少額融資で即日

イオン銀行カードローンの審査 -専業主婦の借りやすさが魅力

イオン銀行カードローンの審査基準は、銀行キャッシングの平均レベルです。特に厳しいことも甘いこともありませんが、強いて言うなら「低金利な分、ほんの少し厳しい」こともあるかも知れません。

(低金利なら、融資希望者が多く集まるので、自然とそうなります)

イオン銀行カードローンの審査基準を、職業・属性別にまとめる

申込み時の職業・属性別に、イオン銀行カードローンの審査基準をまとめると下のようになります。

  • 専業主婦…借りやすい。限度額が一番大きい
  • 学生…借入不可
  • アルバイト・フリーター・パート…借入可能
  • 自営業・法人経営者…借入可能(収入証明書が必要)
  • 未成年・10代…融資不可
  • 年金生活者…借入可能(65才以上は不可)

…という風です。以下、詳しく補足します。

専業主婦が特に借りやすい銀行カードローンの一つ

イオン銀行は、母体がイオンモールで、ショッピングに来る専業主婦を主要なターゲットにしています。そのため、カードローンでも無収入の専業主婦に対する融資は非常にやさしくなっています。ポイントをまとめると、

  • 夫・旦那の同意書不要(他の銀行カードローンは多くが必要)
  • 収入がない専業主婦でも、50万円まで借入可能

…という風です。前者については、他は、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • 横浜銀行

などもこのルールでやっていますが、その他の銀行カードローンは、

  • 専業主婦不可
  • 可能だが、配偶者の同意書が必須

…というどちらかの条件になっています。配偶者の同意書=夫・旦那の同意書が必要ということは、「イコール、夫バレ・旦那バレは避けられない」ということです。同意書を偽造するのは私文書偽造罪になってしまいますからね。

ということで、「専業主婦が夫・旦那に内緒でお金を借りられる」銀行カードローンは、上に書いた4つの銀行(+イオン銀行)だけなのです。そして、その中でも「専業主婦が、一律50万円まで借りられる」というのは、イオン銀行と楽天銀行だけとなっています。このように、

  • 夫・旦那に内緒で借入可能
  • 限度額が大きい

…という2つの点で、イオン銀行の審査基準は専業主婦にとってやさしい…というわけなんですね。

イオン銀行は、学生キャッシングはできない

逆にイオン銀行カードローンの審査基準の厳しい部分は「学生融資」です。学生に対しては、「完全融資不可」という条件になっています。他の銀行カードローンだったらOKになる、

  • 20才以上
  • アルバイト収入がある

…という条件でもダメです。この点については「学生にとっては、イオン銀行カードローンの審査は厳しい」(というより借りられない)と言えます。

アルバイト・パート・フリーターは完全に借入可能

完全に…というと大げさで、あくまで年収や勤続年数などの総合条件によります。ただ「アルバイト・フリーター・パートだから審査に落ちる」ということはない…ということです。

これはイオン銀行だけでなく、すべての消費者金融・銀行カードローンの審査で言えることなので、アルバイト・フリーター・パートなどの非正規雇用の人は、キャッシング審査は安心して申し込んでください。

(極度額・限度枠が多少小さくなる…というだけです)

未成年・10代・65才以上はキャッシング不可

イオン銀行カードローンの年齢制限は「20才~65才」となっています。そのため、

  • 10代・未成年・20才未満
  • 65才以上の高齢者

…は、年齢条件から借入不可となります。これはほとんどの銀行カードローンで共通する審査基準です。高齢者の方の年齢に関しては、消費者金融の場合「69才」ともう少し長くなります。

年金生活者(年金受給者)の場合

消費者金融の大手だと「年金以外の収入がない人は借入不可」隣りますが、イオン銀行カードローンの場合「年金の振り込み先をイオン銀行に指定する」という条件で、融資可能になることもしばしばあります。これだったら返済の取りはぐれが絶対にないからですね。

ということで、年金受給者(年金生活者)の方もイオン銀行でキャッシングできますが、年齢については上にも書いた通り「65才未満」でなければいけないので、注意してください。


以上、イオン銀行・カードローンBIGの審査基準についてまとめました。こから先は、すべてのキャッシング審査の基準に関するコラムを書きます。

(興味がある人は、読んでみてください)

審査基準に関するコラム ~ドライバー系は通りにくい?~

イオン銀行カードローンだけでなく、全ての銀行キャッシングや消費者金融に共通する審査基準です。絶対というわけではないですが、全体的に「ドライバー系」の職業は審査に通りにくい…という法則があります。

  • タクシーの運転手
  • トラックの運転手
  • セールスドライバー

…といった職種ですね。最近では多少変わっていますが、2000年代はじめまではこれらの職業は「年収1000万円でも融資されない」ということがありました。

年収1000万円のセールスドライバーが審査落ちしたケース

これは『アイフル元社員の激白』という、元アイフルのトップセールスマンだった、笠子崇氏の著書に書かれています。実例を箇条書きすると、

  • 大手企業(佐川とか?)のセールスドライバー
  • 年収1000万円
  • 3000万円の不動産を担保に申し込み
  • 返済事故などはなし

…という条件でした。当時入社して間もなかった笠子氏は「これは願ってもない優良顧客」として、審査は余裕で通るだろうと喜んでいました。

しかし、審査部の答えは「融資不可」。理由は、

  • その企業のセールスドライバーは、すぐに辞めることで有名(だった)
  • 勤続年数は、長くて2年
  • すぐに仕事をやめて返済できなくなるから、融資できない

…というものでした。事実、そのドライバーさんの返済はすぐに滞り、半年後には退職されてしまったそうです。

(年収1000万円の人が半年後に退職して無収入になるというのは、何ともすごい世界ですが…)

実はこれはこの企業に限った話ではありません。ドライバー系(特にトラック)は、下のような理由でキャッシング審査に通りにくいのです。

  • 力仕事なので、体を壊すことが多い
  • セールスドライバーは歩合給なので、収入が不安定
  • 手に職があるので、簡単に遠隔地に逃げて、新しく仕事を始められる

…ということです。トラックやタクシーの運転手の場合、こういう「わけあり」の人は多いので、遠方から逃げてきたような人でも、会社は受け入れて雇うことが多いんですね。

…というように、イオン銀行カードローンだけでなく、すべてのキャッシング審査において、ドライバー系など「不安定な職業」は、サラリーマンであっても審査に通りにくいことがある…ということを意識してください。要は、

  • 体を壊したらできない仕事
  • 歩合給の仕事

…は不利、ということですね。(その一例がドライバーというだけで)

銀行カードローンの審査は、実は消費者金融より甘い?

ネットのキャッシングの情報サイトで、たまに見出しのようなことが書かれています。「銀行カードローンの方が、消費者金融より審査が甘い」という内容ですね。

これはもちろん間違いですが、実は1990年代などは、そういう部分も確かにありました。理由は、

  • 銀行は融資がこげついても、公的資金(税金)を注入して助けてもらえる
  • だから、ろくに審査もせず、厳しい回収もしなかった

これに対して消費者金融は、

  • 融資がこげついても、税金で助けてもらうことはできない
  • 消費者金融の資金自体も銀行から借りたものだから、返済されないと彼らもやばい

…という状態だったのです。(消費者金融については今もそうですが)。

で、こういう事情から「消費者金融の審査は、自然と銀行カードローンより厳しくなった」というのが、1990年代~2000年代はじめまでの流れだったんですね。

たしかに「銀行で借りられない人にも融資する」という点では消費者金融の方が「審査がゆるかった」のですが、「絶対に回収できるかどうか、確認してから融資する」という点では「審査が厳しかった」のです。

「審査が厳しい」の意味が違う

上に書いた内容が意味するのは、

  • 『世間』にとっての「審査が厳しい」
  • 『業界人』にとっての「審査が厳しい」

…この両者の「意味が違う」ということです。世間は「低収入な人・借入超過の人でも借りられるかどうか」で、審査が甘いか、厳しいかを判断します。

しかし、「業界人」の場合は違うんですね。業界人の場合、「申し込み者のクレジットスコアがどの程度であれ、絶対に回収できる金額を見極める」のが、「審査が厳しい」ということなのです。

つまり、

  • 年収1000万円の金持ち
  • 年収150万円のフリーター

この二人がいたとして、普通の感覚だと「フリーターに融資するのは甘い」ということになります。逆に「年収1000万円の人に対して、さほど厳しく審査せず、融資する」というのは「当たり前」と感じられます。

しかし、業界人の視点は違うのです。消費者金融の社員など、業界のプロの場合は「年収1000万円だろうと、150万円だろうと、絶対に返済できる金額だけを融資する」というのが、「審査が厳しい」の意味なんですね。

こういう意味で、その「見極め」をしっかりしていなかったという点で、かつて消費者金融の社員さんなどから「銀行は審査が甘い」と批判されていました(事実、そういう部分もあったのだろうと思います)。

これもやはり先に紹介した『アイフル元社員の激白』で指摘去れていた内容ですが、「銀行カードローンの方が消費者金融より審査が甘い」という説は、こういう指摘からも生まれたということは意識してください。

(つまり、一般人がイメージする「審査が甘い」とは、少々意味が違うということです)

少額融資で即日のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP