審査申込み、電話在籍確認からの流れ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン
  • 借入診断
  • 即日審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 専業主婦

楽天銀行スーパーローンが人気の理由

柔軟審査がうれしい楽天銀行スーパーローン

柔軟審査を希望するなら楽天銀行カードローンがおすすめ!新規利用で楽天ポイントが1000ポイント付与されるのもうれしい!ネット銀行のカードローンならではの利便性は流石です。

楽天銀行カードローン申込み窓口

※安定した収入がある方

楽天銀行スーパーローンの特徴まとめ

専業主婦が夫に内緒で借り入れしやすい

楽天銀行スーパーローンは「専業主婦が夫に内緒で借りる」という点で、一番借りやすいカードローンの一つ。
何しろ「自分の身分証明書だけでいい」のです。

普通、無収入の専業主婦が借りる場合、下の書類が必要です。

  • 婚姻関係の証明書(住民票など)
  • 配偶者の同意書(夫の同意書)

後者の「夫の同意書」については、無しで借りられる銀行も5つほどあります。
しかし、前者の「結婚証明書」を省略できるカードローンはほぼありません。

楽天銀行スーパーローンはこれすらなしでOKなんですね。
これほど自分の収入がない専業主婦の審査がやさしいカードローンはありません。

あくまで「必要書類が多いかどうか」という視点ですが、その視点で見たら「楽天銀行の専業主婦に対する審査はやさしい」と言っていいでしょう。

楽天銀行スーパーローンは即日融資も可能

多くの銀行カードローン同様、楽天銀行スーパーローンも即日借り入れができます。
他の銀行カードローンよりも便利なのは「楽天銀行の口座がなくてもいい」ということ。

銀行カードローンの即日キャッシングは大抵「その銀行の口座」が必要。
ないと4日~7日ほどかかる、ということが多いです。
(口座開設にそのくらいの時間がかかるため)

しかし、楽天銀行スーパーローンはその「口座」が必要ないわけですね。
口座がない人でも即日融資できるという点で、他の銀行カードローンよりも即日借り入れしやすいと言えます。

何時までに申し込めば、即日融資OKか?

まず、振込先を楽天銀行にするか、他の銀行にするかで違います。

楽天銀行の口座に振り込んでもらう場合、15時までに審査を申し込んでいれば、その日中に振り込まれることが多いです。
楽天銀行スーパーローンは、一度審査に通れば、あとは楽天銀行の口座ならいつでも24時間振り込んでもらえます。

しかし、審査の時間だけは締め切りがあるんですね。
楽天銀行の社員さんが審査するので、その勤務時間を考慮すると、17時には審査が終わる必要があります。

審査が2時間で終わるとしても、15時には遅くとも、申し込むべきなんですね。
これでもギリギリなので、できればもっと早く申し込んだ方がいいでしょう。

そして他の銀行口座に振り込む場合ですが、これは「14時30分」までには審査の完了が必要です。
(銀行は15時で完全に閉まるため)

14時30分に審査が完了ということは、午前中には申し込んだ方がいいということ。
楽天銀行スーパーローンの審査にかかる時間は「最短即日」としかわかっておらず、何時間かかるかわからないので、できるだけ朝イチで申し込みした方がいいでしょう。

土日・祝日でも楽天銀行スーパーローンは当日融資可能

楽天銀行スーパーローンは、土日・祝日でも当日融資ができます。
審査のやり方は平日と同じく「ネットでの申し込み」です。

土日祝でも職場への在籍確認は必要。
職場が開いていて在籍確認が取れたら、それで審査通過となり、早速振り込みの手続きをしてもらえます。

この時要注意なのは、向こうの銀行が閉まっているので、振り込みは翌営業日扱いになる、ということ。
たとえば銀行口座が楽天銀行だったら、土日・祝日でも反映されます。

しかし、普通の銀行だったら反映されないということですね。
普通の銀行への即日振込みを希望する人は、注意してください。

家族に内緒で借りることは可能?

先にも書いた通り、専業主婦の方が夫に内緒で借りるのは、他の業者・銀行よりやりやすいです。
その他の方が、家族にバレないように借りるという場合、消費者金融よりは少し難しいかも知れません。

というのは「ローンカード」「契約書類」などが、審査直後に必ず郵送されるため。
これはどの消費者金融や銀行でも本来同じですが、消費者金融はなしにできるのです。

理由は「無人契約機・自動契約機」があるため。
カードをここで発行し、契約書類も一緒に発行してしまえば、郵送なしで受け取れるんですね。

しかし、楽天銀行にはそういう自動契約機がありません。
なので郵送で受け取ることが必須です。
この郵便物によって、家族バレが起こることがある…というわけですね。

楽天銀行スーパーローンからの郵送物をどう受け取るか

郵送物が避けられない以上、これをどう受け取るかが、家族に内緒で借りる時のカギ。
ただ、この点については楽天銀行スーパーローンは他のキャッシングより有利です。

というのは「楽天のポイント目当て」という大義名分が作れるため。
たとえば「楽天銀行の口座がない」方が口座開設をした場合、クレジットカードなども一緒に申し込むことで、「楽天ポイント5000P」がプレゼントされます。

これを目当てに楽天銀行の口座開設をしたり、クレジットカード(楽天KC)を作ったりする方は多いです。
なので、これをやったといえば、楽天銀行の郵送物が届いても、家族から不審に思われることはありません。

封筒の差出人には「楽天銀行スーパーローン」とは書かれておらず、あくまで「楽天銀行」なので、この辺の演技をうまくすれば、家族にバレるということはないでしょう。

職場(会社)への在籍確認は必須だが、職場バレの心配はほぼない

楽天銀行スーパーローンでは、会社・職場への在籍確認の電話は必須です。
書類の提出などによって、これをなしにすることはできません。

(一部の消費者金融では、この方法で電話連絡なしにできますが)

在籍確認回避をできないということは、職場バレのリスクは多少あります。
しかし、これも電話をうまく受ければ問題ありません。

楽天銀行スーパーローンの在籍確認は、多くは女性のオペレーターさんからかかってきます。
そして、利用者本人が出た場合、「氏名・生年月日」などを聞かれます。

こういう内容は普通の電話では聞かれないので、職場の人が周りで聞いていたら、職場バレのリスクもあります。
しかし「保険屋さんの電話だった」といえば、自然にごまかせるでしょう。

(実際、女性のオペレーターさんで、保険屋さんっぽい雰囲気なので、これでいけることが多いです)

もしそれで難しそうだったら「自動車ローンを申し込んでて、その確認の電話が来た」というのもあり。
あえて普通のローンの名前を出すことで、カードローンではないということを強調するわけですね。

もっとも、消費者金融と違って楽天銀行という銀行からの融資なので、そこまでマイナスの印象はないでしょうが…。

在籍確認の電話は、少額の借り入れだとかかってこないことも

いろいろな体験談やクチコミを見ていると、楽天銀行スーパーローンの在籍確認の電話は、「少額融資だとかかってこないことがある」とのこと。
本当かどうかはわかりません。
「たまたまうっかりしていた」ということは、どんな会社でもあるでしょう。

ただ、「ものすごく返済能力が高い人」が「少しだけ借りた」という場合、確かにわざわざ在籍確認をしなくてもいいかも知れません。
在籍確認も楽天銀行の社員さんを働かせている以上コストが発生していますし、一日の申し込み件数が多い日は、さばけないこともあるでしょう。

そういう時「この人は確認しなくても大丈夫そうだから、電話連絡なしでOK」ということもあるかと思います。
あくまで可能性ですが、少額融資の場合かかってこなくても不安に思うことはない、ということです。

楽天銀行スーパーローンは学生でも借りられる?

学生でも融資OKです。
「20才以上」「アルバイトをしている(自分の収入がある)」というのが条件ですが、これさえクリアしていれば、まったく問題なく借りられます。
即日借り入れもOKです。

学生がいくらまで借りられるかですが、これは限度額10万円程度から始まることが多いです。
多くても30万円でしょう。

それも、年収で100万円近く稼いでいるような、バリバリアルバイトしている学生の場合です。
普通の学生だったら、まずは限度額10万円から始まると思っておいた方がいいでしょう。

そして、コツコツ返済していけば、限度額が増額されるという風です。

アルバイト・パート・フリーターでも融資OK

楽天銀行スーパーローンは、正規雇用の社員さんでなくても借りられます。
契約社員・派遣社員などの方はもちろん、フリーター・パート・アルバイトの方でもOKです。

今の時代、これらのアルバイト・パートの方は借りられない…というカードローンはありません。
非正規雇用がどんどん増えている時代ですから、非正規というだけで審査に落とすのはナンセンスなのです。

というわけで、自分の収入さえあれば、審査は問題なく通ります。
どのくらいの月収・年収が必要かは、ケース・バイ・ケース。

勤続年数や職業・職場の安定性・業界の安定性など、多くの条件が考慮されます。

楽天銀行スーパーローンが、利用手数料無料のATM

楽天銀行スーパーローンは、利用手数料無料で使えるATMが多いです。

まず、コンビニは全部です。
セブン銀行ATM、ローソンATM、E-netで無料。

E-netは、セブンイレブン・ローソン以外のコンビニがほとんど全て加入しているATM。
この3つのATMが無料ということは「コンビニならほぼどこでも無料」ということです。

借入・返済ともに無料ですが、特に返済の手数料がかからないのは大きなメリット。
繰り上げ返済をいつでも気が向いた時に、手数料の負担なしでできるので、どんどん返済が進んでいきます。

なお、銀行のATMでは、「三井住友銀行・イオン銀行」と提携しています。
これらのATMなら無料で借入・返済できます。

いくらまで借りられる?最大限度額は800万円

楽天銀行スーパーローンは最高で800万円まで借りられます。
いきなり800万円に限度額が設定される例は少なく、大抵は300万円から始まって、返済実績に応じて徐々に増額され、800万円になる…という風です。インターネット上のサラリーマンの方の体験談を読んでいると、さほど給料が高くない方でも、300万円の審査に通っている例を見ます。(これまでの信用情報・与信状況に問題がなければ)

楽天銀行スーパーローンは、自営業や個人事業主でも借り入れ可能?

自営業・個人事業主・法人経営者・フリーランス…という属性の方でも、楽天銀行スーパーローンは借り入れ可能(収入証明書の提出は必要です)。

収入証明書として認められる書類は、「納税証明書・確定申告書・住民税決定通知書・課税証明書」など。
これらの書類は自営業の方なら、自分の仕事のためにも揃えているはずなので、特に問題ないでしょう。

(これらの書類がすぐに出てこなかったら、カードローンの審査というより仕事の方に問題があります)

何にせよ、これらの所得証明書さえ提出できれば即日融資もできます。

楽天銀行スーパーローンの口コミ

お金を借りようとしている人は、楽天銀行スーパーローンの口コミが気になる…という方が多いでしょう。実際、楽天銀行スーパーローンでお金を借りるにしても、その他の消費者金融・銀行カードローンでキャッシングをするにしても、事前にインターネット上の口コミ・評判を調べて、信用できる借入先かどうかを判断する…ということはとても大事です。

もちろん、楽天銀行が提供するカードローン・キャッシングなので、信用できるのは当たり前なのですが、要はどのくらいの審査基準・難易度・審査通過率か、どういう職業・属性の人だと借入可能になるのかというようなことですね。そのような口コミ・評判を中心として、この段落では楽天銀行スーパーローンのクチコミについてまとめていきます。

学生のキャッシングの口コミで、特に人気

楽天銀行スーパーローンの口コミについて、他の銀行カードローン・消費者金融のインターネット上の評判・体験談と比較して特筆すべきことというのは、やはり学生が比較的借りやすいということで、人気があるという点でしょう。言うまでもありませんが、この「学生でも比較的借りやすい」というのは、俗に言う「審査が甘い・ゆるい」ということではありません。当たり前ですが、楽天銀行スーパーローンのようなしっかりした銀行カードローンで、そのように審査基準を甘くしたりゆるくしたり…というようなことはありません。(中小の消費者金融や街金業者ならともかく、銀行や信用金庫のような金融機関で、そのような審査をすることは、まったくと言っていいくらいありません。バブル期の不動産投資は別ですが、あの時期は日本の名だたる大企業もすべて失敗したくらいなので、仕方がないでしょう。)

バブル期の銀行融資の審査が甘かった・ゆるかったということはさておき、ここでいう「楽天銀行スーパーローンは、学生でも比較的キャッシングがしやすい」というインターネット上の口コミ・評判の意味は「審査体制が整っている」ということです。

  • 最短即日融資に対応している
  • 土日・祝日でも借入可能である
  • 楽天銀行の口座がなくても最短当日キャッシングできる

というようなことに加えて、「楽天銀行スーパーローンならでは」の学生の借入が有利というインターネット上の評判・体験談があります。それを説明していきます。

歴史が浅い銀行なので、学生融資に対して前向き

日本国内で人気が高い、あるいは知名度が高いメジャーな銀行の中では、楽天銀行は最も歴史が浅い…と言っていいでしょう。楽天銀行の前身であるイーバンク銀行が設立されたのは2000年で、これだけでも十分新しいのですが、さらにそこから楽天銀行という名称に変わったのが、2010年となっています。つまり、下のような歴史です。

  • 銀行業務自体が始まった…2000年
  • 「楽天銀行」という名前になった…2010年

この数字を見れば「日本で最も新しい銀行」というのは、ほぼ間違いないでしょう。もしかしたら、先進国全体でも特に新しい銀行かも知れません。

そのような新しさは、旧来の常識に縛られないという大きなメリット・長所があります。その反面保守的で、特にインターネットが利用できない高齢者の方々からは敬遠されるというデメリット・短所もあります。これは別に、言うまでもありませんが、楽天銀行が悪いわけではありません。高齢者・お年寄り・老人という職業・属性の方々は、いつの時代でも、新しい技術や文化に抵抗を示すものです。

(今の60代・70代の方々が若い頃は、それこそ死者が出るくらい、上の世代と戦っていたわけです。時代というのはそういうものです)

ということで、楽天銀行がどれだけ革新的でいいサービスを提供しようと「高齢者からいい口コミ・評判を得ることは難しい」のです。となれば必然的に「若者・若年層の口コミ・評判から改善していく」ということになります。つまり通常の楽天銀行にしても、楽天銀行スーパーローンにしても、できるだけ学生を顧客として囲い込みたいということです。(囲い込むというとマーケティング的な表現になってしまいますが、わかりやすく書くとそういうことです)

そういう方針がおそらくあるだろうことを考えると、楽天銀行スーパーローンの審査についても「甘い・ゆるい」ということはなくても、他の銀行カードローンだったら、学生が審査に通るかどうかギリギリのギリギリのラインという時に「じゃあ、10万円程度の少額で、ひとまず信用できる人かどうか、様子を見てみようか」という判断になる可能性は、ある程度あります。

学生にクレジットヒストリーを築くチャンスを与えることは大事

言うまでもありませんが、上のように「学生にひとまず少額融資をしてみて、それで借入状況・利用状況・返済状況をしばらく観察してみる」というのは、金融機関としても正しい態度です。日本人はお金を汚いものと考える風潮があるので、特に学生はお金から遠ざけるべきという考えが強く、学生のキャッシング審査についても、ひたすら厳しくするのがいいと考えがちです。あるいは「そもそも学生の借入自体不可にするのが一番いい」という考え方も、根強くあります。

これはこれで否定しません。バブル期のように、大人から若者まで、金銭感覚が異常だった時代には、そのように学生の借入審査・キャッシングの審査に対して厳しく臨む…というのは正しい面もあったでしょう。

しかし、ありとあらゆる商品についての若者の口コミ・評判や、最近の消費動向を見ても分かる通り「今の若者・学生は、これまでの日本にないくらい、慎重な傾向」があります。それはそれでどうかという議論もあるでしょうが、こうした学生の傾向を見れば、むしろ少額で一度お金を借りるという経験をしてもらって(キャッシングでなくても、クレジットカードでももちろんかまいません)いくら借りると、返済はどのようになるのかということを「体で知ってもらう」ということも大事でしょう。

海千山千の会社経営者・法人代表者が、事業のために銀行からお金を借りて「想像以上に返済が厳しかった」と言って、資金繰りで苦労するのは日常茶飯事です。というより、ほとんどの法人経営者・会社代表者が、資金繰りばかりしている…というのが日本の現状です。

そのくらい「お金を借りる、そして返済する」という行為は「実際にやってみないとわからない」部分が、非常に大きいのです。人生の何でも言えることですが「一度体験してみる」ということは、若者・学生が育つ上で、非常に重要なことなんですね。

住宅ローンなどを組む前に、キャッシングで免疫をつける

学生時代に一切キャッシングや、楽天銀行スーパーローンなどのカードローンを利用しないで育った…というのは、それはそれで堅実で良いでしょう。(クレジットカードくらいは使った方が絶対にいいと思いますが)

そのように楽天銀行スーパーローンも含めたキャッシングに無縁で育った学生というのは、実は危険な面もあります。社会人になって、住宅ローンやマイカーローン(自動車ローン)などを組む時に、それを返済するというのが、どういうことかわからないということです。実際、「35年ローンの恐ろしさ」は、ファイナンシャルプランナーなどの方々がことあるごとに書籍やサイトで警鐘を鳴らしているのですが、それらの情報をチェックすることもなく、住宅ローンを組んでしまう若い会社員・OL・公務員の方々が多くいます。

もちろん、住宅ローンを組むこと自体は、悪くないのです。しっかり情報をチェックし勉強して、シミュレーションをした上で住宅ローンを組むというのなら良いんですね。そうでなく「まったく何も考えずに、勉強もせずに安易に住宅ローンを組んでしまう人が多い」ということが問題なのです。

学生時代にキャッシングをして、利息を払うということがどういうことか、肌感覚で知っていると、自然とマイカーローンや住宅ローン・教育ローンなどを組む時にも「しっかりシミュレーションをする」ようになります。そういう「予防接種」のような意味合いとしても、楽天銀行スーパーローンの口コミ・評判で言われるような「学生のキャッシングに対して前向きな業者・銀行」というのは、価値のある仕事をしているわけですね。

「学生がキャッシングをしやすい」というインターネット上の口コミ・評判を見たら「学生を相手にしてお金儲けをしようとしているのか」とか「学生を借入超過者・多重債務者にするつもりか」などと批判する人がいるかも知れませんが、そのような批判は的外れということです。(大体、こういう批判をする人は、お金に縁がない人が多いです。自分のお仕事で、何でお給料が発生しているのかも、深く本質的に考えたことがない方です)

繰り返し書きますが、インターネット上の評判・体験談で楽天銀行スーパーローンは、他の銀行カードローンと比較して、やや学生でも借り入れがしやすくなっていると書かれることがあるのは「審査がゆるい・甘い」という意味ではないのです。ここまで書いてきた通り、学生の金融リテラシーを高めるという社会的な意義もあります。また、金融業界の新陳代謝を促し、マネーの世界で既得権益を持つ銀行や官僚が、腐敗しないようにするには、楽天銀行のような新興勢力が出て来る必要があります。そして、その新興勢力を高齢者の方々が理解しないということであれば、これはもう学生・若者に理解してもらうしかないのです。そうして学生などの若い世代が新興勢力を支持するからこそ、どの業界でも新陳代謝が進み、既得権益層の腐敗が排除されるのです。

というように、楽天銀行スーパーローンは比較的、学生が借り入れをしやすいというインターネット上の口コミ・評判がありますが、それは審査が甘い・ゆるいということではまったくなく、ここまで書いてきたような社会的な意義があるということを理解して下さい。

専業主婦のキャッシングの評判も高い

さらに楽天銀行スーパーローンの評判・口コミの特徴として、自分の収入がない専業主婦からの人気も高い…ということがいえます。これは当サイト・イマゼニの他の部分でもよく書いていることですが、楽天銀行スーパーローンのキャッシングが、専業主婦の口コミ・評判で人気となっている理由は、下の通りです。

  • 夫・旦那の同意書を提出する必要がない
  • 婚姻関係の証明書も提出しなくていいことが多い(と口コミ・評判で言われている)
  • 最高借入枠が50万円までとなっていて、高額借り入れがしやすい

というこの三点です。基本的に楽天銀行スーパーローンが公式にアナウンスしたものではなく、インターネット上の評判・体験談でそう言われることが多いというものですが、そうした口コミ・評判が流れていて、それが一定数あるということは、あながち完全な間違いでもない…ということは言えるでしょう。

高額キャッシングに関する口コミ・評判で、特に人気

自分の収入がない専業主婦の間で、楽天銀行スーパーローンが特に高く評価されているのは「大口キャッシング・高額借入を、他の銀行カードローンよりもしやすい」という点にあります。この「高額借入しやすい」というのも、「審査が甘い・ゆるい」というニュアンスではなく、システム的に整備されているということです。くれぐれも勘違いしないようにして下さい。

具体的にどのように、楽天銀行スーパーローンで専業主婦の高額キャッシングの体制が整っているのかというと、普通の銀行カードローンだったら、専業主婦に融資しても、最高限度額は30万円までということが多いのに対し、楽天銀行スーパーローンは50万円まで最大融資枠が設定されているという点にあります。

もちろん、これは「楽天銀行スーパーローンでお金を借りたら、どの専業主婦の女性でも50万円キャッシングができる・最高与信枠がもらえる」ということではありません。あくまで「50万円の最高借入枠に値する専業主婦の女性のみ」「それだけのクレジットスコア・信用度を持った人のみ」ということになります。

なので、審査が甘い・ゆるいどころかむしろ審査が厳しいのですが、何はともあれ、「最大で借りられる金額が大きく、最大限度額に幅と可能性がある」ということは、高額借入をしたい専業主婦の女性の方々にとって、有利なキャッシング先ということが出来るでしょう。

このような点が、特に自分の収入がない専業主婦の間で、楽天銀行スーパーローンがおすすめのキャッシング先として、インターネット上の口コミ・評判で人気となっている理由の一つなんですね。(他にもインターネット上の評判・体験談で評価される理由は多数ありますが)

楽天銀行の口座なしで借りられることも、口コミ・評判で人気

楽天銀行スーパーローンがキャッシング・カードローン・消費者金融に関するインターネット上の評判・体験談で、特に高く支持されている、人気を博している理由の一つに、見出しの通り「楽天銀行の口座なしで最短即日融資ができる」という点があります。なぜこれが評判・口コミで人気となるのかというと、たとえばイオン銀行カードローンBIGなどは、平日でも土日・祝日でも最短即日融資には口座が必要という条件だからです。

イオン銀行カードローンBIG以外でも、地方銀行のカードローンはほとんどそのような条件になっています。横浜銀行カードローンもそうですし、大手の銀行カードローンではみずほ銀行カードローンもそうです。

もっとも、横浜銀行カードローンとみずほ銀行カードローンについては、「当日口座開設をしてから審査に申し込みする」という方法が使えるので、ある意味「口座なしで最短即日融資ができる」というキャッシングに分類されるのですが…。何はともあれ、楽天銀行スーパーローンのように当日口座開設もしないで、完全な口座なしで平日の最短即日融資ができる」というのは、かなり借りやすい条件であり、最短当日借入で有利な条件ということですね。

なので、特に「特定の銀行口座に縛られずに、最短当日キャッシングをしたい」という人の間で、楽天銀行スーパーローンのこのようなシステム・体制が、良い口コミ・評判として伝えられている…ということです。

土日・祝日・週末・休日は口座が必要になる

上のように書いたものの、あくまで楽天銀行スーパーローンが「楽天銀行の口座なしで最短即日融資できる」というのは「平日だけである」ということを意識して下さい。つまり土日・祝日・週末・休日に限らずで最短即日キャッシングをしようとしたら、どうしても楽天銀行の口座が必要になるということです。このように「平日は口座不要でも、土日・祝日・週末・休日は必要になる」という条件の銀行カードローンは、他にオリックス銀行カードローン・ソニー銀行カードローンなどがあります。楽天銀行スーパーローンだけではないということですね。

インターネット上の評判・体験談・クチコミを見ていても「何で週末・休日(土日・祝日)だけ、楽天銀行スーパーローンはこのような審査条件になるのか」ということを疑問に思う人が多いようです。なぜ土曜日・日曜日だけ、あるいは週末・休日だけそのようなシステムになっているのか、その理由を説明します。

土曜日・日曜日だけ口座が必須となる理由

まず平日の最短即日融資から考えると、わかりやすくなります。たとえば午前中に楽天銀行スーパーローンに審査の申し込みをして、14時あたりで審査完了したとしましょう。もちろん審査通過したとします。

その場合、まだ三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行などのメガバンクも含めて、すべての銀行が営業しているので、楽天銀行スーパーローンが最短即日振込をすることができるわけです。この場合は、楽天銀行の口座など要らないわけですね。その申込者が持っている口座がみずほ銀行の口座だったら、そのみずほ銀行の口座に振り込めばいい…というだけですから。

(例としてみずほ銀行を出しましたが、横浜銀行でも静岡銀行でもどこでもOKです)

しかし、これが15時を過ぎていたら、あるいは土曜日日曜日だったらどうなるでしょう。多くの人が知っている通り銀行振込をしても、それが反映されるのが翌営業日になるわけですね。つまり、楽天銀行スーパーローンが最短即日振込をしてくれたとしても、それが申込者(利用者)の銀行口座に反映されない…ということです。

楽天銀行の口座同士だったら反映される

しかし、これが「両方楽天銀行の口座」であれば、反映されます。つまり、振り込む楽天銀行スーパーローンの側も楽天銀行の口座だし、受け取る利用者の方も楽天銀行の口座という状態ですね。これだったら、わかりやすく書くと「同じ会社内での資金の移動」のようなものですから、土曜日日曜日・週末・休日だろうと、あるいは平日の15時以降だろうと、いつでも振込キャッシングができる…ということです。

特に楽天銀行の場合はネット専業銀行なので、ネット専業銀行の口座同士の振り込みというのは、単純に言うと数字の移動のようなものなんですね。現実に店舗の間で資金が移動している必要はまったくないのです。リアルの銀行この店舗だったら、最低限どの店舗にも、これだけの現金がないといけない…というようなルールがありますが、ネット専業銀行だったら、そのようなルールは一切ないのです。どの本支店も、わかりやすく言うと「楽天銀行のデータベースの中」のようなものですからね。(実際にはまったく違い、実店舗や自己資本と連携したしっかりした裏付けがあるのですが、思い切りわかりやすく書くと、このようになります)

そのように「データベースの中で、数字の移動をする」だけであれば、土曜日だろうと日曜日だろうと、その他の週末・休日であろうと、全ていつでも「24時間最短即日融資ができる」ということなのです。

というわけで、土曜日・日曜日であっても、あるいは夜間・深夜・早朝であっても「楽天銀行の口座を持っている人であれば、いつでも最短即日融資ができる」という風になるわけですね。(もちろん審査に通ればの話ですが)

なお、楽天銀行スーパーローン以外でも、ソニー銀行カードローンやオリックス銀行カードローンの土日融資の条件も、やはりこれと同じ理由で「口座が必要」という風になっています。

パート・アルバイト・フリーターの口コミもいい

楽天銀行スーパーローンは、アルバイト・パート・フリーターの方々からのネット上の評判・口コミも、非常に良好となっています。パート・アルバイト・フリーターでもキャッシング可能というだけではなく、下のような理由で、特にインターネット上の評判・体験談がいいものになっています。

  • 大口の利用に適している
  • 楽天のユーザーにとって便利
  • 下限金利が特に安い

という3つの理由です。以下、なぜ楽天銀行スーパーローンがこれらの理由によって、インターネット上の評判・体験談で良く言われているのか、それを説明していきます。

楽天銀行スーパーローンの在籍確認についてのクチコミ

続いて、楽天銀行スーパーローンの審査に関する口コミ・評判の中でも、特に多くの人が興味を持っている「勤務先への在籍確認の電話」について書いてきましょう。会社・職場に対して、電話連絡が行くかということですね。

結論を書くと、基本的には、楽天銀行スーパーローンの借入審査でも在籍確認の電話は必須となっているものの、明記はされていないし、状況・条件によっては職場への電話連絡なしになることもあるかも知れないといえます。繰り返しますが「基本的に、職場への在籍確認の電話は絶対に必要」と思ってください。ただ、条件・シチュエーションによっては「そもそも在籍確認の電話をかけられない」とか「明らかに、この人だったら必要がない」というようなケースもあるので、そうした場面では、楽天銀行スーパーローンの審査でも、ごく一部のインターネット上の評判・体験談の通り「職場への在籍確認の電話が、省略されるかもしれない」(少なくとも可能性が完全なゼロではない)ということは言えるかと思います。

在籍確認ができない状況・条件とは?

これは楽天銀行スーパーローンの審査に限った話ではありませんが、職場への在籍確認の電話をかけられないような状態…というのはどのような状況・シチュエーションでしょうか。これは一番よくあるものが、土曜日・日曜日・祝日・週末・休日、あるいは夜間や夕方で勤務先が閉まっているので、会社への在籍確認の電話のかけようがないというものです。職場への電話連絡をすること自体はできますが「かけても、誰も在籍確認の電話に出ることができない」というようなケースですね。「ああ、うちの職場・勤務先もそうだわ」と思い当たる人もいるでしょう。

特に公務員の方々などは、土日・祝日・週末・休日はきっちり休める…ということが多いと思いますので、幸か不幸か、土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資をしたいという時の在籍確認の電話で、かなり不利になる…ということです。

そして、楽天銀行スーパーローンにしてもその他の銀行カードローン・消費者金融にしても、土日・祝日の最短即日借入に対応している以上、そのような職場で働いている方に対して「職場への電話連絡なしというわけではないけど、省略しても融資できるようなシステム」を整えよう…という気持ちは当然ありますし、あるべきなんですね。

そのやり方は消費者金融・銀行カードローンそれぞれで違うでしょうが、一つの方法として、ものすごくシンプルですが「在籍確認の電話を、そもそも省略する」という選択肢があります。要は、わかりやすく書くと「職場への電話連絡なしで融資する」ということです。ただし、当然ですがこのような方法で最短即日融資をする時には「相当審査が厳しくする」ということになります。

在籍確認の必要がないくらい、信用度・クレジットスコアが高い人

簡単に条件を書くと「勤務先への在籍確認の電話をかける必要がないくらい、信用度・クレジットスコアが高い人であれば、職場への電話連絡を省略することも可能」というのが、割と多くの銀行カードローン、あるいは消費者金融で見られるスタイルです。もちろん、ただ信用できるというだけではなく、ここまで書いてきたような「在籍確認の電話ができないようなやむを得ない事情」があり、「しかも、クレジットヒストリーが超良好など、明らかに審査条件がいい人」という条件を兼ね備えている必要があります。

そもそもカードローン・キャッシングの情報サイトの記事でもたまに違ったことが書かれていますが、そもそも、勤務先への在籍確認の電話というのは、銀行法・貸金業法などで制定されている法的な義務ではないんですね。法律的な義務だと思っている方が多いかも知れませんが、実はまったく違うのです。

返済能力の調査義務があるだけ

楽天銀行スーパーローンについてのインターネット上の口コミ・評判を紹介しているサイトさんでも、たまに書かれていますが、実はキャッシング・カードローンに関する法律、貸金業法・銀行法・割賦販売法に書かれている法的な義務というのは「返済能力の調査義務」だけなんですね。(在籍確認の電話に関する内容としては)

これは、たとえば、貸金業法だと貸金業法第13条1項に制定されているのですが、要は「その人の経済力・信用度・返済計画などを総合的に審査し、返済能力の範囲内で融資をせよ」ということが書かれているわけです。つまり「明らかな返済能力がある」ということが、勤務先情報・自宅情報・クレジットヒストリー(個人信用情報)などによってわかれば、必ずしも会社への在籍確認の電話をかける必要はない(少なくとも義務はない)ということなのです。

なので、状況・条件によって、明らかにクレジットスコア・信用度が高い人に対して勤務先への在籍確認の電話が省略されるという口コミ・評判や体験談があったとしても、それはまったく「審査が甘い・ゆるい・柔軟」というようなことではないんですね。「貸金業法第13条1項の内容に忠実に従い、返済能力があることをしっかりと確かめた」ということなのですから、まったく問題ないのです。

在籍確認の電話が、常に利用者や社会のためとは限らない

キャッシング・カードローン・消費者金融に関するインターネット上の口コミ・評判、あるいは楽天銀行スーパーローンの審査に対するインターネット上の評判・体験談というのも、当然いろいろあります。ネットの常ですが、トンチンカンな評判・口コミもあれば、的を射たクチコミもあります。

的を射ている、正しい内容の口コミ・評判を紹介すると、勤務先への在籍確認の電話も含めて、常に審査を厳しくするのが、厳重にするのが社会やユーザーのためとは限らないというものです。こう書くと「審査が甘く・ゆるくして、ガンガン融資するのが、ユーザーのためだと言うのか?」と思う人がいるかも知れませんが、もちろん、そうではありません。

キャッシングの利用者「全体」のことを考える

何でも「全体」を考えるということは大事です。言うまでもないことですが、キャッシングの審査でも、楽天銀行スーパーローンのような大手の場合は申込者・利用者の人数も圧倒的なので「その全員に配慮した、最大公約数の最適解」を出す必要があります。わかりやすく書くと、たとえ70点でも、全員に平等に配慮できる方法を選択する必要があるということです。

たとえば、「どんな人に対しても、必ず勤務先への在籍確認の電話をかける。かけられない、職場への電話連絡ができないという人には、一切融資しない」というルールを決めたとしましょう。そうすると、この消費者金融・銀行カードローンはどうなるか。

まず、先に書いた通り土曜日・日曜日・祝日・休日・週末の最短即日融資を受けられない人が、大幅に増えます。ブラック企業が多い現代でも、やはり土日・祝日やしっかり休んでいる…という会社・職場が多いですからね。

ということはどうなるかというと、その銀行カードローン・消費者金融、あるいはクレジットカードは利用者が大幅に減ってしまい、経営が行き詰まるということなのです。経営破綻までは行かなくても「お金がガンガン回る」という、企業にとって望ましい状態ではなくなるわけですね。

こうなるとどうなるか。たとえば下のような対応を、その消費者金融・銀行カードローンは取らざるを得なくなるのです。

  • 初回30日間無利息などの無利息サービスをなくす
  • ATM利用手数料無料の提携ATMを減らす
  • 人員削減をして、「最短30分」などのスピード審査をやめる
  • 土曜日・日曜日・週末・休日・祝日の最短即日審査も対応しないようにする

このような対策を取る可能性がある…ということですね。お金がなくなった企業や金融機関であれば、当然です。倒産を避けるためには、こうした方策を取るしかないでしょう。

見れば分かると思いますが、明らかに「全てのユーザーにとって、不利益になる」内容ですよね。利息・手数料・最短即日融資のしやすさ・土日・祝日の最短即日借入…と、どの部分をとっても「最悪な状態」に向かってしまうわけです。

もちろん、これは極端な例です。しかし、勤務先への在籍確認の電話を完璧にするなど、カードローンの審査の細部に過剰にこだわってしまうと、ユーザーのためにマイナスになるということは、これでよくわかるでしょう。上のような「悲劇的」な展開まではいかなくても、たとえば「手数料なしで使えるATMが減る」くらいのことは、存分にあり得ます。

要は「部分最適」ではダメということですね。あくまで「全体最適」であるべき…ということです。こうして考えると、楽天銀行スーパーローンでもその他のキャッシング先でも、一部のインターネット上の口コミ・評判で指摘されている「状況・条件によっては、会社への在籍確認の電話を省略する方が、すべての人のため、社会のためにもなる」という指摘は、正しいということがわかるでしょう。何でもかんでも、厳しい審査をするのが健全…というわけではないのです。これもやはりインターネット上の評判・体験談でよく指摘されているように「どんな分野でも、正しい行動というのは刻一刻変わるので、状況に合わせて、最適の手段を臨機応変にとる」というルールしかないのです。

ということで、楽天銀行スーパーローンの在籍確認の電話の評判・口コミを総括すると、最終的には「その人のクレジットスコア(信用度)や、状況・条件による」という風に考えて下さい。ただし、繰り返し書いてきた通り、基本的には楽天銀行スーパーローンの審査では、職場への電話連絡が必須であるということも理解して下さい。


以上、楽天銀行スーパーローンの口コミ・評判や体験談にまつわる内容として、専業主婦の借り入れ、学生のキャッシング、楽天銀行の口座なしでの最短即日融資、在籍確認の電話の有無…ということを書いてきました。楽天銀行スーパーローンでお金を借りることを検討している方も、他の銀行カードローン・消費者金融との比較のために読んで下さった方も、あるいは「急ぎでお金が必要だから、当日中に借りられるのであれば、どこでもいい」というような方でも、参考になる部分を、参考にしていただけたら幸いです。

楽天銀行カードローン申込み窓口

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP