審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

少額融資で即日

アコムのキャッシングの審査基準は?パート・アルバイトはOK?

アコムのキャッシング審査の基準は、まとめると下のようになります。

  • 審査通過率は、大手の消費者金融で一番高い
  • 専業主婦は借り入れ不可
  • アルバイト・パート・フリーター・学生はOK

以下、詳しくまとめていきます。

アコムの審査通過率(マンスリーレポート)より

アコムの公式サイトで「マンスリーレポート」を見ると、正確な審査通過率がわかります。「3.ローン事業新規申込数、新客数及び新規貸付率」という部分ですが、この「新規貸付率」というのが、いわゆる審査通過率です(消費者から見ると)。

で、2014年10月~3月の月間審査通過率を一覧にすると、下のようになります。

  • 10月…48.4%
  • 11月…49.1%
  • 12月…47.3%
  • 1月…44.9%
  • 2月…46.6%
  • 3月…48.7%
  • 平均…47.3%

平均「47.3%」となっていますが、これは「前年同期比」で「マイナス1%」です。つまり、2013年は「48.3%」だったんですね。(平均が)

つまり、アコムの審査通過率は大体「47%~48%」ということになります。プロミス・モビットは大体42%~43%程度、アイフルは44%~46%程度なので、アコムは大手のキャッシング業者・ブランドの中で「一番審査通過率が高い」というわけです。

口コミ・評判などではなく、公式の月次データによって、わかるということですね。このように「アコムが比較的審査に通りやすい」というのは、数字による根拠があるので、信用していいでしょう。

「アコムは審査基準が甘い」わけではない

上のように書くと「アコムは審査基準がゆるめ・甘め」という勘違いをしてしまう人もいるかも知れません。しかし、そういうわけではありません。

「アコムは審査通過しやすい属性の高い人だけが申し込んでいる」ということも言えるわけです。

たとえばアコムの情報を提供するサイトから、アコムの審査を受ける…という人は当然たくさんいます。その時、そのページに

  • アコムは誰でも審査に通ります!
  • アコムは、一定の基準を満たした人しか、審査に通りません

と書かれている場合、どちらの方が申し込みは多くなるでしょう。もちろん前者ですよね。しかし、逆に後者のように書かれていれば「審査に通るようなクレジットスコアが高い人」しか申し込んでこないわけです。

ということで、アコムはキャッシング情報をまとめるサイトに対して「誰でも審査に通るわけではない」という本来当然の記述を、徹底している、という可能性も考えられます。

これは、キャッシング破産者を出さないためにも、あるいは審査落ちして申し込み者の貴重な時間が無駄になる…ということがないようにするためにも、重要なことです。

アコムはそうした姿勢を徹底しているため、審査通過率が高い…ということも言えるでしょう。つまり、「審査通過率が高い=審査に通りやすい」とは限らないわけですね。

審査通過率が低い所よりは、おそらく通りやすい

ただ、たとえばノーローンのように「審査通過率が30%程度」と言われているキャッシングブランドよりは、おそらくアコムの方が「審査に通りやすい」と言えるでしょう。

というように、「審査通過率の高さ」は、ある程度までは「審査の通りやすさを反映している」といえます。そういう点では、決して甘い・緩いわけではないにしても、「アコムは比較的借りやすい」(可能性がある)とはいえます。

学生のアコムでの審査は親権者の同意書が必要?

学生がアコムでキャッシングする場合、親権者の同意書などは不要で、普通に借り入れできます。三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などは親の同意書が必須なので、この点はアコムの方が借りやすいといえます。

アコムで学生がキャッシング審査を受ける条件は「成人している=20才以上」「自分のアルバイト収入がある」ということのみ。その他の同意書などの条件は必要ありません。

逆に言えば、10代・未成年(18才・19才)の人や、アルバイトをしていない学生は借りられないということなので、この点は注意してください。

(もっとも、アルバイトの収入がない学生が借りるのは危険ですし、それで借りようという時点で金銭感覚に少々問題があるので、この点はむしろ借りられない方がいいと言えますが…)

アコムは自営業・会社代表者も借りられる

また、自営業・会社代表者・個人事業主・法人経営者…などに分類される人でも、アコムではキャッシングできます。これらの人は収入がやや不安定なので、同じ金額の年収でも、サラリーマン・OLと比較すると、若干厳しくなると考えてください。

ただ、借り入れ自体は問題なくできます。強いて言うなら、「借入総額がいくらだろうと、必ず収入証明書の提出が必要になる」ということくらいです。

これについては―。

  • 納税通知書
  • 課税証明書
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

などを提出すればいいので、特に難しいことではありません。

(あと、自営業の場合は少ないとは思いますが、源泉徴収票・給与明細でもOKです)


…以上、アコムの審査通過率に始まり、借りられる職業・属性、借りられない条件などについてまとめました。これからアコムなどの消費者金融でお金を借りたいと思っている人の、参考になれば幸いです。

少額融資で即日のコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP