審査は甘い?在籍電話確認や審査の流れ

モビット

モビット

モビットが人気の理由

電話連絡なし!ならモビット

「WEB完結申込」を利用すれば面倒な電話連絡がなし!です。即日融資にも対応しているのですぐにお金を借りたい&手続きを簡単に済ませたいという方はモビットがおすすめです!(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

今すぐモビットの10秒簡易審査へ

※安定した収入がある方

即日融資!カードローン

最短即日審査・融資が出来るキャッシング業者・ブランド・銀行

最速
お金って本当に急に必要になることが多く、手持ちのお金が足りなくて困ることも多いのではないでしょうか。しかし、そんな時に役立ってくれるのがキャッシングローンですね。

最近のローンでは急ぎの融資にも対応できるところが増えていて消費者金融の中には審査時間が短く申し込んだ最短当日にお金を貸してくれる最短即日融資が可能なローンも珍しくはありません。

ここではどの消費者金融で最短即日融資に対応しているのか、その中でどのようなローンを選べばよいのか、どのローンがオススメなのか、といったことを紹介していきましょう。

最短即日融資に対応している消費者金融

最近の消費者金融では審査スピードが大幅にアップし融資までの時間もかなり短縮されています。特に大手消費者金融は自動審査を早くから導入して、そのスペック上の審査時間は最短30分にもなっているのです。

大手4社の場合、ネット経由の申込方法では審査が終了し手続が平日の14時までに完了できれば、最短当日中の振込キャッシングが可能になっていますね。

また、契約機で申し込む場合も審査は最短30分ほどで完了しその後の契約手続とカード発行も10分程度で済ませられます。そして、それらが午後9時までに完了できればその日のうちに借入できるというわけです。

一方、中小費者金融では未だに人の手で審査を行っているところが多く、大手よりも審査時間がかかるとみてよいでしょう。ただし、ネット経由や電話の申し込みでは1時間程度で対応できているところも多少はありますね。

そうしたケースでは最短即日融資に対応できるところもありますが、まだ多いとはいえないかもしれません。

また、店頭申込の場合は、ネット経由などの方法よりも審査が早くその場で融資するローンも少なくないので、急ぎの場合は店頭申込のほうがよいでしょう。

なお、大手も中小も審査時間についてはその時の審査量や申込者の状況(審査状況)によって大きくかわり数時間以上かかることも珍しくないので、急ぎの場合は事前にその点を伝えておく必要がありますね。

業者 審査時間 来店不要の場合の最短即日融資
プロミス 最短30分~ 平日の14時までの手続完了の場合に最短即日融資は可能
アイフル 最短30分~ 最短即日融資は可能。対応してもらえる時間は不明
アコム 最短30分~ 平日の14時までの手続完了の場合に最短即日融資は可能
モビット 最短30分~ 平日の14時50分までの手続完了の場合に最短即日融資は可能

(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

消費者金融の利用は何より安心感が重要

消費者金融の中には悪徳業者といわれるような事業者が潜んでいることあるのでやはり安心できるローンを選びたいですね。

消費者がローン事業者に対して何で安心できるかというと、知名度、操業年数や企業としての素性などの点が挙げられます。

大手消費者金融のプロミス、アイフル、アコムとモビットはテレビCMなどにより知名度が高く、操業期間も15年以上と長いですね。また、アイフルを除く3社は大手銀行グループの系列企業なので特に安心感がもてるでしょう。

一方、中小消費者金融は操業期間が短い、CMも流していない、世間での認知度も低いといった事業者が多いので、消費者としては安心しにくいかもしれませんね。

もちろん中小の中にも信頼できる事業者は多くいますが、知らない事業者に申し込む場合は特に事業者の営業実態、貸金業登録番号や世間での評判などをしっかり確認しておいたほうがよいでしょう。

キャッシングローン 操業時期 系列
プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社) 1962年 三井住友銀行グループ
アイフル 1967 独立系
アコム 1960年(貸金業) 三菱東京UFJ銀行グループ
モビット 三井住友銀行グループ

キャッシングローンの選定では借入条件が特に大切

安心感がもてる消費者金融の中からどのローンを選ぶかが重要になりますが、その選定ポイントとしてまず借入条件が挙げられるのではないでしょうか。

大手消費者金融の借入条件は類似しており、金利では4%台半ばから18%まで、契約限度額は最高500万円までとなっています。実際の適用については申込者ごとの返済能力や信用力によってかなりばらつきがでるでしょう。

大手の中ではプロミスが上限金利及び下限金利ともに最も低い設定になっており、特に少額の借入を繰り返し行う方などには適しているかもしれませんね。

一方、中小消費者金融の場合、限度額を500万円までとする事業者もありますが決して多くはありません。全体的には200~300万円までのところが多いのではないでしょうか。

金利についてみると上限金利は大手と同じ18%までですが、下限金利ついては大手よりも高めになっているケースが多くみられます。なお、中小でも申込者の状況によって条件も異なるので注意が必要ですね。

キャッシングローン 融資金利 契約限度額
プロミス 4.5%~17.8% ~500万円
アイフル 4.5%~18.0% ~500万円
アコム 3.0%~18.0% 1万円~500万円
モビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円
中小消費者金融 7%台~18.0% ~500万円

ローンの選びではサービスや利便性の検討も重要

借入条件が同等ならどのローンを選んでよいか迷うかもしませね。そんな時はサービスや利便性の点を重視するとよいでしょう。

消費者金融にはさまざまなサービスがありますが、その中でも無利息サービスが魅力的ではないでしょうか。利息の負担が気になる利用者にとってはとても有難いサービスですね。

無利息サービスを提供している事業者は少なく大手ではプロミスとアコムが対応していますが、中小では対応しているローンは少ないといってよいでしょう。

無利息サービスの対象は初めて契約する方に限定するケースが多く、無利息期間は30日間が多いです。中には期間が1週間と短いが繰り返し利用できるタイプもあるので、用途や条件で適切なタイプを選びたいですね。

キャッシングローン 無利息サービスの内容
プロミス 初回利用者限定の30日間無利息サービス

全利用者対象のポイントを利用した無利息サービス

アコム 初回利用者限定の30日間無利息サービス
ノーローン 全利用者対象の1週間無利息サービス

また、借入・返済での利便性の面もローンを決める上で重要なポイントになります。

口座振込による借入・返済は大手だけでなく中小でも対応できるようになり便利になってきましたが、ATMの利用に関しては大手と中小では大きな差があるといえるでしょう。

大手では全国規模のネットワークでの利用が可能ですが、中小ではATMそのものを利用できない場合も多く利用できてもかなり限定されるケースが多いです。

そのため、ATMでの利用を中心に考えている方は大手消費者金融のほうが利便性は高いかもしれませんね。

最短即日融資の消費者金融のオススメはプロミスなどの大手消費者金融

最短即日融資が可能なキャッシングローンは多くありますが、どのローンがオススメかと考えるとやはり大手消費者金融になるのではないでしょうか。

大手4社は融資までの早さ、安心感、借入条件、サービスや利便性などで優れ、中小消費者金融よりも魅力的であるといえそうですね。

その大手4社を比較すると多少の差はあるもののどのローンも内容や質の面で同等であるため、どのローンが最も優れているかという判断できないでしょう。

それでもあえてオススメローンとして挙げるならプロミスを押してよいかもしれません。プロミスは半世紀以上の歴史をもつ老舗ローンであり、現在は三井住友銀行グループに属するなど安心感を最ももてるローンの一つです。

融資金利では他社よりも最も有利であり、繰り返して利用可能な無利息サービスを提供するなどサービスも充実しています。

また、借入・返済で利用できるATMの台数が豊富な上、自社ATM及び三井住友銀行ATMが無料で利用できるなど利便性が高いのも魅力といえるでしょう。

もし消費者金融の選定で迷うようなことがあればプロミスを一度検討してみてはいかがでしょうか。

即日融資!カードローンのコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP