審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

おまとめローンで一本化

カードローンの乗り換え・借り換えで選んではいけない業者は?

カードローンの乗り換えをする時、下のような業者は選んではいけません。

  1. 金利が高すぎる・低すぎる
  2. 返済期間が長くなる

それぞれの理由を書くと下の通りです。

  1. 高いのは当然だめ。低すぎるのは詐欺の可能性がある
  2. 返済期間が長くなると、低金利でも利子総額が増える

ということです。以下、詳しくまとめます。

目次

1.金利が高すぎる・低すぎるローンはNG

目次に戻る

1-1.宣伝が派手で、よく見たら高金利なカードローン

これはカードローンの宣伝だけではありませんが、宣伝では安そうに見えるのに、実際は全然安くないというのはよくあること。たとえば90年代に起きた小さい事件ですが、スーパーの特売で「3割引!」と書いていながら、実は「いつもと同じ値段だった」ということがありました。

(『ナニワ金融道』作者、青木雄二氏の著作に書かれています)

で、カードローンの宣伝でもこれは日常茶飯事なんですね。たとえば「業界ナンバーワンの最低金利」とよく宣伝される、オリックス銀行カードローンなどもそうです。

「下限金利」は確かに業界最安レベルだが…

オリックス銀行カードローンは、確かに「下限金利」だったら、銀行カードローンの中でも最安レベルなのです。

実際その通りなのですが、こと「上限金利」に関しては違います。こちらは「17.8%」ということで、プロミスと同じ金利なのです。

そして、多くの人のキャッシングで適用されるのは「上限金利」の方です。上限金利は「100万円以下の借り入れ」の時の適用金利だからですね。

ということで、オリックス銀行カードローンの宣伝の「業界最安レベル」というのは「確かにそうだけど、よく調べないといけない」ものなのです。

信用できる金融機関である、オリックス銀行の商品ですら、このように複雑にできています。まして、名前も知らない業者のカードローンが「超低金利!」などと宣伝していたら「実際に計算して確かめる」ことが大事です。

1章 目次へ

1-2.「低金利」で宣伝をかける「貸します詐欺」

貸します詐欺というのは、下のような手口です。

  • 「100万円まで2%で融資!」などの破格の条件で宣伝する
  • それで利用者を集める
  • しかし「お客さんの条件では、2%では融資できません」などと言う
  • そして、結局高利で貸し出す

…というものです。この「高利」というのは、「法定金利の範囲内」のこともあれば「それ以上の暴利」のこともあります。ただ、どちらにしても低金利で宣伝をかけている無名業者は、「貸します詐欺」の可能性が高いということです。

「金利が低過ぎても危ない」というのは、こういうことなんですね。

1章 目次へ

1-3.自らは融資しない「紹介屋」にも注意

上の「貸します詐欺」は「当初の金利とは違うけど、一応自ら融資する」わけです。しかし「自らは融資しない、紹介屋」という詐欺業者もいます。

紹介屋の手口をまとめると―。

  1. 低金利の宣伝で利用者を集める
  2. しかし、「お客さんの条件では、うちでは融資できない」と言う
  3. 「ここなら貸してくれるかも」と、ヤミ金を紹介する

というやり方です。このやり方のメリット(彼らにとって)は―。

  • 紹介屋自身は「悪いこと」は何もしていない
  • だから「正規業者」として、堂々と営業できる
  • 普通ならヤミ金に手を出さないような人も、誘導できる

…ということです。もっとも「悪いことはしていない」といっても、間違いなく悪意のある行為なので、最近では紹介屋も処罰の対象となっています。

何はともあれ、紹介屋もやはり、低金利のカードローンをうたっています。そもそも、資金力の劣る中小業者が、大手より低金利で融資できるわけがないのです。

そのようなおいしい話はない、高い利息でも、コツコツ大手で返済していくしかない…、という当たり前のことを、再認識してください。

2章 目次へ

2.返済期間が長くなるカードローンもダメ

目次に戻る

2-1.低金利でも、利息総額が多くなる

カードローンというのは、どれだけ低金利でも返済期間が長いと、利子総額が多くなるようにできています。当たり前ですが、この威力は絶大です。実際に―。

  • 「消費者金融」で「短期間」で返済する
  • 「銀行カードローン」で「長期間」で返済する

という2つのパターンで、計算してみましょう。

2章 目次へ

2-2.消費者金融と銀行で返済シミュレーション

シミュレーションの条件は―。

  • 「100万円」を借りる
  • 消費者金融…「年率18%」「1年で完済」
  • 銀行カードローン…「年率15%」「2年で完済」

とします。この場合、それぞれの利子総額は―。

  • 消費者金融…10万153円
  • 銀行カードローン…16万3668円

となります。つまり低金利な銀行カードローンの方が「6万3000円」利息が多くなるわけですね。

2章 目次へ

2-3.多少苦しくても毎月の返済額を増やした方がいい

もちろん、上のシミュレーションは決して「消費者金融の方が楽」という意味ではありません。「高金利な方」で、短期間で返済しているわけですから、当然「1ヶ月当たりの負担」は大きくなるわけです。

(短距離走と長距離走の違いですね)

月々の返済額はそれぞれ―。

  • 消費者金融…91679円
  • 銀行カードローン…48486円

となっています。返済期間が半分なので当たり前ですが、消費者金融の方が「毎月の返済額が2倍になっている」ということですね。

ハードではありますが、こうやって「一気に返済」すると、結果的に利子総額が小さくなり、得なのです。「先憂後楽」という四字熟語の通りですね。

2章 目次へ

3.では、どんなカードローンがいいのか?

目次に戻る

3-1.乗り換えに積極的なカードローン

当然ですが、乗り換えをする時にも、審査に落ちるよりは審査に通った方がいいわけです(というより、通らないと何もできません)。

で、乗り換えの時に「審査に通りやすい」ということを考えると借入先の変更歓迎と、強くアピールしているカードローンがいいわけですね。

たとえば銀行カードローンの公式サイトを見ると「大口利用・借入先の変更OK」ということが、大きく書かれている銀行もあれば、書いていない銀行もあります。乗り換えで審査に通りやすいのは、言うまでもなく「大きく書いている方」です。

3章 目次へ

3-2.消費者金融でも借り換えはできる?

銀行カードローンの方が借り換えはしやすいのですが、消費者金融でもできます。消費者金融の場合、大手では下の業者・ブランドが、借入先の変更に使えるローンを提供しています。

  • プロミス…おまとめローン
  • アコム…借換え専用ローン
  • アイフル…かりかえMAX
  • ノーローン…かりかエール

…という風です。プロミスは「返済計画再編を支援する融資」となっていますが、これで乗り換えをしても構いません。逆にアコムは「借換え専用ローン」となっていますが、返済計画再編を支援する融資としても使えます。

3章 目次へ

3-3.消費者金融が「専用コース」を設ける理由

銀行カードローンと違って、なぜ消費者金融はこのように、借り換えや大口利用に関して「専用コース」を設けるのか。理由をまとめると―。

  • 消費者金融は「総量規制」のルールがある
  • 「年収の3分の1以上の融資」ができない
  • 借り換える時は、一時的に「総量規制を超えた融資」が必要
  • だから、それ専用のコースを作り、認可を受ける必要がある

ということです。「なぜ、一時的に総量規制を超える必要があるのか」と思うでしょう。それを説明します。

3章 目次へ

3-4.借り換えで「総量規制」を超える理由

これは実際に借り換えるところをシミュレーションするとわかります。あなたが「アコム」から借りているとしましょう。(わかりやすく擬人化します)

  • あなた「アコムさん、私プロミスに乗り換えたいんです」
  • アコム「どうぞ。でも、うちの分は当然返済してください」
  • あなた「今、100万円借りてますよね」
  • アコム「はい」
  • あなた「でも、100万円の貯金はないんです」
  • アコム「そうでしょうね」
  • あなた「どこかから、借りるしかないですかね」
  • アコム「ええ。でも、Aさんはもう『3分の1まで』借りているから、無理ですよ」

…ということです。つまり、このAさんは「貯金があれば」よかったのですが、「ない」ので「総量規制を超えて、新たに借り入れをする必要があるのです。

で、この借り入れは決して悪いものではありません。というのは「こうして借り換えた方が、破産のリスクが下がる」からです。これは国にとっても「良い借り入れ」なんですね。

そのため、国はこのような借り入れに対して「総量規制の例外」として「一時的に、年収の3分の1以上借りてもいい」としているのです。

ただし、当然ですがあくまで「一時的」です。借り換えが済んだらすぐに、戻さなくてはいけません。(実際そうしないと、借金総額が倍になるわけですから、困るのは自分です)


…というように、大手の消費者金融でも「借り換えのためのカードローン」は用意しているので、これらを利用するのもいいでしょう。

(ちなみに、大手の消費者金融の中では、モビットだけが借り換えローンを提供していません)

3章 目次へ

4.まとめ「今のまま早期返済」する方がいいことも

基本的に、多くの人は「大手」で借りているはずです。銀行カードローンはともかく、消費者金融の場合大手の金利は、どこも同じです。つまり、「わざわざ借り換えする必要は、あまりない」わけですね。

「消費者金融から銀行カードローン」に乗り換えるなら別です。しかし「消費者金融から消費者金融」では、特に意味がないのです。

この場合、借り換えで余計な時間や労力をかけるより―。

  • 今借りている業者・ブランドで
  • とにかく早く返済する

…というのが一番いいんですね。早期返済するにはもちろんお金が必要ですが―。

  • アルバイトを増やす
  • 特に「日払い」の仕事をする

という努力をして、お金を調達すべきでしょう。結局、カードローンで支払う利息を少なくするには「稼いで、早く返済する」のが一番なのです。当たり前のような結論ですが、大事なことはいつでも当たり前のように単純なものです。

ぜひこうした「王道」を意識して、早期返済をしてください。

目次に戻る

おまとめローンで一本化のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP