審査は甘い?在籍電話確認や審査の流れ

モビット

モビット

モビットが人気の理由

電話連絡なし!ならモビット

「WEB完結申込」を利用すれば面倒な電話連絡がなし!です。即日融資にも対応しているのですぐにお金を借りたい&手続きを簡単に済ませたいという方はモビットがおすすめです!(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

今すぐモビットの10秒簡易審査へ

※安定した収入がある方

即日融資!カードローン

Fマネーカードは即日キャッシング・当日審査ができない

Fマネーカードは、最短即日融資には対応していません。大体1週間~10日程度の日数がかかります。ということで「今日中にお金を借りたい」という人は、Fマネーカード以外の方法でキャッシングするようにしてください。

急ぎでお金を借りたい場合は、消費者金融の方がいい

「無い袖は振れぬ」ではありませんが、Fマネーカードのルールが「融資まで大体1週間」となっている以上、もう最短即日キャッシングは完全にできません。ということで「今日中に借りたい」という人は、迷わずに消費者金融でお金を借りてください。

もし、消費者金融よりFマネーカードの方が断然金利が安い、というのであれば迷うでしょうが、金利は両者とも同じです。Fマネーカードの金利は「4.4%~17.8%」ですが、プロミスの金利が「4.5%~17.8%」というように、ほとんど同じなのです。

(下限金利の0.1%の違いは「500万円まで借りた時」の適用金利なので、意味はありません)

ということで、審査基準のページでも書いていますが、Fマネーカードから借りるメリットがあるとしたら「すでにポケットカードが提供するカードを利用している人が、審査に通りやすい」ということなのです。たとえば「ファミマTカード」などですね。

で、そういう人でなければ「最短即日キャッシングができ、かつ金利も同じ」というアコム・プロミス・モビットなどの大手の消費者金融のブランドで借りた方が、断然いいわけです。

大手の消費者金融の最短即日審査は、毎日21時~22時まで受付

大手の消費者金融では、平日でも土曜日・日曜日・祝日でも、毎日21時~22時まで最短当日審査をしています。これは「締切時間」なので、その時間までに審査が完了しているためには、大体「19時~20時」には申し込んだ方がいいでしょう。

もちろん、この時間までに申し込めば絶対というわけではありませんが、これらの時間なら、最短即日融資できる可能性はかなり高くなります。なので、もしモビット・アコム・ノーローン・アイフルなどの大手の消費者金融で最短当日借入する場合は、19時~20時を目安に申し込みをするようにしてください。


以上、Fマネーカードの最短当日融資はできないので、代わりの最短即日キャッシングの方法として、大手の消費者金融での申し込みについて書きました。ここから先は、最短即日借入に関するコラムとして、「江戸時代の最短即日キャッシングの歴史」について書きます。

江戸時代の最短即日融資の歴史

まず現代の最短当日融資に最も近いのは、江戸時代にあった「鉄火質屋」です。「質屋」とついている通り、お金を貸すシステムは現在の質屋と同じです。(質草を預かって、金利を取りながらお金を貸す…という仕組みですね)

で、「鉄火」といのは「賭博」のことです。つまり「ギャンブルをする人のために、軍資金を融資する」というのが、鉄火質屋だったんですね。その性質上、最短即日融資どころか「即決融資」です。それこそ5分や10分…という早さだったと思われます。

(じゃないと、賭博で熱くなっている利用者は怒り狂いますからね)

これがおそらく、日本史に登場する中で最も現代のスピード融資に近づいた例でしょう。「ギャンブルとキャッシングの相性がいい」というのは、今も昔も変わらないんですね。

朝借りて、その日中に返済する「日銭貸し」

もう一つ、江戸時代に流行ったスピード融資で「日銭貸し」という形態もあります。文字通り「日銭を貸す」ということで「朝借りて、夕方返す」という「その日中に完結するスタイル」です。

なぜ、朝借りて夕方返済していたのかというと「主に商人の行商の仕入れのため」です。たとえば「魚の行商」だとしましょう。この場合、当然朝イチで魚市場に行き「魚を仕入れる」必要があります。

仕入れるための現金があればいいですが、「ない」場合もあるわけです。その場合―。

  • とりあえず、仕入れの代金を日銭貸しで借りる
  • それで魚を仕入れる
  • 一日行商して、利益を得る
  • その中から、夕方日銭貸しに返済する

…という方法でやれば、うまくお金が回るんですね。このやり方だったら「まったく何も持たないただの庶民」でも、いきなり行商人の仕事を始めることができます。(もちろん、その日確実に魚が売れるという保証はないのですが…)

日銭貸しはスピード融資をする分ある程度高金利でしたが、それでも庶民にとってはありがたかったわけです。こういう庶民金融があるおかげで、彼らは「何も元手なし」でも、商売を始めることができたのですから。

現代のビジネスローン・銀行融資とまったく同じ

この構図は現代のビジネスローンや、銀行の事業用融資とまったく同じです。これらの手段でお金を借りて事業を始める人も、「もし自己資金があれば」全額自腹で始めるのが一番いいわけです。

しかし、それを言ったら「資産家の家に生まれた人間」しか、若くして事業を始めることはできなくなってしまう―。ということで、みんな「お金を借りて事業を始める」わけです(もちろん、事業の内容や、その人の貯蓄レベルによっては、自己資金でも始められますが)。

というように、昔の日銭貸しにしても、現代の事業者向けローンにしても、金融業は社会にとってなくてはならない存在なんですね。2000年代に「商工ローン問題」が起きてから、ビジネスローンについて悪いイメージを持っている人が多いでしょうが、金融の日本史を振り返っても、スピーディーに融資してくれる事業者向けローンというのは、極めて重要なのです。

(商工ローン問題というのは「腎臓売れ」「目ん玉売れ」などの過酷な取り立てでニュースになった事件です。商工ローンは知らなくても「腎臓売れ」は知っている人もいるでしょう)

…というように、日銭貸しという最短即日融資もすでに江戸時代に発達していたのですが、ただ適当にスピード融資をしていたわけではなく、これが江戸の経済をうまく回していた、庶民に仕事を与えていた…ということをぜひ知ってください。

最短当日融資で、翌日返済する「烏金貸し」

「日銭貸し」は「最短当日中の返済」ですが、「翌日返済」のスピード融資もありました。「烏金貸し」(からすがねかし)というもので、省略して「カラス金」とも呼ばれます。

「カラス金」の名前の由来は「朝借りて、翌朝カラスが鳴いたら利息が発生する」というもの。別に「朝に返済しろ」ということではなく「その時点から、利息が発生する」ということですね。

なぜ、夜借りて翌日返済していたのか?

夜にお金を借りるというのは、今も昔も用途は大体決まっています。夜遊び…つまり―。

  • 酒飲み
  • ギャンブル
  • 風俗

」…ですね。江戸時代にはすでに吉原が歓楽街として栄えていました。その吉原で遊ぶ男性陣などに、主に烏金貸しが融資していたのです。(今でも吉原のような場所には、集中的にカードローン業者の自動契約機などがあります)

先ほどの「日銭貸し」にしても、この烏金貸しにしても「現代の最短即日キャッシングと、江戸時代の最短当日融資がかなり似ている」ということに気づきます。今も昔も「人間の欲望」と「それを利用してビジネスにする方法」は、根本的には変わらない、ということですね。

(そして、多くの人がそれを「利用する側」ではなく「利用される側」になってしまっている…という現実も)

江戸時代にも「現金化」が存在した

現代の最短即日キャッシングは、当然ある程度信用度がある人しか借り入れできません。しかし、信用度がまったくない、ブラックリストの人でも、

  • クレジットカードの現金化
  • 携帯キャリア決済の現金化

などの、いわゆる「現金化業者」でお金を借りるなら、最短当日借入できます。

で、実は江戸時代にもこうした「現金化」が存在したんですね。これは「業者」がいたのではなく「お金を借りる庶民の側が、自分で現金化を考案した」のです。少々驚きますが「損料貸し」(そんりょうかし)という手法です。ポイントをまとめると―。

  • 江戸時代、日用品・家具のレンタル屋があった
  • そのレンタル業を「損料屋」と呼んでいた

というのがスタート地点です。で、そこからどう「現金化」するかというと―。

  • 損料屋で、少額のお金を払い「数日分、家具をレンタル」する
  • その家具を、質屋に入れて、お金を借りる

…という手法です。まともに読むと「おい!」と思う人が多いでしょう。そう。「レンタルした商品を、勝手に質屋に入れてしまっている」わけです。当然、質屋に返済できなかったら、大変なことになります。

というより、「そもそも数日分しかレンタル権を持っていない」のですから―。

  • 数日以内に質屋に全額返済する
  • そうして家具を取り戻す
  • それを、損料屋(レンタル屋)に返す

…という風にしないと、たちまち契約違反になるのです。そして、当然ですがここまで行き詰まっている町民が、そんなに急にお金を用意できるわけはありません。

つまり、損料貸しは、現代でいう「ヤミ金融に手を出すレベル」まで落ちた「最終段階の過剰債務者」だったんですね。(簡単に言うと、「終わった人」ということです。

江戸時代の庶民がこれほど借金に苦しめられていたというのは、何ともかわいそうな気がしますが、これを見てもあらためて「過剰な借金は、絶対に抱えてはいけない」ということがわかります。

…というように「最底辺レベル」の最短即日融資も含めて、江戸時代にはすでに「あらゆる種類の最短当日キャッシング」が揃っていました。事業用、夜遊び用…という風ですね。人間の営みがいつの時代も変わっていないというのは、興味深いことです。


以上、Fマネーカードの最短当日キャッシングに絡めて、江戸時代の最短即日融資の歴史をまとめました。「カードローン・クレジットカードなどの貸金業の歴史」を知りたい人の、参考になれば幸いです。

(参考資料…『金貸しの日本史』(水上宏明/新潮社/2004年)P.129~130)

即日融資!カードローンのコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP