審査は甘い?在籍電話確認や審査の流れ

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットが人気の理由

電話連絡なし!ならSMBCモビット

「WEB完結申込」を利用すれば面倒な電話連絡がなし!です。即日融資にも対応しているのですぐにお金を借りたい&手続きを簡単に済ませたいという方はモビットがおすすめです!(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

今すぐSMBCモビットの10秒簡易審査へ

※安定した収入がある方

最短即日融資!カードローン

ノーローンは土曜日・日曜日でもスピード融資・審査が可能!

ノーローンは土日のスピード借入も可能です。ポイントをまとめると―。

  • 審査時間は、大手の消費者金融の中で一番短い(最短20分)
  • 土曜日・日曜日・祝日なので、振り込みはできない
  • スピード審査は21時まで。なので、19時~20時には申し込み

という風になります。以下、詳しく説明します。

審査時間が、大手の消費者金融で一番早い

ノーローンの売りは「最短20分」という、大手の消費者金融で一番短い審査時間。特に早く審査結果を知りたいという人にとって、一番いいキャッシングブランドだといえます。

もちろん、審査が早い=審査通過できるとは限りません。というより、ノーローンの審査が早いのは「審査が厳しいから」という口コミ・評判があります(事実、ノーローンの審査通過率は30%程度しかないと言われます)。

ということで審査通過できるかどうかは別にして、審査結果自体は早く出るので「ダメだったら次ですぐに申し込む」という決断や、次の行動もとりやすい…というメリットはあります。

土曜日・日曜日・祝日なので、スピード振込みはできない

これはノーローンだけでなく、どの大手の消費者金融や中小業者で申し込む場合も同じですが、土曜日・日曜日・祝日にスピード振込みするというのは、基本的にできません。

理由は当然「銀行が閉まっている」からですね。ノーローンやキャッシング会社の方は営業していても、銀行が営業していなければ、振り込みが反映されないのです。ということで、土曜日・日曜日・祝日のスピードキャッシングはできても「スピード振込」はできないのが基本なんですね。

プロミスの三井住友銀行・アコムの楽天銀行などはできるが…

土曜日・日曜日・祝日のスピード振込みができる例外としては―。

  • アコム…楽天銀行
  • プロミス…三井住友銀行

という組み合わせがあります。ノーローンの場合は残念ながらこういう提携銀行を持っていないので、土曜日・日曜日・祝日にスピード振込みで借りる…ということはできません。現金で直接借りるというのが、唯一のやり方になります。

入金は、銀行ATMから直接すれば問題ない

上のように書いたものの、そもそもノーローンでも他の業者でも「スピード振込にこだわる」という理由がありません。もし「その日中に入金が必要」という場合は―。

  • まず、現金で直接借りる
  • その現金を、銀行ATMから直接入金する

という「地道なやり方」でやればいいからです。ノーローンに振り込んでもらうのを「自動」としたら、こちらは「手動」のやり方ですね。

ということで、土曜日・日曜日・祝日でもスピーディーに銀行口座に入金すること自体はできます。もし入金が必要という理由で、ノーローンで土日振り込みを希望しているなら、この方法にチャレンジしてみてください。

ノーローンの土曜日・日曜日の融資の申込み時間は、19時~20時まで

これは平日と同じ&他の消費者金融とも大体同じですが、ノーローンの土曜日・日曜日の審査の申込み時間は、「大体夜7時~夜8時まで」となっています。

スピード審査自体を、ノーローンは「夜9時」までやっているので、それより2時間~1時間早めの時間…ということですね。1時間でも間に合うことは多いですが、念のために2時間は取っておいた方がいいでしょう。

ノーローンの土曜日・日曜日の借り入れは、自動契約機でのカード発行が必須

これもノーローンだけでなくどの消費者金融でも同じルールですが、「土曜日・日曜日の借り入れの場合は、自動契約機でローンカードを発行する」という作業が必要です。

理由は「ATMを操作する」ためですね。

  • 1.銀行振り込みで借りることができない
  • 2.ということは、ATMから直接借りるしかない
  • 3.そのATMを操作するためのカードが必要

ということで、最初にこの「ローンカードの発行」が必要になるのです。で、郵送で受け取るのでは当然スピード借入できないので、無人契約機で発行する…ということなんですね。

ノーローンの自動契約機は、新生銀行カードローン レイクのものを兼ねています。ということで、レイクでキャッシングしたことがある人は、その時レイクのローン契約機を使っていたら、勝手が非常にわかりやすいでしょう。

ちなみに、レイクの自動契約機は全国で約779店舗あると言われています(自動契約機の数は結構増減するので、大体800程度の設置台数…と考えてください)。

仮に800だとすると、大体47都道府県すべてに20台程度ある計算なので、どの地域に住んでいても、利用しやすいでしょう。


以上、ノーローンの土日キャッシングについてまとめました。ここまで書いた通り、土曜日・日曜日・祝日でもノーローンなら問題なくスピード借入できます。休日にお金が必要になったら、ぜひ利用してみてください。

(ここから先は、コラムとして自動契約機・無人契約機の歴史について書きます)

無人契約機・自動契約機の歴史

ノーローンの土曜日・日曜日の融資では無人契約機・自動契約機でのカード発行が必須ですが、ここでついでに、無人契約機の歴史についてもまとめます。

まず、無人契約機が消費者金融の業界に登場したのは1993年。アコムの「むじんくん」が最初です。この頃からアコムは―。

  • ラララむじんくん♪
  • はじめてのアコム~♪

などのフレーズで、有名なCMを多数ヒットさせてきました。前者はたとえば宇宙人のCMで、後者は女優の小野真弓さんがブレイクした有名なものですね。

で、アコムのむじんくんのCMがヒットしたことで、消費者金融の自動契約機自体の存在が社会に認知されるようになり、急速に普及していきます。

「自動契約機の登場によって、消費者金融の利用が一般的になった」ということは、たとえば『闇金ウシジマくん』などの漫画にも書かれています。また、『アイフル元社員の告白』という本でも、著者の笠子崇氏が大卒でアイフルに入社した頃、無人契約機が普及し始めていて「急成長の予感を感じた」ということが、書かれています。

銀行のローン契約機は、それ以前からあった

多くの人は「消費者金融が先に無人契約機を広めて、それを三菱UFJ銀行・三井住友銀行などの銀行カードローンも導入し始めた」…と思っているかも知れません。しかし、これは逆です。

銀行では、以前からキャッシュカードの発行・本人確認書類の送信などの専用端末が存在していたのです。これらは、例えば三菱UFJ銀行では「テレビ窓口」「テレビバンク」などの名前で呼ばれてきました。(現在は統合されて、テレビ窓口一本になっています)

三井住友銀行ももともとこういう「カード申込機」を持っていました。それを後のプロミス・アットローンと3社合同で発展させて、現在の「プロミスの申し込みなどもできるローン契約機」になっています。(ACMという略称で呼ばれることもあります)

ACMというのは「Automated Consulting and Contract Machine」の頭文字を取ったもの。日本語の意味は、「自動相談契約機」となります。一応「相談」も入っているんですね。

(例えば融資が厳しい時などは、確かに返済計画再編を支援する融資の話を持ちかけるなど「相談」することもあります)

JRでも、古くから導入されてきた

実は「自動契約機」の意味を「自動で何かを契約する」ということとするなら、JR東日本・西日本などでも、昔から自動契約機は導入されていました。

昔は、対話型で申し込む無人自動券売機の「もしもし券売機Kaeruくん」というものがありました。

また、現在でも「みどりの券売機プラス」というものが、一部のエリアで設置去れています。遠隔地で、駅の「みどりの窓口」まで買いにこれない…という人のためのものですね。

…というように、自販機の延長のような感覚で、消費者金融の自動契約機・無人契約機の原型のようなものは、実は以前からあったのです。そして90年代もっとも日本で発展した産業の1つが消費者金融で、しかも業務内容的に無人契約機との相性が良かったので、キャッシング審査の世界で急速に広まっていった…ということなんですね。

最短即日融資!カードローンのコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

SMBCモビット SMBCモビット
融資情報
審査時間10秒簡易審査
融資時間最短で当日融資の可能性あり
限度額800万円(3.0%~18.0%)

TOP