おまとめローンで一本化

ノーローンのおまとめローン「かりかエール」はおすすめ?

ノーローンにもプロミス・アコム・アイフル同様「おまとめローン」があります。「かりかエール」という名前で、借り換えローンのように見えますが、おまとめローンとしても利用できます。

このかりかエールのポイントを最初にまとめると、

  • 実質年率は12.0%~18.0%
  • 上限・下限金利ともに特に安くはない
  • 上限金利ならアイフル、下限金利ならプロミスの方が断然安い
  • 既にノーローンで借りている人のみおすすめ

…という風です。以下、詳しくまとめます。

ノーローンのおまとめローンは、あまり低金利ではない

正直な所、ノーローンのかりかエールは、あまり低金利とはいえません。それは、消費者金融のおまとめローンの金利(実質年率)を一覧にするとよくわかります。

  • ノーローン…12.0%~18.0%
  • アイフル…12.0%~15.0%
  • プロミス…6.3%~17.8%
  • アコム…7.7%~18.0%

…という風です。安い方の金利・高い方の金利をそれぞれ見ると、

  • 安い方の金利…プロミスの6.3%
  • 高い方の金利…アイフルの15.0%

…が、それぞれ一番低金利なのがわかるでしょう。それぞれノーローンとの差がどれだけかというと、

  • 下限金利(安い方の金利)…5.7%
  • 上限金利(高い方の金利)…3.0%

…という数値で、ノーローンの方が高金利になっていることがわかります。というように、純粋に数字を比較した時、ノーローンのおまとめローンの金利は、決して安いとはいえないんですね。

すでにノーローンで借りている人はおすすめ

しかし、

  • すでにノーローンでキャッシングしている
  • そのままノーローンで一本化する

…という人の場合はかりかエールで借り入れを一本化することはおすすめです。理由は、

  • すでにノーローンの通常のキャッシングで審査済みなので、審査時間が短くなる
  • ノーローンでの利用実績が考慮される(審査に通りやすくなる)

…ということです。このような人だったら、ノーローンのかりかエールで一本化をするメリットは大きいでしょう。こうした方に対してはノーローンでのおまとめをおすすめします。

ノーローンのおまとめローンの注意事項

ノーローンの公式サイトに書かれているかりかエールの注意事項をまとめると、下のようになります。

  • 最新の年収確認資料が必要になることがある
  • 金利・月々の返済額は審査によって変わる
  • 一本化の対象になるのは、消費者金融&クレジットカードのキャッシングのみ
  • 銀行カードローンやクレジットカードのショッピング枠は対象にならない(ことが多い)
  • 追加の借り入れはできない(ひたすら返済するのみ)

もっとありますが、まずこの段階でまとめると「追加借入ができない」→「返済のみ」というのは重要なポイントです。つまり「ノーローンでおまとめローンを借りたら、その後はひたすら返済するだけ」ということです。

当然ですが、そうでなければおまとめローンを利用した意味がないですからね。こうした「追加借入不可」というルールはどの消費者金融でも決められているものですが、それは「おまとめローンでお金を借りて、遊びに使ってしまう」というとんでもない消費者が、過去にかなりの数いたからです。

クレジットカードの買い物や銀行カードローンは一本化できない

もう一つの注意事項で重要なのは、クレジットカードのショッピング枠や、銀行でのキャッシングに対しては、おまとめローンが利用できないということでしょう。ノーローンと同じような「消費者金融」か、クレジットカードの場合も「キャッシング」(現金借入枠)で借りた分のみに適用される…ということです。

この理由は、それぞれ管理している法律が違うというのが大きな理由。

  • 消費者金融…貸金業法
  • 銀行カードローン…銀行法
  • クレジットカード(キャッシング)…貸金業法
  • クレジットカード(ショッピング)…割賦販売法

…という風ですね。ノーローンのおまとめローンの正式名称は「貸金業法に基づくお借り換え」です。この「貸金業法に基づく」という言葉が入っているということは、貸金業法で管理されている借り入れしか、対象にできないということです。

「何か変じゃない?借金は借金でしょ」と思う人は多いでしょう。まったくその通りで、これはキャッシング業界の人間も前々から批判しています。「こういう横の連携のなさが、多重債務者の破産を招いている」という意見です。

この点は賛否両論がありますが、何はともあれ、ノーローンのかりかエールは、銀行カードローンなどには適用できないので気をつけて下さい。

借り換え・乗り換え・おまとめは何が違うのか?

ノーローンの おまとめローンは「かりかエール」という名前ですが、これを見て「借り換え専用なのか?」と思った人も多いでしょう。ここまで書いた通り、このかりかエールはおまとめローンにも利用できますが、そもそもおまとめ・借り換え・乗り換えの違いは何なのか。

簡単に整理すると下のようになります。

  • おまとめ…多重債務を一本化する
  • 借り換え…より低金利な業者に借り換える
  • 乗り換え…借り換えと同じ

…という風です。さらに「乗り換え」と「借り換え」の違いを書くなら、乗り換えは、自動車ローンや特定商品の分割払いなど「キャッシング以外」のジャンルで使われることが多いといえます。

なぜ「乗り換え」はキャッシング以外で使われやすいのか?

理由は下の通りです。

  • 借り換え…「借りる」という言葉が入っているので、借金関連しか使えない
  • 乗り換え…携帯キャリアの乗り換えなど、何にでも使える

…ということです。実際、ソフトバンクからauに乗り換える…というような使い方をした人も多いでしょう。ということで、

  • 「乗り換え」という言葉に、一般的なイメージが定着する
  • 自動車ローンなど「借金」というイメージを強めたくない分野で、
  • クリーンなイメージを演出するため、使うようになった
  • 「借り換え」の方は、内容がよりわかりやすいので、
  • 貸金業者はこちらを好んで使うようになった

…という風です。強いて「借り換え・乗り換え」の違いを挙げるとしたら、このようになるでしょう。

ただ、これはあくまで「強いて違いを説明するとしたら」ということで、少なくともキャッシングの世界では、借り換え・乗り換えは同じ意味と考えてください。

(携帯キャリアの乗り換えなど、よその業界に行くと、少々変わる…というだけのことです)

「おまとめローン」という言葉を避ける業者もある?

ある専門家の指摘で「消費者金融の中小業者の中には、おまとめローンという言葉を意識的に避ける業者もある」というものがありました。理由は、

  • 90年代『サラ金問題』が注目されたころ、おまとめローンが問題になった
  • その時、おまとめローンという言葉に、一部の人がダーティなイメージを持った

ということです。たとえば当時消費者金融の大手のA社のおまとめローンが問題視されていました。不動産担保つきのおまとめローンという、かなりしっかりしたものですが、それでも下のような指摘を受けたのです。

  • A社のおまとめローンは、一本化の「手数料」を取っている
  • たとえば1000万円の一本化だと20万円も取る
  • A社はこうして他社の売上を奪いつつ、弱者から手数料を絞りとっている

…というものです。これは笠子崇氏の著書『アイフル元社員の激白』という本にも書かれています。世間が「サラ金バッシング」一色に染まっている時だと、この内容は確かに「消費者金融がおまとめローンで暴利を貪っている」というように見えるでしょう。

手数料は20万円でも、金利は劇的に下がっている

しかし、このケースでは確かに20万円という高い手数料はとっていましたが、金利は「約25%→15%」と、劇的に下がったんですね。

「25%は、法定金利以上だろ」と思われるかも知れませんが、当時はこれは合法だったのです(グレーゾーン金利・灰色の金利、というやつですね)。

で、それが今の銀行カードローンの標準の金利である15%近くまで下がったわけですから、このおまとめローンの利用者が、どれだけ助かったか言うまでもないでしょう。

では、なぜおまとめローンは敵対視されたのか?

これはある専門家の指摘ですが、「おまとめローンを利用する人が相次ぐと、過払い金の請求の仕事が減り、司法書士や弁護士が儲からなくなるからでは?」という意見があります。

(正しいかどうかはわかりませんが、多面的な見方をするために、1つの意見として紹介します)

まず、おまとめローンで多重債務を一本化すると、「それぞれの業者で発生していた、過払い金の請求権利が消滅する」という特徴があります。借金の一本化をするには、それぞれの業者を「解約」しなければいけません。その「解約」をした時点で、過払い金の請求権もなくなる…ということです。

そうして「過払い金は払っていた。しかし、おまとめローンを利用したために請求権がなくなってしまった」という人が増えると、司法書士や弁護士の仕事がなくなってしまうわけです。

せっかくグレーゾーン金利問題が誕生して、弁護士・司法書士の仕事(しかも大部分はアルバイトの事務員でもできる)が大量に発生したのに、これではよくない。儲けのチャンスが減ってしまう。

…ということで、司法書士や弁護士や、彼らに味方する勢力を中心に「消費者金融はおまとめローンで暴利を貪っている」という論調が強まった…という指摘ですね。

繰り返しますが、あくまである専門家の指摘に過ぎません。これが正しいという保証はありません。

ただ、理由はなんであれ、一時期消費者金融のおまとめローンが叩かれたことがあり、その時の悪いイメージを利用者に持たれたくないために「借り換え」という言葉を、意識的に使っている…という中小業者は多いようです。

…と、このようにおまとめローンのネーミング一つをとっても、消費者金融やキャッシング業界の歴史、司法書士や弁護士なども絡んだ「利権争い」(あくまでその専門家の言葉)もかいま見られるわけですね。

たかがネーミング、されどネーミング…というわけです。

(ちなみに、この「たかが~、されど~」の語源・由来・元ネタは、高校野球です。「たかが野球、されど野球」という言葉で、甲子園の常連・池田高校の蔦監督が残した言葉です)

おまとめローンで一本化のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP