内緒でキャッシング

夫バレ?家族バレ?専業主婦のカードローン利用時注意点まとめ

隠す
専業主婦の方の中には自分が仕事をしておらず収入を得ていないためにカードローンを利用できないとか、上手く利用できないのではと思われているかもしれませんね。

確かに収入がない専業主婦が利用できるローンは限られており、審査上や契約上の制限が課され他の方よりも不利になるケースもあります。

そのため専業主婦の方がローン審査で落とされたり、手続で時間がかかったり、融資額が少なくなるなどの状況に陥ることも少なくないかもしれませんね。

そこで専業主婦がカードローンの利用でそのような不利益や失敗をしないための注意点を取り上げその対策方法を紹介することにしましょう。

専業主婦が利用できるローンが限られるので注意

2010年6月から総量規制という年収に対する融資制限が導入され、収入のない専業主婦はカードローンの利用で大きな制限を受けるようになったのです。

カードローンを運営する金融会社は多いですが、総量規制の影響で専業主婦を利用対象者としているローンは多いとはいえなですね。また、利用可能なローンでも何がしかの制約を設けていることもあるので注意しないといけません。

専業主婦が実際に利用できるローンとしては、その総量規制の適用対象外となる金融機関のローンと総量規制の例外規定に対応するローンに大きく分かれるでしょう。

前者の場合、銀行や信用金庫のローンが該当するわけですが、金融機関系ローンでも専業主婦を対象者としているところは多いとはいえないかもしれませんね。

後者の場合は消費者金融などの貸金業者のローンが該当するわけですが、例外規定にはさまざまな条件が課されるため例外規定に対応している消費者金融などのローンも多いとはいえないでしょう。

このように専業主婦が利用可能なカードローンは限られてしまうので、何の調査もせず安易に申し込んでも審査に落されることも少なくないので自分自身やローンの状況をしっかり調べた上で申し込むようにしたいですね。

専業主婦が利用できるローンでは条件付きが多いので注意

総量規制の適用を受けないカードローンも受けるローンも専業主婦を利用対象者とする場合は何らかの条件を付けていることが多いですね。

もちろん学生、高齢者や一般のサラリーマンなどでも条件が付けられることはありますが、収入のない専業主婦の場合はやはり多いといってよいでしょう。

総量規制の適用を受けない銀行カードローンが専業主婦を対象者とする場合、「配偶者に安定した収入がある」という条件と融資額の制限が課されることが少なくありません。

「配偶者に安定した収入がある」とは、夫が企業などに勤務して毎月一定の収入を稼いでいることなので、普通に働いていれば全然問題ないでしょう。その際、夫の収入証明書が要求されることもほとんどないですね。

融資額の制限とは、「融資額は最大で30万円まで」というもので、夫にいくら収入が多くあろうともその専業主婦には30万円までしか課さないということです。

すべての銀行ローンでこのような制限があるわけではないですが、制限が設けられていないローンでも実際の融資限度額は50万円を超えることは難しいかもしれませんね。

一方、総量規制の例外規定で専業主婦に融資する貸金業者の場合、法的な条件として、配偶者の同意を得ることと配偶者との婚姻関係を証明する資料の提出が義務付けられています。

また、配偶者とあわせた年収で3分の1の融資制限を受けることになり、無制限に借りられるわけではありませんね。

このように専業主婦の場合はカードローンが利用できたとしても融資額の制限、配偶者の同意とった条件などが付けられることが多く、契約や利用する上で専業主婦の負担になることが少なくないので注意しておきましょう。

金融機関 専業主婦の利用の可否 利用条件
三菱東京UFJ銀行 融資額は30万円以内、

配偶者に安定した収入があること

みずほ銀行 融資額は30万円以内、

配偶者に安定・継続的な収入があること

りそな銀行 不可 収入があることが利用条件
横浜銀行 配偶者に安定した収入があること
熊本銀行 不可 収入があることが利用条件
消費者金融 専業主婦の利用の可否 利用条件
アコム 不可 勤務先のない主婦は利用不可
アイフル 不可 仕事がない主婦は利用不可
エレガンス(キャッシングローン) 配偶者との婚姻関係を証明する資料の提出

配偶者の同意

ユニーファイナンス(キャッシングローン) 配偶者との婚姻関係を証明する資料の提出

配偶者の同意

専業主婦はプライバシー保護の点に注意!

先ほど確認したとおり専業主婦が利用できるカードローンにはさまざまな条件や制限が付けられることが多いですね。

特に総量規制の適用を受けるローンの条件では配偶者の同意や収入証明書の提出などが求められることもあります。

そのような条件を専業主婦がクリヤするためには当然自分の配偶者にカードローンを利用することを話して了解と協力を得る必要があるでしょう。つまり、配偶者がローンの利用を知ってしまうということですね。

専業主婦が配偶者に知られずにローンを利用したいと思ったとしても総量規制の適用を受けるローンの場合はどうしてもばれてしまうでしょう。

一方、総量規制の適用を受けない銀行ローンなどでは、条件が単に「配偶者に安定した収入があること」というだけで収入証明書の提出も求められないことも多いので、配偶者にローンのことを知られずに済むことも少なくないでしょう。

つまり、銀行ローンの場合は夫に内緒で専業主婦の妻が銀行ローンと契約することも不可能ではありませんね。

以上のことから専業主婦が配偶者にどうしても内緒でカードローンを利用したい場合は金融機関のローンがオススメということになるでしょう。

ただし、そうしたローンの中でも契約、審査及び利用中の電話や郵便などでプライバシーの保護を重視するローンを選びたいですね。

カードローンの審査で注意しなければならない点

頑張って調べて専業主婦でも利用可能なカードローンをみつけても審査に落ちては意味がありませんよね。そのため申し込む前に審査に対する準備をしておく必要があるでしょう。

例えば、夫に内緒でカードローンを利用したい場合は銀行ローンなどに申し込むことになりますが、銀行ローンは消費者金融のローンよりも審査が厳しいので少し注意が必要です。

もし申込者である専業主婦が信用事故(滞納など)を起こしてそれが信用情報機関に記録されていたなら銀行ローンの利用はあまり期待できないかもしれません。

信用事故の内容や経過年数などで異なりますが、信用事故があると銀行ローンの審査に通過することは難しいといわれています。

もちろん審査に合格することもあるので直ぐに諦める必要はないですが、短期間に3社以上のローンの審査に落ちるとしばらくの間審査で不利になるという「申込ブラック」なってしまう可能性がでてくるので注意が必要です。

一定期間に立て続けでローン審査に落ちれば、数か月以上はローンへの申し込みが控えるほうがよいでしょう。また、その間に他のローンやクレジットカードなどへの支払があれば確実な返済を心がけたいですね。

過去に信用事故を起こしている上にクレジットなどで再度返済遅延や滞納などを起こせばローン審査での合格はさらに遠ざかることになるので、返済管理を的確に行い信用状態を少しでも改善できるようにしておきましょう。

内緒でキャッシングのコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP