審査申込み、電話在籍確認からの流れ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンが人気の理由

柔軟審査がうれしい楽天銀行スーパーローン

300万円まで原則収入証明書不要など柔軟審査を希望するなら楽天銀行カードローンがおすすめ!新規利用で楽天ポイントが1000ポイント付与されるのもうれしい!ネット銀行のカードローンならではの利便性は流石です。

楽天銀行カードローン申込み窓口

おまとめローンで一本化

楽天銀行スーパーローンはおまとめローンにもおすすめ!

楽天銀行スーパーローンはおまとめローンとしての利用も可能です。銀行カードローンの中でも、

  • おまとめに積極的
  • 積極的でない

…という2通りの銀行カードローンがありますが、楽天銀行スーパーローンは完全に「積極的」な方に属します。ということで、「積極的でない」銀行カードローンよりは、借金の一本化に対しても理解があり、審査に通りやすいと考えていいでしょう。

なぜ楽天銀行スーパーローンは積極的といえるのか

なぜ楽天銀行スーパーローンは借り入れの一本化に積極的といえるのか。これは公式サイトの表記を見ればわかります。楽天銀行スーパーローンの公式サイトの一番上にはヘッダーの赤い太い帯がありますが、そこに大きな白抜きの文字で、「おまとめ可能」と書かれているからです。

他の銀行カードローンと比較しても、これだけ「おまとめ可能」ということが強調されている所は少ないです。こうして強調して利用者を集めるということは、それだけ借金の一本化の利用者を欲しがっている=比較的審査に通りやすい、と考えていいでしょう。

決して審査基準がゆるいわけではない

当たり前ですが、あくまで「借金の一本化に対する理解がある」というだけであり、審査基準が甘くなるとかゆるくなる…というわけではありません。「理解がある」と「ゆるい・甘い」の違いが何かというと、

  • 借金の一本化は、実はやりたがらない業者・銀行も多い
  • その中で、楽天銀行は積極的にやりたがっている

ということです。まず、なぜ「やりたがらない業者・銀行」があるのかを説明します。

おまとめローンは業者・銀行にとって、リスクも大きい

まず、おまとめローンというのは融資するキャッシング業者や銀行カードローンの側にとって、かなりのリスクがあるのです。理由は、

  • その人一人に融資する金額が大きい
  • しかも、普通より信用度が低い「多重債務者」である

…ということ。2つとも「借金の一本化」という性質上、当然ですね。

「ただでさえクレジットスコアが低い多重債務者」に対して「普通のキャッシングより大きい金額を融資する」わけですから、二の足を踏むキャッシング業者が多くなる…というのも当然のことと言えるでしょう。

というわけで、おまとめローンをあまりやりたがらない銀行カードローンも多い中、楽天銀行スーパーローンはかなりの理解を示してくれる…ということです。というわけで、決して「審査基準が甘い」というわけではありませんが、「おまとめローンに対して抵抗を示している銀行カードローンよりは、借りやすい」ということなんですね。

(逆に言えば、公式サイトでおまとめ可能と強調していない銀行カードローンは、暗に拒否しているようなものですから、あまり申し込まない方がいい…ということです)

楽天銀行スーパーローンのおまとめローンの限度額は?

これは当然人によります。一応、楽天銀行スーパーローン自体の最高限度額は800万円なので、これが最大金額となります。ただ、キャッシング総額が800万円に達しているという人はそうそういないはずなので、ここまでの金額は、普通の人には必要ないでしょう。

審査に通りさえすれば、その人の借入総額すべてを楽天銀行スーパーローンでまとめることは問題なく可能です。銀行カードローンなので、それが年収の3分の1を超える金額であったとしても問題ありません。

(銀行カードローンは最初から総量規制の対象外だからです)

ただ、それでもやはり「どれだけ大きくても、年収の半分」と考えておいた方がいいでしょう。それ以上借りたら、いくらおまとめローンで金利が下がるといっても返済は不可能ですし、そもそも借金の一本化をしているような段階ではないからです。

年収の半分近くになったら、債務整理を検討する

多重債務の総額が、年収の半分の近くになったら、迷わず債務整理を検討しましょう。年収の半分というより、年収の3分の1あたりですでに検討した方がいいかも知れません。

年収の3分の1というのは、要するに「月収4ヶ月分」ですからね。「元本を返済するだけで、4ヶ月タダ働きする」ということに、気づいていない人が多いのです。

(しかも、それに利息までつくわけですから、年収の3分の1の時点でかなり危険…というのは冷静に計算すればわかることです)

ということで、年収の3分の1を超える、あるいは年収の半分に近づいた場合は、いさぎよく債務整理をするようにしてください。債務整理は、それほど難しいものではありません。

楽天銀行のおまとめローンの金利について

楽天銀行にはおまとめ専用のコースはないので、楽天銀行スーパーローンをそのまま活用します。(普通のキャッシングで、そのまま一本化するということです。どの銀行カードローンでも同じです。イオン銀行以外)

で、その楽天銀行スーパーローンの金利(実質年率)ですが、「4.9%~14.5%」となっています。下限金利が少々高いですが、これは影響ないと考えてください。というのは、

  • 上限金利は銀行カードローンの平均である
  • 下限金利は、800万円近く借りた時の金利である
  • おまとめローンの場合でも、もともと下限金利に近づくことはない
  • だから、上限金利の付近の金利になる
  • その上限金利が普通だから、高くも低くもない

…ということです。これだけだと「楽天銀行スーパーローンの金利は普通」という結論で終わりますが、これはあくまで「初期設定」の金利の場合。楽天銀行スーパーローンには「初回30日間無利息」という秘密兵器もあるのです。

「初回30日間無利息」によって、利子総額が安くなる

初回30日間無利息というのは、文字通り「最初に1ヶ月間の利息がゼロになる」というもの。これによって、実際に支払う利子が大幅に安くなります。

他の銀行カードローンと利息総額を比較する場合、最初の1ヶ月で楽天銀行スーパーローンに差をつけられた他の銀行が、徐々に追い上げていく…というわけです。で、その時追い上げにどのくらいの期間がかかるかというと、

  • ソニー銀行・イオン銀行…約2年
  • みずほ銀行…約2年半
  • その他の銀行カードローン…追いつけない(楽天銀行と同じ金利なので)
  • オリックス銀行・ジャパンネット銀行・じぶん銀行…むしろ差が広がっていく

…という風です。つまり、

  • 追いつけるのは、ソニー銀行・イオン銀行みずほ銀行だけ
  • しかも、2年~2年半かかる

…というわけなんですね。楽天銀行スーパーローンは「初期設定の金利」こそ普通ですが、実際の利息総額では「ダントツでナンバーワン」なのです。この点はキャッシングのルールで、あまり知られていないものです。

実は「金利よりも、30日間無利息があるかないかが一番重要」ということですね。というわけで、「楽天銀行スーパーローンで借りるのが初めて」という人の場合、おまとめローンとして使う場合も、非常に安い金利が期待できます。

楽天のサービスの利用実績がある場合は、特に有利

特に楽天銀行スーパーローン特有のメリットとしては、「楽天のサービスの利用実績が評価される」という点があります。楽天のサービスというのは、一覧にすると、

  • 楽天市場
  • 楽天ビューティー
  • 楽天クレジットカード
  • 楽天トラベル

…などのサービスです。最近は「楽天カフェ」というのも、東京などを中心に登場しているようですね。

…というように楽天のサービスはいろいろありますが、これらを日頃から利用している人だと、おまとめローンの場合も審査に通りやすくなります。

  • お金の使い方を見れば、その人がどういう人かわかる
  • 楽天グループ全体の上得意なので、大事にすべき
  • 融資したら、それを楽天のサービスで使ってくれるわけだから、楽天にとっても利益

…ということです。この辺は総合企業の強みというか、「楽天と関係を作っておくと、生活の全般で得する」という利用者・楽天の双方にとってメリットのある、ウィンウィンの関係になっています。

(書いていて気付きましたが、楽天はネット上の三井・三菱などの財閥のような感じなんですね)

多重債務の場合の債務整理の検討について

前半で債務整理について触れたので、これについても詳しく説明します。まず債務整理の種類は、下の4通りです。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

下に行くほどヘビーになります。それぞれの内容は

  • 任意整理…過払い金の返還・利息の軽減など、相談次第で何でもあり。
  • 特定調停…任意整理を裁判所の仲介で行う。弁護士などを雇う費用が不要
  • 個人再生…借金総額を最大で5分の1まで減らせる
  • 自己破産…借金がチャラになる(自宅・自動車などの資産は没収される)

…という風です。あまり知られていないのが「個人再生」ですが、これはかなり使えます。

  • 借金総額を5分の1に減額できる
  • つまり、「500万円」でも「100万円」になる

ということだからです。「500万円の借金」というと誰でも絶望的に感じるでしょうが、「100万円」だったらなんとかなると思うでしょう。(私も130万円を返済しましたが、何とかなりました)

多くの人は個人再生や任意整理を知らないので、「債務整理=自己破産」と考えてしまい、かなり複雑かつ暗いイメージを持っています。しかし、実際にはもっと簡単でいろいろ選べるんですね。

ということで、楽天銀行スーパーローンのおまとめ審査に通らないくらいの多重債務・借入超過になった場合は、債務整理もぜひ検討してみてください。

おまとめローンで一本化のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP