審査 必要書類や在籍確認

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
  • 借入診断
  • 即日審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 専業主婦

オリックス銀行カードローンが人気の理由

限度額重視ならオリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの「限度額は最大800万円」で「金利は1.7%~17.8%」と、限度額が高く最低金利が低いという特徴があります。将来的に高額の枠を低金利で利用したいという方はオリックス銀行カードローンがおすすめです!

オリックス銀行カードローン申込み窓口

※安定した収入がある方

オリックス銀行カードローンの特徴まとめ

最短即日融資はできる?希望金額が少額の場合は、最短当日借入しやすい

オリックス銀行カードローンは最短即日融資可能です。
ただ、大きい金額だと難しいです。

たとえば最高限度額は800万円ですが、800万円の審査には2週間かかったという体験談も。
この金額まで行かなくても、400万円を超えるような希望金額の場合、最短即日融資は難しいと考えましょう。

オリックス銀行の口座がなくても最短即日借り入れOK

オリックス銀行カードローンは、オリックス銀行の口座がなくても最短即日キャッシングできます。
15時までに振込依頼ができればいいので、その前の14時30分くらいまでに審査が完結していればいいでしょう。

ということは、大体午前中(できれば午前9時頃)に申し込めば、最短即日借り入れはかなりの確率でできる、ということです。
(審査に問題がなければ)

銀行カードローンの最短即日融資は「その銀行の口座がないとダメ」ということが多いです。
そのため、その日中にお金が必要という場合、どうしても選択肢が限られてしまいます。

その点、銀行口座がなくても借りられるオリックス銀行カードローンは、急ぎの時も役立つカードローンと言えるでしょう。

土曜日・日曜日・祝日でも最短即日審査可能。振り込みもジャパンネット銀行ならOK

オリックス銀行カードローンは、土曜日・日曜日・祝日でも最短即日審査してくれます。
そして、オリックス銀行の口座があれば、審査に通ればそのまま振り込んでもらえます。

また、オリックス銀行でなくジャパンネット銀行でもOK。
こちらも審査に通れば、土曜日・日曜日・祝日でもすぐに振り込みが反映されます。

その他の銀行の場合、銀行自体が閉まっているので、振り込みはしてもらえても、それが口座に反映されるのは、翌営業日になります。

専業主婦でも借りられるはずだが、申し込みのハードルが高い

オリックス銀行カードローンは「専業主婦では借りられない」と多くのサイトで書かれています。
しかし、実際にオリックス銀行に確かめてみると「専業主婦(無収入)でもOK」とのこと。

とはいうものの、実際に借りようとすると難しいんですね。
まず、申込みフォームの職業欄で「主婦」を選ぶと、「主婦は選択できません」となります。

つまり、申込みフォームから主婦は申し込みできないのです。
あるサイトでは「旦那さんの情報を入力すればいい」と書かれていましたが、それはやめた方がいいでしょう。

キャッシングの審査では、普通でないことは極力しない方がいいのです。
それに、申し込みの前の利用規約などに同意する時「虚偽の申し込みをしない」という内容が書かれているはずです。

もし専業主婦の方がオリックス銀行カードローンで借りたい場合、まずは電話窓口で相談しましょう。
過去にオリックス銀行のクレジットカードの利用履歴があるなど、審査で有利な条件があれば、電話から審査してもらえる可能性もあります。

しかし、専業主婦が申し込みするメリットはない

このように書いたものの、オリックス銀行カードローンに主婦の方が申し込みするメリットはありません。
パートをしていて収入がある主婦の方なら普通に借りられるので、メリットはあるでしょう。

しかし、自分の収入がない専業主婦の方が、わざわざこのように電話を使って申し込むメリットは、特にありません。
他に専業主婦が借りやすいカードローンはたくさんあるので、そちらを利用しましょう。

オリックス銀行カードローンは、パート・アルバイトでも借り入れOK

アルバイト・パートやフリーターの方でも、オリックス銀行カードローンは問題なく借り入れOKです。
上にも書いた通り、主婦の方でもパート収入があれば借りられます。

フリーターやアルバイトの方が、月いくら稼いでいれば審査に通るかはわかりません。
かつてのオリックス銀行カードローンは「年収200万円以上」という基準がありましたが、今は表向きは撤廃されています。

撤廃はされたものの、これに近い厳しい基準はまだ何かしら残っているはずなので、年収150万円くらいは必要…と思った方がいいかも知れません。

学生は融資不可能。親権者の同意があってもダメ

オリックス銀行カードローンの審査はかなり厳しく、学生も融資できません。
三菱東京UFJ銀行などは「学生は、親権者の同意があればOK」となっていますが、オリックス銀行はそれでもダメです。

絶対ダメとは限らないようですが、かなり厳しいと言えます。
学生でオリックス銀行カードローンの審査に通った体験談は、ほとんど聞きません。

基本的に、オリックス銀行カードローンは「会社員のためのカードローン」です。
かつては「年収200万円以上」という基準があったくらいなので、それを考えると、学生が借りられないのは納得できるでしょう。

(学生だと、どれだけ多くアルバイトをしていても、年収150万円程度のはずなので)

職場への在籍確認の電話は必須。職場バレを防ぐには…?

オリックス銀行カードローンは、職場への電話確認を回避することができません。
つまり「在籍確認必須」です。

このため、電話の受け方によっては職場バレする可能性も。
仮に自分が確認電話に出た場合、職場にバレないようにうまく立ちまわる必要があります。

確認電話で聞かれる内容は、ほとんどありません。
「氏名・生年月日・住所」くらいです。

なので、答えるのは簡単ですが、普通の電話では当然こんな受け答えはありません。
怪しまれないようにするには、事前に職場の人たちにこう言っておくのがいいでしょう。

「今日、俺あてに保険屋さんから電話があるかも知れない」
「ちょっと教育ローンを申し込んだから、その審査の電話が来るかも知れない」

と。オリックス銀行からの確認電話も「オリックス銀行」という銀行名は出さず、基本的に個人名で来ます。
なので、このような方法で説明すれば、職場の方々にバレずに借りることもできます。

返済専用口座を作ってもらえるので、家族バレしにくい

キャッシングの家族バレの原因で意外に多いのが、「振り込みの履歴でわかる」というもの。
たとえば振込先の履歴に「楽天銀行」という名前が毎月あれば「何で毎月楽天銀行に振り込んでんの?」と家族に怪しまれることもあります。

しかし、この宛名が自分だったら、まったく問題ありません。
「ああ、ちょっと楽天銀行の自分の口座にお金移しただけだよ」と言えます。

オリックス銀行カードローンの返済専用口座というのは、名義が「自分名義」になっています。
なので、このように「履歴を見られても問題ない」ようになっているんですね。

もちろん、キャッシングを利用していたら必ず家族に通帳を見られる…というわけではありません。
しかし、万が一見られた場合にも安心ということです。

家族バレはしにくいが、最初の郵便物のみ注意が必要

オリックス銀行カードローンの審査は、自宅に電話などはかかりません。
なので、電話によって家族にバレる心配はなし。

しかし、郵便物は届きます。
借入・返済に使うためのローンカードや、契約書類です。

消費者金融のように自動契約機・無人契約機がある場合、これらの郵便物はなしにできます。
ローンカードも契約書類も、全部自動契約機で発行すればいいからです。

その点、オリックス銀行はやや不利です。
オリックス銀行は実店舗がない銀行なので、無人契約機もありません。

なので、これらのローンカードなどは、郵送で受け取るしかないんですね。
しかもこれは「本人限定郵便」で来るので、家族が一緒にいるとバレる危険性があります。

(本人限定郵便が来ることなど、どの家庭でもめったにないですからね)

というわけで、この受け取りだけ注意しましょう。
「オリックス銀行」という名前だけで、「カードローン」とは書かれていないので、たとえば「オリックス銀行のクレジットカードを契約した」などと言えばOKです。

審査に通った後に、家族に内緒で利用するのは簡単

このように家族バレの危険があるのは最初だけ。
その後の利用では、普通に借入・返済している限り、家族に内緒で利用するのはとても簡単です。

返済に遅れても自宅に電話はきません。
あなたの携帯に来るだけです。

その後連続で遅延しても、基本的にまず、自分の携帯にかかってきます。
そして、そこで次の返済日を約束したら、銀行はその日まで、次の電話をしてはいけません。
(そういう法律になっています)

なので、よほど悪質な遅延をしなければ、自宅に電話がかかってくることはないんですね。
郵便物も同じで、最初の申し込みの後以外、郵便物が来ることはほとんどありません。

仮にあってもオリックス銀行だったらそれほど怪しまれることはないものです。
キャッシングの家族バレが怖いという方も、オリックス銀行なら安心と言えるでしょう。

オリックス銀行カードローンの審査の口コミ・評判

最短即日融資で有利なことで知られているオリックス銀行カードローンですが、その審査については、インターネット上の口コミ・評判ではどのように言われているのか、気になる方も多いでしょう。キャッシング・カードローン・消費者金融というのは、食品のように体内に取り込むものではないので「悪い会社に当たったからと言って、食中毒で倒れる」というようなことはありません。

それでもやはり、できるだけ審査に通りやすい所で借りたいとか、今すぐキャッシングできる、スピード借入が可能な銀行カードローン・消費者金融で申し込みたいというようなニーズは、資金需要者の方々に多くあるでしょう。そのような願望・ニーズを満たしてくれるキャッシング先はどこか、オリックス銀行カードローンはそれに該当するのか…、ということは、やはりインターネット上の評判・体験談によって調べるのがある程度正解だといえます。(ネット上の評判・口コミを盲信するのも、もちろんよくありませんが)

ここでは、そのような目的から、オリックス銀行カードローンがキャッシングの利用者の方々のインターネット上の口コミ・評判によって、どう書き込みされているか…ということを、カードローンの知識と絡めて解説していきます。

オリックス銀行カードローンは審査が厳しい?

まず、キャッシング・カードローン・金融機関について書かれたサイトを見ていると、頻繁に遭遇する評判・口コミが「オリックス銀行カードローンは審査が厳しい」とうものです。たとえば、下のようなインターネット上の口コミ・評判が散見されます。

  • 年収が150万円以上ないと借入不可
  • 自分の収入がない専業主婦はキャッシングできない
  • 学生も借り入れ・借金できない

と、主にこの三点です。このようなインターネット上の評判・体験談が見られる…ということですね。これらの口コミ・評判が正しいのかどうか…ということを検証して行きましょう。

オリックス銀行は年収150万円が必要?

結論を書くと、これは間違いです。昔のオリックス銀行カードローンは、確かに年収150万円以上ないとキャッシングできないという時代があったようですが、少なくともここ数年は、まったくそのようなことはありません。つまり、年収制限はないし年収150万円もなくても借りられる、ということです。(ただし、他の審査条件、年収以外の部分の審査項目のデータが良好であれば…ということです。)

これは、オリックス銀行カードローンの商品説明書を見てもわかります。借入資格・申込資格の欄に「原則として、安定収入がある方」ということは書かれていますが「年収100万円以上」とか「年収150万円以上」というような内容は書かれていません。なので、このようなオリックス銀行カードローンの審査についての評判・口コミは、「以前は正しかったかも知れないが、今は間違った評判・体験談である」ということを理解して下さい。

(どんなホームページでもそうですが、キャッシング・カードローン・消費者金融の情報でも、最新の内容を掲載し続けるというのは難しいことなので、管理人さんや評判・口コミを書き込んだ人たちも、別に間違った情報を発信するつもりでなかった、ということも理解して下さい。)

オリックス銀行カードローンは専業主婦では借入不可?

続いて「オリックス銀行カードローンの審査基準は厳しい」という口コミ・評判の根拠の一つですが「自分の収入がない専業主婦のが借りられない」ということがよく書かれています。これはそこまで間違っていない(少なくとも年収150万円という条件ほどは間違っていない)のですが、実は、オリックス銀行カードローンの公式ページでは、無収入の専業主婦は借入不可と、明確に書かれているわけではないのです。あくまで上に書いた通り「原則として安定収入がある人」ということが記載されているのみで、「専業主婦の女性ではお申込みいただけません」というような文面は書かれていないわけですね。

完全に自分の収入がない専業主婦ではキャッシング不可…という銀行カードローンも確かにあります。そのような銀行カードローンの場合は、商品概要説明書の申し込み資格の部分に「専業主婦では申し込みできない」ということが、明記されています。オリックス銀行カードローンでそれが明記されていないということは「自分の収入がない専業主婦でも、条件次第ではキャッシングできる可能性がゼロではない」ということかも知れません。(限りなくゼロに近いかも知れませんが、完全なゼロではない…という推測です。あくまで私の推測ですが)

どんな状況・条件だったら、専業主婦でも借入可能か

具体的に、どのような条件・シチュエーションであれば、自分の収入がない専業主婦でもオリックス銀行カードローンでキャッシングできる様になるのか―。これも当然答えはありません。(当のオリックス銀行カードローンが、原則自分の収入がある方、という条件を設定しているのですから)

ただ、キャッシングについての口コミ・評判が集まるホームページを見ていると、「下のような条件を満たしている専業主婦だったら、借入可能になるのではないか?」という推測としてのクチコミが見られます。あくまで、そういう推測をしている方が、書き込みをしているというだけなので、その点は理解した上で、読んで下さい。

  • クレジットヒストリーが良好である
  • クレジットカードの保有枚数が少ない
  • 他社借入件数・総額がゼロである
  • 自宅が持ち家で、住宅ローンもない
  • 自宅が夫・旦那でなく自分名義である
  • 専業主婦だが、社会的な地位・知名度がある
  • オリックスグループのサービスの利用実績が豊富である

というようなものです。この口コミ・評判が正しいかどうかを検証するために、それぞれの項目・内容を説明していきましょう。

「クレジットヒストリーが良好」とはどのようなことか

消費者信用についての口コミ・評判ではよく見られる単語であり表現ですが「クレジットヒストリーが良好」というのはどういうことなのか。これは「借入・返済の履歴がいい」ということです。具体的には、下のような内容になります。(あくまで一例ですが)

  • クレジットカードを毎月利用している(ショッピングのみ)
  • 毎月予定通り返済している。CIC(シーアイシー)なら「$マーク」がついている
  • 当然、事故情報・異動情報を記録したことはない
  • 過去に消費者金融で借りた形跡がない
  • 銀行カードローンで借りた形跡もない(要はキャッシングをしていない)

ということです。まずクレジットカードは、使わないより使った方が審査で有利になるというのは間違いありません。というのは、これは野球でいう「試合数」のようなもので「その人に実力があるかどうかは、たくさん試合に出ていないとわからない」からです。

まったくクレジットカードを利用していないなら、その人がいざ利用を始めた時、しっかり返済をできるのか、毎月いくらまで支払いができるのか…といういわゆる返済能力が、オリックス銀行カードローンなど、審査する消費者金融・銀行カードローンの側にわからない…ということですね。一方、毎月クレジットカードで支払いをしているなら「この人は、専業主婦であってもある程度お金を捻出できる。返済能力がある」という風に判断できる、ということです。

遅れずに返済していることは、最重要

当然ですが、オリックス銀行カードローンでも、その他のキャッシング先の審査についての口コミ・評判でも言われている通り「クレジットカードを毎月利用している」というだけではダメで、あくまで遅れずに返済している、予定通り支払いをしている…ということが最重要です。延滞・滞納をまったくしていない…ということですね。

これは上の一覧にも書いていますし、インターネット上の評判・体験談でもよく言われていますが、CIC(シーアイシー)という個人信用情報機関の場合、遅れずに返済した月には「$マーク」が記録されます。この「$マーク」がズラッと並んでいる「$マーク」の行進状態…というのが一番いいわけですね。(個人信用情報を照会してみるとわかりますが、これを見ると気分がいいです)

一方、一定期間以上の遅延・延滞をした場合は、これもやはりインターネット上の評判・体験談で言われている通り、「A」マークというものがつきます。これがついていると、クレジットヒストリーとしてはマイナスになります。これだけで、審査が厳しい銀行カードローンやクレジットカードだと、審査落ちしてしまうこともあります。

*インターネット上の口コミ・評判によっては、この「A」マークを「ブラックリスト」とすることもあるようですが、正式にブラックリスト(事故情報・異動情報)とされる重度の延滞というのは「61日~3ヶ月」です。「A」マークは1ヶ月程度の遅延・延滞でもつくので、完全なブラックリストではないと推測できます。(準ブラックリストくらいかも知れません)

消費者金融で借りたことがあると、審査でマイナスになる?

これはカードローン・キャッシングについてのインターネット上の口コミ・評判でも、かなり情報が錯綜している、意見が別れている部分です。「消費者金融で過去に借り入れをした形跡があると、オリックス銀行カードローンなどの金融機関の審査でプラスになるか、マイナスになるか」ということですね。

結論を書くと「あまり借りていない方がいい」「借りたとしても、少額・短期間なほどいい」という風になるようです。これは消費者金融がマイナスのサービスということではなく、要はオリックス銀行カードローンなどの金融機関にとっては、消費者金融はライバルだからです。

過去に借りたことがある人は、今後も借りる可能性があります。つまり「消費者金融という、銀行カードローンにとってのライバルの方に、その人のお金が流れるかも知れない」ということです。「だからこそ、今融資して、こちらに引き止めるべきではないか」という考え方もあるでしょうし、「いや、消費者金融でキャッシングをするような人は、今後も資金繰りに行き詰まって、うちで延滞・滞納をする可能性があるから、融資でいない」という考え方もあるかも知れません。

インターネット上の評判・体験談でも、このどちらかで意見が割れているのですが、賛否両論あって、決着がついていないということは、どちらもある程度正解ということでしょう。最終的には、消費者金融で借りていようがいまいが、オリックス銀行カードローンの審査では「影響するかどうかは、ケースバイケース」ということになるのだと思います。

(曖昧かも知れませんが、要は最後は「全体的な信用度・クレジットスコア・印象」によって決めるしかないのです。キャッシングの審査というものは)

自宅情報と審査についての評判・口コミ

続いて「自宅情報」がオリックス銀行カードローンの審査にどのように関わるか、影響するか…という点についての評判・口コミを見ていきましょう。これは借りようとする人の職業・属性が専業主婦であっても、あるいはパート・アルバイト・フリーターの方々や学生であっても、そして会社員・OL・公務員であっても変わりません。なので、どのような職業・属性の方々にも、参考にしていただけるかと思います。

自宅情報で、キャッシングの審査に影響する項目

まず一覧にすると下のようになります。

  • 同居家族の人数
  • 自宅名義
  • 自宅の種別
  • 居住年数
  • 固定電話の有無
  • 家賃・住宅ローンの支払い金額

このようなものです。まだ消費者金融・銀行カードローンによって審査項目が増えたり、あるいは減ったりしますし、オリックス銀行カードローンの審査の場合も、多少変動するでしょう。しかし、キャッシングの審査全般では、大体このような自宅情報が、申し込みの時に聞かれるということが、カードローンの審査についての口コミ・評判でわかります。

「自宅名義」とカードローンの審査について

これは「持ち家か賃貸か」ということではありません。それは「自宅の種別」の方に入ります。「自宅の種別」という名前で呼ぶかはさておき、自宅名義とは違うということです。たとえば賃貸でも、自分名義で賃貸しているのか、家族名義で借りているのかということですね。「自宅名義の持ち家」もあれば「自宅名義の賃貸」もある…ということです。もちろんその逆で、「家族名義の持ち家」もあります。たとえば専業主婦の女性の場合、持ち家でも大体「夫・旦那の名義」になっているでしょう。あるいは学生さんの場合は、持ち家に住んでいても親の名義になっているはずです。

というのが「自宅名義」で、当然これは「自分名義」である方が有利になります。審査に通りやすくなるということですね。これはオリックス銀行カードローンでも、他の消費者金融・銀行カードローンでも共通していえます。インターネット上の口コミ・評判を見なくても、これは一般常識で何となく分かる・感じることでしょう。

(結婚相手を選ぶ時も、自宅名義の持ち家を持っている…などとなったら、かなり「ポイント」が高くなりますからね。そうした打算だけで結婚相手を探すのが、いいかどうかは知りませんが…)

「居住年数」とキャッシングの審査の関係

続いて、オリックス銀行カードローンでも他の借入先でも言える、「居住年数と審査通過率の関係」について書いていきましょう。これもキャッシング・カードローン・消費者金融の知識と無縁な人でも「居住年数が長い方が、審査に通りやすくなる」というのは、何となく察知できると思います。

居住年数が長い人ほど、キャッシングの審査の通過率が上がる…というのは、下のような理由になります。

  • 同じ場所に住む人は、そこで人間関係ができている
  • だから返済が厳しくなっても、夜逃げなどの行動をしない
  • また、家賃をずっと払っているから、長くそこに住んでいる
  • ↑(家賃を払えなくてあちこち追い出されている人は、居住年数が短い)
  • 統計的に見て、同じ場所に長く居住する人というのは、真面目である

ということです。一言で言うと「居住年数が長い人は真面目」ということに尽きるでしょう。オリックス銀行カードローンの審査でも、インターネット上の口コミ・評判を見る限り、やはり居住年数が長い方が審査に通りやすい…という傾向がある程度見られるようです。(居住年数が長ければ絶対に審査に通るとか、誰でも借りられるということではないのですが)

「家賃が高いマンション」に引っ越した場合は?

カードローン・消費者金融に関わるインターネット上の口コミ・評判を見ていると、たまに居住年数に対してこのような疑問が寄せられています。「居住年数が短くても、たとえば、高額なタワーマンションなどに引っ越した場合はどうなるのか?」ということですね。「お金持ちになったんだから、高額所得者になったんだから、オリックス銀行カードローンでもどこでも、キャッシングの審査で有利になるのではないか?」ということですね。

確かに、一般的な日常生活の感覚だと、そのようになるでしょう。また、カードローンの審査で多少有利になることもあります。しかし、そもそも、家賃が高いマンションや一軒家に引っ越したということは、月々の支払いが増えたということなのです。つまり破産のリスクが上がった…という見方もできます。

要は「収入に対する、家賃のバランス」が大事なんですね。これが圧倒的に低い、つまり負担が小さい場合は、確かに高評価になります。しかし「いい部屋に住んだ分、家賃の割合が高くなった」というのであれば、大抵オリックス銀行カードローンの審査でもどこの借入審査でも、マイナスになることが多い(審査通過率が下がる)ことが多いと思って下さい。居住年数が短くなった上に、月々の金銭的な負担まで増えて、破産のリスクが上がった…ということですからね。

これはキャッシング・消費者金融の知識がある人だったら非常によく知っていることですが、芸能人が消費者金融・銀行カードローンの審査に申し込んでもかなりの確率で落ちるということがあります。これはタワーマンションの話ともよく似ていますが、「イメージが良くても、あるいはお金持ちというイメージがあっても、実際の経済的な安定度とは一致しない」ということです。

キャッシングの審査で見られるのは、申し込み先がオリックス銀行カードローンであろうと、その他の金融機関であろうと「安定しているかどうか」の一点なんですね。居住年数の長さは間違いなく「安定」に直結しますが「タワーマンションに住んだ」ということは、むしろ「不安定度が増した」と、百戦錬磨の消費者金融・銀行カードローンのスタッフさんは判断するのです。彼らは審査だけでなく、督促・回収の現場なども体験しながら、お金と人間の生活の安定性について、幻想抜きの、リアルな現実を知っていますからね。(どんな分野でも、現実を正確に把握している人というのは、少ないものです。銀行カードローン・消費者金融のスタッフさんなどは、お金に関してそれができる方が多いということです。金融・トラベルライターの笠虎崇氏は、元アイフルのトップセールスマンでしたが「消費者金融の社員をやっていると、いい職業とは何かが見えて来る」ということを、先の芸能人の審査の例を出して、書かれていました。

同居家族の人数と、借入審査の関係

続いて、これもキャッシングの借入審査についての口コミ・評判でよく書かれていることですが、同居家族の人数が審査通過率にどのように影響するか、関わるか…ということを書いていきましょう。やはりここまで書いてきた自宅情報の項目と同様に、オリックス銀行カードローンのキャッシングの審査であっても、その他のクレジットカード会社、消費者金融、あるいは銀行カードローンの借入審査であっても、共通点が多いことなので、ぜひ参考にしてみて下さい。

同居家族の人数が多いのと少ないのと、どっちがお金を借りられる可能性が高くなるか、急ぎでお金を借りたい時に、どっちが有利になるか…。というのは、これもやはり何となくわかる方が多いでしょう。「同居家族の人数が多い方が、キャッシング審査の通過率は高くなる」ということですね。

同居家族の人数が多い人というのは、夜逃げがしにくくなります。また、督促・回収の電話がつながりやすいというのもメリット・長所です。一人暮らしだと「仕事で外出していてつながらない」ということがよくありますし、仕事以外でも、とかく留守になることが多いです。(これは、一人暮らしを始めて、宅配便を受け取るようになると、非常によくわかります)

また、実際に出かけていることもあれば「居留守を使っている」ということも当然あります。最近は、キャッシングの督促・回収の電話というのは、オリックス銀行カードローンでもどこでも、申込者の携帯電話にかける…というのが90%以上になっています。正確な統計があるわけではありませんが、大体そのくらい「ほとんど携帯電話」と言っていいでしょう。(スマートフォン・タブレットでも何でもいいですが、要はモバイル端末です)

そうした背景を考えて、インターネット上の評判・体験談が集約されているサイトでも「どうせ携帯電話にかけるんだから、自宅が留守でも関係ないし、同居家族の人数はあまり関係ないのでは?」という指摘も見られます。確かにこれは一理ありますが、本人の携帯電話が通じない時に、自宅電話をかけるという方法が、同居家族がいる場合は使えるのです。

自宅電話への督促・取立ては、最終手段である

言うまでもありませんが、借り入れについてのインターネット上の口コミ・評判にもよく書かれている通り、このような「自宅電話に対する督促」というのはほとんどありません。これをやるとキャッシングが家族バレしてしまうことが多いですし、消費者金融・銀行カードローンとしても最終手段なのです。めったに使いませんし、オリックス銀行カードローンでもそれは同じです。

なので、基本的に誰がどう見ても、自宅への電話をかけられても仕方がない、というような悪質な延滞・滞納をしない限り大丈夫という風に理解して下さい。その前提で話すと、どうしても延滞・滞納者に対する携帯電話の連絡がつながらない場合、自宅にかけるという手が使えるわけですね、同居家族がいると。

同居家族がいない場合でも、固定電話があるなら使えることは使えます。しかし、一人暮らしの固定電話だったら、携帯電話に出ないような人の場合、どうせ固定電話の方も出ない…ということで、これでは督促・回収の効果が全然ないのです。キャッシングについての評判・体験談ではよく指摘されていることですが、このように、延滞・滞納を繰り返す悪質なごく一部の利用者に消費者金融・銀行カードローンが振り回されると、それでコストがかかって、全体の不利益になってしまうという問題点があります。なので、ここは厳しく行かなければいけないんですね。

人間は完璧ではないというのは、誰だって百も承知でしょう。だから、だらしない人がダメということではありません。しかし、他の真面目な利用者がきっちり約束を守っている中で、真面目な人だけが損をして、だらしない遅延・延滞を繰り返す人たちにムダにコストが垂れ流される…というのは、やはり間違っているわけです。人道的に見ても。

ということで、厳しく督促することが必要なのですが、そのためには「同居家族の人数が多く、しかも固定電話があるのが理想」ということですね。オリックス銀行カードローンにしても、その他の大手の銀行カードローン・消費者金融のスタッフさんにしても、取立てや催促など、当然したくありません。しかし、延滞・滞納を何度もする人だったらせざるを得ないので、そうならないように、審査の段階で、自宅情報も含めて、このように厳しく審査をする…ということです。

学生の借入についてのオリックス銀行カードローンの口コミ・評判

続いて、キャッシングの借り入れについてのネット上の評判・口コミで、オリックス銀行カードローンの「学生のキャッシング」が、どのように書かれているか…という内容に迫って行きましょう。結論を書くと、先にも書いた通り「オリックス銀行カードローンでは、学生はキャッシングできない」ということが、多くの口コミ・評判の掲載サイトに書かれています。

しかし、オリックス銀行カードローンの公式ページで商品説明書を見る限り、専業主婦の女性と同様に「学生はキャッシング不可」という文言は、どこにも書かれていないというのが現状です。確かにインターネット上の評判・体験談のように「かなり難しい」のかも知れませんが、とりあえず「絶対に借入不可」というわけではないんですね。オリックス銀行カードローンでの学生の申し込み資格というのは。

では、なぜ「オリックス銀行カードローンでは学生がお金を借りることはできない、キャッシングの申し込み資格がない」という評判・体験談が流布しているのか。これは下のような理由からです。

学生では「安定収入」を得るのが難しい

これは無収入の専業主婦についての部分でも書いてきましたが、オリックス銀行カードローンの審査基準では「原則安定収入がある」ということが、審査の申し込みの条件になっています。そして、借入審査の評判・体験談が寄せられているサイトでは、この点に言及して「学生で安定収入を稼ぐというのは無理なので、オリックス銀行カードローンで学生がキャッシングすることはできない」という口コミ・評判を書いているわけです。

確かに、それは一理あるかも知れません。学生でもアルバイトは大体しているでしょうが、テストや就職活動・卒論の執筆などによって長期間休むことが度々あり、しかもそれが許されているという点が指摘できます。もちろん、学生の本業は学問なので、それはそれでいいのです。

しかし「だったら、学業に専念して、キャッシングが必要な遊びはしてはいけない」というのが、社会的な見方でしょう。「学費のため」というかも知れませんが、それだったら日本学生支援機構の奨学金もありますし、銀行の教育ローンもあります。学生専用ローンも、本当に学費に支払うなら…という条件で、審査基準をゆるめてくれる、甘くしてくれる…というケースもあるようです。(学費の支払いに使う、あるいは使ったという証明が必要なようですが)

ということで、学生のアルバイトというのは、フリーター・パートなどの方々の収入と違って「安定収入」とは言い難いんですね。学生の学問という本分を考えれば、むしろアルバイトによる収入が安定収入になってはいけないということもあるのです。大学生が、そのままコンビニのアルバイトで定着してフリーターになってしまったら、一体何のための大学だったのか…ということですね。それだったら、最初から高卒や中卒でフリーターになればよかったではないか…ということです。

(実際、最近は大学を卒業しても就職がなく、女子大生がキャバクラ嬢や風俗嬢に「就職」したり、男子大学生がコンビニやパチンコ店などのアルバイトに収まってしまう…ということがかなり多いようですが。戦後も「大学は出たけれど」という歌謡曲がヒットした時代がありましたが、現代のそれはさらに深刻だといえます。その背景から、奨学金バッシングも起きているようですが)

何はともあれ、このように学生というのは「在学中も、卒業後も経済的に不安定」という時代なのです。卒業後はともかく、在学中にキャッシングの審査に通りにくい、少なくともオリックス銀行カードローンの審査では相当不利になる…というのは、当然のことでしょう。

個人事業主・会社経営者の借り入れについての評判・体験談

続いて、オリックス銀行カードローンの審査基準の中の職業・属性に関する部分について、話を広げていきましょう。下のような独立系の職業の方々について、オリックス銀行カードローンの審査の申し込みに関するインターネット上の評判・体験談では、どのように人々・大衆が書いているか…ということですね。

  • 法人経営者
  • 自営業
  • 商店主
  • フリーランス
  • 個人事業主
  • 会社代表者
  • 店舗経営者

というように、これら独立系の職業の方々の職業・属性の呼び名はいろいろありますが、呼び方はどれでもかまいません。このような「事業所得者」でも、オリックス銀行カードローンの審査に通るのか、お金を借りることはできるのか…というのが不安で、キャッシングのインターネット上の口コミ・評判を見る…という方も多いでしょう。

収入確認資料を提出すればキャッシングできる

結論を書くと、個人事業主・自営業や法人経営者・会社代表者などの方々については、インターネット上の評判・体験談で、ありとあらゆるキャッシングブランドについてよく書かれている通り、本来提出しなくてもいい年収確認資料を提出すれば、それで申し込み資格としてはクリアできるという風に言えます。オリックス銀行カードローンでもこれは共通です。

「本来提出が不要」というのは、たとえば、オリックス銀行カードローンだったら、借入金額が300万円になるまでは、所得確認資料・年収確認資料を提出しなくてもいいというルール・体制になっているわけですね。他の銀行カードローンも大体そうです。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
  • イオン銀行カードローンBIG
  • 三井住友銀行カードローン
  • じぶん銀行カードローン

これらの銀行カードローンは、すべてオリックス銀行カードローンと同じで「借入希望金額が300万円になるまでは、原則として収入確認資料を提出する必要はない」というルール・システムになっています。また、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」やみずほ銀行カードローンは200万円までという風に、多少金額は違っても、全ての銀行カードローン・消費者金融でこのような仕組みが構築されているわけです。

しかし、これは会社員・OL・公務員やパート・アルバイト・フリーターの方々の場合であって、「個人事業主・法人経営者や、自営業・会社代表者がお金を借りる時には、借入金額にかかわらず、所得確認資料・年収確認資料を提出する必要がある」という状況・条件になっているわけですね。これは差別でも何でもなく「独立して働くというのは、そういうことだ」と、ある程度真面目に事業をしている事業所得者の方々であれば、誰でも知っていることだと思います。

(何しろ、会社の95%が10年で倒産する…というくらいですからね。30年になると、ほぼゼロになるくらいです。数千社に1社ですね)

パート・アルバイトのオリックス銀行カードローンでの審査

さらに、職業・属性に関するインターネット上の口コミ・評判からの解説を、広げて行きましょう。アルバイト・パート・フリーターなどの非正規雇用の方々でも、オリックス銀行カードローンでキャッシングをできるのか、借入審査に通過することが出来るのか…というインターネット上の評判・体験談を参考にしていきます。

結論を書くと、これは大体わかると思いますがパート・アルバイト・フリーターでも、一定の月収があって、その他のクレジットスコア・信用度に問題がなければ、オリックス銀行カードローンでお金を借りることは可能という風になっています。この辺はもう、キャッシング・カードローンの世界では完全に常識になっているので、金融についての情報に精通している方だと、すでに耳タコ状態かも知れません。「アルバイト・パートでもキャッシングができる」というのは、もうそれこそ何度も見聞きしてきた文面であり、カードローンについての情報でしょう。

何はともあれ、そのようにこの道に詳しい人が「耳タコ」になるくらい、アルバイト・パートでも、オリックス銀行カードローンなどの金融機関で借り入れができる、というのは、インターネット上の評判・体験談で繰り返し書かれていることです。なので、少なくとも申込資格・借入資格としては、非正規雇用の方々(アルバイト・パート・フリーターの方々)でも、オリックス銀行カードローンでお金を借りることについて、何一つ問題はないという風に、考えて下さい。

(あくまで申し込み資格をクリアしているということであって、審査に通るかどうかというのは、そこからまた別の次元の話になる…ということも理解しておきましょう)

パート・アルバイト・フリーターの月収はいくら必要か?

キャッシングの審査に特に初めて申し込む人の場合は、カードローンでお金を借りるということがかなり不安なようで、あれこれキャッシングの審査についての質問を、インターネット上の口コミ・評判が集まるサイトの中でもされています。その中でもよく見られる質問が「オリックス銀行カードローンなどで、パート・アルバイト・フリーターがキャッシングをする場合、月収・年収はいくらあればいいのか?」というものです。これはもっともな質問ですね。極端な話「臨時の日払いのアルバイトで、年に一日だけ働く人間でも、パート・アルバイト・フリーターに分類されるのか」という哲学的な問題もあります。

(哲学というのは、実は言葉の定義の学問である…と、高名な哲学者も主張しているくらいです)

そうした視点でみると、「パート・アルバイトでもキャッシング可能」という時の「アルバイト・パート」というのは、一体月収がいくらくらいからを指すのか。少なくともオリックス銀行カードローンの場合は、月収がいくらあればいいのか―。この点は、明確な回答がない…というのが結論になります。キャッシング・カードローン・消費者金融について日頃から調査をしているとよくわかりますが、この分野は「断言する」というのが極めて難しいのです。審査基準も変わりますし、実質年率(金利)などの条件も変わりますし、何よりカードローンの審査自体がそもそも「総合的なクレジットスコア(信用度)で判断する」という、「最後は勘」のような世界ですからね。

(ちなみに、成功している投資家もやはり「最後は勘」という方が多いようです。理論だけで勝てるなら、東大卒の優秀な人たちが、全員成功しているはずですからね)

何はともあれ、そのように「最終的には、わからない」という前提で書くと、下のようになります。

最低月収7万円程度は必要

消費者金融だったら、最低月収5万円程度から借入可能…というインターネット上の口コミ・評判も散見できるのですが、ことオリックス銀行カードローンのような「銀行のキャッシング」の審査となると、ネット上の体験談・評判をチェックしている限り「最低月収7万円は欲しい」「できれば月収8万円か、10万円必要」という風な結論になります。これも繰り返し書いている通り「その月収で、パート・アルバイト・フリーターが絶対にキャッシング可能」ということではありません。

当然ですが、どんなに高年収なアルバイト・パート・フリーターの人であっても、勤続年数が短かったり、ブラックリスト入りしていたりしたら、融資のしようがないからです。勤続年数についてはそこまで大問題ではありませんが、個人信用情報で異動情報・事故情報が記録されているほどの返済トラブルを、過去に起こした人(これがブラックリストですが)は、融資などできるわけがありません。

ということで、必ずしも「月収8万円あれば、パート・アルバイト・フリーターでもオリックス銀行カードローンで借り入れができる」というようなことを書くことはできないし、書くわけにもいきません。しかし、収入面以外の審査項目が、すべて一般的な・平均的日本人のレベルということであれば、大体月収8万円あれば、オリックス銀行カードローンの審査に通ることも可能である…という風に、インターネット上の口コミ・評判を見ている限りは感じられます。

(しかし、あくまでインターネット上の評判・体験談の傾向はそのような内容になっているというだけの情報収集の結果なので、実際にどうかは申し込んでみないとわからない、という点は理解して下さい。)


以上、オリックス銀行カードローンの借入審査・キャッシングの審査について、多くの人が書き込んでいるインターネット上の口コミ・評判を見ながら、それに関連する知識も紐付けしつつ、情報を整理してきました。

特にオリックスクレジット・オリックスレンタカーなどの、オリックスグループの関連サービスを利用している方々などは、その利用実績によってさらに審査に通りやすくなったり、さらに最短即日融資がしやすくなる…という可能性もあるでしょう。(そうしたことも、やはりインターネット上の評判・体験談に書かれていますが、事実かどうかは不明です)

こうしたことから、特にオリックス銀行やオリックスクレジットなどを日頃から使っている方に、オリックス銀行カードローンでの最短当日キャッシングは特におすすめ…ということが出来るでしょう。

オリックス銀行カードローン申込み窓口

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP