審査基準は?専業主婦の借入や在籍確認について

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン
  • 借入診断
  • 即日審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 専業主婦

横浜銀行カードローンが人気の理由

スペック重視なら横浜銀行でカードローン

横浜銀行カードローンは「金利1.9~14.6%」「限度額10~1000万円」の超好条件です!ただし、利用できるのは「神奈川県の全地域、東京都の全地域、群馬県の前橋市、高崎市、桐生市にお住まい、お勤めの方」のみなので、運の良いエリア内の人はぜひ利用しましょう!

横浜銀行カードローン申込み窓口

※安定した収入がある方

横浜銀行カードローンの特徴まとめ

スピード融資は、横浜銀行の口座があれば簡単(ないとギリギリ)

横浜銀行カードローンはスピード融資も可能です。
ただし「横浜銀行の口座」がないとギリギリです。

ギリギリというのは「口座開設から始める」からです。
間に合えばいいですが、間に合わない時もある、ということですね。

最短当日横浜銀行の本店・支店に行って、まず口座開設の申し込みをします。
口座開設の時間がどのくらいかかるかは、その時の銀行の混み具合によります。
(これは日頃の経験でわかるでしょう)

込んでいなければすぐですが、込んでいたらこれだけでかなりの時間がかかります。
その後カードローンの審査…となると、スピード借り入れの締切時間に間に合わないことが多いんですね。

なので、横浜銀行カードローンでスピード融資を受ける場合「横浜銀行の口座がないと難しい」と思っておいてください。
(あれば簡単ということです。締切時間はありますが)

土曜日・日曜日・祝日のスピード審査はできない(普通の借り入れはできる)

これは横浜銀行カードローンのデメリットです。

まず、土曜日・日曜日・祝日や夜間のスピード審査はできません。
つまり、この日時の審査は、次の平日に持ち越されるということです。

ただ、これは「審査」の話。
もう審査に受かっていて「普通に借り入れをするだけ」なら、土曜日・日曜日・祝日でもできます。

この点、多くのサイトで間違って「横浜銀行カードローンは、土曜日・日曜日・祝日の借り入れはできない」と書かれています。
できないのは「審査から始める借り入れ」であって、「ただの借り入れ」の場合は、土日祝でもできるのです。

(コンビニの提携ATMで利用できるのだから、土日祝に使えないわけがありません)

ただし、土曜日・日曜日・祝日のATMは利用手数料がかかります。
コンビニの提携ATMは「200円(税別)」で、横浜銀行のATMの場合「100円(税別)」です。

横浜銀行カードローンの注意点「神奈川・東京・群馬」でないとNG

横浜銀行カードローンを語る上で、一番重要なことは「借りられる地域が限られている」ということ。
「東京都・神奈川県・群馬県の一部」のみで、その他の都道府県に住んでいる人は利用できないんですね。

「群馬県の一部」というのは「前橋市・高崎市・桐生市」です。
群馬県がOKなのに、埼玉県・千葉県がダメというのは意外かも知れません。
(こちらの方が神奈川県に近いので)

これに関しては、埼玉は「埼玉銀行」があるし、千葉には「千葉銀行」がある…というのが理由でしょう。
地方銀行は大手銀行と違って、「それぞれの縄張りを犯さない」ことも大事なんですね。

ちなみに、わかりやすく「住んでいる」と書きましたが「勤務先」がこれらの地域でもOKです。

借入金額が200万円以上で、圧倒的な低金利

横浜銀行カードローンは、金利の安さでも評判です。
普通の借入金額では標準レベルですが、200万円以上を借りた時、際立って安くなります。

200万円~300万円の金利は「実質年率8.8%」。
これはみずほ銀行のカードローンも上回るレベルです。

みずほ銀行のカードローンも「低金利」ということで評判ですが、200万円~300万円の時の金利は「実質年率9.0%」。
少しとはいえ、横浜銀行カードローンの方が安いわけです。

この金利は確実に業界トップレベルの安さ。
200万円以上の大きい金額を借りたい方は、該当の地域に住んでいれば、横浜銀行がおすすめです。

最大の1000万円まで借りると、最強レベルの低金利

横浜銀行カードローンは、借入限度額も最大1000万円と、すべての銀行の中で最大です。
(みずほ銀行、住信SBIネット銀行などと並んでいます)

この金額まで借りると、金利の安さも最強レベル。
「実質年率1.9%」という、「あり得ない」というくらいの低金利です。

(銀行カードローンで多くの人が払っている年率は「14.5%」です)

実際には1000万円まで借りられる人は、めったにいないでしょう。
ここまで来たらほぼ事業レベルだと思いますが、それだけの低金利を設定できるということは、横浜銀行に財力がある、ということです。

(つまり、安心して利用できるということですね)

コンビニ・銀行のATMはすべて利用手数料がかかる

横浜銀行カードローンは、コンビニの提携ATMでも使えます。
ただし、すべて利用手数料がかかります。

コンビニだけでなく銀行のATMでも使えます。
横浜銀行ではない、他の銀行や信用金庫のATMですが、これらもやはり有料。

無料で使えるのは横浜銀行のATMのみです。
それも時間外利用は有料になるので、平日の8:45~18:00の間に利用する必要があります。
(手数料を無料にしたい場合)

このように手数料がかかるのはデメリットですが、「追加の借り入れをしにくい」という点で、借りすぎが自動的に防げる…というのはメリットかも知れません。

横浜銀行カードローンは、アルバイト・パートでも借りられる

パート・アルバイトの方、フリーターの方でも、横浜銀行カードローンはキャッシング可能です。
基本的に、他のカードローン同様「自分の収入があれば」OKです。

横浜銀行に限らず、「自分の収入がある人を落とす」ということは、めったにありません。
現時点で多重債務だったり、借入残高が多かったり、信用情報に問題がある…という場合は、もちろん話は別です。

しかし、そうでない普通の人が「アルバイト・パートだから落ちる」ということはめったにありません。

なので「アルバイト・パート・フリーターでも借りられるか?」という心配については、横浜銀行だけでなく、どこのカードローンで審査に通ると考えてください。
(絶対ではないですが)

いくらまで借りられる?300万円までは収入証明書なしでOK

横浜銀行カードローンの借入限度額は、300万円までは収入証明書不要でOKです。

誰でも必ず300万円まで行くわけではありません。
しかし、一般的な年収があり、これまでの与信状況(クレジットヒストリー)に問題がなければ、多くの利用者が300万円まで限度額をもらっているようです。

収入証明書なしで借りられるラインというのは、その業者・銀行が「特に問題のない人なら、融資する」と決めているラインです。
というわけで、そのラインまでは比較的審査に申し込みやすいんですね。

職場への在籍確認は必須。うまい言い訳を考えておこう

職場(会社)への電話確認ですが、これをなしにすることはできません。
なので、電話確認が来ても職場の人に納得してもらえるような、うまい言い訳を考える必要があります。

たとえば「クレジットカードの審査」「加入している保険会社からの確認」「自動車ローンを申し込んだ」…などがいいでしょう。
こういうお金が絡むことの確認だけど「キャッシングではない」というスタンスを取るわけですね。

自分が確認電話に出た場合は、こうやってごまかす必要があります。
「氏名・生年月日」などを聞かれるので「普通の電話ではないな」というのは、職場の人にもわかるからです。

職場バレの原因は大体こういうものですが、自分が出なければバレにくいので、あえて確認電話が来る日時に、会社にいないというのも一つの手です。
(休みや外回りが許されたら、という条件ですが…)

横浜銀行カードローンは返済計画再編を支援する融資にもおすすめ

横浜銀行カードローンは、ここまで書いた通り「借入可能金額が大きい」「大きい金額を借りた時の金利が、圧倒的に安い」という二つのメリットがあります。

返済計画再編を支援する融資では、この両方のメリットが生かされます。
たくさんの借り入れを一つにまとめるので、まとまった金額を借りる必要がありますし、金利が安くならなければ意味がありません。

これらの条件を満たした横浜銀行カードローンは、返済計画の再編に最適なので、多くの方が、一本化をする時に横浜銀行を使っています。
(もちろん、該当地域に住んでいる方のみですが)

返済計画再編を支援する融資だけでなく、借り換えローン・乗り換えローンにももちろん有効。
このような多重債務・借金の整理を考えている方は、ぜひ横浜銀行をチェックしてみましょう。

スピード融資を受ける時の注意点『FAXが必要』

横浜銀行でスピード借り入れをするには、「ネットで書類のダウンロード」→「記入」→「ファクスで送信」という作業が必要。
つまり、パソコン以外での申し込みだと、スピードキャッシングは難しいです。

書類のダウンロードはスマートフォンでもできますが、それを印刷するのは難しいでしょう。
この点、パソコンならプリンタに接続されていることが多いですし、されていなくてもコンビニで印刷できます。

(ネットの所定の場所にアップロードするか、USBメモリに移し、それをコンビニのコピー機に挿して、印刷します)

印刷だけでなく、FAXの送信もコンビニでできます。
というように、プリンタやFAXを持っていない方でも、横浜銀行カードローンのスピード融資は受けられます。

横浜銀行カードローンの審査基準の口コミ・評判

キャッシング・カードローン・消費者金融の口コミ・評判というのは、やはり審査基準に関するものが多くあります。質問も同様です。当然ですが現代の大手の銀行カードローン・消費者金融であれば、高すぎる金利などあるわけがないので、金利(実質年率)は誰もあまり気にしていないということですね。

それより急ぎでお金が必要な方々、今すぐキャッシングをしたいという方々が申し込むわけですから、「審査に通るかどうか」とか「スピード融資できるのかどうか」「審査にかかる時間はどのくらいなのか」というようなことを知りたいわけです。その一つとして、横浜銀行カードローンでも審査基準について語られたインターネット上の評判・体験談が、特に注目を浴びている、スポットライトを浴びている…ということですね。

ここではそんな横浜銀行カードローンの審査基準(特に借入可能な職業・属性)に関するインターネット上の口コミ・評判を見ながら、整理した情報を公開していきます。

パート・アルバイトの審査についての評判・体験談

カードローンの知識がある人であればすでに熟知していることでしょうが、横浜銀行カードローンでもどこでも、大手の消費者金融・銀行カードローンというのは基本的に「自分の収入がある人なら借入可能」というルールになっているので、横浜銀行カードローンでもパート・アルバイト・フリーターの方々は借り入れができるようになっています。

ただ、この「借り入れ(借金)ができる」「キャッシング可能である」というのは、言うまでもありませんが「誰でも借りられる」とか「必ず審査に通る」という意味ではありません。あくまで申込資格・借入資格をクリアしているということであって、要は「借りられる」というより「申し込める」ということです。実際に審査に通るかどうかは、完全に別の話ということですね。

という大前提の上で書くと、とりあえず、どのインターネット上の評判・体験談を見ても、一定の年収・月収、一定の勤続年数・クレジットヒストリーなどの最低限のクレジットスコア(信用度)を満たしていれば(必要な信用度・クレジットスコアに到達していれば)、アルバイト・パート・フリーターの方々でも横浜銀行カードローンでキャッシングが出来る…ということが言えます。

パートの女性でも借り入れできる

パートの女性については、ノーローン・SMBCモビット・アイフルなどの大手の消費者金融も含めて、そして横浜銀行カードローンなどの銀行キャッシングも含めて、あるいはクレジットカードも合算して、全ての借り入れ先で申込資格を満たしているので、キャッシング審査の申し込みは可能です。

もちろん、ある程度の勤続年数を満たしていたり、一定の年収・月収を得ている…という条件つきではありますが、ここではインターネット上の評判・体験談によって、パートの女性の方々のキャッシングが、横浜銀行カードローンの場合はどのように語られているか、記載されているか…という内容を追跡していきます。

パート収入は、月8万円必要というクチコミ

口コミ・評判というのは、ここまで何度も書いてきている通り、さほど正確性のないものです。率直に書くと「あまり当てにならない」ということです。これは横浜銀行カードローンについて語られたインターネット上の評判・体験談でもやはり同様なのですが、何はともあれ、ある程度信ぴょう性があるインターネット上の口コミ・評判では、横浜銀行カードローンでパートの女性がお金を借りるためには、月収8万円程度が必要という風になっています。これは何となく、日常生活の感覚でも納得できるでしょう。このくらいシフトに入っていて、自分の収入を得ているパートの女性であれば、ある程度経済的にも信用できる…ということです。

年収で計算すると、月収8万円というのは年収96万円になるので、ほぼ100万円です。月収があと5000円多ければ…というより、パートの女性でも数万円のボーナスはもらえる職場が結構あるので、それも加えればほぼ年収100万円ということができるでしょう。つまりあくまで私の推測ですが「年収100万円が、一つのライン」になっている…ということが想像できます。

これもやはり、一般的な感覚・日常生活の感覚と一致するかと思います。たとえば若者がアルバイトを始めて「自分も一人前になったな」と実感するのは、年収100万円を超えてからでないでしょうか。逆に1年のアルバイトが終わって源泉徴収票をもらって、年収が98万円など、あと一歩100万円に届かなかったら「しまった。もう少し働けばよかった」と思うのではないでしょうか。(これは半分冗談ですが、何となくわかる気持ちだと思います。)

ということで、キャッシング・カードローン・消費者金融の世界でなくても、年収100万円というのは一つの経済力を測る物差しになります。あるいはなっています。インターネット上の口コミ・評判でもそれはよく指摘されていますが、このような理由から「横浜銀行カードローンでパートの女性が審査に通るためには、最低限月収8万円程度必要」というように言われているのかと思います。

その他の審査項目が良好であれば、もっと低年収でもいい

これもやはり、あくまでインターネット上の評判・体験談でそのように言われているということなので、必ずしも正しい情報ではありません。その前書きをした上で説明すると、勤続年数が長かったり、クレジットヒストリーが良好だったり、年収・月収以外の審査条件が有利な条件のパートの女性であれば、もっと少ない月収でも借りられる可能性がある、横浜銀行カードローンでキャッシングが出来る可能性があるということが指摘できます。

「勤続年数が長い」ということについては、言うまでもなくわかるでしょう。一つの職業で長く勤めているパートの女性の方が、信用できるということですね。別にパートの女性でなく、フリーター・アルバイトの方でもそうですし、会社員・OL・公務員の方々でも同じですが、同じ勤務先で、長期間勤続している人の方が、大体真面目なので信用ができるということです。真面目な利用者・消費者というのは、遅れずに返済してくれるので、督促・回収にかかるコストや、貸し倒れコストもなく、全体としてすべての利用者の利益になるということもあります。

また、返済の延滞・滞納をしないというだけではなく、勤続年数が長いパートの女性というのは、その勤務先・職場から必要とされているし、自分でもその職場をある程度心地よく思っているということが想定できます。少なくとも、たとえば勤続年数が5年間だったら「5年勤めても、ストレスや過労で倒れるようなことはなかった」→「それだけ労働環境が最低限しっかりしている職場でである。あるいは、そのパートの女性も、その職場を気に入っている」ということが推定できるわけです。

もちろん、これはあくまで想定に過ぎません。「他に働く場所がないから、いやいやずっとそこでパートをしている」という可能性もあるでしょう。しかし「勤続年数が短いパートの女性よりは、明らかに長いパートの女性の方が、上のような好条件である可能性が高い」わけです。要は確率の問題ということですね。100%こうであるという断言など、どんな世界・分野・ジャンルでもできないのですが、キャッシング・カードローン・消費者金融の世界でも、それは当然です。ただ「できるだけ可能性が高い視点・審査基準でジャッジをして、より貸倒リスクを低くする」というのが、横浜銀行カードローンも含めて、大手の消費者金融・銀行カードローンが常に考えていることであり、業務改善をしている部分なのです。

クレジットヒストリーが良好というのはどういうことか

横浜銀行カードローンだけでなく、どの銀行カードローン・消費者金融でお金を借りようとする時でも、インターネット上の口コミ・評判をチェックしていると、しばしばこの「クレジットヒストリー」という単語が登場するでしょう。ハリウッド映画のタイトルにもなりそうなキャッシング用語ですが、それはさておき、このクレジットヒストリーというのはどのような意味なのか。疑問に思う人も多いに違いありません。

(実際、インターネット上の評判・体験談が多数掲載されている情報サイトでも、Yahoo!知恵袋などと同じノリでクレジットヒストリーについての質問がよく見られます)

結論を書くと、一言で言うと、クレジットヒストリーというのは、その人のこれまでの借入・返済の履歴のことです。つまり、下のようなことが書かれているわけです。

  • 今まで、どこでキャッシングをしたか(クレジットカードも含む)
  • 現時点で、契約が残っている(借り入れ・借金できる)のはどこか
  • 最高限度額がついているだけでなく、実際に借りている金額はいくらか
  • 返済の延滞・滞納は、これまであったか
  • 事故情報・異動情報(ブラックリスト)はあったか、なかったか
  • 最近、他の銀行カードローン・消費者金融やクレジットカード会社で申し込みをしていないか

ということです。個人信用情報という情報をチェック・照会することで、これらの内容がすべてわかる…ということですね。中で登場するキャッシング用語について、口コミ・評判を深く読み解く、読解する参考になると思うので、ここで解説していきます。

事故情報・異動情報とは何か

キャッシング・カードローン・消費者金融の口コミ・評判を見ていると、閲覧していると、この「異動情報・事故情報」という単語がよく出現することに気づくでしょう。これは俗にいう「ブラックリスト」というものです。ブラックリストという単語は、キャッシング・カードローンの世界に正式に実存しているわけじゃないのですが、事故情報・異動情報というものはあって、これが利用者・ユーザーの間では「ブラックリスト」とされている…ということですね。

(実際、効力というか内容的には確かにブラックリストのようなものです。そういう名前で呼ばれないというだけで)

ブラックリストの内容についてのクチコミ

カードローン・消費者金融についてのインターネット上の口コミ・評判では、ブラックリストの内容についても、いろいろ書かれています。その情報・内容が錯綜しているので、戸惑っている利用者の方々もいるかも知れません。どのブラックリストの口コミ・評判が正しいのだろう…ということですね。(ネットでの情報収集ではあるあるですが)

ブラックリストに分類される内容(異動情報・事故情報)は、下のようなものになります。

  • 債務整理
  • 代位弁済
  • 強制解約・退会
  • 重度遅延

見るからにヘビーな単語ばかりですが、それぞれ簡単に説明していきます。

債務整理についての評判・体験談

ブラックリストになるような債務整理というのは何か、これもやはり横浜銀行カードローンも含めた、キャッシングについて言及されたインターネット上の評判・体験談を見ていると、よく理解できます。債務整理というのは、一覧にすると下のような種類・内容になります。

  • 自己破産
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 特定調停

自己破産が一番有名なので、知っている方も多いでしょう。「借金がチャラになる」というものですね。誰でも借金がチャラになるわけではなく、あくまで自己破産を宣言した後、裁判所によって免責という借金帳消しの許可が降りた人のみという風になっています。

自己破産には「免責不許可事由」というものがあり、たとえばギャンブル・投資・浪費などがこれに該当します。このような理由によって借り入れ・借金をして自己破産に至った…という時には借金帳消しにならない、借金がチャラにならない…というルールになっています。横浜銀行カードローンのようなしっかりした金融機関でお金を借りていた場合でも、それは同じです。

(もっとも、横浜銀行カードローンの審査に通るくらいの信用度(クレジットスコア)がある人であれば、自己破産するほどの借入超過者・多重債務者になる…ということはまずないでしょうが)

何はともあれ、自己破産をしたら完全にブラックリスト入りして、横浜銀行カードローンでもその他のクレジットカード会社や消費者金融・銀行カードローンでも、絶対に審査に通らない…というのは、誰でも理解できると思います。この期間は大体10年間です。特に横浜銀行カードローンの場合は、一番クレジットヒストリーで関連する個人信用情報機関は「全国銀行個人信用情報センター」ですが、全国銀行個人信用情報センターで自己破産の情報を記録する期間が「10年間」となっています。

なので、特に自己破産を過去にしたことがある方は、それから10年は、少なくとも横浜銀行カードローンでは審査に通らない(それでも審査が厳しいレベルでなく、絶対に借入不可)と思って下さい。他の銀行キャッシングでも同様で、消費者金融でもおそらくそのようになる…と思われます。

(最近は、JICC・CIC・KSCという3つの個人信用情報機関がすべて情報をCRIN(Credit Information Network)によって共有しているので、全国銀行個人信用情報センターの情報は銀行カードローンだけ…というような範囲はないのです)

任意整理・特定調停についての口コミ・評判

続いて、これもキャッシング・借り入れについてのインターネット上の口コミ・評判が書かれたサイトから、任意整理・特定調停に関する情報・評判・体験談を抽出して、ここで整理して解説していきます。

まず任意整理から説明すると、内容が自由な債務整理のことで、主に利息や元本・元金の一部カット、減額という風になっています。要は「負けてくれ」ということですね。値引き交渉のようなものです。

「任意」とは自由のことで、整理というのは債務整理のことですね。「自由な債務整理」なので「任意整理」と呼ぶわけです。

任意整理と特定調停の違い

特定調停も任意整理と内容は同じです。これも多くの知識人(キャッシング・消費者金融・カードローンの知識がある人)が指摘していますが、利息や元本のカットなどの債務整理としての内容は同じで、裁判所を仲介するかどうかが違いということですね。

  • 任意整理…裁判所なし
  • 特定調停…裁判所が仲介

このような違いになります。「任意整理の方が簡単そうだ」と思うでしょう。その通りです。ただ任意整理は司法書士・弁護士などの専門家を間に立てる必要があるので、その分の報酬・依頼費用がかかるというデメリット・短所・注意点もあります。一方、特定調停については、間に立つのが裁判所であり、裁判官は言うまでもなく税金からお給料をもらっているので、報酬を払う必要はありません。

ということで、任意整理・特定調停のどちらが債務整理する人にとっていいのかということは、インターネット上の口コミ・評判でも下のように分類されています。

  • 任意整理…ある程度お金がある人。業者・銀行と自分で交渉したくない人。裁判所に行く時間がない人
  • 特定調停…お金がない人。自分で業者・ブランド・銀行と交渉する自信がある人。裁判所に足を運べる人

どちらにしても、自分に適した方で債務整理をするのがいいでしょう。(たまに司法書士・弁護士のサイトで「特定調停にはメリット(長所・利点)が特にないということが書かれていますが、それは立場上、彼らが自分の仕事を増やしたい…ということです。もちろん、大部分の弁護士・司法書士の方は、特定調停のメリットもしっかりと書かれています。そのような司法書士・弁護士だったら信用できるでしょう。)

横浜銀行カードローンではなく、司法書士・弁護士の事務所の口コミ・評判の見分け方になるかも知れませんが、インターネット上の評判・体験談がいいか悪いかというより、こういう本質的な部分で、その弁護士・司法書士が信用できる人かどうかを見分ける…ということも大事にして下さい。

強制解約・退会とキャッシングの審査の口コミ・評判

横浜銀行カードローンの審査に関連した評判・口コミでも、やはりブラックリスト入りしている人でも借りられるのかどうかという質問は多いですし、気になっている方も多いでしょう。そうした資金需要者の方々のニーズを反映して、引き続き、事故情報・異動情報(ブラックリスト)の状態でもキャッシングができるのか…ということに関連して、強制解約・退会を以前に、過去に食らった方の場合は、横浜銀行カードローンの審査はどのようになるのか―ということを、説明していきます。

強制退会・強制解約というのは、言うまでもなく、以前のクレジットカードや消費者金融・銀行カードローンなどで、規約違反、重度の遅延などをして、強制的に利用できなくさせられたというものです。文字通りですね。

ただ、インターネット上の評判・体験談でもよく間違われている内容ですが(実は私も長年勘違いをしていたのですが)、「強制利用停止」と「強制解約・退会は違う」という意外な事実があります。

強制利用停止と、強制解約・退会の違い

ある人の口コミ・評判を見て知ったのですが、(そして、私もその後で自分の個人信用情報を確認して知ったのですが)、たとえば、クレジットカードの支払いで1ヶ月程度延滞・滞納すると、強制利用停止になって、解約させられます。これを強制解約・退会というのだと思っていたら、実はこれだと、CIC(シーアイシー)では「A」マークがつくだけなんですね。「お客様の都合によって、入金なし」という意味です。要は「この人は、1ヶ月返済に遅れました」ということです。

「重度の延滞・滞納じゃないか」と思われるかも知れませんし、実際、審査する銀行カードローン・消費者金融によってはそう捉えることもあるでしょう。(クレジットカード会社でも同じです)横浜銀行カードローンの場合も、そのように「A」マークでも、悪質な延滞・滞納として分類する、という審査基準になっているかも知れません。

このあたりの細かい精密な審査基準は、当然我々外部の人間にはわからないわけですが、確かなことは1ヶ月程度の遅延・延滞だと、「A」マークがつくことはあっても、「事故情報・異動情報」の欄には何も記載されていないということです。JICC(日本信用情報機構)やKSC(全国銀行個人信用情報センター)だとどうかわかりませんが、少なくともCIC(シーアイシー)ではそのようになっているんですね。

なので、クレジットカードなどで強制利用停止を食らった方でも、それで強制退会や強制解約になっているとは限らないので、横浜銀行カードローンなどで審査の申し込みをする前から悲観的になって「どうせブラックリストだから審査に通らない」と思うのではなく、一度個人信用情報を照会してみるといいでしょう。開示請求は、特にCIC(シーアイシー)だったら簡単にできます。(クレジットカードやネットを使って、その場ですぐできるようになっています)

もちろん、強制解約・退会になっていなくても、やはり横浜銀行カードローンのように審査が厳しい借入先となると、審査に通るのは相当難しくなります。ただ、ブラックリストのように「5年~10年は、絶対に借入審査に通らない」ということでもないので、この点はやや安心できるのではないかと思います。(この強制解約・退会の定義については、インターネット上の口コミ・評判もかなり間違ったことが書かれているので、この正しい情報を理解していただけたらと思います。)

代位弁済と借入審査についての口コミ

続いて、ブラックリストや横浜銀行カードローンの審査に関するインターネット上の口コミ・評判の中でも「代位弁済」について述べられたものを参考にしながら、解説していきましょう。代位弁済もブラックリストの種類の一つですが、直訳すると「代わりに返済する」ということです。

「何で代わりに返済してもらうのがブラックリストなのか?」「友達や親兄弟・家族が立て替えることが、そんなに悪いことか?」と疑問に思う方が多いでしょう。実際、インターネット上の口コミ・評判を見ていても、そのような疑問がよく書き込まれています。

実は代位弁済で「代わりに返済」をするのは、人間ではなく「保証会社」なのです。もちろん、保証人の家族などの人間がすることもありますが、ブラックリストでいう代位弁済というのは「保証会社が代わりに返済すること」が主なんですね。

保証会社というのは「保証人の会社版」です。つまり、保証会社という企業が、あなたの信用を保証してくれて、それによって横浜銀行カードローンなどの金融機関が、融資をしてくれる、スピード融資に対応してくれる…ということなんですね。

たとえば、横浜銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンスです。プロミス・SMBCモビットなどのキャッシングブランドを提供している会社ですね。SMBCコンシューマーファイナンスがあなたを審査して(横浜銀行カードローンも審査しますが)、「この人は、信用できる人です」という保証をするわけです。横浜銀行カードローンはSMBCコンシューマーファイナンスのその言葉を信用して、あなたに対してスピード融資をするわけです。

ということは、もしあなたが(ユーザーが)延滞・滞納をした場合には、SMBCコンシューマーファイナンスが代わりに、横浜銀行カードローンに対して返済する必要があるんですね。そして、その後その利用者は横浜銀行カードローンではなく、SMBCコンシューマーファイナンス、もしくは代わりに登場する債権回収会社(サービサー)などに対して返済をしていく…という形になります。

これが代位弁済ですが、要は「貸し倒れである」というのがわかるでしょう。保証会社が登場するような「大事」なので、ブラックリストとして記録される、事故情報・異動情報に分類されるということですね。

代位弁済になると、大体5年か7年ほどは審査に通らなくなる…と言われています。このあたりはその人のその後の「挽回ぶり」にもよるので、明確にはいえません。インターネット上の評判・体験談を見る限りハウスカードなどを発行して、いわゆるクレヒス修行をした人の場合は、もっと短期間で、クレジットカードの審査なら通るようになる(特にアメリカン・エキスプレスなど)という口コミ・評判もあります。これが事実かどうかはさておき、ハウスカードなら作りやすいのは本当ですし、たくさんショッピングをして、遅れずに返済していれば、クレジットヒストリーが改善されていく…というのも事実です。

(また、クレジットカードの中でも、特にアメリカン・エキスプレス・カードは、その人の過去よりも直近の支払能力を重視するので、ブラックリストから立ち直りやすい、ということがよくインターネット上の口コミ・評判で言われています)

何はともあれ、基本的に過去数年以内に代位弁済を経験している方はブラックリスト入りしているので、横浜銀行カードローンのキャッシング審査も、基本的に通らないという風に考えて下さい。

横浜銀行カードローンの大口利用の口コミ・評判

債務整理など、多重債務に関する話題が登場したところで、それにつながる内容として、横浜銀行カードローンでの返済計画再編を支援する融資や借入先の変更ローンについてのインターネット上の評判・体験談をまとめていきましょう。多重債務者・借入超過者の方々にとっては、特に深く関わる内容になります。

カードローンの知識がある人だったら、非常によく知っているというよりほぼ常識でしょうが、横浜銀行カードローンは他の銀行キャッシングと同様に総量規制の対象外なので、普通のキャッシングでそのまま返済計画再編を支援する融資でも、借り換えローンでも、転用することができます。つまり、返済計画の再編もできるし、借入先の変更も出来る…ということです。

なので「もっと低金利なキャッシングに借り換えたい・乗り換えたい」とか「多重債務を返済計画再編を支援する融資で返済計画を再編したい」というようなニーズに対しても、通常の横浜銀行カードローンそのままで答えることができます。

横浜銀行カードローンは比較的、審査に申し込みやすい?

こうした返済計画再編を支援する融資・借り換えローンの審査についてですが、キャッシングのインターネット上の評判・体験談を見ていると横浜銀行カードローンは、他の大手の銀行キャッシングよりも、比較的大口利用・借入先の変更の審査に対して積極的であり、申し込みやすいということが書かれています。これは言うまでもありませんが「審査がゆるい・甘い」ということではまったくありませんので、そのへんは注意してください。

では、インターネット上の口コミ・評判ではどのような根拠から「横浜銀行カードローンは返済計画の再編や借入先の変更がしやすい」と言われているのかというと「公式サイトで、明確に大口利用・借入先の変更OKと強調されている」という点にあります。あまりキャッシングの知識がない人だと「それだけ?それは普通では?」と思うでしょう。

しかし、消費者金融・カードローンの知識がある人だったら、すぐにピンと来たはずです。というのは、実は、大手の銀行カードローンの中でも「大口利用・借入先の変更OK」ということを明記していない銀行カードローンが、意外とあるからです。割合としては、大体大手の銀行キャッシングの三割程度が、返済計画再編を支援する融資や借入先の変更ローンとしての利用について、明記していない、という印象を受けます。

大口利用・借入先の変更OKと書かない=審査が厳しい

あくまでインターネット上の評判・体験談を参考にした見方であり見解ですが、「大口利用・借入先の変更OKと明記されていない銀行カードローンは、返済計画の再編や借入先の変更の審査に対して厳しい」と言われています。つまり、返済計画の再編を禁止しているわけではないし、借入先の変更も含めて対応しているけど、審査に通るの判断が難しいということです。要は「あまり、返済計画の再編などを歓迎していない」ということです。

「なぜ?」と思う方も多いでしょう。会社員・OL・公務員の方々だと、ビジネス的な感覚があるので「他社の売上を奪って、自社の売上を伸ばすチャンスでは?」と思うはずです。実際、物理的には確かにその通りであり、返済計画再編を支援する融資は銀行カードローン・消費者金融の側にとってメリットがあります。

返済計画再編を支援する融資・借り換えローンには、リスクもある

しかし、これもこの分野(キャッシング・カードローンの分野・ジャンル)の知識人・有識者などの方々がインターネット上の評判・体験談として発言されているように「返済計画再編を支援する融資・乗り換えローンは、融資する銀行カードローン・消費者金融の側にもリスクがある」のです。どのようなリスクか、箇条書きすると下のようになります。

  • 単純に金額が大きくなる(数百万円など)
  • それを、通常より信用リスクが高い人(多重債務者)に対して貸し付ける

このような理由です。まず「数百万円などの大口キャッシングを、一人の利用者に対してする」というだけでも、かなりリスクがある…というのはわかるでしょう。少額だったら返済不能になっても痛くありませんし、むしろ小口キャッシングな分、そもそも返済不能になること自体がない…という風にいえます。

それとは逆の大口融資をする時点でリスクがあるのですが、そのリスクが高い大口キャッシングを、さらに普通の人よりリスクが高い多重債務者・借入超過者に対してするというのが、返済計画再編を支援する融資であり、借入先の変更ローンなのです。こうして書くと「確かに、これは消費者金融・銀行カードローン側にとってかなり危険である」という見方も納得できるでしょう。「危険な金額を、危険な人に融資する」ということですからね。

しかし、先にも書いた通りビジネス的な視点・観点・ポイントから見れば、こうした乗り換え・返済計画再編を支援する融資というのは、「他社の売上を奪いつつ、同時に自社の売上を増やせる」というチャンスでもある、のです。(あえてビジネス・戦略的な言い方をするなら)

そうして考えると「確かにリスクはあるが、大きく飛躍するチャンスにもなるし、何より、困っている多重債務者・借入超過者の方々のためにもなることだから、うちは返済計画再編を支援する融資を積極的にやろう」と考える銀行カードローン・消費者金融が出てくる…というのは納得できるでしょう。利益のためでもありますが、やはり借入超過者・多重債務者を救う、救済する…というのは大事ですからね。

金融庁も推奨している

このように「多重債務者・借入超過者のために、返済計画再編を支援する融資や借入先の変更ローンを充実させる」というのは、誰より金融庁・政府が推奨していることなんですね。当たり前ですが、借入超過者・多重債務者が増えてしまって、取立て・督促に関する悲劇が、一時期のサラ金バッシングの時代のように増えてしまうと、日本全国が大変なことになるからです。

なので、そのように日本全体の金融情勢がおかしなことにならないよう、借入超過者・多重債務者を出さないための返済計画再編を支援する融資・借り換えローンについては、金融庁自らが率先して推奨しているわけです。

ということを考えても、やはり横浜銀行カードローンなどの金融機関がそれに沿って、返済計画再編を支援する融資や乗り換えローン・借り換えローンとしての機能を強化するというのは、国策・社会貢献にもかなっていて、とても正しいことなわけですね。

(もちろん、ここまで書いてきた通り、返済計画再編を支援する融資・借り換えローンというのは、金融機関や消費者金融・銀行カードローンにとってはそれなりのリスクがあるものです。なので、横浜銀行カードローンのように積極的に取り組める銀行キャッシングばかりでなかったとしても、それは仕方がないことです。その点は勘違いしないで下さい。)

何にしても、大口利用・借入先の変更OKということがハッキリと、しっかりと明記されているため、横浜銀行カードローンは返済計画の再編などの審査に申し込みやすい…というインターネット上の口コミ・評判が流れているということですね。

横浜銀行カードローンの職場への在籍確認の口コミ

最後の段落では、横浜銀行カードローンの勤務先への在籍確認の電話について、インターネット上の評判・体験談ではどのような内容・トピックスが語られているか…ということを説明していきます。特に職場バレしないでキャッシングをしたい、と思っているユーザーの方々、利用者の人々については、このような評判・体験談はかなり役立つことでしょう。

勤務先への在籍確認の電話は必須

これはわずかでもカードローンの知識がある人であれば、もう読むまでもなくわかっていたでしょう。横浜銀行カードローンでもどこでも、大手の消費者金融・銀行カードローンはすべて職場への在籍確認の電話が必須という審査条件になっているので、横浜銀行カードローンでも同様に、職場への電話連絡を受ける必要がある、ということですね。

ただ、これは自分がその場にいなくても大丈夫、という点を理解して下さい。つまり、仕事が休みの日(横浜銀行カードローンは土曜日・日曜日・祝日・休日・週末のスピード融資には対応していませんが、平日が休みという方もいるでしょう。)に横浜銀行カードローンに審査の申し込みをして、横浜銀行カードローンのスタッフさんが「今から在籍確認の電話をかけます」と言ってかけた時、職場の同僚・勤務先の同僚が誰か電話に出てくれれば、それで勤務先への在籍確認の電話は完了…ということですね。

在籍確認の電話の内容についての評判・口コミ

次に、上のような世銀行カードローンの勤務先への在籍確認の電話で、内容としてはどのようなことを質問されるのか、審査されるのか―、という点を解説します。これも気になる人が多いようで、やはりカードローンについてのインターネット上の評判・体験談が集まるウェッブでは、この点について掘り下げたいと思っている利用者・ユーザーの質問が溢れています。

結論を書くと、横浜銀行カードローンでもどこでも、在籍確認の電話で何か審査したり質問したりする、ということはほとんどないということができます。つまり「文字通り、在籍確認をするだけ」ということです。たとえば下のような感じですね。(あくまでインターネット上の口コミ・評判ではそのように言われているというだけです。)

  • 個人名で、普通の用事のようにかける
  • 横浜銀行という銀行名を名乗る場合はあるが、名乗らないことも可能
  • 電話口に本人が出る場合には、氏名・生年月日などを尋ねることもある(本人確認のため)

あくまでインターネット上の評判・体験談ではこのような書き込みが見られるという程度の正確性ではありますが、大体の在籍確認の電話の傾向は、掴んでいただけるかと思います。横浜銀行という銀行名いを名乗るかどうかについては、わかりません。アコム・SMBCモビット・プロミス・アイフル・ノーローンなどの大手の消費者金融については、一切名乗らないシステムになっていますし、新生銀行カードローン レイクなども、新生銀行という名前を伏せることも可能とされています。

大手の銀行カードローンの場合は「銀行名を名乗る」というルールのキャッシング先が多いので、横浜銀行カードローンの場合はどのようになるか、申し込んでみないとわかりません。反社会勢力との繋がりや、不正申し込みを疑われた人については「必ず横浜銀行と名乗る」ということもあるでしょう。逆に、明らかにクレジットスコア・信用度が高い人であって、信用できるという場合には、名乗らない(担当者の個人名を名乗る)ということもあり得ます。

このように、会社への在籍確認の電話の内容・やり方・話すことがどのようになるかは、正確にはわかりません。しかし、とりあえず「普通に勤務している分には、職場への電話連絡は横浜銀行カードローンの審査であっても、それほを怖がるようなものではない、ということは理解して下さい。


以上、返済計画再編を支援する融資・勤務先への在籍確認の電話・スピード融資・パート・アルバイト・フリーターの借り入れ・借金…、というように、ありとあらゆる観点から横浜銀行カードローンのスピード融資に関するインターネット上の口コミ・評判を整理してきました。日曜日・土曜日・週末・祝日のスピード融資についてはあまり触れませんでしたが、土曜日・日曜日の借り入れはできないものの、平日のスピード融資であれば、横浜銀行カードローンは非常に便利なキャッシングとなっています。

そのため、特に平日に急ぎでお金が必要になった、あるいは急ぎでお金を借りたいという局面・シチュエーションであれば、ぜひ利用していたいただくのがいいでしょう。

横浜銀行カードローン申込み窓口

今日中に融資可能

SMBCモビット SMBCモビット
融資情報
審査時間10秒簡易審査
融資時間最短で当日融資の可能性あり
限度額800万円(3.0%~18.0%)

TOP