審査基準は?専業主婦の借入や在籍確認について

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンが人気の理由

スペック重視なら横浜銀行でカードローン

横浜銀行カードローンは「金利1.9~14.6%」「限度額10~1000万円」の超好条件です!ただし、利用できるのは「神奈川県の全地域、東京都の全地域、群馬県の前橋市、高崎市、桐生市にお住まい、お勤めの方」のみなので、運の良いエリア内の人はぜひ利用しましょう!

横浜銀行カードローン申込み窓口

※安定した収入がある方

最短即日融資!カードローン

静岡銀行カードローン・セレカはスピードキャッシングも可能!


Warning: current() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/agr01/imazeni.com/public_html/wp-content/themes/imazeni/functions.php on line 49

Warning: current() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/agr01/imazeni.com/public_html/wp-content/themes/imazeni/functions.php on line 49

しずぎんカードローン「セレカ」は、スピード融資にも対応しています。「静岡銀行の口座がある」というのが条件ですが、「静岡銀行の口座はスピード開設もできる」ので、その場で開設してからカードローンに申し込むという方法で、口座がない人でも問題なくスピード借入できます。

セレカは何時までに申し込めばスピード借入OK?

しずぎんカードローン「セレカ」のスピード審査は、何時までに申し込めばOKなのか―。これは「大体午前中」と言われています。(どの銀行カードローンでも同じなので、人によっては読み飽きているかも知れませんが…)

セレカの審査の所要時間自体は「最短30分」ということで、かなり早いです。スピード振込の締切時間が15時としても、14時頃に申し込んでも間に合うかも知れません。

しかし、カードローン審査というのは、最短当日どんなトラブルが起きるかわからないので、確実にその日中に借りるためには、余裕を持って午前中に申し込むことをおすすめします。セレカ以外の審査が早い銀行カードローンでも、午前中の申し込みが推奨されているのは、そういう理由です。

(審査トラブルに備えて…ということですね)

セレカは、土曜日・日曜日・祝日のスピード借入はできない

しずぎんカードローン「セレカ」は、土曜日・日曜日・祝日にスピードキャッシングすることはできません。基本的に銀行カードローンは「平日のスピード融資はできても、土日キャッシングはできない」ということが多いです。たとえば大手銀行だと―。

  • みずほ銀行
  • 横浜銀行

…などが、そういうシステムになっています。また「平日はその銀行の口座なしでも借入可能」な銀行カードローンが、土曜日・日曜日・祝日には「その銀行の口座がないと融資不可」となるなど、土曜日・日曜日・祝日のスピード借入は、基本的に条件が厳しくなるものです。

というわけで、しずぎんカードローン「セレカ」も土曜日・日曜日・祝日のスピードキャッシングはできないのですが、その場合は土曜日・日曜日・祝日・休日でもスピード融資できる、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行などで申し込むことをおすすめします。

(あるいは大手の消費者金融のプロミス・アコム・アイフル・SMBCモビットなどは、すべてOKです)

申請土曜日・日曜日千


以上、しずぎんカードローン「セレカ」のスピード審査・スピード融資についてまとめました。平日であれば、他の主要な銀行カードローン同様、問題なくスピード借入できる…というのがわかっていただけたかと思います。

ここから先は、しずぎんカードローン以外でもスピード融資ができる地方銀行のカードローンや、スピードキャッシングの歴史などをまとめていきます。

静岡銀行以外でもスピード融資ができる、地方銀行のカードローン

地方銀行のカードローンでスピード融資ができるのは、しずぎんカードローン「セレカ」だけではありません。以下、地方銀行で同様にスピードキャッシングに対応している銀行カードローンを一覧にします。

  • きらやか銀行…御用立て君300
  • 沖縄銀行…タイムリーローン
  • 佐賀銀行…らくらくローン
  • 阿波銀行…あわぎんフリーローン「自由自在」
  • 滋賀銀行…サットキャッシュ
  • 但馬銀行…スピードポケットプラス
  • 高知銀行…こうぎんカードローン
  • 西京銀行…さいきょうゲットカードローン
  • 沖縄海邦銀行…無担保フリーローン・エクセレント
  • 伊予銀行…新スピードカードローン

…というものです。もちろん、これだけではなくまだまだ無限といってもいいくらいあります。地方銀行のカードローンでも、このようにスピードキャッシングがごく普通にできる時代になっているんですね。

静岡県の地方銀行カードローンに限定すると?

静岡銀行と比較するということで、静岡県に存在する地方銀行のカードローンだけで、ピックアップしてみましょう。これもすべてスピード融資ができるものです。

  • 静岡中央銀行…しずちゅうプレオカード
  • 清水銀行…スピードカードローン
  • スルガ銀行…リザーブドプラン

…という風になっています。これもまだいろいろありますが、とりあえず一部のみ抜粋して紹介しています。審査時間が一番早いのは、最短30分で審査できるセレカですが、これらもスピーディーにキャッシングできるという点では、なかなかのカードローンでしょう。

スピードキャッシングはどのように可能になったか

ここからは、セレカとは直接関係ないのですが、「日本のキャッシング審査で、スピード融資がどのように可能になったか」という歴史を紹介していきます。

まず、最初の大きなステップは、1980年代はじめの「コンピューター化」です。これまで人力で審査していたのを、機械の自動与信システムに切り替えていった…ということですね。

最初にもっとも高いレベルで実用化したのは、1983年のプロミスです。しかし、他のキャッシングブランド・業者も審査の自動化には取り組んでおり、アコムもこの頃には「アコムの各支店と本社をつなぐネットワーク」を構築しています。

こうした自動与信システムの進化の経緯は『理解されないビジネスモデル 消費者金融』(藤沢久美など/時事通信出版局/2008年)という書籍に詳しく書かれています。特に、消費者金融が勃興した初期というのは、「銀行ですら、ATMを持っていない」という時代でした。

その時代にアコムなどは、「自動販売機」の原理を応用して、審査が完了したら「2万円入りの封筒が出てくる」という、「今振り返ると原始的」(社長談)な装置を開発したりしていました。

…という初期の消費者金融や、昭和の日本の経済史もわかる、かなり面白い本です。消費者金融やリテール金融(小口金融)に興味がある人は、よかったらぜひ読んでみてください。

銀行で個人向け融資を始めたのは、地方銀行だった

今でこそ、個人向けのカードローンは地方銀行より大手銀行の方が断然便利になっています。しかし、もともと銀行で個人向け融資を始めたのは、「地方銀行の方が先」だったんですね。

地方銀行が、まだ「相互銀行」という形態だった頃に、いくつかの相互銀行が個人向け融資を始めていたんですね。1980年代の話ですが、この頃は日本中で「サラ金バッシング」の嵐が吹き荒れていました。

日本で「サラ金バッシング」が始まったのは大体1977年からで、この年には民放連(日本民間放送連盟)が、消費者金融のCMの放送の自粛を呼びかけています。

また「サラ金被害者の会」が初めて本格的に結成されたのも1977年(大阪)で、この頃から「サラ金・消費者金融=悪」という誤解が、だんだん世間で広まるようになっていったんですね。

そういう時期なので、大手銀行は手を出さなかった

そういう時代背景もあって、都市銀行などの大手金融機関は、「個人向け融資」に手を出さなかったのです。それによってイメージが悪化するのを恐れていた…ということもあるし、「個人向け融資は、大体回収が焦げ付く」→「強引な取り立てをしなければいけない」という思い込みがあったんですね。

当時の銀行はどこでも「不動産を担保にした融資」に力を入れていました。理由は―。

  • バブル期なので、不動産の価格がどんどん上がる
  • 不動産を担保に設定した時(お金を貸した時)よりも
  • 取り上げる時(借り手が返済できなかった時)の方が
  • 圧倒的に不動産の価格が値上がりしている

…という計算があったのです。つまり、当時の銀行にとって「不動産を担保にする融資」は、きわめてノーリスクだったんですね。

後にバブルが崩壊したことで「実はノーリスクではなかった」「むしろ史上空前のリスクを抱えていた」ということがわかったのですが、1980年代のはじめは、多くの大手銀行が「不動産担保ローン=無リスク」と思っていたのです。

…という理由もあって、今の銀行カードローンや消費者金融のような「無担保の個人向けローン」というのは、どこもやりたがらなかったのです。

それで大手は手を出さず、代わりに失うものが小さくある程度冒険ができる相互銀行が、試験的に取り組んだ…ということです。

結果的に、相互銀行には消費者金融のような―。

  • 申し込み者の返済能力を見極める『審査能力』
  • 延滞者に確実に返済させる『回収能力』

…という個人向け融資(リテール金融)に欠かせない二大技術がなく、失敗しました。

という歴史があるように、実は銀行カードローンの中で現在のようなカードローンに先に取り組んだのは、実は大手銀行ではなく地方銀行だった…ということですね。少々専門的な知識になりましたが、キャッシングの歴史に興味がある人は、参考にしていただけたら幸いです。


以上、スピード融資の歴史なども交えて、しずぎんカードローン「セレカ」のスピードキャッシングについてまとめました。急ぎでお金を借りたい人はぜひ参考にしてみてください。

最短即日融資!カードローンのコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

SMBCモビット SMBCモビット
融資情報
審査時間10秒簡易審査
融資時間最短で当日融資の可能性あり
限度額800万円(3.0%~18.0%)

TOP