審査難易度は?3秒診断~即日融資の流れ

プロミス

プロミス
  • 借入診断
  • 即日審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 専業主婦

プロミスが人気の理由

お手軽さ重視ならプロミス

プロミスのWeb簡潔なら「カード無し」「郵送物無し」で利用可能!カード無しでもスマホ片手にその場でキャッシング!平日の14時までに Web契約完了で即日融資もOKで、スピード重視&お手軽さ重視の方はプロミスをご利用ください。

今すぐプロミスの3秒診断へ

※安定した収入がある方

プロミスの特徴まとめ

プロミスは初回30日間無利息!短期の借り入れなら銀行より低金利

プロミスのメリットは、初回30日間無利息で借りられる、ということ。
1ヶ月で完済したら金利はゼロですし、数ヶ月で返済する場合も、最初の1ヶ月の無利息の効果で、全体の金利は銀行カードローンより安くなります。

プロミスの金利の方が高くなるのは、4ヶ月あたりからでしょう。
(借入金額によって異なりますが)

逆に言うと、3ヶ月程度までの短期の借り入れであれば、銀行カードローンよりもプロミスの方が安い利子で借りられるということです。

最短1時間で、スピーディーな即日融資が可能

消費者金融の審査や融資は速いし、即日融資も当たり前ですが、その中でもプロミスは特に速い業者。
審査は最短30分で終わり、そこから実際の振り込み・借り入れまで合計1時間で終わります(最短の場合)。

なので急ぎでお金が必要な時にも便利。
特に他の貸金業者で当日借入する時のネックである「在籍確認」を省略できるというのも、プロミスの即日借り入れがしやすい理由です。

書類の提出によって、職場への電話連絡をなしにできる

キャッシングの審査では「在籍確認」というものがあります。
あなたの職場に電話して、実際にあなたが働いているかどうかを確認する、という電話。

これは普通は必須なのですが、プロミスでは「書類の提出」によって「電話連絡なし」にできます。
書類は「会社の保険証」「給与明細」ですが、これ以外の条件は特にありません。

一応「在籍確認を回避したい」ということを、電話や無人契約機などから口頭で伝える必要があります。
もしくは、最初に自分の携帯に電話連絡が来る時に、口頭で伝えましょう。

それさえすれば「電話連絡の回避」も可能です。
カードローンを利用する時の職場バレが怖いという方も、プロミスなら安心でしょう。

プロミスは、家族にバレないで借りるのも簡単

職場にバレるのと並んでイヤなのが、家族にバレること。
しかし、これもプロミスならまったく問題なし。
家族に内緒で借りるのも、プロミスなら簡単です。

まず、申し込みの時に自宅に電話がかかるということはありません。
電話が来るのは「自分の携帯」だけで、自宅の電話には連絡は来ないのです。

そして、郵便物も来ません。
普通だと「ローンカード」が後日郵送で送られてくるのですが、プロミスの場合はその郵送もなしにできます。

ローンカードを「自動契約機で発行」すればいいからです。
審査だけネットや電話で受けて、カードだけ自動契約機で自分で発行し受け取る…ということができるんですね。

契約書などの書類もそこで出てくるので、郵送で受け取る必要はありません。

たまに郵便物が来ても、「プロミス」の名前ではないので大丈夫

万が一何らかの事情で郵送物が届いたとしても、「プロミス」という名前は書かれていないので安心。
「SMBCコンシューマーファイナンス」とも書かれていません。
「事務センター」という名義になっています。

封筒のデザインも地味で目立たないので、特に家族バレすることはありません。
家族がプロミスでのキャッシング経験があったりすれば、話は別ですが…。

プロミスは専業主婦では借りられない。パートをしていればOK

プロミスにもデメリットはあります。
その一つが「専業主婦は借りられない」ということ。

専業主婦といっても「パート・アルバイトをしていない」専業主婦の方です。
パートをしている方は問題なく借りられます。

パートの収入がいくらからOKかですが、大体5万円あればOKでしょう(月収で)。
他社での借入残高や、これまでのその人のクレジットヒストリー(キャッシング履歴)など、あらゆる条件によって審査は決まります。
なので、一概には言えませんが、月5万円は一つの目安です。

ちなみに、専業主婦は大手のキャッシングだと、どこも借り入れ不可能。
銀行系カードローンならOKなので、自分の収入がない専業主婦の方は、銀行カードローンで申し込むようにしましょう。

アルバイト・フリーターでも借りられる?

プロミスは、フリーターやアルバイトの方でも借りられます。
どんな職業・属性であろうと「自分の収入さえあればOK」ということ。

この場合も月5万円を一つの目安とするといいでしょう。
それ以下の収入でも借りられる可能性はありますが、返済のことを考えると、借りた後は月5万円は最低でも稼いだ方がいいはずです。

なお、派遣社員や契約社員の方はもちろん借りられます。
嘱託社員なども同じです。

これだけ多くの人が非正規雇用になっている時代ですから、「正社員でない」という理由だけで落ちるキャッシングは、今どきありません。
(正社員や公務員の方が有利なのは間違いありませんが)

学生でも「20才以上」「バイト収入あり」なら借りられる

プロミスは学生でも融資OKです。
「アルバイトの収入がある」「20才以上である」という条件をクリアすれば、問題なく借りられます。

即日融資などももちろん可能。
限度額については10万円程度から始まることが多いです。

もっと稼いでいる学生さんでも「学生」という時点でキャッシングの世界では信用度がやや低いです。
なので、どうしても融資限度額も低めになってしまうのです。

しかし、借入可能金額については、コツコツ返済をしているうちに自然と増額されていきます。
なので、最初は限度額が少なくても、がっかりせずにコツコツ返済実績を積み重ねてください。

プロミスのおまとめローンは、消費者金融の中ではおすすめ

プロミスはおまとめローンも提供しています。
消費者金融では「おまとめローン」専用のプランを用意している所は半分程度。
(他はアコムやアイフルなどです)

なので、おまとめローンのコースがない所よりは、プロミスの方が借金の一本化をする時にもおすすめです。

ただ、銀行カードローンと比べると金利が高いのは確か。
銀行カードローンの金利は高くても「年率14%~15%」ですが、プロミスは最高で「17.8%」です。

これでも他の消費者金融の「18%」よりは安いです。
なので、消費者金融の中ではおすすめですが、銀行カードローンで借金の一本化をできるなら、そちらの方がいいかと思います。

(借り換えローンの場合も同じです)

プロミスは、手数料無料で使えるATMが多い

消費者金融の借入・返済はコンビニ・銀行のATMでもできます。
しかし「手数料が取られる」ということも多いもの。

その点、プロミスは「手数料無料」で使えるATMがたくさんあります。
たとえばコンビニの場合、チェーン店であれば全部無料です。

デイリーヤマザキのレベルはもちろん、もっと小さい無名のチェーン店でも、無料で使えるようになっています。
なので「コンビニならどこでも手数料がかからない」と考えてください。

そして、銀行のATMですが、提携している三井住友銀行はもちろん全部無料。
その他、イオン銀行もOKです。

銀行で「手数料無料」のATMは、やや少ないです。
プロミスは三井住友銀行のグループなので、多くの銀行にとってライバルであるため。

(どの銀行もカードローンを提供しているし、消費者金融の親会社になったりしています)

ということで、銀行のATMは「三井住友銀行、イオン銀行」のみ無料ですが、有料でいいならほとんどの銀行のATMも使えます。

インターネットでの借入・返済は手数料無料で、24時間いつでもOK

プロミスはネットでの借入・返済が特に便利な業者の一つ。
多くの銀行のオンラインバンキングから、手数料無料で24時間借入・返済ができます。
可能な銀行は下の通りです。

・三井住友銀行
・ジャパンネット銀行
・みずほ銀行
・三菱東京UFJ銀行
・楽天銀行

…という組み合わせ。
三大メガバンクが全部揃っているので、多くの方にとって便利でしょう。

プロミスの即日融資は、何時までに申し込めばいいのか?

銀行振り込みで借りたい場合は「午前中」です。
プロミスは申し込みから融資まで最短1時間ですが、2時間~3時間かかる場合もあります。

14時50分までに振込手続きをすれば、その日中に指定の銀行口座に振り込んでもらえます。
ここから「2~3時間」逆算すると、当日借入を確実にするためには「午前中の申し込み」が必要なのです。

振り込みでなく「現金で直接借り入れ」だったら、22時までOK

「現金で直接借り入れ」する場合、ローン契約機(自動契約機)が使えます。
プロミスのローン契約機は22時まで開いているので、これが締め切り時間。

22時に「審査を開始すればいい」ので、この時間に滑り込めばOKです。
そこから30分~40分ほどで審査が完了し「22時40分頃に借り入れできる」という風です。

自動契約機がこれだけ遅い時間まで開いているのはプロミスだけ。
他の消費者金融はみな「21時」で審査を締め切ります。

プロミスも一部の自動契約機は時間が違いますが、ほぼ全部この時間でOK。
また、土日・祝日も同じ時間でやっています(ただし、年末年始は除外)。

プロミスを利用する時の注意点「明細はWEB発行に」

キャッシングでは「利用明細」が発行されます。
これはお店でいうレシートのようなものなので、必ず利用者に渡さなくてはいけません。

なので、銀行引き落としなど「その場で明細が発行されない」方法だと、後日自宅に郵送されてくるわけですね。
これを防ぐためには「WEB明細」を申し込んでおきます。

会員ページから設定できますが、それによって「常に利用明細書が自宅に届かない」という状態にできるのです。

ちなみに、WEB明細を設定しなくても、借入・返済をATMでした場合は、ATMから利用明細が出てきます。
なので、この場合はどの道郵送はされません。

プロミスは限度額100万円まで、収入証明書なしでキャッシング可能

プロミスは基本、収入証明書を提出しなくても借りられます。
借入限度額100万円まで、という条件ですが、この金額の範囲内なら「所得証明書の提出なし」でOKなのです。

もし100万円以上を借りる場合、下のような書類を提出します。

  • 会社員の方…源泉徴収票・給与明細書など
  • 自営業の方…確定申告書・納税証明書・住民税決定通知書など

…という風です。
これら以外の書類でもいいですが、一番メジャーなこれらを出すのが一番でしょう。

(他の書類をわざわざ出すと「何でこれ?」と思われることがあります)

自営業・会社経営者の場合は所得証明書の提出が必要

希望金額が100万円未満でも、自営業・個人事業主・法人経営者の方の場合は、所得証明書を提出する必要があります。
このルールはプロミスに限ったことではなく、消費者金融でも銀行系カードローンでも同じことです。

ただ、収入証明書さえ提出できれば、特に問題はありません。
むしろはっきり年収を証明できているわけなので、自信を持って借りることができます。
(ちゃんと稼げている方なら)

逆に収入を証明することで落ちるような方がいたら、借り入れをしても返済が難しいはずなので、借りずに何とかする方法を考えましょう。

プロミスの審査は厳しいか、甘いか

プロミスの審査は厳しくも甘くもありません。
銀行カードローンと比べれば、審査通過率の上では、確かに「審査がゆるい」と見えなくもありません。

しかし、審査基準自体は厳格で正しいものであり、決して甘い・ゆるいということはないのです(当然ですが)。

特に専業主婦が借りられないという点では、銀行カードローンよりむしろ厳しいかも知れません。
逆に「職場への電話連絡をなしにできる」という点では、在籍確認が必須の銀行カードローンより、「確認が甘い」という点で「審査が優し目」と言えなくもありません。

このようにキャッシングの審査の厳しさというのは、結局「何を基準にするか」によるもの。
申込者の立場や職業によって、「審査に通りやすい業者」は変わってくるのです。

(プロミスの場合「在籍確認をしてほしくない」人にとっては、審査に通る業者ですね)

プロミスの最短即日融資についての口コミ・評判・体験談

  • 今すぐにお金を借りたい
  • 大至急お金が必要
  • 今日中にキャッシングがしたい
  • 何が何でも当日中に借り入れ(借金)をしたい

このようなニーズを持つ切羽詰まった局面・シチュエーションに直面している方…というのは多いでしょう。そのような方々がキャッシングを利用するわけなので、カードローン・消費者金融についてのインターネット上の評判・体験談でも、当然「最短即日融資はできるのか」「当日中にお金を借りることができるか」というような内容が多くなるわけです。

ドラッカーの「表の風に吹かれよ」ではありませんが、こうした「大衆の生の声」、いわゆる口コミ・評判が、キャッシングにしても消費者金融・銀行カードローンにしても、その分野で必要とされているサービス・情報を教えてくれます。

ということで、ここでは「最短即日融資についての評判・体験談が、特に個人金融・リテール金融の世界では必要とされている」という前提に立って、プロミスの借入審査についてのインターネット上の口コミ・評判の中でも、最短即日融資と関連する部分・内容・ポイントを中心にまとめていきます。

プロミスの審査の所要時間のクチコミ

最短即日融資につながるインターネット上の評判・体験談というと、やはり審査の所要時間はどのくらいかという内容が多いです。それについての質問がYahoo!知恵袋などでされていることもあれば、教えて!gooなどで「プロミスでお金を借りたいのですが、大体どのくらいのスピードでキャッシングができますか?」というようなクエスチョンが書かれている…ということもあります。

そして、それらの質問や疑問に対する回答が、評判・体験談・実体験も交えつつ知識人によって書かれているわけですが、その結論をまとめると、プロミスの審査の所要時間は、公式ページに書かれている通り「最短30分」であり、融資までの手続きをオールインワンでカウントすると、「最短60分」程度という風になります。これはあくまで目安の時間であり、しかも「最短の場合」ということなので、実際にはもっとかかるかも知れない…ということは理解して下さい。

言うまでもないことですが、これはプロミスが実際のスピードや審査の所要時間より、早めに・短めに記載をしているというようなことではありません。「最短ならこのくらいの時間です」「でも、最長はわかりません」というのが、一番誠実な答えでしょう。(実際、500万円などの超高額借り入れになったら、数日かけて丁寧に審査するのが当たり前ですから)

なので、「最短即日融資」とか「最短30分」という時の「最短」というのは、いわゆる「あおり」を、消費者金融・銀行カードローンがしているということではないのです。この点はくれぐれも注意して下さい。

(最近、中高生でもステマという言葉を知っているくらい、とかく企業の行動をすべて疑ってかかるという節があります。それはそれでいいのですが、自分が働く時には、その企業側に自分がなるということも理解して下さい。何もかも疑われたら、善意の部分まで拒否されたら、自分が働く時に不利になるだけです。日本人はもっとビジネスとか営利企業というものを、信用した方がいいでしょう)

何はともあれ、そのように「絶対に最短30分」とか、「融資までの時間は、常に最短60分」という風に、プロミスでも確定しているわけではありません。インターネット上の評判・体験談でも指摘されている通りです。しかし、大体審査の所要時間は「最短30分」で、最短即日融資にかかる時間は「最短60分」…という風に考えていただければいいでしょう。

最短当日審査の受付時間は何時まで?

プロミスの最短当日借入に関するインターネット上の口コミ・評判と、それに関わる質問・疑問で、2番目によく寄せられている・書き込まれている(と筆者が感じる)内容は、「最短当日審査の受付時間は、いつまでか」というものです。「最短即日融資ができるというのは耳にしているが、何時までに審査の申し込みをすればいいのか?」ということですね。当然ですが、このような締切時間は非常に重要です。

結論を書くとプロミスは平日でも週末・休日(土日・祝日)でも、基本的に毎日22時(夜10時)まで最短当日審査をしています。ただし、状況・条件・店舗などによって変わることも当然あるので、申し込む前によく確認して下さい。

このような注意点がインターネット上の評判・体験談でも書かれてはいるものの、大体の申し込み日では、22時まで最短当日審査の申し込みに対応している…という風に考えていいでしょう。さすがのプロミスでも深夜まで最短即日審査をしてくれるということはありませんが、それでも22時(夜10時)までという締切時間は、アコムと並んで大手の消費者金融・銀行カードローンで最長となっています。つまり、インターネット上の評判・体験談で指摘されているように、当日審査の受付時間の長さについては、プロミスはアコムと並び立って、キャッシング業界で最強ということになります。

(これはプロミスを提供するSMBCコンシューマーファイナンスの、長年の企業努力の賜物…と言うように考えていいでしょう。)

特定の銀行口座なしで最短当日借入できる

プロミスの最短即日融資について、キャッシングの知識がある人の間で特に高く評価されているのは「指定の銀行口座無しで、最短即日融資ができるようになっている」という点です。つまり三井住友銀行の口座を持っていなければダメ、みずほ銀行の口座がないと借入不可というような条件がない…ということですね。

「当たり前では?」と思う人もいるかも知れませんが、銀行カードローンと比較すると、これは当たり前ではないことがわかります。ネット上の体験談・評判でも指摘されているように、たとえばイオン銀行カードローンBIGで最短当日借入をするためには「イオン銀行の口座が必須・必要」という条件になっています。この辺は、カードローンの知識がある人にとっては、きわめて基礎的な知識なので、知っている方も多いでしょう。

その他、平日だと指定の銀行口座なしでも最短当日借入ができるけど、土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資になると、特定の銀行口座がないといけないという条件の銀行カードローンも多くあります。

  • ソニー銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • オリックス銀行カードローン
  • じぶん銀行カードローン

などの銀行カードローンですね。主にネット専業銀行か、それに近い業態の銀行キャッシングですが、これらの銀行カードローンだと、プロミスとは違い「日曜日・土曜日・週末・祝日の最短即日融資をしようと思ったら、それぞれの銀行口座がすでになくてはならない」ということで、少々ハードルが高くなります。このようなことから、キャッシングについて語られた・言及されたインターネット上の口コミ・評判では「プロミスのように、特定の銀行口座を持っていない大衆・消費者でも最短当日キャッシングができるのがいい」というように、書かれているわけです。実際、その通りだといえます。

何はともあれ、このような点も、急ぎでお金を借りたい人・急ぎでお金が必要な方々がプロミスでキャッシングをする時のメリット…という風に言えるでしょう。

プロミスの勤務先への在籍確認の電話の口コミ・評判

続いて、職場への在籍確認の電話はどのようになっているか…ということについて、プロミスだとどのように日本人・大衆・人々が語っているか、ということをウォッチングしながら、その内容(口コミ・評判で書かれていること)を説明していきます。簡単に書くと、プロミスの借入審査でも、やはり勤務先への在籍確認の電話が必須であり、回避する方法や職場への電話連絡なしでお金を借りる方法というのは、一切ないという風になっています。この点、「会社への電話連絡なしでお金を借りたい」と思っている方々は、あきらめてください。

(諦めるというのは、仏教用語で、明らかに究めるということなので、本来マイナスの言葉ではないのです。覚悟を決めるというようなイメージですね)

それはさておき、プロミスのキャッシングの審査について日本国民が言及したインターネット上の評判・体験談を見ていると「状況・条件によっては省略される場合もある」ということが、勤務先への在籍確認の電話に関して書かれています。この点について、このような体験談・評判が何を意味しているのかということを考察していきます。

「状況・条件によって省略される」とは?

勤務先への在籍確認の電話が、状況・条件によって省略される事がある…というのはどういうことか。つまりプロミスが、「この人は信用度(クレジットスコア)が高いので、勤務先への在籍確認の電話をかけるまでもない」と判断した上で、しかも「職場への電話連絡ができない状況・条件である」ということになったら、省略される可能性がある、ということです。(あくまで可能性なので、実際にそうなる例がどのくらいあるかは、何とも言えません)

一点だけ指摘できることは、ある程度キャッシング・消費者金融・カードローンについての見識が高い人がよく口コミ・評判として公開しているように、もともと、在籍確認の電話というのは貸金業法や割賦販売法、あるいは銀行法などで、業者・ブランド・銀行の義務として設定されているものではないということです。つまり法律的には「勤務先への在籍確認の電話は、かけてもいいしかけなくてもいい」ということなんですね。

貸金業法で制定されているのは、インターネット上の口コミ・評判でしばしば指摘されるように「返済能力の調査義務」のみなのです。貸金業法第13条の1に制定されている内容ですね。「その申込者・消費者が、十分な経済力・返済能力を持っているかどうかをしっかり審査しろ」というようなことが書かれているのです。

そして、その返済能力の調査義務の一環として、プロミスでもその他の大手の消費者金融銀行カードローンでも、職場への在籍確認の電話を導入している…ということですね。逆に言えば勤務先への在籍確認の電話をかけなくても、その人の信用度・クレジットスコアがすぐれていることがハッキリと明確にわかるのであれば、別に職場への電話連絡をする必要もないということなのです。必要がないわけではありませんが、少なくとも義務はありません。

在籍確認の電話をかけられない場合

さらに「勤務先への在籍確認の電話をかけられない場合」というのもあります。代表的なものが、これもやはりインターネット上の評判・体験談でよく口々に語られていることで、Yahoo!知恵袋などでも質問されていることなのですが、たとえば、土曜日・日曜日や夜間などで、職場が閉まっている時には、勤務先への在籍確認の電話のかけようがないということですね。このように決まった時間だけ営業していて、時間が過ぎたら電話が通じない…という職場は多いでしょう。

特に多いパターンが一応、仕事自体はみんな残業して夜7時や夜8時あたりまでしているけど、外部からの電話は、18時以降受け付けないというようなものです。これはほとんどの職場がそうなっているのではないかと思われます。

これは当然ですよね。いくら残業していても、外部からの電話までずっと受け付けていたら、そのうち消費者は(特に一部のクレイマーのような方が調子の乗って)夜9時や夜10時というような時間にも、電話をして来るようになるでしょう。

もちろん、コンビニエンスストアやファミレスであればそれでもいいのですが(というより、対応するのが業務のうちですが)普通の会社でこのようなことができるわけがありません。ということで、土日・祝日・週末・休日や夜間だから、職場への電話連絡をしても通じないというのは、極めて多くあるパターンなんですね。

そのような場合は、プロミスなどのキャッシングブランドはどうすべきか。最短即日融資という人々から求められているサービスを提供している以上、やはりこれは何らかの配慮をすべき…というのが、人情でしょう。ここで「いや、勤務先への在籍確認の電話は何が何でも必須だから、例外は認められない」とするのは、人間的に優しいとも言えませんし、正しいとも言えません。先にも書いた通り、貸金業法・銀行法でも職場への在籍確認の電話は義務にはなっていないし、一行も書かれていないのですから。あくまで大手の消費者金融・銀行カードローンが自主的に、そのような返済能力の調査方法を採用している…というだけなんですね。

なので、上のようなケース(勤務先が閉まっている日時)という場合なら「クレジットスコア・信用度が高い人など、信用できる人に限って、何らかの配慮をする」というのが、一番人間味があり、正しいやり方であるといえます。なので、そうした場合は、在籍確認の代替措置とまではいいませんが、何らかの配慮がある…という可能性もあるでしょう。(という指摘も、やはりインターネット上の評判・体験談を見るとたまにされています)

プロミスの勤務先への在籍確認の電話の内容についての口コミ

ここまでは「プロミスの会社への在籍確認の電話は必須かどうか」というポイント・観点・視点についてのインターネット上の評判・体験談を参考にして、その内容を貸金業法・銀行法などと絡めつつ、ガイダンスしてきました。ここからは「在籍確認の電話がかかって来たとして、その内容はどのようなものか」「何を聞かれ、何を審査されるのか」というようなポイントを、やはり経験談・実体験などを参考にしながら解説していきます。

特に質問・審査されることはないというクチコミ

上のような切り口・観点からフォーカスして、プロミスの職場への電話連絡についてのインターネット上の口コミ・評判を精査していると、どうも何か勤務先への在籍確認の電話によって審査されたり、根掘り葉掘り質問されるというようなことはないようです。あくまでインターネット上の評判・体験談なので、これが真実・事実であるかどうかはわかりません。WEB上のコンテンツというのは、基本的にあまり当てにならないものが多い(もちろん良質なコンテンツもありますが)ので、参考程度の中の、さらに参考程度にした方がいいでしょう。

ただ、火のない所に煙は立たぬではありませんが、一応そのようなインターネット上の評判・体験談が多いということは、「やはり、プロミスの会社への在籍確認の電話でも、特に何か審査されたり、聞かれたりすることはないのかも知れない」という可能性はある程度あります。

もちろん、最低限の確認はされるようです。口コミ・評判によれば「氏名・生年月日などが聞かれ、本人であることが間違いないか」ということが確認される…というパターンが多いように見受けられます。ただ、これは「消費者金融・銀行カードローン全般」について語られたものなので、プロミスのキャッシングの審査の場合はどのような内容になるのか、正確にはわかりません。

職場への電話連絡の内容は、人によって変わる

これは、キャッシング・カードローン・消費者金融に関連したWEB上の口コミ・評判を収集・閲覧・検索していると、もう嫌というほど実感することですが、キャッシングの審査の内容は基準に関しては、消費者金融であろうと、銀行カードローンであろうと、絶対的なルールはないというのが答えになります。いわゆる「絶対は絶対にない」というものですね。自己言及のパラドックスというものです。自己矛盾ともいいますね。

というように、キャッシング・カードローンの審査では、プロミスも含めたすべての借入先で「絶対にこういう審査内容になる」というルールはないのです。それだけが絶対的なルールであり、鉄の掟ということができます。なので、プロミスの在籍確認の電話の内容も、最終的には「その申込者・ユーザーの職業・属性や信用度・クレジットスコアによって変更される・決定される」と言うように考えて下さい。つまり、一言で表現するならば「ケースバイケース」ということです。

(曖昧だ…と思われるかも知れませんが、孔子が仁者の条件を弟子に問われた時「口が重いこと」と答えた話は有名です。それと同じで、消費者金融・銀行カードローンやクレジットカードの世界でも、何かを知れば知る程「こうである」と断言することができなくなるのです。なので、プロミスの勤務先への在籍確認の電話の内容についても、実は「明確にはわからない」というのが、一番正しく誠実な答えであり、口コミ・評判なのです)

プロミスのおまとめローンに関する評判・口コミ

この段落では、見出しの通りプロミスのおまとめローンについて、インターネット上の評判・体験談ではどのように言及されているか、語られているかということを解説していきます。多重債務の一本化をしたい方や借り換え・乗り換えをしたいという多重債務者・借入超過者の方々にとっては、特に参考になる内容でしょう。

プロミスのおまとめローンは下限金利が低い

おまとめローンについてのインターネット上の口コミ・評判というのは、特に実体験をした方々というのが、みんな借入超過者・多重債務者ということもあり、かなりディープで詳細な内容になっています。少なくとも通常のキャッシングと比較すると、かなり濃い内容ということができます。

そうした、幸か不幸かキャッシング・カードローンについて実体験が豊富な方々の口コミ・評判を見ていると、プロミスのおまとめローンは、他の消費者金融のおまとめローンと比較して下限金利が特に安いので、おまとめ総額が大きい時の一本化で有利になる・低金利になるということが指摘されています。これについて、解説していきます。

まず、「下限金利が低いほど、キャッシング総額が大きい時に低金利になる」というのは、知っている方が多いかと思います。まとめ買い割引と同じシステムで、「たくさん借りるほど低金利になる」ということですね。これは借り入れの一本化(借金の一本化)をする時でも、共通しているということです。

実際、消費者金融のおまとめローンの下限金利を一覧にして比較すると、プロミスのおまとめローンが、どのくらい下限金利で有利なのか、低金利なのか、リードしているのか…ということを明確に察知することが可能です。

消費者金融のおまとめローンの下限金利・一覧

インターネット上の評判・体験談はあまり信ぴょう性のない情報もありますが、それぞれの消費者金融・銀行カードローンが公式ページで公開しているおまとめローンの下限金利であれば、嘘のつきようがありませんし、ただの噂でもありませんし、物理的なデータです。ということで、おまとめローンの下限金利を実際に比較してみるのが、プロミスのおまとめローンの下限金利は本当に安いのか、低金利であるのかということを確認するために、役立つ手段でありメソッドである、ということがいえます。

そのような前提をした上で、前置きをした上で、消費者金融のおまとめローンの下限金利をチェックしていきましょう。

  • プロミス…6.3%
  • ノーローン…12.0%
  • アコム…7.7%
  • アイフル…12.0%

これが、大手の消費者金融が提供するおまとめローン・借り換えローンの下限金利の一覧です。見ての通りノーローン・アイフルの12.0%という下限金利は、アコム・プロミスとはまったく比較にならないというのがわかるでしょう。こう書くと「アイフル・ノーローンは、多重債務の一本化には向いていないのか」と思う人もいるかも知れませんが、「アイフルは、上限金利だったらプロミスのおまとめローンよりもかなり低金利である」という事実もあります。つまり、少額のおまとめだったらアイフルの方が低金利で、高額の一本化だったら、プロミスの方が低利息になるということですね。要はそれぞれ一長一短があり、それぞれの強み・メリット・長所があるということですが、何はともあれ、下限金利オンリーで比較したら、プロミスのおまとめローンが断トツでナンバーワンということです。

300万円までは借り入れの一本化が出来る

プロミスのおまとめローンについてのインターネット上の評判・体験談や、これから利用しようとしている方々の質問でよく触れられている・言及されているのが「プロミスのおまとめローンの最大融資枠・最高与信枠はいくらなのか」ということです。言うまでもないことですが、多重債務の一本化というのは当然借入総額も多くなるので、いくらまで借りることができるのか、最高借入枠はいくらなのか…ということは、消費者金融のおまとめローンをチェックする上で、非常に重要なことです。なので、このような質問が、インターネット上の口コミ・評判が集まるWEBサイトでよく書かれている…というのも当然すぎるくらい当然のことでしょう。

この点については、見出しの通りプロミスのおまとめローンでは、最大で300万円まで借り入れができるというのが回答になります。つまり、キャッシング総額が300万円の人までは、乗り換え・借り換えもできるし、借金の一本化も出来るということです。

ちなみに、消費者金融で300万円を借りるには、単純計算で年収900万円は必要です。これは貸金業法の「総量規制」というルールによって、法律的に決まっているものなので、これだけの年収は絶対に必要になります。これ以下の年収でで300万円の借入総額に達していたとしたら、どこかの貸金業者が不正に貸付をしているということです。

何はともあれ、300万円という多重債務は、年収900万円という高額所得者の人でなければ借り入れできない金額なので、ほとんどの人は「そこまで借りることすら、まずできない」わけですね。なので、プロミスのおまとめローンの「最高300万円」という与信枠は、多くの利用者にとっては十分すぎる金額といえます。普通の人の多重債務というのは、せいぜい100万円か150万円程度でしょうから。

(150万円借りるだけでも、年収450万円が必要なので、日本人の平均年収になりますからね)

プロミスでの学生のキャッシング審査の口コミ

続きましては、プロミスで学生がお金を借りる時のインターネット上の評判・体験談を見ながら、どのような内容が書かれているか、どのような質問が寄せられているかなどをチェックし、その内容を整理していきましょう。

まず、プロミスは他の大手の消費者金融・銀行カードローン同様に、学生でもキャッシングが出来るようになっています。これは特にカードローンの知識がある人でなくても知っている人が多いかも知れません。プロミスだけでなく、アコム・アイフル・ノーローンなど、大手の消費者金融はみんな学生でもキャッシングが可能というルールになっています。それも最短即日融資で借り入れができるようになっています。

アルバイト収入があり、年齢が20才以上であること

これも、多くの口コミ・評判で書かれていることなので、すでに把握している方が多いでしょう。プロミスでもその他のキャッシングブランドでも、学生がキャッシングするための必要条件・必須条件として年齢が20才以上で、自分のアルバイト収入があるということが指摘できます。これは裏を返せば「20才未満・未成年・10代や18才・19才ではキャッシングができない」ということです。

「学生でも借入可能」というネット上の評判・口コミを見て、「じゃあ、自分でも借りられるということだ」と思い、18才・19才の大学1年生や大学2年生の学生が、プロミスなどの消費者金融・銀行カードローンにキャッシングの審査の申し込みをする…という現象がたまに見られるようです。しかし、これはできません。大学生であろうと専門学校生であろうと、あるいは高専生であろうと関係なく、18才・19才であれば、20才未満・未成年・10代であったら、とにかくプロミスでもどこでも、キャッシングはできないというルールになっているのです。

これは、やはりインターネット上の評判・体験談で多くの日本人が指摘していることですが、社会的な影響を考えても、18才・19才などの20才未満・未成年・10代の若者に対して貸し付けをしない、キャッシングの申込資格を与えないというのは、消費者金融・銀行カードローンとして当然のモラルということができるでしょう。プロミスのように、世間の信用を集めるキャッシングブランドであれば、それを裏切ることは当然しないので、18才・19才というような若者に対して融資をすることはあり得ないというわけです。

プロミスの学生融資では、親権者の同意書が必要?

特に学生のキャッシング・カードローンについての口コミ・評判を見ていると「親権者の同意書が必須」という書き込みがひんぱんに見受けられます。それほど多いわけではありませんが、一定の割合で、そのような内容が見受けられます。

そして、プロミスについてのインターネット上の評判・体験談でも、やはり学生の提出書類について「親権者の同意書が必要になる」というような書き込みが見られますが、基本的にこれは不要だと考えて下さい。つまり、親権者の同意書を提出しなくても、プロミスでは学生がキャッシングをすることができるというわけです。ただ、これは絶対ではありません。その学生の信用度・クレジットスコアによっては、親権者の同意書の提出が必須になる…ということもあるかも知れません。

これは学生の借入審査だけではなく、あるいはプロミスのキャッシングの審査に限定された話じゃなsく、どの銀行カードローン・消費者金融でも、どのキャッシングブランドでも、もしくはどの職業・属性でも、やはり同様に言えることです。キャッシングの審査というのは、常に内容や提出書類などのルールがケースバイケースであり、固定されたルールというものがないのです。

ということで、基本的にはプロミスで学生がお金を借りようとした場合でも、親権者の同意書を提出する必要はありません。しかし状況・条件によっては、局面・シチュエーションによっては、親権者の同意書の提出が必要になることもあるかもしれない…という風には思って下さい。

(要は、実際に申込してみないとわからないということです。)

プロミスの主婦キャッシングに関する評判・体験談

主婦キャッシングができるかどうかというのは、インターネット上の評判・体験談でも特に注目されることが多いトピックスです。それはプロミスについて言及された口コミ・評判でも同様ですが、結論を書くとプロミスはパートの主婦だったら借入可能となっていて、自分の収入がない専業主婦だったらキャッシング不可となっています。このルールはどの大手の消費者金融でも同じであり、プロミスだけの審査基準ではありません。アコム・アイフル・モビット・ノーローンなどの、よく知られている大手のキャッシングブランドについては、すべてこのように「専業主婦は借入不可、パートの主婦ならキャッシング可能」という設定になっています。

なので、プロミスだけが主婦キャッシングで特別…というポイントは特にありません。とりあえず「自分の収入がある主婦の女性であれば、プロミスでお金を借りることも可能である」という風に理解して下さい。

自分の収入がない専業主婦はキャッシングできない

上にも書いた通り、プロミスで無収入の専業主婦が借り入れ(借金)をする…ということはできません。「自分の収入があること」というのが、プロミスなどの大手の消費者金融でキャッシングの審査に通るための絶対条件となっていて、これが揺らぐことは基本的にない…と考えて下さい。カードローンについてのインターネット上の評判・体験談を見ていても「自分の収入がないのに、プロミスでキャッシングできた」というような内容の経験談・実体験は見られません。主婦の女性がプロミスで借り入れ・借金をしたいのであれば、パート・アルバイトなどをして、自分の収入を得ているということが、必ず必要になるわけです。

専業主婦がお金を借りるなら、銀行カードローン

ただ、専業主婦というのも当然一つの職業ですし、完全にキャッシング不可ということで決着してしまうのは、少々問題がある…という見方は、誰にでもあるでしょう。プロミス・アコム・モビットなどの大手の消費者金融では、専業主婦が借り入れできないという現実は変わりませんが、大手の銀行カードローンだと、これが変わります。つまり、夫・旦那に安定収入がある専業主婦の女性であれば、銀行カードローンなら借り入れ・借金ができるということです。すべての銀行カードローンがキャッシング可能ということではありませんが、大体の銀行カードローンが借り入れできるようになっています。

特に自分の収入がない専業主婦のキャッシングで人気なのは、たとえば楽天銀行スーパーローンです。口コミ・評判でもよく言われていることですが、配偶者の同意書も婚姻関係の証明書も基本的に提出しなくていいので夫バレ・旦那バレしないし、最高限度額50万円まで借入可能という設定が、人気を読んでいます。他の銀行カードローンでは、専業主婦がお金を借りる場合には最高与信枠が30万円程度になることが多く、あまり高額借り入れはできないというルールになっているんですね。

もちろんインターネット上の評判・体験談でも指摘されているように、自分の収入がない専業主婦であれば、30万円キャッシングできれば十分な大口借入・高額借り入れというべきかも知れません。確かにその通りなのですが、その専業主婦の女性の置かれている局面・シチュエーションによっては「30万円以上借りたい」「50万円キャッシングしたい」ということもあるでしょう。

そのような場合、その専業主婦の女性のクレジットヒストリーや、自宅情報・個人信用情報などをチェックして「50万円融資しても問題ない、高い返済能力がある」と判断できた場合には、50万円の最高与信枠を設定するということは、貸金業法・銀行法から見てもまったく許される、問題ないことです。なので、そうした信用度(クレジットスコア)が高い専業主婦の女性については、楽天銀行スーパーローンで50万円の最高借入枠をつけてもらうことも可能…ということですね。

もちろん、そのような大口の最高借入枠を付けてもらうためには、相当なクレジットスコア(信用度)が必要になるということですが、このような上限が高い、最高限度額が高額であるという点でも、楽天銀行スーパーローンは専業主婦の女性のキャッシングで、高い口コミ・評判を得ている…ということです。

パートの収入はいくらあればいいのか

自分の収入がない専業主婦についての話題が少々長くなりましたが、銀行カードローンではなく、プロミスでお金を借りようとするのであれば、主婦の女性の場合パート・アルバイトをしているということが必須条件になります。そして、その場合は年収・月収はどのくらいあればいいのか。どのくらいの収入があればキャッシング可能となるのか―。という議論が、インターネット上の評判・体験談の集まるサイトではよく交わされています。

これについてはある程度キャッシングの知識がある人であればすでに知っている通り、月収がいくら以上あればキャッシングできるという明確な基準は、プロミスでもどこでもありません。キャッシングの審査というのは、常に総合的なクレジットスコア(信用度)によって決まるものなので、年収・月収の金額だけでキャッシング可能かどうかわかるというほど、単純なものではないということですね。

なので、パートの主婦の女性がプロミスで借り入れ・借金をする時にも、最低限必要な収入というのは、いくらかわかりません。ただ、大体月収8万円程度あれば借入可能となる可能性が、ある程度高くなる…ということは言えるでしょう。少なくとも、これより少ない金額の時よりは、大分審査通過率が高まるということは間違いありません。

一部のインターネット上の評判・体験談では、「大手の消費者金融だと、ギリギリのギリギリで月収5万円あれば借りられる」というものもあります。これが事実かどうかは不明ですが、相当ギリギリな条件ということは間違いないでしょう。やはり、確実に審査に通りたいということであれば、ある程度余裕を持った月収・収入を想定しておいた方がいいかと思います。

と言っても、月収・年収をいきなり増やせるわけではないので、現時点でパートの収入が月収5万円しかないという女性の場合は、それでプロミスのキャッシングの審査を通過できるかどうかは、インターネット上の口コミ・評判に書かれているように、その他の審査項目で評価してもらうことを期待するしかない…ということになります。何はともあれ「5万円の月収だと、審査に通らない可能性が高い」ということを覚悟しておくだけでも、審査落ちしてしまった時の精神的なダメージが最少で抑えられるので、そうした意味で「月収5万円ではきつい」ということを、知っておくといいかと思います。

パート・アルバイト・フリーターの場合は、勤続年数が命?

キャッシングにまつわる口コミ・評判を見ていると、プロミスでも、あるいはその他のキャッシングブランドでも、パート・アルバイト・フリーターなどの、非正規雇用に分類される人々・方々がお金を借りる時には、審査項目の中でも、特に勤続年数が審査結果を左右するということがよく書かれています。これはかなり当たっています。

言うまでもないことですが、勤続年数だけですべてが決まるということではありません。しかし、会社員・OL・公務員など、雇用形態が安定している方々が審査の申し込みをする時よりも、パート・アルバイト・フリーターの方々がお金を借りる時の方が、勤続年数は消費者金融・銀行カードローンによって重視される…という風に考えてもいいでしょう。(そのような審査の内容・チェックの仕方が詳しく公式にアナウンスされているわけではありませんが、大体そのように想定することができます)

なぜ勤続年数が重要になるのか

これは、金融やカードローン・消費者金融についての知識・見識が深い方々(有識者・知識人)が、インターネット上の口コミ・評判に対するコメントとしてよく書かれていることですが、勤続年数が長い人は、そのままその仕事を今後も続ける可能性が高く、無職・ニートになって返済ができなくなるというリスクが低いというのが、その最大の理由…という風に考えられます。

つまり、プロミスにしてもその他のクレジットカードや銀行カードローン・消費者金融にしても、一番恐れている・危惧しているのは、その申込者・ユーザーが借り入れをした後で仕事をやめてしまい、無職・ニートになって返済能力がガタ落ちするということなんですね。

大抵の人は、その年収・月収から算出できる返済能力の範囲内であれば、問題なくキャッシングの返済はできるのです。現代の銀行カードローン・消費者金融というのは、昔の武富士や商工ファンドのように、無理な貸し付け・過剰融資というのは、絶対にしません。なので、その人が申込み時の職業を継続している限り、申し込んだ時の月収・年収が安定して入ってくる限りは、貸し倒れになるということがないわけですね。

しかし、「仕事をやめてしまう」となったら話は別です。会社員・OL・公務員の方々でももちろんですが、特に死語保険などの保証が一切ないパート・アルバイト・フリーターの方々になると、仕事を退職してしまった場合の、返済能力に対するダメージが大きいのです。このような根拠・理由からキャッシングブランドの審査では「申込者がパート・アルバイト・フリーターの場合、特に勤続年数を見て、、その人が仕事を辞める確率が低いことを確認する」という風になっているんですね。

もちろん、勤続年数が長くても絶対にその仕事をやめないというような保証があるわけではありません。しかし、勤続月数が短い人、勤続年数が短い申込者と比較したら、明らかに、長くその勤務先・その職場で働いているユーザーの方が、今後もその仕事を継続する可能性が高い…ということは誰でも言えるでしょう。このような理由から、インターネット上の口コミ・評判では「プロミスでお金を借りる場合でも、フリーターの人々や、アルバイト・パートの方々は、特に勤続年数が必要」という風に言われているわけです。


以上、プロミスのキャッシング審査に関するインターネット上の評判・体験談を参考にしながら、専業主婦でも借入可能なのかどうか、パートの主婦ならどうか、パート・アルバイト・フリーターでも借り入れできるか、勤務先への在籍確認の電話はどのようになっているか、最短即日融資のルールや審査の所要時間はどうか…ということをまとめてきました。

基本的に、プロミス以外の消費者金融・銀行カードローンでお金を借りる時でも参考になるトピックス、そのまま知識が応用できる内容なので、これからキャッシングをしようと考えている方、今すぐお金を借りたいと思っている方などは、ぜひ参考にしてみて下さい。

今すぐプロミスの3秒診断へ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP