少額融資で即日

ノーローンの金利は「何度でも1週間無利息」がメリット!

ノーローンの金利は、何と言っても「何度でも1週間無利息」というシステム」が最大の魅力。これはすべての消費者金融・銀行カードローンを含めて、ノーローンした持っていない、独自のサービスです。

「30日間無利息」と違って「初回だけ」ではない

「1週間」という期間自体は短いのですが、ノーローンのこのシステムの良い所は「何度でもOK」というところ。つまり、何度も定期的に訪れるピンチに対して、効果的…ということですね。

  • 事業のつなぎ融資
  • 給料日前の生活費のピンチ

…といったものです。特に事業を手がけている自営業・個人事業主の方の場合、一時的に取引先からの振り込みが遅れるなどして、事業資金に困ることもあるでしょう。

「黒字倒産」という言葉もあるくらいで、この「支払いが遅い」というのは、案外馬鹿にできないものなのです。そういう黒字倒産を防ぐためには、どうしても「つなぎ融資」が必要。

ノーローンのように「何度でも」も借りることができれば、つなぎ融資にも最適、ということですね。いつピンチが来ても、それが1週間であれば、必ず切り抜けられるということですから。

給料日前に生活費がない時にも最適

「何度でも1週間無利息」というシステムを聞いて、最初に多くの人が想像するのは「給料日前にいいな」ということではないでしょうか。給料日前に毎回お金がなくなることは誰でもよくありますが、その度に必要な金額だけでも借りることができたら、非常に助かるものです。

ということで、特に一人暮らしをしていて、月末や給料日前に生活費・光熱費がピンチになる人など、ノーローンで借り入れすると助かるでしょう。

完済した後も、またそういうピンチが訪れる時に備えて、ノーローンとの契約は残しておく…というのが賢いやり方だといえます。

ノーローンの実質年率(金利)は普通

「何度でも1週間無利息」のシステム以外の話をすると、ノーローンの初期設定の金利(実質年率)は、「4.9%~18.0%」となっています。この解説をすると、

  • 上限金利(18.0%)…他の消費者金融と同じ
  • 下限金利(4.9%)…他の消費者金融より「一見」高い

…となります。下限金利について「一見」と書いた意味について解説します。

まず、消費者金融の下限金利を一覧にする

まず、大手の消費者金融の下限金利(安い方の金利)を一覧にすると、

  • ノーローン…4.9%
  • アコム…4.7%
  • プロミス…4.5%
  • モビット…3.0%
  • アイフル…4.5%

…という風になっています。見ての通り、ノーローンの「4.9%」というのは「断然高い」ように見えるでしょう。

しかし、下限金利を比較する時には、まず「最高限度額」を比較しないといけないんですね。理由は「限度額が大きいほど、下限金利は安くなっていく」からです。

そして、改めて大手の消費者金融の最高極度額を一覧にすると、下のようになります。

大手の消費者金融の最高極度額一覧

  • プロミス…500万円
  • アコム…500万円
  • アイフル…500万円
  • モビット…800万円
  • ノーローン…300万円

…というf―になっているんですね。ノーローンの下限金利は確かに「4.9%」と他よりも高いですが、それは「限度額が300万円で、他よりかなり金額が小さい」からなのです。

それだけ金額が少ない割には、むしろ4.9%というのは低金利なんですね。何しろ、プロミス・アコム・アイフルは「500万円」借りて4.5%~4.7%程度なのですから…。

モビットの下限金利が「3.0%」と圧倒的に安いのも、最高限度額が「800万円」ということで、金額が大きいからです。こうして見るとノーローンの「4.9%~18.0%」という実質年率は、決して高くないんですね(特別安くもないですが)。

基本的に、ノーローンだけでなく「大手の消費者金融の金利は、みな大体同じ」なのです。利息制限法による最高金利の制限が厳しい以上、どうしても各社「法定金利ギリギリ」の金利を設定するしかないんですね。

ということで、ここまで書いた通り、ノーローンの金利は他の消費者金融と比較して「可もなく不可もなく」「高くも低くもない」というレベルになっています。

初期設定の金利がそのように他社・ブランドと変わらない以上、変わるのは「何度でも1週間無利息」というシステム」ということです。冒頭に書いた通りの理由で、このシステムに魅力を感じる人は、ぜひノーローンから借り入れするといいでしょう。

ノーローンの借入金額ごとの1ヶ月の利息

借入金額ごとに1ヶ月の利息は変わりますが、ノーローンの場合それがいくらになるかをまとめましょう。簡単に一覧にすると、下の通りです。

  • 1万円…利息150円
  • 5万円…利息750円
  • 10万円…利息1500円
  • 20万円…利息3000円
  • 30万円…利息4500円

…という風です。30万円以上、初回から借りられる人はほとんどいないので、とりあえずここまで一覧にしておけばいいでしょう。

ノーローンの100万円以下での金利は「実質年率18%」なので、それで計算しています。同様に実質年率18%の消費者金融であれば、すべてこの利息になります。つまり、モビット・アコム・アイフルもすべて、ノーローンと同じ利子総額になります。

ということで、この一覧を覚えておくと、消費者金融でキャッシングする時利息計算が楽になっていいでしょう。計算は簡単で「1万円&1ヶ月=150円」という風です。これを5倍、10倍…としていくだけですね。

「1週間無利息」によって、どれだけ利子が安くなるか

次に、ノーローン自慢の「1週間無利息」によって、どれだけ利息が安くなるか…。これも借入金額ごとに一覧にしてみましょう。

まず「一日あたりの利息」がいくらになるかを計算する必要があります。これを一覧にすると、

  • 10万円…50円
  • 20万円…100円
  • 30万円…150円

となっています。「1万円で、1日5円」というのが、消費者金融の1日あたりの利息なんですね。で、これが7日分無利子になるわけなので、

  • 10万円…350円
  • 20万円…500円
  • 30万円…1050円

が無利子になるのです。10万円の場合はそれほど大きくはないですが、30万円の時はかなり大きいでしょう。

ということで、特に自営業・個人事業主の人がつなぎ融資として30万円程度を借りる時、ノーローンはおすすめです。逆に言うと、普通の人が3万円・5万円・10万円程度の少額をキャッシングする場合、1週間無利息になってもそれほど大きな意味はないかも知れません。

(ただ、気分的に一円も利息を払っていないというのは、何となく気持ちがいいものですよね。また、何度でもOKというのは、やはりありがたいです)


以上、ノーローンの金利・利息についてまとめました。結論を言うと、利息面でノーローンが特におすすめなのは「高額を1週間だけ借りる」という人です。30万円・50万円のような高額を、事業のつなぎ融資などで一時的に借りる…という時にノーローンを利用するといいでしょう。

少額融資で即日のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP