審査申込み、電話在籍確認からの流れ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンが人気の理由

柔軟審査がうれしい楽天銀行スーパーローン

柔軟審査を希望するなら楽天銀行カードローンがおすすめ!新規利用で楽天ポイントが1000ポイント付与されるのもうれしい!ネット銀行のカードローンならではの利便性は流石です。

楽天銀行カードローン申込み窓口

※安定した収入がある方

内緒でキャッシング

イオン銀行カードローンの審査は、在籍確認なしのことも?

イオン銀行カードローンの審査では、基本的に在籍確認必須です。しかし―。

  • どうしても在籍確認できない理由・事情がある
  • 年収・職業などの属性がよく、在籍確認しなくても信用できる

…という条件が揃った場合は、イオン銀行カードローンの審査でも在籍確認が省略されることがあります(正確に言うと、あるようです)。

この条件で在籍確認が省略されることは、よくある

上に書いた条件でキャッシング審査が職場への電話連絡なしになる…、というのは、実はよくあることです。消費者金融でもイオン銀行以外の銀行カードローンでも、かなり広く見られる現象です。理由は―。

  • キャッシング審査の在籍確認は別に法的な義務ではない
  • 返済能力調査義務の一環として、やっているだけ
  • 他の方法・条件で返済能力がわかるなら、それで十分

…ということです。

もし、貸金業法・銀行法などで「在籍確認は法的な義務である」とされていたら、確かに省略してはいけないでしょう。しかし、別に最初から義務ではなく、それぞれの業者・ブランド・銀行が自主的に在籍確認しているだけなので、省略してしまっても別にまったく問題ないんですね。

ということで、イオン銀行も条件が揃えば、場合によっては「勤務先への電話連絡なし」のまま借り入れできることもあります。

モビット・プロミスのように、明確な「代替措置」はない

ただ、イオン銀行カードローンの在籍確認の有無については、あくまで「状況・条件によって、イオン銀行が判断する」というもの。たとえばモビット・プロミスなどのように「自分から働きかけて、在籍確認の代替措置をとってもらう」ということはできません。

プロミス・モビットの場合、どんな代替手段が取れるかというと「書類を提出する」というのが基本です。「社会保険証・組合保険証」などの職場の保険証と、給与明細を提出することで、代替措置となります。

モビットの場合は、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行どちらかの口座がある…という条件も追加されますが、これらの条件を満たせば、プロミス・モビットが認めた人に限り、会社への電話連絡なしで借りる…ということが許可されるんですね。

…というような「代替手段・措置」は残念ながらイオン銀行カードローンにはありません。ということで、勤務先への電話連絡なしになるかならないかは「運任せ」な部分もありますが、一応「イオン銀行なら、在籍確認の回避をしながら借りられる」という可能性があるのは確かです。


以上、イオン銀行のカードローンBIGの在籍確認についてまとました。ここから先は、在籍確認全般に関して言える内容を、コラムとして書きます。

在籍確認ができないケースとは何か

イオン銀行に限らず、カードローン審査の在籍確認ができないケースというのは、下のようなものがあります。

  • 夜間なので勤務先が閉まっている
  • 土曜日・日曜日・祝日なので、会社が定休日
  • 外部からの私用電話を一切受け付けていない
  • 少しでも借金がバレたらまずい職場である

…というような理由です。最後については「キャッシングがバレたら恥ずかしい」という普通の人のレベルではなく「バレたら仕事をクビになる」というレベルですね。

  • 銀行員
  • 警察官
  • 会社の経理・財務担当
  • 個人信用情報機関の社員
  • キャッシング会社の社員

…などは、借り入れをしていることが職場バレすると、クビのリスクがある…と言われます。実際に退職させられるかどうかは、もちろん会社によるでしょう。ただ―。

  • 職場の無言の圧力で、いづらくなる
  • クビにはならなくても、今のポストから外される

…ということはよくあるはずです。ということで、これらの職業の人(の一部)は「絶対に在籍確認によって職場バレしてはならない」んですね。

そのため、こういう人の場合も上に書いたような「曜日や時間」などの事情と合わせて、「在籍確認できない」というケースに該当します。

借り入れできない職業からの申し込みは、意外と多い

こうした「キャッシングが禁止されている職業」の人からの申し込みは、意外と多いようです。そして、これらの人は「個人信用情報に自分の借り入れの記録が残ることすらまずい」=「銀行員などの同僚が、個人信用情報を見ることができる」ということもあり、「在籍確認以前の話」である場合もあります。

このように「個人信用情報自体、掲載されるとまずい」という場合は―。

  • 質屋で借りる
  • 闇金業者で借りる
  • クレジットカードの現金化をする
  • 携帯キャリア決済の現金化をする

…という選択肢になります。質屋は合法ですが、それ以外はすべて違法か、グレーゾーンの「違法スレスレ」のやり方ですね。

…というところまで言ったら、イオン銀行での申し込みもしないですし、キャッシング審査の在籍確認も全然関係ないわけですが、何とも「キャッシングがバレたら仕事がクビになる」という職業の場合、カードローン会社や銀行の側で、在籍確認の代替措置を考えてくれる…ということもあります。

(銀行カードローンにしても、キャッシング業者・消費者金融にしても、とにかく返済能力がある人に対しては融資したいですからね。このくらいの「配慮」は、あくまで自社や自行のためにしてくれる…、ということです)

消費者金融の中小業者の在籍確認はあるのか?

当然ですが、消費者金融の中小業者(サラ金・街金とも呼ばれる)も、キャッシング審査で在籍確認が必須…というのが基本です。意外かも知れませんが、アコム・プロミスなどの大手よりも、中小の消費者金融の在籍確認の方が厳しいと言われています。

中小業者の方が在籍確認が厳しくなる理由は下の通りです。

  • そもそも、中小業者に申し込んでくる人は、みな信用度が低い
  • そういう人に対して融資する以上、全体的な審査を厳しくする必要がある
  • その一環として、在籍確認を必須とする

…ということです。「審査を厳しくするために在籍確認する」というのは、大手の消費者金融と同じですが、その「厳しさ」の度合いが、実は中小の消費者金融の方が上ということです。

「返済できない人間に融資する業者はいない

これは『アイフル元社員の激白本』という書籍にも繰り返し書かれていることですが、民間のキャッシング業者は、決して「返済能力のない人に対して、適当にホイホイ融資する」ということはしません。「返済できない人間」に融資したら、困るのは自分たちだからです(当然ですが)。

そして、上にも書いた通り大手の消費者金融でも審査に通らず、中小業者までやってくる人は、いわゆる「末期症状」の人です。そういう人に対する審査は相当厳しくしないとダメ…ということですね。

「世間の思い込みと実態は往々にして違う」ものですが、ことカードローン審査に関しても、「中小業者の方が審査が緩い」というのは、大きな錯覚にすぎないのです。

銀行カードローンの審査で、在籍確認の有無を確認する方法

銀行カードローンの審査で、在籍確認があるかどうか確かめる方法の1つとして「保証会社を見る」という方法があります。

  • 保証会社=「審査を担当する会社」
  • 銀行カードローンの保証会社は、大体大手の消費者金融がやっている
  • その消費者金融が「在籍確認必須」かどうかを調べる
  • 必須だったら、その銀行カードローンも必須ということ
  • 必須でなかったら、回避できる可能性もある

…ということです。ただ、これはあくまで「1つの参考情報」と考えてください。参考程度という理由は―。

  • たとえばプロミス・モビットだったら、確かに在籍確認の代替措置がある
  • しかし、銀行の保証会社(プロミス・モビットはブランド)になった時も、同じことをするかはわからない
  • 銀行カードローンの審査の時だけ、代替措置を取らない…という可能性がある

…ということです。書いてみれば当たり前のことですが、同じプロミス・モビットなどの消費者金融が審査をしているにしても―。

  • 自社(ブランド)でやっている審査
  • 銀行カードローンでやる審査

…この2つでは、やり方を変えるのはよくあることでしょう。ということで、あくまで「保証会社を見て、在籍確認の有無を判断する」というのは、「参考程度の情報」と考えてください。

内緒でキャッシングのコンテンツ

  • 内緒で借りる!免許証のみ・ネット完結

    バレずに借りたい

  • 内緒で借りる!免許証のみ・ネット完結

    バレずに借りたい

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP