即日融資!カードローン

キャッシング審査で必要な本人確認書類の一覧・まとめ ~意味、違いなど~

071

キャッシング審査で必要な本人確認書類類は、まず、主に下の3種類のどれかです。

  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート

で、準レギュラーとして、

  • 住民基本台帳カード(住基カード)
  • 公的証明書

となります。「公的証明書」の種類は、後ほど解説します。

そして、外国人の方の場合、

  • 特別永住証明書
  • 在留カード

…というのが必要書類(身分証明書)です。以下、カードローン審査で必要になる本人確認書類について、さらに詳しくまとめます。

運転免許証と、運転経歴証明書が一番いい

これらの身分証明書の中で、一番審査に通りやすいのは、

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書

です。運転経歴証明書については、後で説明します。

運転免許証が、なぜ一番審査に通りやすいのか?

これは下のような理由です。

  • 顔写真がついている
  • 毎日持ち歩くことが多いので紛失時に気づきやすい
  • ↑(他人が持ちだして審査を受けている…という危険性が低い)

という理由です。後者については、ネット申込みだと申し込み者の顔が見えないので、もしかしたら他人かもしれないんですね。

盗んだ運転免許証を使って、審査申込みしているという可能性も考えられるわけです。

運転免許証でもそれはありうるのですが、他の本人確認資料と比較すると、そういうリスクが少ないです。逆にパスポートの場合、普段めったに確認しないので、これは盗まれていても気づきにくい身分証明書=信用度が低いということです。

というわけで、相対的に運転免許証が一番有利になるんですね。一部のキャッシング業者やブランドでは、審査項目の中に「運転免許証の有無」という項目があるくらいです。

運転経歴証明書とは?

運転経歴証明書というのは、「年齢などの理由で、免許を自主返納した人」がもらうものですね。「この人は、以前はゴールド免許の持ち主でした」などのことがわかるわけです。

警視庁としては、高齢者の交通事故を減らすためにも、できるだけ運転免許証を自主返納してほしいと願っています。そのため自主返納するメリットとして、あちこちの会社のサービス・商品で割引を受けられる、という特典を用意しています(もちろん、公的なサービスでも優遇されます)。

というのが運転経歴証明書です。本人確認書類の効力としては、キャッシング審査でもクレジットカードの申し込みでも、それ以外の場面でも、運転免許証同様に効果が高いものです。

公的証明書とは?

公的証明書の種類は、ハッキリ言って無数にあります。どこまでキャッシング審査で認められるかは、その業者・ブランド・銀行によって異なります。

一例として、ここまで書いた以外の公的証明書を書くと、下の通りです(運転免許証なども、公的証明書です、実は)

  • 船員手帳
  • 戦傷病者手帳
  • 電気工事士免状
  • 宅建主任証
  • 無線従事者免許証
  • 動力操縦者運転免許証
  • 耐空検査員証
  • 猟銃・空気銃所持許可証
  • 教習資格認定証
  • 検定合格証(警備員に関するもの)

…という風です。「ありとあらゆる資格の免状」が並んでいることに気づくでしょう。

特に「不動産・猟銃・無線・動力車」などの「一般人が簡単に扱っては困る」というものは、国がしっかり認定をするわけです。だから、これらが「公的証明書」として認められるんですね。

運転免許証もよく考えたら「自動車を運転する資格」なので、「資格の免状、公的証明書になる」というのは、割と普通のことなのです。

身分証明書と、現住所が異なる場合

たとえば長期出張に出ている時など「現住所が、身分証明書の住所と違う」ということはよくあるでしょう。こういう場合は、補助的な書類を追加で提出することで、審査通過できます。

  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書
  • 公共料金の領収書

などです。住民票は長期出張ではなく、完全に転居した時のものですね。転居してすぐで、まだ運転免許証やパスポートの更新をしていない…という時に、こうやって住民票をもらって、それを提出するわけです。

(印鑑証明書も同じです)

公共料金の領収書とは?

これは、下のようなものの領収書です。

  • NTT(電話)
  • ガス
  • 電気
  • 水道
  • NHK

というものです。そこで生活している限りはこれらの請求書や領収書が来るので、それを提出すればOKです。

また、マンスリーマンションの場合、これら公共料金の領収書は来ないでしょう。そのマンスリーマンションの賃貸会社が管理しているし、公共料金は最初に一括で払っているからですね。

その場合、そのマンスリー・ウィークリーマンションの、家賃の領収書を出せばOKです。そこに住んでいるからこそその領収書があるわけですから、これで十分代替書類になります。

外国人のキャッシング審査の必要書類について

外国人がカードローン審査を受ける場合は、下の2種類の書類が必要です。

  • 特別永住証明書
  • 在留カード

(どちらかでOKです)

で、たまに「外国人登録証」と書かれていますが、これはほぼ間違いと思ってください。というのは、

  • 外国人登録証明書は、2012年7月9日に廃止された
  • 一応有効期限があったが、2015年7月8日でほぼ終わった

ということです。「ほぼ」というのは「満16才の誕生日まで」という人がいたり、在留の目的によっては、もっと長い期限が特別に与えられた人もいたからです。

(公務で来日していた人などですね)

ということで、「絶対に間違い」というわけではないのですが、「かなりの確率で、外国人登録証明書はもう間違い@古い情報」と思ってください。

(つまり、そのような情報を載せているキャッシングの解説・まとめサイトは、最新の情報は載せていないということです)

ちなみに、外国人登録証明書は廃止されてどうなったのかというと、「全部、在留カードに統合」されています。

(参考:法務省 入国管理局http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/point_3-4.html)

特別永住証明書とは?

特別永住証明書は、簡単に言うと「在日朝鮮人・韓国人・台湾人」のための証明書です。「特別永住」の意味をまとめると、

  • 戦争終了時点で、日本に住んでいた
  • 戦後はしばらく「日本人」だった
  • しかし、1951年のサンフランシスコ平和条約で「それぞれの国籍」に戻った
  • 「民族性」が保たれた一方、「日本国民の権利」を失った
  • そのため「特別永住者」として、その権利を保証することにした

ということです。普通の永住者と違い、こういう戦後の「特別な事情」があるということですね。それで「特別永住者」なのです。

特別永住証明書と在留カードは、根本的に違う

カードローンの情報サイトでは、よく「外国人のキャッシング審査」というくくりで、「特別永住証明書」と「在留カード」を一緒に扱っています。この記事でも、序盤ではわかりやすくそうしました。

しかし、ここまでの説明通り「特別永住者=在日韓国人・在日朝鮮人など」なので、「ほぼ日本人」のようなものなのです。少なくとも、学校は普通に通っていることが多いですし、仕事もそのまま普通に就職するのがほとんどです。

在日朝鮮人や韓国人・台湾人の友達がいた人なら、「彼らがいたって普通」というのは知っているでしょう。「普通」などとわざわざ書く必要もないくらい、彼らは「普通に日本人」です。

ということで、キャッシング審査で提出する書類こそ「特別永住証明書」ですが、傍から見たら、彼らが申し込みしても、「普通の日本人が、カードローン審査を受けている」という風にしか見えないんですね。

(たとえば無人契約機・自動契約機などでばったり会ったとしても)

ということで、特別永住者については「外国人のキャッシング審査」という括りにするのは、個人的には間違っているような気がします。何はともあれ、「特別永住証明書」の意味は、こういうものです。

(結構「民族とは何か」という、奥深いテーマを訴える書類なんですね)

本人確認書類の別の呼び方

本文の中でも、あえていろいろな呼び方を使い分けましたが、まとめると、本人確認書類には下のような呼び方があります。

  • 身分証明書
  • 身分確認資料
  • 本人確認資料
  • 身元証明書類

何にしても、すべて同じ意味で。このページで説明してきたような種類の書類を提出していただけばOKです。

即日融資!カードローンのコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP