審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

即日融資!カードローン

最短即日キャッシングなんて怪しい?消費者金融がスピード審査できる理由・歴史

044

最短即日キャッシングというのは、早過ぎて怪しい―。と思う人も多いようです。しかし、現代では最短即日融資ができるということは、まったく普通のことであり、怪しいことではありません。

現代のキャッシングで最短即日審査・融資が当たり前な理由

現代のキャッシングで最短当日審査・最短即日融資が当たり前な理由は、下の通りです。

  • コンピューターによる自動審査の技術が進化している
  • これまでの利用者の統計情報が、蓄積されている

ということです。つまり「技術」自体も改善されたし、さらにその技術の中にぶち込む「データ」の量も増えたということです。

消費者金融という業種が本格的に普及してから、大体30年~40年経ちます。当初はまだ利用者の統計データが少なかったのですが、現代ではそのデータが膨大に集まっているんですね。

で、「この職業・勤続年数・年収・借入総額の人は、貸し倒れになる確率○○%」という数字が瞬時にはじき出せるようになったのです。

(はじき出すだけなら昔でもできたでしょうが、その精度がより上がったのです)

ということで、「スピード」「正確性」の両面で、現代のキャッシング審査は劇的に進化しているんですね。

モビットは10秒で簡易審査結果表示

特に消費者金融・銀行カードローンの中でもっとも審査が早いモビット。モビットの場合は、申込情報をすべて送信すると「10秒で簡易審査結果表示」してくれます。

これはあくまで「10秒簡易審査」なので、本審査の結果も一致するとは限りません。しかし、申込情報を審査する、面接でいう「書類審査」に該当する部分は、10秒で終わるということなんですね。現代のキャッシング審査は、ここまで早くなっているのです。

消費者金融ブランドの大手はモビットだけではないですし、大手であれば審査スピードの早さ、審査体制はどこも同じだといえます。ということで、消費者金融はみな、内部ではこのスピードで審査できている…と推測してもいいでしょう。

(10秒簡易審査として、その場ですぐに出すのがモビットだけ…、ということで)

「審査が早い」=「甘い・緩い」ではない

多くの人は「審査が早いということは、甘い・緩い」ということだと勘違いしています。しかし、決してそうではありません。

ここまで書いた通り「処理速度が早い」というだけで、「審査落ち」の人もすぐに見分けられる…ということなのです。落ちるにしても通るにしても、その結果がすぐに出る、ということなんですね。

たとえば消費者金融の大手の審査通過率を一覧にすると―。

  • アイフル…44%程度
  • モビット…42%程度
  • プロミス…42%程度
  • アコム…46%程度

となっています。このように「半分以上は審査に落ちる」というのが、最短即日キャッシングの現実なのです。決して審査が甘い、ということではないんですね。

審査が緩い業者・ブランドを探している人には難点だが…

このように、消費者金融の審査が「早いだけで、ある程度厳しい」というのは、「審査が緩い貸金業者」を探している人にとっては厄介なことかも知れません。

しかし、何はともあれ「最短即日審査・最短当日キャッシングというシステムは、怪しいものではない」ということはわかっていただけるでしょう。

実際、今では銀行カードローンでも最短即日融資が基本なのです。申込み時間によっても最短当日借入できるかどうかは異なりますが、時間さえ一定より早ければ、それで大体は最短当日融資できます。

「最短即日借り入れなんて怪しい」という人は「そういうスピード審査をしてるのは、消費者金融だけ」というイメージを持っているのでしょう。しかし、「銀行カードローンも最短当日融資が当たり前」と知ったら、イメージが大分変わるのではないでしょうか。

コンピューターによる自動審査の歴史

そもそも、コンピューターによってキャッシング審査を自動化する…というのはいつから始まったのか。これは1983年のプロミスです。プロミスが当時世界初となる「自動与信システム」を開発したことで、世界のキャッシング業界の歴史が、大きく変わったんですね。

(その時、歴史が動いたのような感じです)

この自動与信システムは年々進化していって、現代では1760通りの与信テーブルがあり、これをデータマイニング手法という統計手法によって、高速で審査しています。

与信テーブルとは?

与信テーブルとは「審査条件」のようなものです。たとえば―。

  • 属性(職業・年齢など)…32通り
  • 地域性…11通り
  • 他社借入件数(0件~4件)…5通り

という風に、申し込み者の回答ごとにテーブルを用意し、その組み合わせによって―。

  • パターン1753の人…審査落ち
  • パターン1211の人…融資可能

…という風に自動的に結果を出せるということです。(ここで出したテーブル数の例は、あるキャッシングの情報サイトに書かれていたものですが、実際にプロミスがこのテーブル数でやっているのかどうかはわかりません)。

ただ、仕組みとしてはこのようなものです。アバターで、「目・鼻・口」などのパーツを組み合わせながら顔を作っていくのと似ていますね。

データマイニング手法とは?

データマイニングとは、簡単に言うと―。

  • 膨大なデータを
  • 1.統計学
  • 2.パターン認識
  • 3.人工知能

などの手法を駆使して、「網羅的に」分析。新しい知識を発見する…、という手法です。

簡単に言うと「絨毯爆撃(じゅうたんばくげき)」のようなものです。膨大なデータを用意し、絨毯爆撃のようにそれをコンピューターに「全部シミュレーション」させ、あらゆる確率をはじき出す…ということです。

(網羅的というのは「あますことなく」という意味なので、絨毯爆撃のイメージがぴったりくるかと思います)

多くの人が想像する「データ分析」と、特に違いはないかも知れません。ただ、「データ分析」だけだと、1800年代の学者が、紙と鉛筆で分析していたものも「データ分析なので、こうして「データマイニング」という名前を、現代では使っているわけです。

何にせよ、プロミスはこうしたデータマイニングの手法に合わせて、これまでの500万人という消費者の利用実績・借入・返済の履歴を統計して、確かな審査をしているのです。

最短即日融資の限度額は、大体年収の10分の1まで

総量規制というルールでは「年収の3分の1まで」借りられるのですが、実際に借りられる金額は、少なくとも最短即日借り入れの場合「年収の10分の1」です。

これは「貸金業規制2法に関する旧大蔵省銀行局長通達」という法律文書の改訂版に明記されています。(通達というのは法律ではありませんが、法律と同じ効果を持っています。

その通達に何と書かれているかというと、「3-2-1 過剰貸付の防止」の(1)で―。

  • 無担保・無保証で融資する場合は
  • 1業者あたり50万円までか
  • その申し込み者の年収の10%まで

という風になっています。詳しくは下のURLをご覧ください。

http://www5d.biglobe.ne.jp/Jusl/Keisanki/JTSL/Gideline.html

…と少々専門的な話になりましたが、このように最短即日キャッシングといっても、「借入限度額については、相当絞っている」ので、普通に融資している分には、破産者が出ることはないのです。

しっかり計画的に返済しなかった人たちが―。

  • クレジットカードの現金化
  • 闇金業者
  • 偽装質屋

などの違法業者に手を出してしまうので、破産者が出るんですね。決してそうした方を責めるわけではありませんが、誰でも自己破産はしたくないはずなので、そうならないよう、くれぐれも注意してください。

即日融資!カードローンのコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP