審査・在籍確認・融資の流れ

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」が人気の理由

安心感重視なら三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』

大手メガバンクの三菱東京UFJ銀行が提供するカードローンだからこその安心感!三菱東京UFJ銀行の店舗や提携ATMも多ので使いやすさも抜群です!銀行口座を作らなくても利用できるのがありがたい!

バンクイック申込み窓口

※安定した収入がある方

少額融資で即日

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利は低い?高い?

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利は、ポイントをまとめると下の通りです。

  • 実質年率は普通
  • 無利息期間はない
  • 400万円~500万円だと、かなり低金利
  • あとの金額の場合、可もなく不可もなく

という風です。以下、詳しくまとめます。

バンクイックの実質年率は完全に普通

バンクイックの金利(実質年率)は「1.8%~14.6%」という数字。これは銀行カードローンの平均のほぼど真ん中で、高くも低くもない金利です。

実際、これが他の銀行キャッシングの金利と比較してどのくらいのレベルなのか、上限・下限の金利それぞれで比較してみましょう。

バンクイックと他の銀行カードローンの上限金利を比較

まず上限金利だけで比較してみます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6%(実質年率)
三井住友銀行カードローン 14.5%(実質年率)
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 14.5%(実質年率)
横浜銀行カードローン 14.6%(実質年率)
東京スター銀行 14.6%(実質年率)
静岡銀行カードローン「セレカ」 14.5%(実質年率)

見ての通り、実に5つの主要銀行が、三菱東京UFJ銀行と同じ上限金利になっています。そして、バンクイックよりももっと上限金利が高いのは―。

オリックス銀行カードローン 17.8%(実質年率)
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 18.0%(実質年率)
じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 17.5%(実質年率)

…となっています。これらはアコム・プロミスなどの大手の消費者金融とほぼ同等の金利ですが、これらと比較すると、バンクイックの上限金利はかなり安いということです。

(これはオリックス銀行・ジャパンネット銀行などを否定しているわけではなく、これらの銀行カードローンは、借入総額が大きくなると、低金利になるのです。*下限金利が安いんですね)

バンクイックと他の銀行を下限金利で比較

次に、下限金利で比較してみましょう。まず、バンクイックに近い下限金利です。

楽天銀行スーパーローン(カードローン) 1.9%(実質年率)
東京スター銀行 4.5%(実質年率)
みずほ銀行カードローン 3.5%(実質年率)
三井住友銀行カードローン 4.0%(実質年率)
静岡銀行カードローン「セレカ」 4.0%(実質年率)

バンクイックより高いのは楽天銀行のみで、あとはみんな「バンクイックより低い下限金利」という風になっています。

しかし、これは「バンクイックの下限金利が高い」ということではありません。バンクイックは他の銀行カードローンより「最高限度額」が小さいので、下限金利が高くなるのは当たり前なんですね。

実際、上の5つの銀行の最高極度額を比較すると、下のように一覧できます。

  • 三菱東京UFJ銀行…500万円
  • 楽天銀行…800万円
  • みずほ銀行…1000万円
  • 三井住友銀行…800万円
  • 静岡銀行…500万円
  • 東京スター銀行…500万円

…という風に、バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)は「500万円」の限度額なんですね。バンクイックよりも限度額が大きい―。

  • 楽天銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行

の3銀行は、バンクイックより低金利になって当たり前なのです。(むしろ、500万円の時の金利で比較したら、バンクイックの方が安くなることが多い…と思われます。

無利息期間がないのが、少々残念

このように「金利が普通」である以上、利息が安くなるとしたら「無利子期間」しかないのですが、残念ながらバンクイックには無利子期間はありません。

銀行カードローンで無利息期間を持っているのは―。

  • 楽天銀行…初回30日間無利息
  • 新生銀行(レイク)…初回30日間無利息、初回5万円まで180日間無利息
  • ジャパンネット銀行…初回30日間無利息

また、無利息期間というわけではありませんが、しずぎんカードローン「セレカ」は、「最大45日間、利息を全額キャッシュバック」ということをしています。少々普通の無利子期間よりも仕組みが複雑ですが、これも実質利息ゼロで借りられる…ということです。

というように、無利息期間がある銀行カードローンと比較すると、バンクイックはこれがありません。その点では、利息面で少々不利かも知れません。

バンクイックの魅力は「借りやすさ」である

そもそも、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の魅力・メリットは「低金利」ではありません。消費者金融と比較すれば確かに低金利ですが、銀行カードローンの中では、冒頭に書いた通り可も不可もない金利なのです。

ということで、多くの銀行カードローンの中であえて三菱東京UFJ銀行カードローンを選ぶ理由があるとすれば、それは「借りやすさ」なんですね。

バンクイックがスピーディーに借入しやすい理由

バンクイックが急ぎの借り入れをしやすい理由―。これは箇条書きすると下の通りです。

  • 土曜日・日曜日・祝日でも審査を受け付けている
  • 平日は毎日20時まで、申し込みができる
  • 三菱東京UFJ銀行の口座がなくても申し込みが可能
  • 審査時間が大手の銀行カードローンの中で、特に短い(審査は厳正)
  • 状況・条件によっては職場への電話連絡なしになる

…ということです。これらのメリットがあって、バンクイックはすべての銀行カードローンの中でも、特にスピードキャッシングがしやすくなっているんですね。

三菱東京UFJ銀行カードローンを選ぶ理由があるとしたらこれであり、金利の安さで比較するなら、たとえば―。

  • ソニー銀行
  • イオン銀行
  • みずほ銀行

などを選んだ方がいいでしょう。これら3つの銀行カードローンが、銀行のキャッシングの中でも、低金利のベスト3となっています。

100万円以下の借り入れで、一番低金利なのは?

ほとんどの人のキャッシングは、金額が100万円以下になります。ということで、金利で比較する時も重要なのは「上限金利」なんですね。100万円未満の借り入れでは、上限金利が適用されるからです。

ということで、上限金利だけで銀行カードローンを比較した時、ベスト5に入るのは下の銀行です。

少額融資で即日のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP