審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

おまとめローンで一本化

アイフルのおまとめローンは、少額の借金の整理におすすめ

アイフルの返済計画再編を支援する融資は、消費者金融の中では下のような点でおすすめできます。

  • 借入金額が小さい時に低金利(150万円以下程度)
  • 銀行カードローンより審査に通りやすい
  • ネット申込みができる

ということです。

借入金額が小さい時に低金利な理由

これは普通のキャッシングでも同じですが、「少額借り入れの時の適用金利」というのは、「上限金利」です。つまり「高い方の金利」ですね。

アイフルの返済計画再編を支援する融資(おまとめMAX)の金利は「12.0%~15.0%」ですが、このうち「15.0%」が適用されるということです。

他の消費者金融と上限金利を比較すると?

大手の消費者金融では、アイフルの他にはプロミス・アコムが返済計画再編を支援する融資を用意してます。それぞれの上限金利を書くと―。

プロミス 17.8%(実質年率 *上限金利のみ記載)
アコム 18.0%(実質年率)

なので、アイフルの「15.0%」の方が断然安いんですね。150万円以下の借入総額だったら、大体上限金利か、上限金利に近い金利が用いられます。ということで、150万円以下の少額(返済計画再編を支援する融資にしては)の場合は、アイフルが一番低金利でおすすめ、ということです。

借入金額が大きい時はおすすめできない

逆に、返済計画の再編の総額が大きい時は、アイフルのおまとめMAXはおすすめできません。理由は「下限金利が高い」ためです。

下限金利の時は、上限金利とは逆に「借入金額が大きい時」に適用されます。そして、アイフルのおまとめMAXの下限金利は「高い」んですね。

これも、アコム・プロミスと並べて一覧にしてみるとよくわかります。

  • アイフル…12.0%
  • プロミス…6.3%
  • アコム…7.7%

というように、アイフルの12.0%は「断然高い」というのがわかるでしょう。しかもこれは「限度額がアイフルの方が大きい」というおまけ付きです。

限度額が大きいとは?

「最高で借入可能な金額が大きい」ということです。

  • アイフル…500万円
  • プロミス…300万円
  • アコム…300万円

という極度額になっているわけですね。それぞれ。

で、下限金利というのは、限度額が大きくなるほど、安くなっていくというもの。つまり、本来「借入限度額が大きいアイフルの方が、アコム・プロミスよりも下限金利が安くなっていなければならないんですすね。

それなのに、アイフルの下限金利の方が、限度額が小さいアコム・プロミスよりも高い…というわけです。これを見ても「大口利用総額が大きい時は、アイフルのおまとめMAXは向いていない」ということが言えるわけです。

アイフルは最初から少額大口利用専門

上に書いたことは、別にアイフルの返済計画再編を支援する融資を否定しているわけではありません(当然ですが)。

アイフルのおまとめMAXは、最初から「少額大口利用専門」なのです。つまり、100万円~150万円というような、多重債務としてはかなり小さい金額を返済計画を再編するための専門コース…というわけですね。

というわけで、借入総額はそれほど大きくないけど、返済計画を再編した方がわかりやすいので、返済計画を再編したい…というような人にとって、アイフルでの返済計画の再編はかなりおすすめです。

他の消費者金融と比較すると?

最大手のプロミス・アコム・アイフルのみで比較しましたが、他の消費者金融とも比較してみましょう。準大手のキャッシング業者(ブランド)としては「ノーローン」があります。

ノーローンの返済計画再編を支援する融資は「かりかエール」というもの。名前の通り「借入先の変更」もできますし、返済計画再編を支援する融資としても使えます。まず、ノーローンのかりかエールと、アイフルのおまとめMAXの金利を比較してみましょう。

アイフルとノーローンの大口利用金利の比較

それぞれの金利(実質年率)を並べて比較すると―。

アイフル 12.0%~15.0%(実質年率)
ノーローン 12.0%~18.0%(実質年率)

となっています。下限金利は同じ、上限金利はアイフルの方が断然安い…ということですね。

(上限金利が安いのは、アコム・プロミスと比較した場合も同じですが)

下限金利については、一応「ノーローンの方が少し安い」といえます。というのは、ここでも「極度額の違い」が影響するからです。

  • アイフル(おまとめMAX)…500万円
  • ノーローン(かりかエール)…400万円

という総額なんですね。ノーローンの方が限度額が小さいので、本当はノーローンの下限金利の方が高くなるはずですが、「同じ」なのです。

ということで、両者を比較した場合、アイフルの下限金利の方が高いといえます。しかし、下限金利よりも多くの人に影響するのは「上限金利」。その上限金利が安いという点で、アイフルの返済計画再編を支援する融資の方がおすすめといえます。

アイフルの返済計画再編を支援する融資の審査のやり方

返済計画再編を支援する融資の審査は、通常のキャッシングより少々厳しくなります。これはアイフルだけでなく、アコム・プロミスやノーローンでも同じです。

たとえばアイフルの場合、下のような点で普通のカードローンよりも審査が厳しくなっています。

  • 必ず来店契約か郵送契約が必要
  • 来店契約があるため、時間が18時まで

ということです。審査自体は通常のキャッシングと同様に「ネット申込み」でできる(というよりネット限定)なのですが、その後「来店契約」が必要ということですね。

郵送でもいいのですが、これだと2週間くらいかかるので、多くの人は嫌でしょう。翌日でもいいので、来店審査したいという人がほとんどのはずです。

ということで、「来店が必要」というのが、まず普通の審査より厳しい点です。

最短即日審査の時間も短くなるので注意

さらに、返済計画再編を支援する融資の場合、アイフルは最短即日審査の時間も短くなります。上にも書いた通り来店契約が必要ですが、有人店舗が開いている時間が、大体「18時まで」なのです。

しかも基本的に平日限定なので、土曜日・日曜日・祝日の最短当日来店はできないということになります。つまり、おまとめMAXで土日キャッシングする…というのは不可能なんですね。

もちろん、返済計画の再編は通常のカードローンと違い、最短即日借り入れにこだわるようなものでもありません。1日程度遅くてもいい…という人が大半でしょう。

しかし、やはり「急いで結果を知りたい」という人にとっては、土曜日・日曜日・祝日でも最短即日借り入れできる方がいいでしょう。もし―。

  • 土曜日・日曜日・祝日に返済計画の再編をしたい
  • それも最短即日融資にこだわる

という場合は、自動契約機での審査ができるプロミス・アコムをおすすめします。もっとも、土曜日・日曜日・祝日に借り入れを再編する場合、そこまで最短当日融資にこだわる必要もないかも知れませんが…。


以上、アイフルの返済計画再編を支援する融資(かりかえMAX・おまとめMAX)についてまとめました。文中にも書いた通り「借入総額が小さい時におすすめ」なので、そうした方はぜひアイフルで返済計画の再編をしてみてください。

おまとめローンで一本化のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP