審査難易度は?3秒診断~即日融資の流れ

プロミス

プロミス

プロミスが人気の理由

お手軽さ重視ならプロミス

プロミスのWeb簡潔なら「カード無し」「郵送物無し」で利用可能!カード無しでもスマホ片手にその場でキャッシング!平日の14時までに Web契約完了で即日融資もOKで、スピード重視&お手軽さ重視の方はプロミスをご利用ください。

今すぐプロミスの3秒診断へ

※安定した収入がある方

即日融資!カードローン

プロミスの即日融資キャッシング、当日中に借り入れするための方法

スマホで申し込み

プロミスは即日キャッシングももちろん可能。大手の消費者金融の中でも、プロミスは特に当日借入がしやすいブランドと言えます。理由は、

  • 即日審査の受付日時が一番長い
  • 場合によっては、在籍確認の回避も可能
  • 土日・祝日・夜間でも即日振込みできる銀行が2つある

ということです。それぞれ対抗できる消費者金融と比較すると、

受付日時 アコムも長いが、年末年始の営業日でプロミスの勝ち
在籍確認 モビットもできるが、プロミスは口座の指定がない
土日夜間の振込 アコムは楽天銀行のみ

…という風に、プロミスが勝っています。

当日審査の受付日時は、プロミスが一番長い

当日審査の受付日時というのは「何時までに申し込めば、その日中にキャッシングできるか」という時間です。当然この時間が長ければ長いほど当日融資しやすいし、対応日が多いほど、借りやすいわけです。

時間については、プロミス・アコムはどちらも、「平日・土日・祝日ともに、最大22時まで当日審査可能」となっています。ほとんどの店舗は22時までOKなのですが、一部21時になるなど時間が違う場合もあります。

ということで「最大」とついていますが、大体は「22時まで即日審査している」と考えてください。

(22時まで「審査作業をしている」ということなので、申し込みは2時間前の20時までにしたほうがいいでしょう)

アコムはプロミスより、年末年始の営業日が短い

このように、即日審査の受付日時については差がないプロミス・アコムですが、「年末年始の営業日」で、プロミスの方が有利なんですね。

  • アコム…12月31日~1月2日が休み(3日間休業)
  • プロミス…1月1日のみ休み(1日間休業)

という風です。その他の日は、ゴールデンウィークでもお盆でも、どちらも年中無休で営業しているのですが、年末年始でこうして「微妙に差がつく」わけです。

ということで、「大手の消費者金融ブランドの中で、一番即日審査の受付日時が長い・多いのはプロミス」という結論になるんですね。

プロミスは、条件によって在籍確認の回避も可能

プロミスはその申し込み者の状況・条件によっては、「勤務先への電話連絡をなしにする」ということもできます。いわゆる「在籍確認の回避」ですが、下のような条件の場合「できることも」あります。

(必ずできるわけではないので、注意してください)

  • 職場が休みなど、在籍確認できない事情がある
  • 在籍確認必要ないくらい、申し込み者の信用度が高い

という2つの条件です。こうしたケースでは、プロミスが事情を配慮して「在籍確認の代替措置」をとってくれるという場合もあります。

在籍確認の代替措置とは?

「代わりの方法によって、電話確認なしにする」ということですが、プロミスの場合、

  • 職場の保険証
  • 給与明細

この2種類の書類を提出する…という場合が多いです。職場の保険証というのは、

  • 社会保険証
  • 組合保険証

といった保険証です。公務員の人なら共済組合保険証…などですね。

モビットよりプロミスの方が回避をしやすい

こうした在籍確認の代替措置ですが、モビットも同じ措置を用意しています。ただし、モビットの場合は、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行

の2つの銀行口座のどちらかが必要。これらの銀行口座がない人はモビットではどんな状況でも職場への電話連絡をなしにする…ということはできないのです。

この点、銀行口座の縛りがないプロミスの方が、誰でも在籍確認の回避をできるという点で、間違いなく即日借入しやすいでしょう。

当日キャッシングに在籍確認の回避が必要な理由

これは、たとえば土日・祝日・夜間などの申し込みで「会社が閉まっている」という場合ですね。勤務先が営業してなければ、在籍確認しようにもしようがないわけです。

こういう時、在籍確認必須で、しかも代替措置がないという消費者金融の場合、当日借入ができません。収入・職業・勤続年数・借入状況・申込み時間…といったすべての条件をクリアしていても、「勤務先が休みで、在籍確認できなかった」というだけの理由で、当日キャッシングに失敗してしまうのです。

ということで、本当に「当日借入しやすい業者・ブランド」というのは、プロミス・モビットのように「在籍確認の代替措置」がなくてはいけないんですね。そして、その代替措置で、モビットよりプロミスの方が借りやすくなっているため、ここでもやはり「モビットが一番即日キャッシングしやすい」という結論になるのです。

土日・祝日・夜間でも振り込める銀行が多い

消費者金融の土日キャッシングは、基本的に「振り込み」はできません。理由は当然「銀行が閉まっている」ため。しかし、土日・祝日でも即日振込みによって借りられるケースが、下のように存在します。

  • プロミス…ジャパンネット銀行・三井住友銀行
  • アコム…楽天銀行

…と、これらの銀行口座に対して振り込むなら、土日・祝日でも即日振込みができるんですね、アコム・プロミスは。

で、見ての通りアコムは楽天銀行のみですが、プロミスは三井住友銀行・ジャパンネット銀行と、2つの銀行でOKとなっています。ということで、土日・祝日の当日振り込みでも、やはりプロミスが有利なのです。

(ちなみに、これは土日・祝日だけではなく、銀行の営業時間外である夜間でも同じです。夜間というか15時以降ですね)

当日振り込みで借りられない消費者金融は、どうするのか?

プロミスでも、三井住友銀行・ジャパンネット銀行以外の銀行口座の場合は、土日・祝日の振り込みはできません。プロミスそういうケースや、他の消費者金融の場合はどうやって借りるのか。これは下のような手順です。

  • 審査通過する
  • 自動契約機・無人契約機に行く
  • そこで「ローンカード」を発行する(キャッシュカードのようなもの)
  • そのローンカードをそれぞれの自社ATM・コンビニATMなどに挿入
  • 画面を操作して借り入れ

という風です。要は「カード発行をする」ということですね。後は銀行のキャッシュカードでATM操作をするのと、何ら変わりありません。

というようにプロミスのように土日振り込みができる銀行がない消費者金融や、プロミスでも2つの銀行口座を持っていない場合などは、こうやって借りる…と覚えておいてください。


以上、プロミスが大手の消費者金融の中でもトップで即日借入しやすい理由…をまとめました。消費者金融はどこも即日キャッシングがしやすいですが、プロミスはその中でも確実にナンバーワンです。

ということで、急ぎでお金を借りたいという人は、ぜひプロミスで申し込むといいでしょう。

即日融資!カードローンのコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP