審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

即日融資!カードローン

アイフル・ノーローンの比較 ~初回30日間無利息なので、アイフルの方が低利息~

aiful

アイフルとノーローンを比較すると―。

  • 利息…アイフルの方が安い
  • 金利…同じ
  • 審査通過率…アイフルの方が高い
  • 審査基準…同じ
  • 最短即日審査の受付時間…同じ
  • 最短即日振込…アイフルが有利

…という風になっています。以下、詳しくまとめていきます。

利子総額は、アイフルの方が安い

実際の利子総額では、ノーローン・アイフルでは、アイフルの方が安くなっています。理由は「初回30日間無利息」のシステムがあるからです。

ノーローンにも無利息期間はあるのですが、これは「何度でも1週間無利息」というもので、1週間という短い日数になっているんですね。もちろん、「代わりに何度でも使える」というメリットがあるのですが―。

  • 4回利用しなければ、アイフルに追いつかない
  • つまり「3回完済」しないといけない
  • ノーローンでも他の消費者金融でも
  • そこまでヘビーユーザーになる必要はない

というのがまずひとつ。そして―。

  • 「無利息サービス」は、借入金額が大きいほど効果がある
  • 一番効果が大きいのは、借りて最初の1ヶ月である
  • ↑(借入金額が一番大きいので)
  • その点で、アイフルの「初回30日間無利息」の方がいい

ということです。もちろん、この金額については―。

  • ノーローンで借りる場合でも
  • 毎回借り直すたびに「最初の1ヶ月と同じ高額」を借り入れすれば
  • 4回目の時に、浮いた利子総額がアイフルに追いつく

ということはいえます。しかし―。

  • そんなに繰り返し借りるのは、明らかにおかしい
  • 毎回高額というのもおかしい
  • そもそも、何度でも1週間無利息は「1週間程度」で完済するためのものだから
  • そんなに高額を借りるためのものではない

ということ。こう考えると、一部の特殊な生活をしている方以外は、初回30日間無利息より何度でも1週間無利息の方が有利…ということはないわけです。誰でも初回30日間無利息の方がいいわけですね(ごく一部の例外を除けば)。

だからこそ、アイフルだけでなく、アコム・プロミスや新生銀行カードローン レイクなども「初回30日間無利息」を採用しているわけです。ノーローンを否定するわけではありませが、ほとんどにとって役立つ無利息期間は、アイフルの「初回30日間無利息」の方だといっていいでしょう。

初回30日間無利息の方が、どのくらい安くなるのか

具体的に、利子総額でいうとどのくらい、初回30日間無利息の方が安くなるのか。たとえば10万円借りたとすると、それぞれ浮く金額が―。

  • アイフル…約1500円
  • ノーローン…約350円

となります。アイフルの方が大幅に利息がカットされる…というのがわかるでしょう。大体1150円カットされる…ということですね。1150円カットされるなどと書くと「千円カット」みたいですが、それはともかく。

このように、初回30日間無利息の方が実際にカットされる利子総額が多くなるので、断然おすすめということです。低利息にしたい人にとっては。

金利はどちらも変わらない

無利息期間を除外した金利(実質年率)については、アイフルでもノーローンでもどちらでも同じです。というのは―。

アイフル 4.5%~18.0%(実質年率)
ノーローン 4.9%~18.0%(実質年率)

という風に「上限金利が同じ」だからです。キャッシングの金利を比較する時は、上限金利だけ比較すればいいんですね。なんで上限金利だけでいいのか、下限金利の比較はしなくていいのか…、という理由を説明します。

上限金利だけ比較すればいい理由

キャッシングで上限金利だけ比較すればいい理由は―。

  • 上限金利というのは、100万円以下の借り入れで適用される金利である
  • ほとんどの人の借り入れは100万円以下である
  • だから、適用される金利は、常に上限金利である

ということです。まれに80万円など、100万円にいかなくても上限金利より安くなるということもありますが、それでも「ほんの少し」安くなるだけであって、下限金利に近づくほどではありません。

(いきなり一足飛びで、18%から5%程度に近づいたら怖いです。笑)

なので、アイフルにしてもノーローンにしても、多くの人のキャッシングで用いられる金利は「上限金利」で、その上限金利がどちらも18.0%である以上、金利は同じ…といっていいわけですね。

下限金利ならノーローンの方が安い?

続いて下限金利ですが、まず下限金利だけでアイフル・ノーローンを比較すると―。

アイフル 4.5%(実質年率)
ノーローン 4.9%(実質年率)

というように、一見アイフルの下限金利の方が安いように見えます。しかし、これは実際にはおそらく、ノーローンの下限金利の方が安いんですね。理由は―。

  • アイフルは最高借入限度額が500万円である
  • ノーローンは300万円である
  • キャッシングでは、借入金額が大きいほど適用金利が下がる
  • と言うことは、最高借入枠が大きいほど
  • 一番安い金利も下がる(下限金利が下がる)
  • だから、最高融資枠がアイフルの方が大きい以上
  • アイフルの下限金利の方が安いのは当たり前
  • むしろそうでなくてはいけない

ということですね。で改めて、そうやって「最高借入枠」も考慮したうえで、両者の下限金利を比較してみると―。

  • アイフル…「500万円」で4.5%
  • ノーローン…「300万円」で4.9%

ということで、「おそらく、ノーローンの方が300万円の時点の適用金利が安いのではないか?」という結論が出るわけですね。実際には、銀行カードローンと違って消費者金融の借り入れというのは、「キャッシング金額がいくらになると、この金利になる」という借入金額ごとの適用金利が決まっているわけではありません。なので、上の比較は「あくまで推測」にすぎないのですが、それでも「ノーローンの方が、下限金利が安そうだ」というのは、誰でも感じることでしょう(そして、事実そうなると思います。)

アイフルの下限金利が高いわけではない

補足しておくと、これは「ノーローンの下限金利が安い」のであって、決してアイフルの下限金利が高い…というわけではありません。というのは―。

  • プロミスも同じ下限金利である(4.5%)
  • アコムはアイフル・プロミスよりも高い(4.7%)
  • モビットは不明だが
  • モビットの最高融資枠が500万円だった2015年
  • モビットの下限金利は「4.8%」だった

ということ。つまり「以前のモビット」も含めて下限金利を一覧にすると―。

  • モビット…4.8%(2015年の、最高借入枠が500万円だった頃)
  • という風になるわけですね。つまり、アイフルの下限金利は大手の消費者金融の中では安い方なのです。プロミス・アイフルが並んでトップなんですね。

    なので、上の比較で「ノーローンの方が安い」となったのは、あくまで―。

    • ノーローンの下限金利が
    • すべての大手の消費者金融の中で一番安い、ということであって
    • アイフルが高いわけではない
    • むしろアイフルとプロミスは、二番目に安い

    ということが言えるわけです。

    ちなみに、モビットの下限金利は「3.0%」となっています。数字だけ見るとモビットの下限金利が一番安いようですが、モビットの最高限度額は「800万円」なので、この借入金額も考慮すると、決してモビットの下限金利がナンバーワンで安い…というわけではないんですね。

    審査通過率はアイフルの方が高い

    審査通過率は、ノーローンの方は公表されていませんが、アイフルは公式サイトのマンスリーレポートなどの資料で公開されています。そして―。

    • ここ数年のアイフルの審査通過率は
    • 大体40%程度である

    ということはわかっています。で、ノーローンの方はどうかというと―。

    • 口コミ・評判を見る限り
    • 大手の消費者金融の中で一番厳しい…というのは間違いない
    • 大体の目安として
    • 「銀行カードローンと消費者金融の中間」くらい

    と言われている…ということ。で―。

    • 消費者金融の審査通過率…40%程度
    • 銀行カードローンの審査通過率…20%~30%程度

    ということで、ノーローンの審査通過率は「大体30%台」となるわけですね。あくまで推測ですが。

    なので、この推測値で比較すると―。

    • アイフル…40%程度
    • ノーローン…30%程度

    ということで、断然アイフルの方が審査に通りやすくなっているのです。なので、これは別にアイフルが審査が甘いというわけではなく、要はノーローンの審査が厳しいということですが、何はともあれ「できるだけ審査に通りやすい消費者金融で借りたい」…という人は、アイフルで申し込むようにするといいでしょう。

    審査通過率が低いのは、悪いことではない

    「低い」という言葉を使うと何やら悪いことのようですが、審査通過率が低いというのは、要するに「審査が厳しい」ということであり、それは多重債務者や借入超過者を出さない…という意味では、良いことです。

    もちろん、アイフルの審査もその人の返済能力を徹底的に調査した上で出た数字です(だから、六割の人は落ちているわけです)。なので、決してアイフルの審査通過率だと借入超過者・多重債務者が出やすい…というわけではありません。

    ただ、要はより厳選した人に対して融資しているのがノーローンということで、これは別に悪いことではないんですね。もちろん、アイフルも多くの人にできるだけ融資しようとしているという点で、これも人の役に立っています。

    両者の一番の違いは「資本力」であり、アイフルの方がより大手なので、万が一、多少の貸し倒れが出てもカバーできるということなんですね。一方資金力がやや小さめなノーローンは、一件の貸し倒れが大きく響くのでそれで審査が厳しくなっている…ということなのです。

    というわけで、審査通過率の高低についてはどちらがいい悪いという話ではなく、単純にそれぞれこういう数値になっています、というだけなんですね。ノーローンの方でも審査に通る自信がある人は「むしろ、ライバルの申し込み者が減って、審査時間も短縮されていい」という風になるわけです。

    (事実、審査の所要時間はノーローンが「最短20分」で、アイフルが「最短30分」と、ノーローンの方が早くなっていますから。ノーローンはすべての大手の消費者金融・銀行カードローンの中で、一番審査の所要時間が短くなっているのです)

    実際の審査通過率は、どちらももっと高い

    上のアイフル・ノーローンの審査通過率を見て「こんなに低いのか」と思った人もいるかも知れません。どちらにしても―。

    • アイフル…6割程度
    • ノーローン…3割程度

    という確率で審査落ちする…ということですからね。しかし、これは数字上こうなるというだけであって、実際にはもっと審査に通るのです。というのは―。

    • アイフルにしてもノーローンにしても
    • 確実に審査に通らないとわかっている
    • 多重債務者の方々などが、ダメ元で申し込んでいる
    • それで審査通過率の平均値が下がっているだけ
    • なので、実際の平均値(体感値)は、もっと高い

    ということです。大体のイメージですが、ノーローンでもアイフルでも、普通の人が審査申込みしたら、大体八割程度は通る…と思っていいでしょう。

    「普通の生活」とは?

    ここでいう普通の生活というのは、大体下のような生活です(あくまで私のイメージであって、ノーローン・アイフルなどが、そう公式にアナウンスしている訳ではありませんが)

    • 現時点で仕事をしている(アルバイト・パート・フリーターでもOK)
    • 勤続年数が最低でも3ヶ月から半年程度はある
    • 月収は5万円~10万円は稼いでいる
    • 他社借入はゼロか、もしくは1件
    • ↑(クレジットカードは除く)
    • これまでブラックリストに入るような返済トラブルは起こしていない
    • ↑(強制解約・代位弁済・債務整理など)

    ということです。明らかに「普通の人」ですよね。ブラックリストに至っては「内容自体、初めて聞いた」という人も多いでしょう。ということで、こういう「普通の人」であれば、アイフルでもノーローンでもとりあえず10万円くらいは借りられるのです。なので、それすら借りられないという人は、「収支のバランスやクレジットヒストリーに、かなりの問題がある」ということなんですね。

    逆に言えばそういう問題のある人でなければ、アイフルにしてもノーローンにしても大体審査に通る…ということです。なので、キャッシング審査というのはあまり難しく考える必要はないわけですね。もちろん、こういうボーダーラインの上にいる人は、難しく考える必要があるかも知れませんが…。

    審査基準はどちらも変わらない

    審査基準については、ノーローンでもアイフルでもどちらも同じ…となっています。審査基準と審査通過率の違いは―。

    • 審査基準…職業・属性や年収の基準
    • 審査通過率…単純な確率

    ということです。審査基準は申し込むために、最低限必要な条件といってもいいでしょう。要は「申込条件」のようなものですね。(申し込み資格でもいいです)

    もちろん、こういう「申し込み資格」というような意味ではなく「このくらいから審査に通る」という「合格ライン」のような意味で使われることもあるのですが、とりあえずここでは「申し込み資格」の方の意味で説明していきます。

    で、ノーローンとアイフルの審査基準について説明すると―。

    • 学生…両方借入可能
    • 専業主婦…両方、融資不可
    • パートの女性…OK
    • アルバイト…OK
    • フリーター…OK
    • 無職・ニート…不可
    • 自営業…借入可能

    という風になっています。これはアイフル・ノーローンだけではなく、大手の消費者金融の中ではすべて共通している審査基準なのですが、何はともあれ、職業・属性についてはこのような内容で、それぞれ借入可能・融資不可…となっているわけですね。

    なので、借入可能な職業・属性については、アイフルでもノーローンでも変わらない…と思って下さい。

    最短即日審査の受付時間については、アイフルが有利

    最短即日審査の受付時間についえてはアイフルの方が有利となっています。夜間審査については、どちらも「21時まで」なので、代わりはありません。しかし最短即日振込で、アイフルの方が有利なんですね。まとめると―。

    • ATMから現金で直接借りるのではなく
    • 銀行振込によって借りたいという場合
    • 「この時間までに振込手続きが必要」というラインがある
    • その時間が、アイフルの方が余裕がある

    ということです。それぞれ最短即日振込の締切時間を一覧にすると―。

    • ノーローン…12時30分
    • アイフル…14時00分

    …という風になっています。つまり、大体1時間半、アイフルの方が長く最短即日振込を申し込める…ということなんですね。どちらの締切時間も、あくまで「大体の目安」なので、前後することがありますが、大体このくらいの時間までに振込手続きをしていれば、最短即日振込で借りられる…と思って下さい。

    ちなみに、「振込手続き」をするには、その前に審査通過している必要があります。なので、たとえばアイフルだったら、14時に審査通過しているには、どんなに遅くとも13時には申し込みする必要があります。できれば正午までに申し込んだ方がいいでしょう。

    こうしたことから最短即日振込を希望する場合は、できるだけ午前中に申し込むこと…と言われていますが、アイフルでもそうですし、特にノーローンだったら、午前10時くらいには申し込むようにした方がいいでしょう。

    (12時30分には審査完了していないといけないわけですからね)

    銀行振込で借りるメリットはあるのか?

    アイフル・ノーローンの最短即日審査の時間については、「銀行振込」でなければ違いはないわけです。では、わざわざ銀行振込で借りるメリットというのはあるのか。これはあります。一言で言うと、「出かけなくていい」ということですね。こう書くと横着なようですが、「出かけたくても、出かけられない」という人もいるでしょう。たとえば―。

    • 体調が悪い
    • 身体障害がある
    • アイフル・ノーローンの自動契約機まで行く交通手段がない
    • 天候が悪いので、外に出たくない
    • 服が全部洗濯中で、着ていくものがない
    • 女性で、わざわざメイクをしたくない
    • その他、何らかの事情で外出したくない

    というようなケースですね。男性だとあまり気づかない理由として、女性の「わざわざカード発行をするために、メイクをして外出したくない」などの理由もあります。これは面倒くさいというのもありますが、そうではなく「肌を休めるために、一日すっぴんで過ごす」…と決めている日もありますからね。

    …というように、それぞれの理由で「外出したくない」ということは多いのですが、そのようなとき、銀行振込で最短即日借入をすることができると、非常に便利なわけです。特に僻地に住んでいる方などは、そもそもノーローン・アイフルの自動契約機に行くことができないですし、その他要介護の方、身体障害があるアコムたなども同じでしょう。

    という風に、「銀行振込が必要」という人は多いんですね。そうした方々にとって、「アイフルの方が、最短即日振込がしやすい」ということで、この点でもアイフルが有利…ということです。

    審査の所要時間は、ノーローンの方が短い

    審査の所要時間については、ノーローンの方がアイフルより短くなっています。

    • ノーローン…最短20分
    • アイフル…最短30分

    という風です。これもアイフルが遅いのではなく―。

    • 大手の消費者金融はみんなこの時間で
    • 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行など「審査が早い銀行カードローン」も
    • やはりこの審査の所要時間である

    ということ。なので「ノーローンが早い」だけなんですね。審査の所要時間については、ノーローンは大手の消費者金融・銀行カードローンで最速となっています。

    その分、先に書いた通り「審査通過率が低い」(審査が厳しい)わけですが―。

    • ノーローンの審査に通る自信があって
    • かつ、10分でも早く最短即日借入したい

    ということであれば、アイフルよりノーローンで申し込んだ方がいいでしょう。

    アイフルとノーローンの比較・まとめ

    以上、アイフル・ノーローンの比較のポイントをまとめると―。

    • 最短即日振込…アイフルが有利
    • 利子総額…アイフルが安い
    • 最高限度額…アイフルが大きい
    • 審査の所要時間…ノーローンが短い(早い)
    • 審査通過率…アイフルが高い
    • 審査基準…同じ
    • 実質年率…同じ

    という風になっています。特に大きいのは―。

    • 初回30日間無利息(アイフル)
    • 審査通過率(アイフル)

    ということでしょう。この2つの面から、アイフルの方がおすすめだと言えます。

    即日融資!カードローンのコンテンツ

    • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

      融資スピード重視

    アイフル 4.5%(実質年率)
    プロミス 4.5%(実質年率)
    アコム 3.0%(実質年率)
    融資情報
    審査時間最短30分
    融資時間最短即日融資
    限度額500万円(4.5%~18.0%)
    詳細はこちら
  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 今日中に融資可能

    アイフル アイフル
    融資情報
    審査時間最短30分
    融資時間最短即日融資
    限度額500万円(4.5%~18.0%)

    カードローン一覧

    カテゴリ

    TOP