専業主婦・在籍確認などポイント解説

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンが人気の理由

ガッツリ使うならみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは「エグゼクティブプラン※金利3.0~7.0%」と「コンフォートプラン※金利3.5~14.0%」の金利テーブルの異なる2つのプランが用意されているのが特徴です。どちらも限度額は最大1000万円でガッツリ使っていけるので、人生設計のお供に最適の一枚です!

みずほ銀行カードローン申込み窓口

少額融資で即日

みずほ銀行カードローンの審査 ~専業主婦・アルバイトもOK~

みずほ銀行カードローンの審査基準をまとめると、

  • 専業主婦…可能。銀行の中でも特に借りやすい
  • 学生…アルバイト収入があれば可能
  • アルバイト・フリーター・パート…借入可能

…となります。難易度については、銀行カードローンの平均的な難易度で、低金利な分、もっと高金利な銀行カードローンと比較すると、ほんの少々難しいかも知れません。

みずほ銀行は、専業主婦が借りやすいのが魅力

みずほ銀行カードローンの審査の魅力の1つとして「収入がない専業主婦でもキャッシングしやすい」という点が挙げられます。専業主婦でも借りやすいといえる理由は、

  • 夫・旦那の同意書不要で借りられる
  • よって、夫バレ・旦那バレのリスクがない

…ということです。夫・旦那に内緒で借りやすいというだけではなく「提出書類が少ない」ということで、審査が楽にもなります。

他の銀行カードローンのように「配偶者の同意書が必須」という場合、必ず夫バレ・旦那バレすることを意味しています。(配偶者の同意書を偽造するわけにはいきませんからね)

ということで、

  • 提出書類が少なく、
  • 夫・旦那に内緒で借りられる

みずほ銀行カードローンは、収入がない専業主婦の方にとって、特にキャッシングしやすい銀行カードローンということです。

みずほ銀行は、学生でもキャッシングできる

また、みずほ銀行カードローンは学生への融資にも対応しています。学生がみずほ銀行でお金を借りる時の条件は、

  • 20才以上
  • アルバイト収入がある

…となっています。これは他の銀行カードローンや消費者金融の場合も同じで、みずほ銀行以外でも共通する審査基準です。

特に年齢については18才・19才などの未成年・10代では借入不可ということですが、これもやはりどの消費者金融・銀行カードローンでも共通しています。大学生でも18才・19才などの若い方は借り入れできないので、この点は注意してください。

未成年・10代でもキャッシングする方法はあるのか

補足としてこのような未成年の学生でもキャッシングする方法を書くと、「クレジットカードのキャッシング枠を使う」というのが一番です。一番というより、これがほぼ唯一の方法になるでしょう。

クレジットカードは買い物ができるだけではなく、現金を借り入れするための「キャッシング枠」というものがあります。そして、未成年でも発行できる学生用のクレジットカードで、5万円や10万円というキャッシング枠をもらえるものも、結構あるのです。

(たとえば三井住友VISAデビュープラスカードなどです)

ということで、どうしても10代・未成年だけどキャッシングでお金を借りたい…という人がいたら、その場合はみずほ銀行のような銀行カードローンではなく、クレジットカードのキャッシング枠を使うようにするといいでしょう。

学生の場合、アルバイト収入はいくらあればいいのか?

みずほ銀行カードローンで学生がキャッシングする場合、アルバイト収入が月いくらあればいいのか。これはハッキリとした基準はないのですが、大体「7万円程度」と考えてください。

クレジットヒストリーが良好な学生であれば、月5万円などの少額のお給料でも、審査に通る可能性はあります。クレジットヒストリーがいいというのは、たとえば「これまでに他の銀行カードローンや消費者金融で借り入れして、遅延・延滞せずにきっちり返済している…などですね。

そういう良好な借入・返済の実績があれば、月5万円程度の収入でも通るかも知れません。しかし、基本はみずほ銀行でもその他のキャッシング審査でも、最低でも月7万円くらいの収入はあった方がいいでしょう。

(審査に通ることだけでなく、借り入れした後返済していくことを考えれば、そのくらいは必要なはずです)

アルバイト・パート・フリーターはみずほ銀行でも借入可能

最近の日本では非正規雇用が当たり前になってきたので、フリーター・アルバイト・パートの人がみずほ銀行カードローンで借りたい…ということも多数あるでしょう。これももちろん可能です。

昔の銀行カードローンでは、これらの非正規雇用の人は、確かにお金を借りるのが難しい時代がありました。銀行カードローンだけでなく消費者金融でも、フリーターなどは難しかった…というくらいです。

その時の記憶や印象が残っている世代の人は「フリーター・アルバイトではキャッシング審査は通らない」と考えてしまうのでしょう。しかし、フリーターという職業が認知され、非正規雇用が日本全体で当たり前となっている現代では、「アルバイト・パート・フリーターだからキャッシング審査に通らない」…ということはないのです。

というわけで、これらの人がみずほ銀行カードローンで審査申込みする場合も、特に問題ないので安心して下さい。(月収については、先に書いた学生の融資のケースと同様に、最低でも月7万円~8万円程度はあった方がいいでしょう)

日頃からみずほ銀行を使っている人は、審査に通りやすくなる?

これは銀行カードローン全般にいえることですが、日頃からその銀行の口座を使っている人の場合、審査に通りやすくなります(比較的、ですが)。

これでキャッシング審査に通りやすくなる理由は、

  • キャッシュカードの郵送などで、住所確認が住んでいる
  • 銀行口座の残高や入出金明細を見れば、その人の経済力が正確にわかる
  • 一定期間の口座の利用実績があれば、架空の人物ではないことがわかる

…という風です。最後の「架空の人物」についてですが、実は反社会勢力などがカードローン会社・銀行からお金を巻き上げる度に、しばしば使う方法なのです。架空の人物で申し込みをして、できるだけたくさんの借金をして、雲隠れする…というものですね。

融資する側にしても、申し込み者が架空の人物だとこういうリスクがあるので、日頃の口座の利用実績によって、架空の人物でないことがわかるというのは、大きなポイントなのです。

みずほ銀行の口座を持っていない人でも、即日借入できる?

みずほ銀行の口座がない人でも、みずほ銀行カードローンの即日融資は可能です。ただ、「当日中に口座開設」する必要があります。「口座開設してから、カードローン審査を申し込む」…という風ですね。

このパターンは、主要銀行カードローンの中では他に「横浜銀行カードローン」があります。ただ、横浜銀行よりみずほ銀行の方が口座開設が早くできる(と一般に言われている)ので、「当日口座開設してから即日審査を受ける」というパターンの場合、みずほ銀行の方が有利でしょう。

当日口座開設する場合は、朝イチで申し込む

基本的に、みずほ銀行カードローンは普通に即日融資を受ける時でも、午前中の申し込みが必要…と言われています。そして、それに「事前の口座開設」が入ったら、さらに早く申し込むのが必須…というのはわかるでしょう。

具体的にどのくらい早く申し込むべきかは、大体朝9時などの「朝イチ」がいいでしょう。それなら絶対間に合う…というわけではありませんが、確率はかなり高くなります。

その時間になってから自宅を出るのではなく、その時間にみずほ銀行の支店が開店したら、同時に入れる…くらいのつもりでいた方がいいでしょう。(パチンコ屋の開店を待っている人たちのような感じですね)


以上、みずほ銀行カードローンの審査基準と、申し込みに関する注意点などを合わせてまとめました。みずほ銀行以外の銀行カードローンでも共通するポイントはかなりあるので、銀行カードローン全般で申し込もうとしている方に、参考にしていただけたら幸いです。

少額融資で即日のコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP