審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

おまとめローンで一本化

イオン銀行のおまとめローンは比較的審査に通りやすく低金利

イオン銀行は返済計画再編を支援する融資としての利用もおすすめです。理由は―。

  • 返済計画再編を支援する融資・ネットフリーローンという「専用プラン」がある
  • 金利が安い
  • 限度額も最大700万円と十分

…ということです。特に大きいのは上の2つの理由です。

  • 審査に通りやすい(借りやすい)し
  • 低金利になる

…ということですね。

主要な銀行カードローンで唯一「専用返済計画再編を支援する融資」を持っている

イオン銀行は主要な銀行カードローンの中で唯一「返済計画再編を支援する融資」という名前がつく専用コースを持っています。他の銀行カードローンは、すべて大口利用専用コースを持っていなくて、通常のキャッシングをそのまま転用する…というやり方なのです。

専用コースを用意するぐらい、積極的に取り組んでいる

このように専用コースがあるということは、それだけ返済計画再編を支援する融資・返済計画の再編に積極的に取り組んでいる…ということを示します。当然ですが、「宴会専門プラン」がない居酒屋より、ある居酒屋の方が、宴会を歓迎している…ということですからね。

(というか、宴会プランがない居酒屋などないと思いますが…。立ち飲みくらいですね)

という点からも、決して審査基準が甘いというわけではありませんが、「大口利用に積極的=比較的審査に通りやすい」ということは言えるでしょう。

主要な銀行カードローンの中で、イオン銀行は特に低金利

通常のキャッシングの場合もそうですが、主要な銀行カードローンの中でも、イオン銀行は特に低金利になっています。そして、それは一本化用の「返済計画再編を支援する融資・ネットフリーローン」の時も同じです。

「返済計画再編を支援する融資・ネットフリーローン」の金利は、4.8%~13.5%。実質年率です。これがどのくらいの金利なのか、他の銀行の返済計画再編を支援する融資と一覧にして比較するとよくわかります。

(他の銀行は通常のキャッシングを返済計画再編を支援する融資として転用するので、通常のカードローンの金利を書きます)

イオン銀行と他の銀行の返済計画再編を支援する融資の金利比較・一覧

イオン銀行カードローンBIG 3.8%~13.8%(実質年率)
みずほ銀行カードローン 3.5%~14.0%(実質年率)
ソニー銀行カードローン 2.5~13.8%(実質年率)
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 1.9%~14.5%(実質年率)
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%(実質年率)
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%~14.6%(実質年率)
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%(実質年率)
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 2.5%~18.0%(実質年率)

…という風になります。この比較から言えることは―。

  • 上限金利は、イオン銀行が一番安い
  • 下限金利は、もっと安いところが多くある

…ということです。ただ、下限金利が多少高い分には、特に問題ありません。返済計画再編を支援する融資の場合でも、重要なのは「上限金利」です。理由は―。

  • 多重債務でも、100万円~200万円程度の人が一番多い
  • その場合は、ほぼ上限金利が適用される
  • 300万円でも、まだ下限金利よりは上限金利に近い

…ということです。下限金利というのは「最大限度額まで借りた時の金利」なので、返済計画再編を支援する融資でも普通のキャッシングでも、基本的に適用されないんですね。

バンクイック大口利用専用

イオン銀行の返済計画再編を支援する融資の場合、700万円借りる

たとえばイオン銀行の返済計画再編を支援する融資・ネットフリーローンの場合、最大極度額が「700万円」なので、700万円の借金を一本化して、ようやく下限金利が適用されるということになります。そして、厳しくなった現在のキャッシングの世界で、700万円を借り入れできる人はまずいません。

  • 総量規制によって年収の3分の1までしか借りられない
  • 700万円借りるには、単純計算で2100万円が必要になる

…ということです。当然この記事を読んでいる人で、

消費者金融の返済計画再編を支援する融資で、限度額が1000万円?

イオン銀行の返済計画再編を支援する融資の限度額は「700万円」ですが、キャッシングの情報サイトを見ていると「アイフルの返済計画再編を支援する融資でも、1000万円を借りられる」という内容が、たまに見られます。これについてまとめると―。

  • アイフルの現在の返済計画再編を支援する融資(おまとめMAX)は、限度額500万円
  • 過去に提供していた「不動産担保の返済計画再編を支援する融資」は、1000万円は普通
  • 現在でも、不動産担保ローンの場合、かなりの限度額がある
  • 実際にいくらが極度額になるかは、不動産の価値による

…ということです。で、なぜアイフルに限って「最大1000万円」という情報が流れていたのかというと、「2006年頃のアイフルバッシングで、話題になっていた」からです。

この頃、消費者金融の中で「なぜか狙いをすましたように」アイフルだけがひたすら叩かれていたのですが、その時やり玉に上がった融資の1つが「返済計画再編を支援する融資」だったのです。

  • アイフルは、返済計画を再編する時に高い手数料を取っている
  • 大口利用とは言え、一人の人間に1000万円以上、消費者金融が融資するのは過剰貸付だ

…というような批判が多かったんですね。この時の情報が入り混じって「極度額1000万円」という情報が残っているのでしょう。

上の批判は間違っている

この機会に訂正しておくと、上の批判は両方間違っています。

  • 手数料は確かにとっていたが、明らかに金利が下がった分、利用者の負担は軽くなった
  • ↑利用者も、アイフルの説明を聞いてそう納得したから、契約した
  • 「1000万円が問題」というが、アイフル以前にそれだけ貸していった他の業者に問題がある

…ということです。そして、当時テレビではよく「アイフルの返済計画再編を支援する融資を利用して破産に至った人」という内容が放映されていましたが、それは「アイフルの返済計画再編を支援する融資で返済計画を再編した後、さらに別の業者でも借り入れしていた」という、はっきりいって「自業自得」な人たちです。

こうした間違った批判や、当時のアイフルの状況については、『アイフル元社員の激白』という本に詳しいです。これはアイフルの「不動産担保返済計画再編を支援する融資」で、トップセールスとして活躍されていた方の本なので、まったくそのまま「当時のアイフルの返済計画再編を支援する融資」に関する状況がわかります。

何はともあれ、「消費者金融の返済計画再編を支援する融資で、融資枠1000万円のことがある」というのは、こういう不動産担保の返済計画再編を支援する融資のことを言っているんですね。

イオン銀行カードローンでも、不動産を担保につけられる場合は、その不動産価値しだいで、融資額はいくらでも増やすことができます。

極端な話、大阪城を担保に入れたりしたら、何百億でも借りられますからね(もちろん、あれは個人の持ち物ではないですが)。不動産担保というのは、普通のキャッシングや返済計画再編を支援する融資とは、完全な別世界と思ってください。

おまとめローンで一本化のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP