即日融資!カードローン

三井住友銀行カードローンなら、当日キャッシングも可能!

三井住友銀行カードローンは、即日融資にも対応しています。要点を箇条書きすると、

  • 申込み時間は、毎日19時~20時頃まで
  • 即日振込みを希望する場合、午前中に申し込む

…という風です。以下、三井住友銀行カードローンの当日借入について詳しくまとめていきます。

19時~20時までに、即日審査を申し込む

三井住友銀行カードローンの即日審査は、毎日21時までやっています。これは平日でも土日・祝日でも同じです。

で、21時まで即日審査しているということは、遅くともその1~2時間前には申し込んだ方がいい…ということになります。そのため、三井住友銀行カードローンで即日借入したい場合は、19時~20時には申し込むという風になるわけです。

振り込みで借りたい場合は、午前中には申し込む

もし即日振込みを希望する場合、これは三井住友銀行以外の銀行カードローンでも、消費者金融の大手でも同じですが、「午前中」には申し込むようにしましょう。理由は、

  • 銀行は15時で閉まる
  • 三井住友銀行も、15時で閉まる
  • ゆえに、14時50分までには、振込手続きが必要
  • それより前には審査完了していなければいけない
  • 審査は長ければ2時間~3時間かかる(早ければ30分)
  • ということで、正午がデッドライン
  • 正午より前=午前中には申し込みが必要

…ということです。こうした時間設定は他の消費者金融・銀行カードローンでも同じなので、キャッシングの知識がある人はあちこちで見た説明かも知れませんが、三井住友銀行もやはり同じルールになっています。

現金で直接借りる場合は、ローンカードを発行する

三井住友銀行カードローンのキャッシングは、振り込みでなく現金で直接借りる場合、「ローンカード」を発行します(これも、三菱東京UFJ銀行や消費者金融の大手などで共通するものですね)。

このカードを使ってATMを操作し、現金での借入・返済をするわけですが、このカード発行のために、三井住友銀行の自動契約機に行く必要があります。

三井住友銀行の自動契約機・無人契約機は、ほとんどの店舗のATMコーナーやロビーにあります。三井住友銀行を日頃使っている人は、見たことがあるでしょう。

ロビーにある場合、土日・祝日はロビーが閉まっているので、ローン契約機も使えない…ということがあります。しかし、ATMコーナーにある場合は土日・祝日でも使えます。

何はともあれ、それぞれのローン契約機の営業時間のうちに行き、カード発行をすれば、あとはいつでも好きなときにキャッシングできます(三井住友銀行のATMだけでなく、コンビニや他の銀行のATMでも利用できるので、もう24時間いつでもOKということです。深夜でも)

三井住友銀行カードローンの即日融資に必要な書類

必要書類は特にありません。自分の本人確認書類だけです。つまり、

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • パスポート

…と言った書類ですね。要するに即日融資だからといって、何か変わることはないということです。通常通り、キャッシング審査で必要なこれらの書類を提出するだけです。

収入証明書の提出は必要ない

三井住友銀行カードローンの即日審査で、所得証明書を提出する必要はありません。ポイントをまとめると、

  • 借入総額300万円までは、年収証明書なしでOK
  • 300万円まで借りる人も、借りられる人もいない
  • だから、普通の人は年収確認資料は出さなくていい

…ということです。これは三井住友銀行カードローンだけでなく、どの銀行カードローンやキャッシング業者でも共通するルールなので、覚えておいてください。

(もちろん「いくらまで不要」という金額は、銀行やキャッシング会社によって違います。しかし、銀行カードローンの場合大体は300万円です。三井住友銀行と同じです)

個人事業主・自営業のみ、収入確認資料が必要

ただ、普通の人はこのように「収入確認資料なし」でOKですが、個人事業主・自営業・会社代表者・法人経営者…といった人々は、借入金額に関係なく必要となります。

(これもやはり、三井住友銀行カードローンだけでなくすべてのキャッシング業者や銀行カードローンで共通するルールです)

これらの独立系の職業の人が三井住友銀行でキャッシング審査を申し込む場合、

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税通知書
  • 納税証明書

…といった書類を出します。他の書類でもいいですが、要は公的に発行されている所得確認資料であればOK、ということです。

なぜ、自営業・個人事業主などは収入証明書が必要なのか?

なぜ、サラリーマン・OLや公務員の方々は年収証明書が不要なのに、これらの職業の人だけ必要なのか。これは、下のような理由です。

  • 収入が不安定な仕事なので、金額も確認する必要がある
  • 個人事業主は、名乗るだけだったら営業していなくてもできる
  • ↑(つまり、無職と同じ扱いである)

…ということです。こうした理由によって、三井住友銀行でも他の銀行でも、そして消費者金融などの貸金業者でも、すべてで自営業・個人事業主は「年収証明書を要求される」ということなんですね。

このルールはキャッシングの世界のどこにいってもほぼ共通なものなので、独立系の職業の人はぜひ意識してください。

三井住友銀行の審査にかかる時間は最短30分

三井住友銀行カードローンの審査は、銀行カードローンの中では最速を誇り、最短30分となっています。これは、

  • 新生銀行(レイク)…最短30分
  • 三菱東京UFJ銀行…最短40分

などと同じか、あるいは上回る早さです。そして、これらの銀行の次に早いと言われている、

  • ソニー銀行…最短60分
  • 静岡銀行…最短60分

…などの2倍早い…というスピードです。ちなみに、プロミス・モビット・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融はすべて「最短30分」です。ということで三井住友銀行カードローンの審査は、「消費者金融並に早い」ということなんですね。

なぜ、銀行カードローンなのにこれだけスピード審査ができるのか

これは、三井住友銀行カードローンの審査は「プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)」が担当しているため。

こう書くと「プロミスが審査してるのか。じゃあ、消費者金融みたいにゆるいんじゃん」と思うかも知れません。(事実、ネットメディアでそう報道しているものもありました)

しかし、これは間違いです。あくまで審査の「作業」をしているだけであり、プロミスの審査基準と三井住友銀行カードローンの審査基準は当然まったく違います。

で、なぜプロミスが審査を担当(保証会社)していると審査が早いのか。これは下のような理由です。

プロミスは、世界で初めて審査を自動化したブランドである

プロミスはキャッシングの与信審査を世界で初めて自動化した企業(今はブランド)です。1983年の出来事で、プロミスが開発したこのシステムにならって、他の消費者金融なども自動与信システムの導入に乗り出したのです。

プロミスの自動与信システムは、その後もキャッシング業界の最先端を走り続けたため、今でも最速のスピードを誇っています。そのため、SMBCコンシューマーファイナンスの子会社であるモビットもやはり「10秒簡易審査」という圧倒的なシステムを提供していますし、プロミスや三井住友銀行の審査も、銀行カードローン・消費者金融の中で、それぞれ最速を誇っているということです。

もっと審査が早い業者・銀行・ブランドもあるが…

上のように書くと、「ノーローンの最短20分の方が早い」とか、「関東信販だったら、即画面表示できる」という反論もあるでしょう。確かにこれらは三井住友銀行やプロミスよりも審査スピードが早いです。しかし、

  • その分審査基準が厳しい
  • 足切りの基準を高くしていれば、審査は自然と早くなる

…というのが理由なんですね。たとえば女性が結婚相手の男性を探す時「年収300万円以上」という条件にしていたら、候補がたくさんいるので、自然と「審査」に時間がかかるでしょう。

しかし、これが「年収2000万円以上」だったら、一気に候補が減ります。そのため「あっという間に審査が終わる」わけですね。よってきた男性をことごとく一瞬で弾くわけですから。

ということで、「審査が早い」ということは、それだけ「審査に通りにくい」という場合も多いのです。もし「審査が緩くて、しかも早い」となったら、それはヤミ金です。

このように「審査の通りやすさ」と「審査スピード」という相反するものを両立しているという点で、三井住友銀行・プロミス・モビットなどのSMBCグループは、キャッシング業界で貴重な存在といえるのです。


以上、三井住友銀行カードローンの即日融資について、その早さの理由なども絡めてまとめました。最後になりましたが、三井住友銀行カードローンでは専業主婦・学生は借り入れできないので、これらの人は「即日」以前に「借り入れ自体ができない」ということを、知っておいてください。

即日融資!カードローンのコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP