審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

即日融資!カードローン

絶対にお金を借りられる方法はある?→独自審査の業者は審査に通りやすいの?

010

「絶対にお金を借りられる」というキャッシング業者はありません。ただし、人によっては下の方法なら「ほぼ絶対」借りられます。

  • 生命保険の「契約者貸付制度」
  • 勤務先の「社内貸付制度」
  • 年金受給者の「年金担保貸付制度」

というものです。これらを見て「あ、違うわ」と思ったら、下のような方法もありです。

  • 「独自審査」の貸金業者で申し込む
  • 個人信用情報の影響が薄いので、比較的借りやすい

これは主に「個人信用情報に、重度の遅延などの事故情報が残っている」という人のための借り方ですね。

もちろん、独自審査の業者でも「絶対に融資してくれる」わけではありません。ただアコム・モビット・アイフルなどの大手の消費者金融よりは、かなり借りやすくなります。

独自審査の貸金業者とは何か

独自審査の貸金業者とは―。まず「独自」の意味ですが―。

  • 個人信用情報機関と提携していない
  • 提携はしているが、それほど審査の重要情報にしない

ということです。

  • 提携していない…ブラックリストでも関係ない
  • 重要視していない…軽度の事故情報だったら、借りやすい

…ということです。ここで、個人信用情報についてもう少し説明します。

個人信用情報とは?

個人信用情報とは「その人の借入・返済の履歴をすべて記録した」情報。到底の会社・業者だけではなく、すべての記録が共通して残されています。

クレジット会社でもカードローン業者でも、新しい申し込み者が来るとまずその人の「個人信用情報」を見るわけです。そこで、これまでのクレジットヒストリー(借入・返済の履歴)を確かめて、融資するか決めるわけですね。

アコム・プロミス・アイフルなどの大手も含めて、普通の貸金業者・銀行カードローン・クレジット会社などは、すべてこの個人信用情報をチェックします。ということで、一度この個人信用情報で「ブラックリスト入り」してしまうと、どこで借入審査を受けても、審査に通らない…という状況に陥ってしまうわけです。

個人信用情報を見ない業者なら、影響なし

このように「個人信用情報によって審査落ちする」なら「それを見ない貸金業者で申し込めば借りられるのでは?」という発想が生まれるでしょう。そこで登場したのが「独自審査の業者」です。

特に個人信用情報をまったく見ないという業者の場合、どんな事故情報・異動情報が記録されていても、関係ありません。ということで、あまり良いことではないかも知れませんが、俗に「ブラックでもOKのことがある」と言われたりするわけです。

(真偽のほどはわかりません)

また、そのように「完全に見ない」独自審査の業者でなくても「あまり見ない」レベルでも、審査に通りやすくなるのは確かです。過去の返済トラブルを知られても、現在の年収や属性が良い場合は借りられるということですから。

…という理由で「絶対に審査に通る」ということはないのですが、これら「独自審査の業者」は、「ブラックリスト・準ブラック」の人たちの間で、割と人気があります。

個人信用情報機関と提携していないのは、危険

このように書いたものの「個人信用情報機関と完全に提携していないのは危険」(なこともある)と考えてください。というのは―。

  • 自主的に提携していないのか
  • 個人信用情報機関から、提携を拒まれているのか、

このどちらかで、事情は大きく変わるからです。もし「提携を拒否されている」というのであれば、これはかなり危険な業者です。もちろん、そんな貸金業者は中小でも少数派ですが、それでもたまにあります。

なぜ個人信用情報機関と提携できないのか?

個人信用情報というのは、極めてプライベートな情報です。勤務先情報なども全て書かれていますし、これまでの借金の利用履歴など、全て丸裸にされてしまいます。

つまり、JICC・CIC・KSCなどの個人信用情報機関の側も、相当信用できる業者でなければ、提携は許可したくないんですね。これは私達利用者にとっても当然のことです。

ヤクザと裏で関わっているような、いわゆる「ハイテクヤクザ」が立ち上げた貸金業者だったら、個人情報が流れると大変なことになりますからね。ということで、個人信用情報機関との提携には、業者側にもある程度の信用度が必要なのです。

ということで、もし「完全独自審査」という業者を発見したら、相当警戒して話を聞くようにしましょう。(個人信用情報をあまり重視しない、という程度ならOKです)

生命保険の契約者貸付制度とは?

これは下のような内容です。

  • 生命保険加入者が
  • 今まで積み上げてきたお金を
  • 一時的に借りることができる

というものです。つまり「自分がこれまで積み上げて来た」お金なので、「借りられるのは当たり前」なんですね。というわけで、生命保険の契約者貸付制度は、「ほぼ確実にお金を借りることができる手段の一つ」です。

もちろん、契約者貸付制度でも一定の条件があり―。

  • そもそも、この制度がある生命保険でないといけない
  • 加入してから、一定の期間が経過していなければいけない

という条件があります。期間については、「自分が積み立てたお金を借りる」わけなので、ある程度の期間が経過していないと、そもそも積立金自体が貯まっていないというわけです。

ということで、契約者貸付制度も絶対ではありませんが、あえて「誰でも確実に借りられる」手段に近いものをあげるとすれば、契約者貸付制度が一番近いでしょう。

会社の「従業員貸付制度」も使える

会社によっては―。

  • 社内貸付制度
  • 従業員貸付制度

などの融資制度を設けているところもあります。これは簡単に言うと「給料の前借り」に近いシステムなので、やはりかなりの確率で借りられます。

純粋な前借りではなく、毎月の給料から少しずつ天引きして返済するなどのパターンが多いですが、何はともあれ、融資する側にとって「取りはぐれのない貸し方」なので、大抵の場合、審査に通ります。

(普通のカードローン審査と違って、どういう人物か毎日付き合って、よくわかってますからね。逆に言えば、それが原因で落ちることもあるかもですが。汗。)

とにかく、サラリーマン・OLの方の場合、こういう制度もあります。

(なお、公務員だったら「共済組合の貸付制度」があります。これも原理は大体従業員貸付制度と同じです)


その他、国の融資で―。

  • 年金担保貸付制度
  • 女性福祉資金
  • 生活福祉資金

などもあり、これらはいずれも「条件を満たす人」だったら、かなりの確率で借りられます。別にカードローン会社などと違って利益を求めるわけではなく、税金で成り立っているので、一定条件の人ならみんな融資していいのです。

ということで、これらも最短即日借り入れはできませんが、一部の人にとっては「必ず借りられる」ものです。こうした方法も検討してみてください。

即日融資!カードローンのコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP