少額融資で即日

Fマネーカードの審査基準 ~学生や専業主婦でも融資OK?~

Fマネーカードの審査基準は、ポイントをまとめると下のようになります。

  • 総合的な難易度…普通の消費者金融レベル
  • 無収入の専業主婦…借入不可
  • 学生…借入不可(アルバイト収入があっても)
  • 10代・未成年…借入不可

…となっています。大体大手の消費者金融と似た審査基準ですが、違いは「学生がキャッシングできない」ということ。この点、Fマネーカードの方がプロミス・アコム・モビット・アイフルなどの大手の消費者金融より、少々審査基準が厳しいといえます。

アルバイト・パート・フリーターは問題なくOK

多くの人が心配する「フリーター・アルバイト・パートでも借入可能か」という点では、安心して下さい。Fマネーカードは、これらの非正規雇用の人でもキャッシングできます。ポイントとしては、

  • 勤続年数は最低3ヶ月は必要
  • 月収は最低7万円程度は必要
  • 収入証明書(年収確認資料)の提出は、基本必要ない

…となります。所得確認資料については、「Fマネーカードで借りる金額が50万円以上」の場合か「他社も含めた借入総額が、100万円以上」という場合のみ、提出が必須となります。それまでの借入希望金額の場合は、特に必要ありません。

(ただ、信用度が低いと判断された場合は、これらの金額未満でも、Fマネーカード側の判断によって年収証明書が必要になります)

収入がない専業主婦は、Fマネーカードでは融資不可

これは消費者金融の大手でも同じですが、Fマネーカードでも「自分の収入がない専業主婦」は借り入れできないようになっています。総量規制のルールによって「自分の収入がある人」でないと、キャッシングできないようになっているのです(2010年の貸金業法改正以降)。

ということで、無収入の専業主婦がキャッシングしたい場合、総量規制の対象外の銀行カードローンで申し込むことになります。銀行カードローンでも三井住友銀行・オリックス銀行など「専業主婦不可」というところはいくつかありますが、それらを除外すれば、ほとんどは「専業主婦OK」です。

学生は、Fマネーカードでは借り入れできない

冒頭に書いた通り、学生がFマネーカードでキャッシングすることはできません。大手の消費者金融はできるので、この点ではFマネーカードは少々借りづらいといえます。

  • アルバイト収入がある
  • 親権者の同意書がある

…などの条件を満たしていても、やはり学生ではキャッシングできません。ということで、学生でお金を借りたい人は、モビット・プロミス・アコムなどの大手の消費者金融で申し込むようにしましょう。

(銀行カードローンだと、オリックス銀行・イオン銀行・三井住友銀行など「学生融資不可」の所が多いので、面倒になります)

10代・未成年・20才未満は、Fマネーカードでも借入不可

18才・19才など「未成年・10代・20才未満」の人も、Fマネーカードではキャッシングできないようになっています。これは、大手の消費者金融でも同じですし、銀行カードローンでも同じです。クレジットカードでも、学生用などの一部のカードを除いて、基本的に未成年・10代・20才未満の人は借り入れできません。

理由は、未成年には、民法4条で認められた「契約取り消し権」があるということ。「親権者の同意書なく、未成年が結んだ契約は、無効にできる」ということですね。つまり、キャッシングの場合「借金をなかったことにできる」というわけです。

逆に言えば「親権者の同意書があれば無効にできない」わけですが、親に相談してお金を借りるという学生などまずいないですし、仮にこれを許可するにしても、審査がいたずらに複雑になります。ということで、Fマネーカードも含めて、どのカードローン会社やキャッシング業者・ブランドも、「10代・未成年には融資したくない」わけです。

(実際、その方が教育的にもいいですからね)


以上、Fマネーカードの審査基準についてまとました。ここから先は、審査に係る「個人信用情報機関」について、その歴史を江戸時代まで遡ってまとめます。キャッシングや消費者金融の歴史に興味がある人は、ぜひ読んでみてください。

江戸時代の金貸しも「個人信用情報機関」を持っていた

Fマネーカードの審査でも当然重要な「個人信用情報機関」。これは実は、江戸時代にはすでに機能していました。

当時、大名に対して両替屋などがお金を貸す「大名貸し」が盛んでした。江戸時代の大名・藩はみんな経済難だったので、商人からお金を借りまくって、何とか御家人の俸給をやりくりしていたんですね。

しかし、江戸時代の武士は上から下まで経済感覚がなく「年貢数年分を借り入れしたあげく、返済不能になる」という大名も多くいました。こうして返済できなくなり「大名や武士が借金を放棄する」ことを「お断り」と言いました。

現代でいう「自己破産」です。で、当然商人としては「お断り」をされると困るわけですね。そのため、商人や両替屋で集まって「シンジケート(組合)」を作りました。

このシンジケートでは、自分たちが融資した大名・武士などの情報を共有するのです。そして、過去に「お断り」をした武士・大名に対しては融資しなくなったんですね。

まさに「現代のブラックリスト・個人信用情報」とまったく同じですが、これがすでに江戸時代に機能していたのです。

これらの情報は『町人考見録』という当時の書物に書かれています。いつの時代も、先進的なシステムというのは、「ビジネスの現場」とか「戦場」のような、生活・命がかかっている場面で登場するものなんですね。

(幕府やお役所のような「権力に守られている空間」では、どうしてもシステムが非合理的になるのです)

個人信用情報の共有は、業者同士の信用によって成り立つ

実は、個人信用情報機関ができることは、キャッシング業者にとって必ずしもメリットだけではありません。というのは、「自社の融資の情報=売上・利益の情報」をそのまま晒すことになるからです。

キャッシングの世界では「貸付=売上」ですから、自分たちの経営に関する情報を、公開してしまっているようなものなんですね。また「顧客リスト」を他社に見せているようなものです。

これは江戸時代の組合でも同じでした。「自分は組合に信用情報を提供せず、他から提供された情報だけを見て、それを悪用する輩」が現れたんですね。

ということで、まだ刑法なども整っていない江戸では、個人信用情報機関はうまく機能しませんでした。そのため、元禄時代を最盛期として、その後は下火になっていきます。

現代の個人信用情報機関も、最初は難航した

このように、個人信用情報機関の設立や運用というのは、実は難しいもの。それは現代でも同じで、JICC・CIC・KSCなどの設立や、情報の共有には、かなりの苦難があったんです。

「消費者金融など、同じ業種同士」の共有は比較的簡単にできたのですが、銀行・クレジットカードなどの「業種が違う」情報の共有は、かなり難航しました。理由は、

  • 情報の形式がバラバラ
  • レベルも全然違う(消費者金融は高レベル、銀行は低レベル)

…ということです。「形式がバラバラだと統一しにくい」というのは、すぐわかるでしょう。「レベル」については、消費者金融から言わせたら、「俺らはこれだけ高度な情報を提供するのに、銀行が提供するこの情報の低レベルさはなんだ」という話ですね。

普通の感覚だと「銀行の情報の方がレベルが高い」と思うでしょう。しかし、

  • 企業でなく、個人が相手
  • しかも、数万円からの少額融資
  • しかも、年収などの信用度が低い人が多い

…という「悪条件」での融資は、昔の銀行にはまったく経験がなかったんですね。1978年に三和銀行(後の三菱東京UFJ銀行)が「クローバーカードローン」というものを出しましたが、これは全然ぱっとせず、貸し倒れも多く、やがて新規受付を中止しました。

(もちろん、銀行カードローンで最初に取り組んだという功績は極めて大きいです)

これに対して、消費者金融は最初からこういう「悪条件なお客」に対してひたすら融資してきたので、「個人信用情報のレベルの高さが、半端ではなかった」のです。ということで、「そういうレベルの高い情報」を、「低レベルな情報しか持たない銀行と共有する」ということに対して、抵抗があったんですね。

やがて銀行カードローンの方も「個人向け融資」のノウハウが蓄積され、情報のレベルも上がり、CRINなどによって業界の垣根を超えた情報共有も進みました。今はもうそれぞれのレベルの差もないのですが、昔はこのような差を乗り越えて、個人信用情報機関が設立されたんですね。

少額融資で即日のコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP