少額融資で即日

イオン銀行カードローンの金利→ソニー銀行に次いで銀行最安

イオン銀行カードローンBIGの金利は、実質年率で「3.8~13.8%」となっています。これは銀行カードローンの主要なものの中では、ソニー銀行についで2番目の低金利。3位のみずほ銀行よりも低金利…となっています。

上限金利の「13.8%」は、ソニー銀行と並んでトップ

イオン銀行カードローンの上限金利(高い方の金利)の「13.8%」という数値は、主要な銀行カードローンの上限金利の中では、ソニー銀行と並んでトップです。

主だった銀行カードローンの中で、上限金利が安いものを上位から並べると、

  • イオン銀行…13.8%
  • ソニー銀行…13.8%
  • みずほ銀行…14.0%
  • 三井住友銀行…14.5%
  • 楽天銀行…14.5%
  • 静岡銀行…14.5%

…となっています。このようにまず「上限金利で一番安い」というのが、イオン銀行のカードローンの金利の特徴・メリットの1つです。

上限金利が安いというのはどういうことか

「上限金利が安い」と言うのは「借入金額が小さい時に低金利」ということです。キャッシングは借入総額によって適用される金利が変わるのですが、借入総額が100万円以下の時には「上限金利」が適用されるんですね。

(銀行によっては「50万円」を境目に金利が変わることもありますが)

…ということで、多くの人の借り入れは当然「100万円以下」ですから「適されるのは上限金利」ということになります。そのため、銀行カードローンや消費者金融の金利を比較する時は、「上限金利に着目する」というのが正しいんですね。

で、その上限金利に注目した時、イオン銀行は主要な銀行カードローンの中で一番安くなっているので「多くの人が借り入れする時、一番金利が安くなるのはイオン銀行」ということなのです。

イオン銀行カードローンの下限金利について

では、安い方の金利…つまり下限金利についてはどうか。イオン銀行の下限金利は「3.8%」ですが、下限金利が安い銀行カードローンと比較すると、下の一覧のようになります。

  • 横浜銀行…1.9%
  • ジャパンネット銀行…2.5%
  • ソニー銀行…2.5%
  • オリックス銀行…3.0%
  • イオン銀行…3.8%

…という風です。ここではイオン銀行は5位と「少々順位を下げて」しまっています。こちらでも2位に入っているソニー銀行はすごいですね。

しかし、それでもイオン銀行も10以上ある主要な銀行カードローンの中で5番目に入っているわけですから、かなりの低金利といえます。

下限金利が安いというのは、どういうことか

下限金利が安いということは、「借入金額が大きい時に低金利になる」ということ。特に最高借入限度額近くまで借りると、下限金利が適用されるか、それに近い金利になります。

(完全な下限金利が適用されるには、ある程度の信用度・クレジットスコアが必要です)

で、イオン銀行がこのように「下限金利でもある程度安い」ということは、「キャッシング総額が大きい時でも金利が安くなる」ということなんですね。そのため、上限金利の時と合わせて、「イオン銀行は、借入金額が大きい時も小さい時も金利が安い」といえるわけです。

イオン銀行カードローンに無利息期間はある?

最近は銀行カードローンでも楽天銀行などが「無利息期間」を導入しています。「初回30日間無利息」とかそういうものですね。結論は、イオン銀行には、無利子期間はありません。

ただ、ここまで書いた通り、通常設定の金利自体が安いので、無利子期間がないことは、それほど大きなハンディにはなりません。この点についてはあまりデメリットとして強調する必要はないでしょう。


以上、イオン銀行カードローンBIGの金利(実質年率)について、他行のキャッシングの金利と比較しつつまとめました。個々からは、イオン銀行が提供している「カードローンBIG以外の、目的別フリーローンの金利についてまとめていきます。

ネットフリーローン・教育プラン

これは文字通り教育ローンです。まずスペックを一覧にすると、

  • 実質年率…4.8%~13.5%
  • 限度額…30万円~700万円
  • 借入期間…1年~8年

…という風になっています。教育ローンとしては、少々下限金利が高い…と感じる人もいるかも知れません。というのは、みずほ銀行の教育ローンなどは、大体下限金利が「3.0%」程度だからです。

また、日本学生支援機構が提供する奨学金の場合、大体1%~2%です(変動金利)。ということで、教育ローンとして絶対的に低金利とはいえませんが、すでにイオン銀行での利用実績がある人など、他の銀行の教育ローンよりも審査に通りやすい…ということで、申し込むメリットは多いでしょう。

ネットフリーローン・住宅ローン利用者プラン

これも文字通り、住宅ローン関係のものですが、

  • イオン銀行で住宅ローンを組んでいる人
  • 他行で住宅ローンを組んでいる人

…の両方が利用できるようになっています。他社の場合は「住宅ローンの借り換え」でもいいですし、単純に返済ができない分だけ借りる…というのもありです。

「イオン銀行ですでに住宅ローンを組んでいる人」というのは少々ややこしいかも知れませんが、これは、

  • 返済が遅れそうでも、ここから借りて払ってくれればいいですよ
  • これまでの住宅ローンの利用に感謝して、普通のキャッシングとしても使っていいですよ

…ということです。後者については本当は違いますが「支払い済みの資金にもOK」というのは、事実上そういうことでしょう。(少なくとも使い方を見ればそうなります)

住宅ローンの返済遅れをフリーローンでカバーする意味は?

「結局同じイオン銀行から借りるなら、あまり意味なくない?」と思う人も多いでしょう。たしかに「キャッシング総額」を見ればそうです。

しかし、「遅延・延滞の記録が残らない」という点で、これは価値があるんですね。住宅ローンの返済の延滞・滞納は、全国銀行個人信用情報センター(KSC)が管理する個人信用情報に記録されます。

(JICC・CICも一部記録される可能性がありますが、KSCの方が確実に記録されます。銀行関連の個人信用情報機関なので)

というように「個人信用情報に延滞・滞納の記録が残って、ブラックリスト入りするのを防ぐ」という効果もあるわけですね。別にそのために使うことが推奨されているフリーローン…というわけではありませんが、そういう価値もあるということです。

ネットフリーローン・リフォームプラン

文字通り、住宅のリフォームのためのものです。リフォームは少なくとも50万円程度、大きい工事だったら数百万円かかることが多いので、現金ですぐに出せない人は、こうしたフリーローンを活用することになります。

金利などのスペックを一覧にすると、

  • 年利…4.8%~13.5%
  • 30万円~700万円
  • 返済期間…1年~8年

…という風になっています。金利に関してカードローンBIG(通常のキャッシング)と比較すると、

  • 上限金利…リフォームプランの方が安い
  • 下限金利…カードローンBIGの方が安い

…となっています。ただ、下限金利については、カードローンBIGの方は「限度額800万円」と、リフォームプランより大きいからであり、別に「金利が安い」というわけではありません。

(もちろん、他の銀行カードローンと比較するとイオン銀行のカードローンBIGはかなり低金利なのですが、リフォームプランよりは高い、ということです)

ということで、もしリフォームなど資金の利用用途がハッキリと決まっている場合は、これら目的別のフリーローンで借りた方がいいでしょう。

(借り過ぎを防ぐ効果もあるので)

ネットフリーローン・カーライフプラン

いわゆる「自動車ローン・マイカーローン」です。住宅ローンについで、銀行が提供する目的別ローンの中で、一般的なものですね。これもスペックを書き出すと、

  • 実質年率…4.8%~13.5%
  • 融資枠…30万円~700万円
  • 融資期間…1年~8年

…という風に、他のネットフリーローンとほぼ同じになっています。違いは特にありません。

ただ、あくまで金利や極度額などが違わないというだけで、「自動車を買う場合の借りやすさ」というのは大きく違います。目的別ローンを利用するメリットは、金利が低くなる場合がある…というのもあるのですが、「その用途に限っては、審査に通りやすい」というメリットも大きいのです。

ということで、イオン銀行からお金を借りてそれで自動車を買う(あるいは、車検費用・自動車学校の費用など、自動車関連に使う)と決まっている人の場合、このカーライフプランを利用するといいでしょう。

以上のフリーローンと、カードローンBIGを比較して・まとめ

以上、これらの「目的別フリーローン」と、カードローンBIGを比較して言えることは、

  • 資金用途がハッキリしているなら、これらから借りた方がいい
  • ↑(審査に通りやすいし、金利が低くなることが多いので)
  • 利用用途が明確でない、あるいは雑多な場合はカードローンBIGがいい

…という風になります。当たり前と言えば当たり前ですが、このように目的別フリーローンと、通常のキャッシング(カードローンBIG)を使い分けるようにしてください。

少額融資で即日のコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP