審査は甘い?在籍電話確認や審査の流れ

モビット

モビット

モビットが人気の理由

電話連絡なし!ならモビット

「WEB完結申込」を利用すれば面倒な電話連絡がなし!です。即日融資にも対応しているのですぐにお金を借りたい&手続きを簡単に済ませたいという方はモビットがおすすめです!(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

今すぐモビットの10秒簡易審査へ

※安定した収入がある方

少額融資で即日

ノーローンのキャッシング審査に申し込む前の借入診断

ノーローンでキャッシング審査を受ける前には―。

  • 今の借入総額
  • 今の年収

で、審査に通るかどうか、大体の目安として「借入診断」を受けてみましょう。あくまで大体の目安ですが、これだけでも「絶対落ちる」という場合にはわかるので、時間をムダにしないためにも、先にお試し診断をすることをおすすめします。

ノーローンの借入診断で聞かれる項目

ノーローンの借入診断で聞かれるのは、下のような審査項目です。

  • 年齢
  • 税込年収金額
  • 他社ご利用件数
  • 他社ご利用金額
  • 現在他社での返済遅れ

…という風です。それぞれ解説すると―。

  • 年齢…20才~69才だったらOK
  • 税込年収…特に決まりはない、借入金額とのバランス
  • 借入件数…2件まで。「ノーローンが3件目」だったらギリギリOK
  • 借入金額…年収の3分の1に達していたらアウト
  • 返済遅延…遅れている場合、かなり厳しい。嘘をついてもバレる

…という風です。それぞれさらに解説していきます。

他社での返済遅延は必ずバレる

なぜ他社での返済遅れは必ずバレるのか。これは、ノーローンが個人信用情報というものをチェックするからです。JICC・CIC・KSCなどの個人信用情報機関が管理している「すべての人の、キャッシング・クレジットカードなどの利用履歴」ですね。

これを見れば、今借りているカードローン会社やクレジット業者で、返済が遅延していないかどうかわかります。軽度の遅延の場合は記録されていませんが、それでも「借入残高」を見れば、「予定通り返済している、いない」ということが計算によってわかります。

もちろん、「最初の方で多めに返済していて、最近ちょっと遅延しただけという場合、わからないこともあります。というわけで、絶対にバレるというわけではありませんが、バレる可能性もある、と考えておきましょう。

虚偽の申し込みは後でバレた時も大変

キャッシング審査での虚偽の申し込みは、審査通過して利用が始まった後でも、バレると大変です。理由は―。

  • 一括返済を請求されることが多い
  • 虚偽申告をしたとして、ブラックリストに載ることもある
  • 万が一自己破産したとき、免責(借金がチャラ)にならない

…ということです。簡単に書くと―。

  • 一括返済
  • ブラックリスト
  • 自己破産できない

という三種の神器…ならぬ「3つのペナルティ」が待ち構えているわけですね。あと、当然ですがノーローンは強制退会になり、二度と利用できません。

(つまり、個人信用情報には「強制退会」と「虚偽申告により」という理由のダブルで、記載される可能性があります。

…というように、虚偽の申し込みは「後でバレた場合」でも極めて危険なので、絶対にしないようにしてください。

借入件数に関しては「3件規制・3件ルール」がある

借入件数に関しては、ノーローンだけでなく、すべてのキャッシング業者の審査で共通するパターンとして、「3件規制・3件ルール」というものがあります。

これは「借入件数は3件までOK、4件目は不可」というものです。

絶対にそう決まっているわけではありませんが、そうなることが多いです。場合によっては、4件目もOKだったり、逆に2件目ですでに落ちる…ということもあります。

というわけで、あくまで全体の傾向ですが、3件ルール・3件規制は、確かに存在すると思ってください。というわけで、ノーローンでも「すでに他社で3件借りた状態」というのは、申し込み不可です。(申し込みはしてもいいですが、審査に落ちる可能性が高いです)

借入総額が年収の3分の1に達するとアウトな理由

これは知っている人も多いでしょうが、貸金業法の総量規制というルールです。2010年の貸金業法改正から強化されたルールで―。

  • 年収がある人間にしか融資してはいけない
  • 借入総額は、年収の3分の1以内でなければいけない

という内容になっています。それぞれ例外もありますが、基本的にはこのルールで、キャッシングが行われています。

で、ノーローンもこのルールに当然従っているので、お借入診断でも「他社借入総額がすでに年収の3分の1」の場合は、「ご融資不可」という内容の結果が出ます。

(はっきりと「ご融資不可」と書かれるわけではなく「ご記入いただいた情報では、判断しかねます」というような柔らかな、オブラードに包んだ物言いですが…)

どの道、年収の3分の1近くまで借りると返済できない

もしこの総量規制を不満に思う人がいたら「年収の3分の1以上借りたい」ということでしょうが、もしそれをやると大変です。実際に「年収の3分の1」というのがいくらなのか「月収」で一覧にしてみましょう。

  • 月収10万円…40万円
  • 月収20万円…80万円
  • 月収30万円…120万円
  • 月収40万円…160万円

…という風です。見ての通り「年収の3分の1=月収の4倍」なんですね。その元本を返済するだけでも「4ヶ月タダ働きをしなければいけない」ということです。

それに利息までつくわけですから、この返済がいかに大変かわかるでしょう。「年収の3分の1」というのは、仮に総量規制で定められていなかったつぃても、絶対に守るべき、危険なラインなのです。

「税込年収」について

この「税込み」というのはまったく意識しなくて大丈夫です。サラリーマン・OL・公務員の方の年収は全部「税込み」です。会社から、「あなたは年収200万円です」と言われたら、そこから所得税や社会保険料が天引きされている…ということですからね。

「税込み」を意識しなければいけないのは、自営業・個人事業主・会社経営者などの人々です。これらの人は―。

  • まず、税金を払っていない状態で、年間の報酬をもらう
  • そこから「事業に必要だった経費」を差し引く
  • 残ったお金に対して、税金が課税される(自分申告する)
  • 申告した後、その金額を税金として払う

という風です。つまり、個人事業主・自営業の方の場合、上の手順の中の「残ったお金」が税込年収になるわけですね。という区別が必要なので、わざわざ「是込み」と書かれているわけです。

会社員・OL・公務員の人は、これは特に気にしなくていいので、普通に年収を書いてください(手取りではない数字、ということです)。

申し込み者の年齢について

ノーローンに限らず、消費者金融の借入診断・お試し診断では必ず「年齢」が聞かれます。これは、別に細かく審査に影響するわけではありません。ノーローンと同じく「20才~69才以外の人は落とす」ということです。落とすというと響きが悪いですが、要は「あなたは最初から、年齢条件に引っかかって借入不可です」というのを、伝えるための項目なんですね。

消費者金融の年齢条件はみな同じ

この「20才~69才」という年齢制限は、どの大手の消費者金融でも同じです。プロミス・モビット・アコム・アイフル…など、ノーローン以外でもみんな共通です。

以前はモビットのみ「65才まで」と年齢制限が若くなっていましたが、2015年9月に金利や限度額が変更になるとともに、年齢制限も他の消費者金融大手と同じになりました。

ということで、モビットの年齢が「65才まで」という情報があったら、それは間違いなので注意してください。


以上、ノーローンの借入診断について、各項目の解説も交えて、まとめました。これからノーローンで借入審査を受ける方に、参考にしていただけたら幸いです。

少額融資で即日のコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP