実質年率(金利)・在籍確認などのまとめ

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>が人気の理由

提出書類が最も少ない銀行カードローン!

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の魅力は、最も少ない必要書類でキャッシングができるということ。他の銀行カードローン・消費者金融なら必ず必要である身分確認資料(運転免許証など)も、WEB完結審査ならなしでOKです。

ちばぎんカードローン申込み窓口

※安定した収入がある方

おまとめローンで一本化

静岡銀行カードローン「セレカ」は、大口利用でもおすすめ!

しずぎんカードローンは「返済計画再編を支援する融資」としての利用も可能です。銀行カードローンなのでもともと総量規制の対象外ですし、年収の3分の1を超える借り入れでもまったく問題なくできます。

また、消費者金融よりかなり低金利なので、特に消費者金融での複数ローンを返済計画を再編する時は、金利が安くなるメリットも大きいです。

静岡銀行の返済計画再編を支援する融資で、金利はどれだけ安くなるか?

しずぎんカードローン「セレカ」を返済計画再編を支援する融資として利用すると、金利はどれだけ低くなるか―。もし全部消費者金融で借りていた場合、実質年率18%→14.5%…という金利になります。

これは一番高い場合で、借入総額が100万円を超えている場合は、もっと低金利になります。しずぎんカードローン「セレカ」の上限金利は「14.5%」なので、それ以上高くなることはない…ということですね。

そのため、消費者金融で複数の借り入れをしている人は、審査に通るようであれば、しずぎんカードローン「セレカ」で返済計画を再編することをおすすめします。

返済計画再編を支援する融資としてセレカを選ぶメリット

正直、多数の銀行カードローンがある中で、あえてしずぎんカードローンを選ぶ理由はありません。確かに消費者金融より金利が安いですが、それはどの銀行カードローンでも同じです。

特に静岡県など東海地方以外のエリアの方の場合、静岡銀行からキャッシュカードなどが送られて来ると「何で静岡銀行?」と、家族の方に不審がられます。ということで、東海地方以外の人は、あまりメリットがないでしょう。

東海地方の人、静岡銀行の利用者には一番おすすめ

しかし、愛知県・静岡県・三重県などの東海地方に住んでいる方、あるいは特に「すでに静岡銀行を利用している」という方の場合は、一番おすすめです。静岡銀行を利用していると―。

  • 審査時間が短くなる
  • 審査に通りやすくなる

という2つのメリットがあります。審査時間が短縮されるのは言うまでもないでしょう。すでに口座開設によって基本的な審査が済んでいるので、その分審査時間が短くなるということです。

また、口座の利用実績を見れば、架空の人物でないこともわかるし、返済能力も推定できるので、この点でも審査に通りやすいわけですね。「預金残高がゼロなど、利用実績に問題がある場合は逆に審査で不利になりますが、そうでない場合、借りやすくなるという点でも、セレカを返済計画再編を支援する融資として使うメリットはあります。


以上、静岡銀行の返済計画再編を支援する融資についてまとめました。ここから先は、総量規制・多重債務・返済計画再編を支援する融資に関するコラムを書いていきます。

返済計画再編を支援する融資と、総量規制に関する賛否両論

しずぎんカードローンに限らず、返済計画再編を支援する融資について語る時避けて通れない話題は「総量規制」です。この総量規制については賛否両論があります。ポイントをまとめると―。

  • 2010年6月の貸金業法改正から、始まった
  • しかし、この時点で「消費者金融の利用者の約半数」が
  • 「年収の3分の1以上」を借りていた

…という事実があります。実は「金融庁は、このデータを調査しないまま、総量規制を決めてしまった」んですね。

で、どうなったかというと、改正貸金業法がスタートした瞬間、「今までだったら消費者金融でお金を借りることができていた、約半数の人々」が、一気に「借りられなくなった」のです。

このことは『「弱者」はなぜ救われないのか -貸金業法改正に見る政治の失敗』(増原義剛/2012年/きんざい)などの書籍にも詳しく書かれています。この増原義剛氏は、貸金業法の改正時、自民党の金融調査会の小委員長を努められていた方で、まさに貸金業法改正の当事者です。

その当事者の方が「委員会の中でも上のような問題が指摘されていたが、当時の世論の消費者金融バッシングによって、十分な議論がないまま総量規制が決まってしまった」ということが書かれています。

もちろん、総量規制には良い面もある

上のような問題点の指摘もありますが、もちろん総量規制には良い面もあります。『理解されないビジネスモデル 消費者金融』(藤沢久美など/時事通信出版局/2008年)という書籍の中で、大阪大学教授の大竹文雄氏は、総量規制の導入を支持しています。理由を要約すると―。

  • 人間は、常に正しい判断をするわけではない
  • 残念ながら「間違った判断」が習慣になっている人たちがいる
  • そうした人たちは、法律で強制的に「借りられない」ようにしないと
  • 本人の意思だけでは、どうしても借入超過になってしまう

…ということです。「ごもっとも」と思う人も多いでしょう。実際、アイフルの元社員でトップセールスマンだった笠虎崇氏も「多重債務者・借入超過者の中には、正直救いがない人がたくさんいる」ということを『金融屋』『アイフル元社員の激白』などの著書の中で、たびたび指摘しています。

…ということで、そのような「人間的に問題がある一部の債務者」については、確かに総量規制を導入するのが正解だったと言えるでしょう。逆に「その他のまともな利用者」については、総量規制によって「必要なお金も借りられなくなった」というデメリットがある…ということです。

キャッシングの「3件規制」は、いつ生まれたのか?

返済計画再編を支援する融資と多重債務はセットの関係ですが、これに関して「3件規制」というルールが、キャッシングの世界にはあります。これは「他社借入が3件ある人には、追加の融資をしない」というもの。つまり「4件目の借り入れはできない」ということですね。

(借り手からすると「借りられない」ですが、正確には「融資してはいけない」というルールです)

消費者金融の大手5社の自主規制として生まれた

実は、この「3件規制」というのは、巷で何となく言われている口コミ・評判の類ではありません。「サラ金問題」がクローズアップされた頃、当時の消費者金融の大手5社が話し合い「自主規制ルール」として定めたものです。

  • アイフル
  • アコム
  • プロミス
  • 武富士
  • 三洋信販

…という大手5社です。(プロミスは今ではSMBCコンシューマーファイナンスのブランドですが、当時はプロミスという社名でした)

で、この大手5社が1997年に「消費者金融連絡会」という組織を発足させ、その組織のコンプライアンスとして「3件規制」を決めたのです。

…というのが「3件規制」が生まれた経緯であり、「利用者の口コミから、何となくそう言われるようになった」わけではないんですね。

「多重債務者」の定義は、実は曖昧である

そもそも「何件の借り入れから多重債務者」というのかですが、この定義は曖昧です。

  • 大手5社…3件
  • 金融庁…5件
  • 言葉の定義…2件

…となっています。大手の消費者金融が「3件」とするのは、上に書いた3件規制から言えます。金融庁の「5件」というのは、「貸金業法改正の議論がされた頃の定義」です。

貸金業法の改正議論はかなり急激に進められたので、この「多重債務=5件以上」というのも、金融庁や小委員会の中で意見が割れたまま進んで行きました。

しかし、とりあえず当時の議論について書かれた書籍を読むと「とりあえず5件」という定義で進んでいったことがわかります。(これは否定しているわけではなく、とりあえずでもいいので、基準を決めなければ議論が進まなかったからです)。

「多重債務」の定義は、消費者金融側からも批判がある

こうした「多重債務・借入超過」の定義については、消費者金融の経営者の方々も、一部疑問の声を上げています。ポイントをまとめると―。

  • 借入超過・多重債務というのは、一概に金額・件数では判断できない
  • その人の返済能力・お金を借りる理由など、総合的に決まる
  • 返済能力が高く、正しい理由で借りるなら
  • 金額や件数が多少多くても問題ないこともある

…というものです。これも当然でしょう。何にでも言えることですが「単純な数字だけを基準にする」というのは、難しいのです。

「カレーの辛さ」で例えてみる

ある消費者金融の専門家と議論している時、彼はこれを「カレーの辛さ」にたとえていました。

  • 「一定以上の辛さのカレーは禁止する」という法律が出た
  • しかし「カレーの辛さ」を何によって決めるか?
  • 「スパイスの量」なら、確かに数字で決められる
  • しかし、「スパイスの量」だけでは辛さは決まらない
  • 「一緒に飲む水・ジュース」「ご飯の量」「入れる具の種類」
  • …などによって、辛さの許容レベルはいくらでも変わる

…ということです。彼がCoCo壱番屋が好きなので、こういう例えになったのですが、何となくわかるでしょう。「過剰融資・多重債務」の定義にしても「激辛カレー」の定義にしても、このように「総合的」に決まるのが普通なのです。

ということで、「多重債務」の定義については今でもキャッシング業界の中で意見が割れています。個人的に一番正しいのは、消費者金融の経営者の方々が言われている「状況・条件によって変わる」という意見だと思います。

もっとも、これだと人によって見方がいくらでも変わってしまうので、やはり「3件」「5件」などの何らかの数字はあった方がいいのですが…。

クレジットカードの買い物枠にも、返済計画再編を支援する融資は適用できる?

クレジットカードのショッピング枠の借入残高も、返済計画再編を支援する融資によって返済計画を再編できるのか。結論は―。

  • 消費者金融の返済計画再編を支援する融資…基本的にできない
  • 銀行カードローンを返済計画再編を支援する融資として使う…できる

…という風です。消費者金融が提供している返済計画再編を支援する融資は、基本的に「貸金業法で管理される借り入れ」にしか適用されないのです。

で、「貸金業法で管理される=消費者金融」なので、「消費者金融の借り入れ」でないとダメなんですね。

正確には、消費者金融だけでなくクレジットカードのキャッシングなど「貸金業法で管理されるジャンル」だったら、まとめることができます。何にしても、このように、返済計画再編を支援する融資が「貸金業法に基づいて」いる以上、「そのジャンルしか返済計画を再編できない」という、少々変な縛りがあるんですね。

(これについては、専門家の間でも「早く法改正をするべき」という意見が強くなっています)

銀行カードローンだったら、クレジットカードも返済計画を再編できる

これに対して、銀行カードローンは「貸金業法」の規制を受けないので、クレジットカードのショッピング枠だろうと、何かの商品の分割払いだろうと、何でも返済計画を再編できます。

実は、銀行カードローンに対しては規制が何もない状態なんですね。貸金業法に書かれている「取立行為の規制」とか「総量規制」とか、そういうものが一切ない…というのが銀行カードローンなのです。

これは「銀行性善説」と呼ばれるもので「銀行は消費者金融などの貸金業者と違って行動が正しいから、そこまで規制する必要はない」という考え方です。一部の銀行が起こしている不祥事を見ると、これも間違いということはわかるでしょうが、とりあえず、今の立法はそのようになっています。

ということで、銀行カードローンを返済計画再編を支援する融資として利用する場合は、分割払いでも、その他どんな種類の借り入れでも、自由に返済計画を再編することができます。借り入れの種類が多い人が返済計画を再編する場合、銀行カードローンにした方がいいでしょう。


以上、返済計画再編を支援する融資や総量規制、多重債務についてのコラムも絡めつつ、静岡銀行の返済計画再編を支援する融資について語りました。借り入れが多数ある人の参考になれば幸いです。

でき

おまとめローンで一本化のコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP