかどうかが把握できる、というのが婚姻関係の証明書・結婚証明書ということになります。

結論を書くと、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査で、専業主婦がお金を借りる時、この婚姻関係の証明書が絶対に必要になるのかどうかはわかりません。この件に限られた話ではないのですが、ネット上の評判・口コミでよく言われている通り、キャッシングの審査の内容や借入資格・提出書類などに「絶対」というのは基本的にないので、何とも断言できないのです。

もちろん、たとえば「自分の収入がない専業主婦は借入不可」とか「学生はキャッシングできない」とか、あるいは「20才未満・未成年・10代では借入不可」というような条件については「絶対」です。みずほ銀行カードローンで「土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資ができない」というのも同様ですね。このような「システム」として決まっていることについては、確かに絶対です。

しかし、そのように決定していることでなければ、公式サイトに明記されていない審査条件・提出書類などについては「ケースバイケース」というのが、正しい答えになります。インターネット上の評判・体験談ではよく「○○が絶対に必要です」とか、逆に「不要です」と断言するような口コミ・評判・書き込みがよく見られますが、基本的に断言できることと、そうでないことが、厳然として存在している…ということを知って下さい。

婚姻関係の証明書は夫バレ・旦那バレには関係ない

これは三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査以外でも言えることで、どの大手の銀行カードローン(あるいは中小の消費者金融)で専業主婦がキャッシングをする時でもそうなのですが、婚姻関係の証明書を提出することによって、キャッシングが夫バレ・旦那バレするということはないのです。

それはそうですよね。夫・旦那の同意書だったら、確かに夫・旦那・配偶者本人に許可を得る必要があります。そうでなく、勝手に配偶者の同意書を記入してしまったら、虚偽記載になりますからね。軽度の詐欺になってしまうわけです。

一方、婚姻関係の証明書については夫・旦那からもらう必要はありません。自分で市役所や区役所に行って、住民票謄本や戸籍抄本を発行してもらう(あるいは婚姻届受理証明書でもOK)というだけなのです。だけと言ってももちろん手数料はかかりますし、時間もかかります。しかし、配偶者の同意書のように夫・旦那からもらう必要はないので、夫バレ・旦那バレしないという点で、専業主婦の女性にとっては安心ですし、精神的な負担もかからない…ということが多くのインターネット上の評判・体験談で指摘されています。

夫・旦那の所得確認資料についてのクチコミ

続いて、自分の収入がない専業主婦が三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」でお金を借りる時、夫・旦那の収入確認資料が必要かどうか…という点に関する口コミ・評判について書きます。結論を書くと、三菱東京UFJ銀行・バンクイックの公式ページでは、夫・旦那の所得確認資料が必要ということは書かれていませんし、インターネット上の評判・体験談でも「不要」という指摘が多いです。もちろん、これもここまで書いてきた通り、ケースバイケースでその専業主婦の女性の信用度・クレジットスコアによっては必要になる…ということがあるかも知れません。

キャッシングの審査の条件というのは、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」にしても、その他の大手の消費者金融・銀行カードローンにしても、あるいは借入審査に申し込む人の職業・属性が専業主婦の女性であってもなくても、とかく「決まったルールがない」というものです。なので、ここでも確定的なことは関係ないのですが、基本的に、夫・旦那の収入確認資料は、三菱東京UFJ銀行・バンクイックの審査でも提出しなくていい…という風に考えて下さい。

何で、夫・旦那の収入確認資料なしで専業主婦の女性が借り入れをできるのか

キャッシング・消費者金融に関するインターネット上の口コミ・評判が集まるサイトでも、この点はよく疑問視され、質問もされています。つまり専業主婦の女性が借り入れ・借金をできるのは、夫・旦那の収入によってなのに、どうして夫・旦那の所得証明書を提出しなくていいのかということですね。確かに、ネット上の評判・口コミを書き込むような方々にとって、この点は疑問に思うことの一つでしょう。一般的な感覚でで考えても、よく考える前は、不思議に思うかも知れません。

しかし、冷静に論理的に考えるとわかります。箇条書きで下のように説明できます。

  • 専業主婦の女性ということは、誰かがその女性を養っている
  • その人の収入は、少なくとも日本人の平均レベルで安定しているはずである(でないと専業主婦など養えない)
  • 一般的な日本人の世帯の収入があるなら、その範囲内で問題ない金額を貸し付ければいい

ということです。なので、たとえば三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」では、専業主婦の女性は最高で50万円までという与信枠の設定になっていて、それも、「実際の最高借入枠は、それぞれの利用者個人によって決まる」という風になっています。

さすがに専業主婦の女性であっても、10万円の借り入れ(それも三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のような低金利な借入先からのキャッシング)で破産することなどありませんし、借入超過者・多重債務者になることもありません。10万円ならもちろんですし、大体一般的に考えて、30万円程度であれば、いくら自分の収入がない専業主婦であっても、まず破産することなどない…ということがわかるでしょう。

そのため、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」にしても、同じメガバンクのみずほ銀行カードローンにしても、無収入の専業主婦の借入限度額は30万円まで…という設定になっているわけですね。大手の銀行カードローンでは、イオン銀行カードローンBIGや楽天銀行スーパーローンが「50万円まで」という最大融資枠・最高借入枠を専業主婦の女性に対して設定していますが、これはやはり少数派で、大体は三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のように「30万円」までとなっています。(この辺も、インターネット上の評判・体験談を見るとよくわかります)

パートの主婦のキャッシングについてのクチコミ

続いて、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のキャッシングについて、パートの主婦がお金を借りる時にはどのような審査になっているのか、ということに関わる口コミ・評判を紹介していきます。ここまでは自分の収入がない専業主婦について書いてきましたが、ここからは自分の収入があるパートの主婦…ということですね。

バンクイックでも、パートの主婦は問題なくキャッシングできる

これは僅少でもカードローンの知識がある人にとってはほぼ常識でしょうが、パートの主婦は、三菱東京UFJ銀行・バンクイックのような銀行カードローンでも、アコム・プロミスなどのような消費者金融でも、借入資格としては、まったく問題なくクリアしています。つまり、審査に通るかどうかは別にして、申込資格・借入資格は完全に満たしているということです。自分の収入があるというのが、キャッシング・カードローンでお金を借りるための必須条件であり最低条件ですからね。逆に言えば、それさえクリアしている人であれば、基本的に誰でもキャッシングの審査に申し込む資格がある…ということです。(このあたりは、インターネットを使って評判・口コミを確かめるまでもなく、大体わかることでしょうが、)

パートの主婦は、月収がいくらあれば借入可能か

上の段落のように「パートの主婦でも、三菱東京UFJ銀行・バンクイックでキャッシングができる」ということがわかったら、次にインターネット上の口コミ・評判から調べたいのは「月収・年収がいくらあれば、キャッシング可能になるのか」ということでしょう。これは当然ですね。極端な話、パートの主婦といっても、月収が1万円だったら、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」はもちろん、大手の消費者金融どころか中小の消費者金融・街金業者すら審査に通らないでしょうから。(ヤミ金融すら貸さないと思います。最近はヤミ金融も意外と不景気で、審査が厳しくなっているそうです)

さて、そのような前置きはさておき、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査に関するインターネット上の評判・体験談では、パートの主婦が借入審査を通過するために必要な月収、あるいは年収はいくらくらいと言われているのか。賢明な読者の方々なら想像はつくと思いますが、最終的にはケースバイケースという前提で、大体月収8万円以上となっています。人によっては「月収5万円からでも借入可能では」と思うかも知れませんし、確か消費者金融に三菱東京UFJ銀行・バンクイックの口コミ・評判を見ていると、そのような書き込みも随所で見られます。

ただ、そうしたインターネット上の評判・体験談がどこまで事実かということはわかりませんし、仮に本当だったとしても年収・月収・収入・お給料・報酬以外の条件がすべて良好で、全体的にクレジットスコア・信用度が高い人だったのかも知れないという懸念・疑念が残ります。つまり、その他の、収入や年収以外の状況・条件が全部普通というパートの主婦の場合、ギリギリの月収というのは、大体8万円程度だろうということです。この辺は、特にカードローン・キャッシング・消費者金融に関する情報や知識を有していない…という人でも、何となく感覚で理解できるかと思います。「確かに、月収8万円あるパートの主婦だったら、自分が三菱東京UFJ銀行・バンクイックでも安心して融資するわ」と考える方が多いでしょう。5万円だと微妙ですけどね。

ということで、絶対に月収8万円、あるいは月収7万円と言うように確定しているわけじゃないのですが、審査通過率がある程度高くなる月収としては、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査でも(パートの主婦の場合は)8万円程度…という風に考えて下さい。

キャッシングの審査で月収が必要になる理由

これは三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」以外でも共通して言えることなのですが、キャッシング・消費者金融の審査で月収・年収がある程度必要になる理由というのは「返済のため」とか「経済力を見るため」ということだけではありません。これはインターネット上の口コミ・評判ではほとんど書かれていないことなので、ここで補足しておきましょう。

確かに金額としての月収・年収も必要なのですが、それだけではなく、特にパート・アルバイトで月収・年収が高いということは、それだけ多く働いているということであり、今後も働き続ける可能性が高いということです。つまり金額もさることながら「おそらく、この人はこの仕事・パート・アルバイトを今後も一定期間続けてくれるだろいう」という安定感・安心感に対する評価につながる…ということなんですね。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」でもそうでしょうし、他の消費者金融・銀行カードローンでもそうでしょうが、業者・ブランド・銀行側にとって一番怖いのは、その利用者が退職して無職・ニート・失業者になってしまうということなのです。日本人の大人であれば、何かしら仕事をしている限り、職業・属性がパート・アルバイト・フリーターであっても会社員・OL・公務員であっても、とにかく返済はできます。

もちろん、高額借り入れ・大口キャッシングをしている場合には、ある程度の高年収でなければ返済に時間がかかる、返済期間が長くなる…ということはあるでしょう。しかし、それでもマラソンではありませんが「毎月返済しているうちに、そのうち全額返済できる・完済できる」というのは確かです。走り続けているうちに、いつかはゴールできるということですね。

しかし、これが退職したり、あるいはリストラされたりクビになったり…という風になると、マラソンの棄権と同じで「その時点で、全額返済できるかどうか、危険信号が灯る」ということです。すぐ再就職できればいいですが、大抵クビやリストラになる人、あるいは懲戒免職になるような人は、いい条件の再就職ができないし、自分からやめた人であっても、よほど能力があって、引き止められるのを振り切って退職したような人でなければ、前より収入は下がるというのが基本です。つまり「仕事をやめる=キャッシングの返済・銀行カードローン・消費者金融の返済において、極めて危険」ということなのです。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」にしても、その他の金融機関やキャッシング業者にしても、このあたりは長年の経験で熟知しているので、「仕事をやめるリスクが高い人に対しては、融資をしないか、相当審査が厳しくする」というスタイル・体制になっているわけですね。(だから、水商売・ホストクラブ・キャバクラ嬢などの方々は、高収入であっても審査に通らないことが多いのです)

逆に、ここまで書いてきている通り、たとえばパート・アルバイト・フリーターで月収8万円以上稼いでいる…というような方の場合「職場から必要とされているし、本人もその仕事にある程度馴染んでいる」(少なくとも、やめられない事情がある)ということは想定できないので「すぐ仕事をやめる・退職する」という可能性は低く、審査の通過をしやすいということです。

学生の借入審査についての評判・口コミ

ここまでは、パートの主婦や自分の収入がない専業主婦の借入審査について(三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の場合での)評判・口コミをまとめてきました。ここから先は、三菱東京UFJ銀行・バンクイックで学生がお金を借りようとする時の審査について、そのインターネット上の評判・体験談がどのようになっているか…ということを説明していきます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」では親権者の同意書が必須

まず、一番インターネット上の口コミ・評判でよく書かれていることは、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」では、学生がお金を借りる時には、審査で親権者の同意書を提出する必要があるということ。つまり、その学生のキャッシングに親御さんが賛成していないといけない…ということです。

ほとんどの人は、学生さんは「これは無理だ」と感じたでしょう。学生のキャッシングを許可する親など、基本的にいないからです。単純に叱られて、バイトをするようにいわれるか、あるいは親御さんがお金を立て替えてくれるか…というどちらかでしょう。いくら三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のようなしっかりしたキャッシングを利用するとはいえ「わかった、借り入れしてこい」などという親御さんは、まずいないはずです。(少なくとも、日本人の一般的な感覚からすると、そのような反応をする親御さんが多いはずです。)

ということを考えると、多くのインターネット上の評判・体験談で言われている通り、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、確かに学生借入可能となっているものの、実際にキャッシングをするのはかなり厳しいということになります。審査通過率として厳しいというより、そもそも学生という職業・属性・立場に対しての信用度が、日本全国でそれほどない、ということが言えるでしょう。

銀行カードローンは学生の借入に対して厳しい

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」はまだ「学生の借入に対応しているというだけで、やさしい」ということは、キャッシング・カードローンについてのインターネット上の評判・体験談でもよく言われています。親権者の同意書が必要という条件は確かに学生にとって「審査が厳しい」ものであり、「審査が甘い・ゆるい」の反対に属するものですが、それでも「まだ、借入資格があるだけまし」ということですね。

たとえば、横浜銀行カードローンや静岡銀行カードローン「セレカ」、イオン銀行カードローンBIGなどは、学生の借入が最初から不可能となっています。親権者の同意書の提出をしようが何をしようが、学生がお金を借りることは、最初からできないということですね。

これはインターネット上の評判・体験談でそのように書かれているということではなく、それぞれの公式サイト・商品概要説明書でハッキリ書かれている・明記されているということです。このように、特に地方銀行のキャッシングを中心として、学生が銀行カードローンでお金を借りるのは難しいというのが、全体的な傾向なのです。

その他、三井住友銀行・オリックス銀行などのキャッシングも、学生では審査に通るのが相当厳しいと言われています。学生のキャッシングが不可能と明記されているわけではありませんが、三井住友銀行カードローンにしても、オリックス銀行カードローンにしても、インターネット上の口コミ・評判では「学生の借入不可」という記載が多いです。

ネット上の情報というのは、誰もが知っている通りあまり当てにならないものなので、こうした書き込みについても参考程度とした方がいいでしょう。しかし、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」が「親権者の同意書が必要」というように、学生審査に対して具体的な条件を定めているのと比較するとオリックス銀行カードローンだろうと三井住友銀行カードローンだろうと、これらのキャッシングの審査は、バンクイックよりも学生に対して厳しい(甘い・ゆるいの反対)ということがわかるでしょう。

最短即日融資についてのバンクイックの口コミ・評判

ここまでは、自分の収入がない専業主婦・パートの主婦・学生・アルバイト・フリーターなどの職業・属性について、借入可能かどうかということを中心に、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の評判・口コミを紹介してきました。ここからは「最短即日融資」についての三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の情報や、このテーマに関連する評判・体験談をまとめていきます。

大手の銀行カードローンで3番目に最短即日融資がしやすい

バンクイックの最短当日借入に関する評判・口コミを総合して結論を出すと、見出しの通り「大手の銀行カードローンでベスト3に入るレベルで、最短当日キャッシングがしやすい」ということができます。なので今すぐお金を借りたいという人で、特に低金利な銀行カードローンでキャッシングをしたい…という方にはおすすめということですね。

なぜ、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」が「3番目」というランキングで最短即日融資において有利ということが言えるのか。その根拠は下のようになります。

  • 平日の最短当日審査の受付時間が、20時までである
  • 新生銀行カードローン レイクは21時まで
  • 三井住友銀行カードローンも同様に21時(夜9時)まで
  • *いずれも店舗や状況・条件によって変わることがある

このように、まず最短当日審査の受付時間という視点でみると、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は大手の銀行カードローンで3番目…ということですね。

これは平日の最短当日審査の受付時間なので、「土曜日・日曜日・週末・休日だとどうなるのか」ということを知りたい方もいるでしょう。次は、どのような土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資に関する、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の評判・体験談から得た情報・知見をまとめていきます。

土日・祝日の最短即日融資はどうなる?

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」で、土曜日・日曜日や週末・休日にお金を借りようとする場合、その最短即日融資はどのようなシステムになっているのか。まず引き続き「最短当日審査の受付時間」という条件でみると、バンクイックの受付時間は下のようになっています。

  • 土曜日・祝日…18時まで
  • 日曜日…17時まで

このように、平日の20時(夜8時)までという最短当日審査の受付時間に比較すると、少々短縮されるということですね。もちろん、インターネット上の口コミ・評判でもよく書かれている通り、ほとんどの銀行カードローンは土日・祝日の最短即日借入すら対応していなかったりしていても、14時や15時で締切時間になってしまう…ということがほとんどなのです。

そのような条件と比較すると、17時や18時までという時間設定になったとしても、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資が、他の銀行カードローンよりかなりしやすいというのがわかるでしょう。

ここでは参考として、そのようなインターネット上の評判・体験談が集まるサイトでも指摘されている「土日借入自体できない銀行カードローン」というのが、どのようなキャッシングブランドなのか、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」との比較のために紹介していきます。

土日借入自体ができない銀行カードローン

下の銀行カードローンは、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」と違って、すべて土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資ができないようになっています。(融資だけでなく、審査自体していません)

  • みずほ銀行カードローン
  • 静岡銀行カードローン「セレカ」
  • 横浜銀行カードローン
  • その他地方銀行のカードローン多数

という風です。「地方銀行のカードローン多数」というのは少々曖昧ですが、ほぼ90%くらいだと思って下さい。(地方銀行のキャッシングについてのインターネット上の評判・体験談でも、やはりそのように書かれています。)

このように、そもそも、土日・祝日の最短即日キャッシングができないという条件の銀行カードローンが多いという中で、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は多少最短当日審査の受付時間が時短になるとはいえ、土日借入ができるわけです。そういう点では、決して不利ということはない…という点を理解して下さい。

(と言うより、三菱東京UFJ銀行・バンクイックは土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資でも、新生銀行カードローン レイク・三井住友銀行カードローンについで、ベスト3の借りやすさになっているのです。借りやすさというのは、もちろん審査の甘さとかゆるさという意味ではなく、システムが充実している・整備されている…という意味です)

銀行口座なしで最短即日融資できるのもメリット・長所

さらに三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のメリット・長所(土日融資も含む)で、評判・体験談・口コミによってよく言われているのが「三菱東京UFJ銀行の口座を持っていない人でも、最短当日キャッシングをできる」という点です。特に大きいのは、平日だけ口座なしでOKという条件ではなく、土曜日・日曜日や週末・休日でも、三菱東京UFJ銀行の口座不要で最短当日借入ができるという点にあります。

カードローンの知識がある人だったら、この意味がどういうことかわかるでしょう。「平日は口座なしでも最短当日借入ができるけど、土日・祝日・週末・休日になると口座が必要になる」という「変わり身」の設定になっている銀行カードローンは、割と多いからです。

土日・祝日は口座が必要になる銀行カードローンとは?

具体的に、どのような銀行カードローンが、土曜日・日曜日・週末・休日・祝日だけ口座が必須という条件になるのか、銀行名を一覧にすると下のようになります。

  • ソニー銀行
  • オリックス銀行
  • 楽天銀行

主にこの3つの銀行カードローンですね。このあたりは、キャッシング・カードローンの情報を専業としているライターさんが書いた記事でも、あるいは普通の消費者・ユーザーの方が書かれた口コミ・評判でも、よく書かれていることなので、カードローン・消費者金融に興味がある方なら、何度もこの一覧を見たことがあるでしょう。

土曜日・日曜日だけ口座が必要になる理由

これについても、多くの評判・口コミで触れられているので、すでに熟知している方も多いかも知れませんが、理由は本来銀行振込による融資ができない日時(銀行が閉まっている日時)でも、同じ銀行の口座同士であれば、銀行振込が反映されるという点にあります。

これを聞いて「ああ」と思った方もいるかも知れません。「15時以降は、銀行振込をしても反映されない」というのは、多くの人が経験で知っていることでしょう。そういう場合でも、楽天銀行・ソニー銀行などは主にネット上で展開する「ネット専業銀行」なので、同じ銀行の口座同士なら、データの移動に近い形で振込手続きができるので、24時間、リアルタイムで振込キャッシングができるということですね。

一方、普通の実店舗をかまえる三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行などの「都市銀行・メガバンク・地方銀行」の場合は「実店舗のシステム経由の振り込みなので、基本的に15時以降の振り込みはできない」という風になっているのです。自行同士ではOKの銀行でも、他行からの振り込みはできない…という風になっています。

なので、銀行振込による最短当日キャッシングの手段しかない銀行カードローンは土曜日・日曜日・週末・休日・祝日は、自行の口座同士で融資するしかなく、だから「口座が必須」となるということですね。

自動契約機・ローン契約機があれば、銀行振込自体が要らない

楽天銀行スーパーローンやオリックス銀行カードローンなどが、上に書いたようなシステムになるのは、これも多くの評判・体験談で記載されている知識ですが、「銀行振込に頼らないといけない」仕組みの銀行カードローンだからです。銀行振込以外の方法で、利用者に対して最短即日融資できる銀行カードローンであれば、「土日・祝日でも、その銀行口座なし」という条件で最短当日キャッシングができるようになるわけですね。

その好例が、下の3つの銀行カードローンです。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 新生銀行カードローン(レイク)
  • 三井住友銀行カードローン

これら3つの銀行カードローンは、最短当日借入がしやすい銀行カードローンのベスト3・上位3位としてよく口コミ・評判のランキングでも紹介されていますが、これらの銀行カードローンは、すべてローン契約機・ローン申込機を持っているので、平日だろうと土日・祝日だろうと、いつでも振込キャッシングなしで最短即日融資できるというメリット・長所・利点があります。

つまり「自動契約機・無人契約機でローンカードの発行をして、それを使ってATMで直接借りる」という方法でのキャッシングができるということですね。これだったら最初から「銀行の営業時間など関係ない」ので、土曜日・日曜日だろうと「口座なしで最短当日借入ができる」ということなのです。

ローンカードの発行の締切時間だけは、関係する

言うまでもなく、いくら「口座なしで最短当日借入ができる」という条件にしても、上のやり方(無人契約機・自動契約機でローンカードの発行)だとそのローン申込機・ローン契約機の営業時間のうちにカード発行をしなければいけないということになります。なので、それぞれの自動契約機・ローン契約機の営業時間までには、そこに行ってローンカードの発行をする必要があります。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の場合は、その時間が先にも書いた通り17時~20時(曜日によって変わる)ということですね。そして、三井住友銀行・新生銀行(レイク)については「毎日21時(夜9時)」ということです。なので、こうして見ると「ローンカードの発行ができる時間の長さ」でも、やはり三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」より新生銀行カードローン レイクや三井住友銀行カードローンの方が有利…というインターネット上の口コミ・評判は、当たっているのです。

審査の所要時間に関する評判・体験談

最後に三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査にかかる時間(審査の所要時間)についてのインターネット上の評判・体験談から学べることを整理していきましょう。まず最初に三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の公式ページに書かれている審査の所要時間は「最短30分」となっています。このあたりは、キャッシング・カードローンの世界では常識と言ってもいいほどよく知られていることなので、ある程度この分野について知っている方にとっては「今さら書くまでもない」ということかも知れません。

何はともあれ、そのくらい三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」はスピードキャッシングをしやすい、ということはよく知られています。そして、これもカードローンや金融機関についての情報サイトでよく記述されている通り、新生銀行・三井住友銀行や、静岡銀行カードローン「セレカ」も「最短30分」で審査できるので、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」だけではないということも言えます。

もちろん、並んで「最短30分」というだけで十分すごいですし、大手の銀行カードローンでこれ以上早いスピード審査ができる所はない…、という点でも三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のすごさは変わりません。何はともあれ「他に3つの銀行カードローンが、最短30分という短時間で審査を完了できるようになっている」ということは、これからお金を借りる人であれば、知っておいて損はないでしょう。

大手の消費者金融と同じ審査スピードである

キャッシング・貸金業についての口コミ・評判を書き込んでいる方々がよく記載していることですが、これは「大手の消費者金融の審査スピードと同レベル」です。つまり三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、銀行のキャッシングでありながら、アイフル・アコム・プロミス・モビット・ノーローンなどの大手の消費者金融と同じ速度・スピードで最短当日審査ができるということですね。これはかなりすごいことです。言うまでもないでしょうが。

ただ、やはりスピードキャッシングが最大のウリである大手の消費者金融と、低金利な三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」を比較すると実際に最短30分で審査終了する確率・割合・度合い…という点では、大手の消費者金融が上となります。つまり「大至急お金を借りたい」「今すぐ借り入れ・借金をできないと困る」「数時間でキャッシングができる所は?」というような切羽詰まったニーズを持って、借り入れ先を探している方の場合、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」よりアイフル・アコムなどの大手の消費者金融で借りた方がいい…ということです。

当然、これは三菱東京UFJ銀行・バンクイックのスピードを否定しているものではありません。そもそもの実質年率(金利)がまったく違うわけですから、むしろ、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の「最短30分」で終わる割合が、大手の消費者金融と同じだったとしたら、モビット・プロミス・アイフルなどは立場がなくなってしまうのです。例えて言うなら「高級フレンチなのに、マクドナルドと同じスピード・値段で出されてしまう」というようなものですね。マクドナルドを始めとしたファーストフードの立場がなくなってしまう…というのは言うまでもないでしょう。(ちなみに、一時期これに近い状態で大成功していたのが、言わずと知れた「俺のフレンチ・俺のイタリアン」ですね。最近は少々行き詰まっているという口コミ・評判ですが)

何はともあれ「低金利・低利息」そして「借入種別の評価が高い」という三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のメリット・長所を考えると、「最短30分」で審査できるというだけですごいことなのです。(大手の消費者金融より、その割合が低かったとしても)

審査からテレビ窓口でする場合は、最短40分

実は、キャッシングの審査の所要時間にまつわる評判・口コミ・体験談を見ていると、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査にかかる時間は「最短30分」という口コミ・評判と、最短40分という評判・体験談、両方があります。結論を書くと両方正解で、下のように整理できます。

  • インターネット申込の場合…最短30分
  • テレビ窓口での申し込みの場合…最短40分

という風です。インターネット申込の方は、単純に審査にかかる時間だけが書かれていて、カード発行の時間は書かれていません。一方、テレビ窓口(ローン契約機・無人契約機・自動契約機)の最短40分という時間は「カード発行」の時間も含んでいます。そういう点では、実質両方似たようなもの…という口コミ・評判も多く見られます。

インターネット申込の方が、断然有利

しかし、実は急ぎでお金を借りたい人にとっては、インターネット申込の方が断然便利です。理由は、テレビ窓口で審査から開始する場合は、「移動時間+最短40分」になるけど、インターネット申込をしてからテレビ窓口に移動する場合は「最短30分」だけで終わるからです。

つまり、下のような流れが一番早いわけです。

  • インターネット申込をする
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」が審査を開始する
  • その間、申込者はテレビ窓口に移動する
  • テレビ窓口(ローン申込機に到着)
  • 審査結果が出る
  • すぐその場でカード発行をする
  • 最短即日融資、成功

これが「インターネット申込」の方の最速の流れです。かかった時間は、審査の所要時間の「最短30分」と、カード発行の時間(5分程度)だけなので、合計「最短35分」です。一方「審査からローン契約機(テレビ窓口)でした場合は、下のようになります。

  • ローン申込機に移動する(この時点で、移動時間がある)
  • 到着&審査を開始する
  • 三菱東京UFJ銀行が審査をしている間、待っている(この時間がムダ)
  • 審査完了して、その場でローンカードの発行をする
  • 借り入れ成功

という風です。ここでかかった時間は、「移動時間+最短40分」です。それぞれ、かかった時間を一覧にして比較すると、下のようになります。

  • インターネット申込…最短35分程度
  • テレビ窓口で審査から…最短40分+移動時間

このようにどう考えても、インターネット申込をしてから自動契約機に移動して、審査結果が出るのを待ち構えてローンカードの発行をするというやり方の方が、最短即日融資がしやすくなるわけですね。「移動時間を、有効に活用しているかどうか」ということです。三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のスタッフさんが動いてくれている間、「待ちぼうけ」をするか「その時間に、ローン契約機に移動をするか」という違いです。後者の方がいわゆる「働き者」ですから、最短当日キャッシングをしやすくなるのは言うまでもないことでしょう。

この辺の計算は少々複雑なので、インターネット上の口コミ・評判でも情報が錯綜しています。(つまりどちらが早いのかは、その評判・体験談を書き込んだ人によって、かなりバラつきがあるということです。)

実際、どのくらいの時間がかかるかは、最終的にはその人のクレジットスコア(信用度)によります。なので、実際に三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」で申し込んでお金を借りた方々の、体験談・経験談がばらつくというのは、ある意味当たり前なのです。

そう考えると、一概にインターネット申込が絶対に有利とはいえませんが、上のように物理的に「全て同じ条件」として比較すると、インターネット申込の方が短時間でキャッシングをしやすい…というのは、理解していただけるでしょう。

(だからこそ、今のキャッシングの審査は、インターネット申込が主流になっているのです。)


以上、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査・最短即日融資・キャッシング可能な職業・属性などのポイント・観点について、インターネット上の口コミ・評判を参考にしながら、それらに書かれた情報を整理してお伝えしてきました。繰り返し記載してきた通り、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は最短当日借入がしやすいという点で、特に有利な銀行カードローンです。

  • 急ぎでお金が必要
  • 今すぐに現金がほしい
  • 今日中に資金調達をしたい
  • 借り入れ・借金を大至急したい
  • 当日中にお金を貸してくれる所を探している

というようなニーズを抱えている方、切羽詰まった局面・シチュエーションに置かれている方々は、ぜひ参考にしてみて下さい。

バンクイック申込み窓口

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP